人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

【スター選挙】日本の将来を考えて、もしもあなたが政治家になったら何をしますか?
先陣を切るつもりで、マニュフェストを作成しましょう。
現象の原因や財源を明らかにして、「?をします。」と訴えましょう。
マニュフェストとする分野や内容の大小・細大を問いません。

まず、次の条件を満たしましょう。
1.内容が7行以上であること
2.自分の考えであること(他人の考えとの重複可)
3.3つ以上のソース元(URLないしは論文・書籍)を載せること

禁止すること
1.納得できるソース元を提示せずに、日本のあり方や正義の所在を前提とする内容
2.特定の政治家・政党を擁護・批判する内容
3.特定の団体・個人を指定する場合、その影響力が社会的or業界的に大きいことを根拠とし、
それ以外で、特定の団体や個人を名指しするのは原則禁止
4.回答的の修正と補足

公開は8月25日を予定しています。
回答の中で最も優れた公約には、スターをプレゼントしてあげましょう。
なお、スターの多いユーザーには、もれなくいるか賞とかがついてきます。

●質問者: Newswirl
●カテゴリ:政治・社会 科学・統計資料
✍キーワード:URL あなた いるか賞 スター ソース
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 1/1件

▽最新の回答へ

1 ● M
●60ポイント ベストアンサー

■公約1「年金や保険の企業負担分の

隠れ給料である人件費分を、

(実際の給料に上乗せして)完全に無くします。」


手取りの名目給料が増えることで所得税税収はUPするし、

正社員と派遣の差別待遇を、さらに顕在化させます。

そのあまりの格差に良心的な大衆も今以上に沸騰するでしょう。

そうなれば、同一労働同一賃金の要望も強まるだろうし、

不毛な職場内対立が無くなれば、協力体制の中で

仕事の効率も上がるはずです。


今の与党の日雇い放置(税金投入で維持)も問題だが、

野党の日雇い禁止も問題あり。

後者は現状の差別労働の固定化になりかねない。


以上は、制度変更だから国として財源は必要ありません。

もちろん、激変緩和には様々な公費投入も必要に

なります。でも、さすがにそこまで込み入った内容を

求めてはいませんよね?


■公約2「法人税も頭割にします。

所得税に扶養控除があるように、

法人も雇用人員によって減税します。」


しかし、法人税収入が減らないように、調整はします。

個人事業並みに少人数で大企業並みに収益を得ている

ような業界に増税になるように税率増税とセットにします。

今は、雇用を減らせば減らすほど人件費が減って

利益が増すという常識の元に経営が行われています。

では、首を切られて路頭に迷った人間には死ねと

言うのでしょうか? 今の政治はそこのところを

何も考えていません。

半世紀前まではそれを公共事業でまかなっていましたが、

今では天下り団体にその半分以上がピンハネ状態の上に、

そこの取り分を維持したまま公共事業が減らされるので

末端の雇用補完機能が機能しなくなっている。


法人税を頭割りするようにすれば、確実に雇用を増やす

インセンティブが市場に芽生えます。今のように国からの

圧力で無理矢理維持させるような押しつけではなく自主的に。

逆に、少数で富を独占するようなタイプの法人企業では、

大きな売上を維持するのは困難になる。

そのようなインセンティブを導入するメリットは別にある。

少数精鋭のトップダウン組織は合理的で迅速な意志決定が

できるメリットはあるが、不測の事態に対応できない

弱い組織でもある。それに対応できる人員の補完機能を

期待できる組織が増えるようになる。

遊び…社会的安定への逆説。


■参考書籍>

条件の2と3が自己矛盾していませんか?

以下、上記と同じ意見の参考元などは示せませんが背景モノとして…


日本の税金@三木義一

アダム・スミス@常目卓生

軋む社会@本田由岐

社会的排除―参加の欠如・不確かな帰属@岩田正美

自爆する若者たち―人口学が警告する驚愕の未来@グナル ハインゾーン /猪股 和夫(訳)

ヒトデはクモよりなぜ強い 21世紀はリーダーなき組織が勝つ@オリ・ブラフマン/ロッド・A・ベックストローム/糸井恵(訳)

複雑な世界、単純な法則@マーク・ブキャナン

◎質問者からの返答

回答ありがとうございます。

コメントは後程追加します。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ