人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

仕事で用件のある方
取引先や、バイトの面接希望の方に連絡をしたときにその方が今電話に出れない
状態のときは留守電に伝言を吹き込んでいます。

相手が
新規の方
長年取引してる会社の方
色々パターンはありますが、
---------------------------------
1.
また、かけ直させて頂きます。

2.
折り返しご連絡をお待ちしております。
---------------------------------

どちらのほうがいいでしょうか?
あるいは他の方法がありますでしょうか?


相手がちゃんとかけ直してくれると分かっている人へは
留守電は入れていません。


よろしくお願いします。


●質問者: huruta
●カテゴリ:ビジネス・経営 就職・転職
✍キーワード:バイト パターン 他の方法 会社 伝言
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 7/7件

▽最新の回答へ

1 ● hiko3karasu
●18ポイント

折り返しご連絡をお待ちしております。

でいいと思います。

それで、折り返しをただ待っているのではなく、

頃合を見計らって自分からかけてみる。


2 ● idetky
●17ポイント

基本的には、こちらがクライアントに電話をしたときには、

1.

また、かけ直させて頂きます。

ですね。更には再度の電話を行うときの日付や時間帯まで留守番電話に入れておきます。

また、「自分たちがクライアント」である場合には、

2.

折り返しご連絡をお待ちしております。

にします。


3 ● Motioncam
●17ポイント

折り返しの電話がかかってきても平気なときは(社内にいるなど)折り返しをお願いし、

自分が、電話に出れなくなる可能性があるときはかけ直すと言います。

http://manner.niyon.com/archives/2005/10/post_66.html


4 ● kn1967a
●17ポイント

> 1.また、かけ直させて頂きます。

こちらを選ぶが、日本語がおかしい。

正しくは「また、かけ直します。」


5 ● meizhizi87
●17ポイント

自分から電話しているので、

1.また、かけ直させて頂きます。でいいのではと思います。

相手がかけ直してくると分かっていてもそう言います。一応礼儀として。

目上の人に連絡をお待ちしていますは失礼になると思います。


1-5件表示/7件
4.前の5件|次5件6.
関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ