人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

個人所有の不動産を法人へ移すには売買か現物出資しかないでしょうか? 不動産取得税などの税金や諸費用が結構かかってしまいます。
何かいい方法はないでしょうか?

●質問者: buyout
●カテゴリ:ビジネス・経営
✍キーワード:不動産 不動産取得税 出資 法人 現物
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 4/4件

▽最新の回答へ

1 ● winbd
●23ポイント

遺言で法人へ譲渡することを明記しておけば相続にあたりますので、死亡時に法人へ移しても不動産取得税などはかかりません。


2 ● yofucasi
●22ポイント

http://d.hatena.ne.jp/yofucasi/20090819/1250630520


3 ● IlO10l0Il
●23ポイント

http://d.hatena.ne.jp/zeirishi-mic/20090118/1232262805

相続税対策であれば不動産賃貸業を行う法人を設立するという手もあるようです。

1.土地建物を直接所有すると含み益が全て相続税の課税対象となりますが、法人の株式による間接所有とすることで含み益の42%相当額が控除される為、相続財産の評価額を圧縮できる。

2.賃貸用物件からの収入は資産家の方の預貯金(相続財産)を年々増やしていきますが、法人所有とすれば賃貸料収入を法人の売上とした上で、経営を相続人となるであろう親族に任せて役員報酬として支払うことができる。(さらに相続人は役員報酬によって納税資金を用意できます)


4 ● blueberry77
●22ポイント

どちらがメインでしょうか?

自分がメインで費用がかかるというのか、トータルで双方にかかる費用の話か・・・。

不動産取得税といっているところから、法人側にかかる費用の話もされているのだと思いますが、

どんなケースでも法人税がかかります。

時価の1/2以下での譲渡の場合は、注意が必要です。

安くなるケースとすれば住居用として渡せば特例などがありますが・・・

どんな物件をどんな関係の相手に(株主・親族など)時価がいくらのものをいくらで売却するか

それによって税金も大幅にかわります。

売却価格を極端に安くしても、税金は時価のままだったり

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ