人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

外国人留学生が日本で複数のところかで働いていて,収入の合計がいくらになったら確定申告しなくてはいけませんか?
源泉徴収されているところと,されていない収入があります.
外国人でしかも留学生というところで確定申告に関して何か免除されるようには思えませんが,もし何かありましたら教えてください.

●質問者: Ficus_palmeri
●カテゴリ:ビジネス・経営 学習・教育
✍キーワード:収入 外国人 源泉徴収 留学生 確定申告
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 3/3件

▽最新の回答へ

1 ● idetky
●27ポイント

実は、国によっては免除される可能性があります。

ぜひ以下のサイトを読んでご確認ください。

http://www.ic.u-tokyo.ac.jp/adv/guide/guide41_j.html

とは言う物の、地方税は免除にならないようです。

◎質問者からの返答

なるほど.ありがとうございました.


2 ● suppadv
●27ポイント

源泉徴収されているのであれば、確定申告をした方が戻ってくる可能性が高いと思います。(留学生の場合は、時間制限とかついていると思いますので、税金を納めるほど稼げる人は少ないと思います。)

また、国によって違いますが、留学生が優遇される措置はあります。



http://www.ic.u-tokyo.ac.jp/adv/guide/guide41_j.html

2004年4月現在、日本では55カ国との間で租税条約を締結しています。留学生が日本国内での勤務によって給与や支払いを受ける時、一定の要件を満たせば、租税条約に基づき国税(所得税)が免税される場合があります。この要件は条約を結んだ相手国によって異なるので、最寄の税務署に問い合わせてみて下さい。なお、租税条約の適用を受けるためには、租税条約に関する届出書(様式8)、在学証明書、パスポートが必要になります。これらを雇用主に提出して手続きしてもらいます。いったん納めた税金を返してもらうには、租税条約に関する源泉徴収税額の還付請求書(様式11)や、雇用契約書などを提出する必要があります。詳しくは最寄の税務署で相談してみて下さい。なお、地方税(住民税)は免税とはなりません。

◎質問者からの返答

ソース同じですね.ありがとうございます.

収入はかなり増えるので100万円は軽く超えると考えてください.

となると,残りはいくらから確定申告しないといけないかという,一般的な質問だけが残りますね...


3 ● masi_o007
●27ポイント ベストアンサー

外国人でしかも留学生というところで確定申告に関して何か免除されるようには思えませんが,もし何かありましたら教えてください.

>>原則日本国内で所得を得たものについては日本国において居住者、非居住者のいずれの場合も確定申告をする必要があります。

------------------------------------------------------------------------------

外国人留学生が日本で複数のところかで働いていて,収入の合計がいくらになったら確定申告しなくてはいけませんか?

>>この情報だけでは判断は難しいですが、基本的に収入金額が年間103万未満であれば、所得税は非課税となりますので、毎月の給料から源泉徴収されていた金額に関しては確定申告をすることにより、全額還付されるので、少々手間ではありますが、申告されたほうが良いと思います。

ちなみに103万以上であってもアルバイト、パートの人の場合は、仮に1ヶ月の給料が正社員と同じ収入額だとしても源泉徴収される金額(厳密にいうと少しちがいますが)は多いため、確定申告をすれば還付されるケースは多いです。

------------------------------------------------------------------------------

源泉徴収されているところと,されていない収入があります。

源泉徴収をされていない収入があることについて

2つの事が考えられますが

一つ目は会社として源泉徴収自体を知らない等の理由で怠っている。

二つ目は会社として給料支払い方法により源泉徴収されていない可能性がある。

たとえば

? 月ごとに支払うもの

? 半月ごと、10日ごとに支払うもの

? 月の整数倍の期間ごとに支払うもの

上記(1)?(3)いずれかに該当する場合で給料が月額8万8千未満は非課税になります。

(4)毎日支払うもの

(5)週ごとに支払うもの

(6)日割で支払うもの

※日雇賃金を除きます。

上記(4)?(6)いずれかに該当する場合、給料が日額2,900円未満であれば非課税です。

※給与所得者の扶養控除等申告書を会社に提出していない前提での源泉徴収方法です。


◎質問者からの返答

103万円ですね.ありがとうございました.

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ