人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

経営において社長が把握するべき数字はなんでしょうか?

ちなみに小売業です。
社長になりたてで何を把握すればいいのかよく分かっていません。
簿記を進められたのでこれをまず勉強し資格も取ります。
次はどんな知識を学べばいいのでしょうか?
何かご存知の方よろしくお願いします。


●質問者: huruta
●カテゴリ:ビジネス・経営
✍キーワード:勉強 小売業 数字 社長 簿記
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 11/12件

▽最新の回答へ

1 ● kinnoji7
●15ポイント

売上じゃないでしょうか。

売上総利益

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A3%B2%E4%B8%8A%E7%B7%8F%E5%88%A...


2 ● afurokun
●15ポイント

その仕事は利益につながっていますか?―経営数字の「見える化」が社員を変える

その仕事は利益につながっていますか?―経営数字の「見える化」が社員を変える

  • 作者: ジャック・スタック
  • 出版社/メーカー: ダイヤモンド社
  • メディア: 単行本


3 ● lancer13
●15ポイント

営業利益率

http://buttya.com/stock/stock-margin.html

いかがでしょう。


4 ● nekomanbo56
●15ポイント

一番は利益率だと思いますが。

売り上げがいくらよくても利益率が低ければ、もとのもくあみですから。

ご参考なれば。

https://www.bizup.jp/biz_member/member_qa/kigyo/kigyo_qa_list.ht...

http://www.kochi-cgc.or.jp/keieisihyou/sihyou/s5540.htm


売上高営業利益率(=営業利益/売上高)

売上高営業利益率の高低は、販売費及び一般管理費のムダ使いのバロメーターを示し、

経営効率の良否を表示します。従って、純粋な営業活動による成果であるため、

営業利益がマイナスという事は、企業の営業活動の成果があがっていないという事を意味し、

合理化やビジネスプロセスの変更を必要とします

売上高経常利益率(=経常利益/売上高)

売上高経常利益率の高低は、当該企業の経営効率を示すものですから、これが高い企業ほど

経営基盤がしっかりしているということになります。

なお、経常利益は、企業の販売状況、顧客の動向、仕入れや生産状況、コストダウン、

努力、商品力、営業力、管理の効率、販売力等、これらの経営のすべての状況を集約する

ところから、企業の総合力を評価する場合、重要な数値となり、銀行等もこの数字を

重視しています。

http://www.kashiwano.co.jp/seminar/cash2-2.html


船井総合研究所

セミナーとかにご参加されるのもいいかも。

(こちらは日程は終わってしまいましたが。)

・自社の顧客を改革のコアに据えるために顧客をつかもう

・顧客視点で自らの強み弱みを再認識し、長所を伸ばす

http://www.funaisoken.co.jp/site/seminar/semina_1240368012_1.htm...

山内経営コンサルティング

http://www.yamauchikeiei.jp/category/1224947.html


5 ● IlO10l0Il
●15ポイント

簿記よりは経営学を学んだ方がいいと思います。

社長が把握しておくのは消費(商品仕入れや人件費)と売り上げだけで十分です。


1-5件表示/11件
4.前の5件|次5件6.
関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ