人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

【外国人の地方参政権】を採用する
【国・自治体】にとっての利点と欠点について教えてください。

「採用する政党の票集め」という理由も少なからずあると思いますが、
そういう感じの理由ではなくて、例えば

利点:この制度の導入により○○が活性化することで、効果景気がよくなる。
欠点:反面、○○が増加することにより治安悪化が懸念される。

とかいう感じの利点欠点を知りたいです。

●質問者: kisoku
●カテゴリ:学習・教育 政治・社会
✍キーワード:制度 地方参政権 外国人 採用 政党
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 2/2件

▽最新の回答へ

1 ● nekomanbo56
●35ポイント

利点 外国人の意見票が反映される。

社会保障幅が広がる。

欠点 社会保障費が圧迫される。

ということでしょうか?

http://www.surugadai.ac.jp/sogo/media/bulletin/Bunjo07-01_HAYASH...外国人参政権 欠点'

◎質問者からの返答

ご回答ありがとうございます。


>利点:外国人の意見票が反映される。

国・自治体にとっても地方自治に外国人の意見を取り入れる事は

良い事ということでしょうか?


>利点:社会保障幅が広がる。

外国人からの視点から国・自治体にとって、

より良い社会保障制度が確立できる感じですか。


>欠点:社会保障費が圧迫される。

利点の副作用という感じですね。


2 ● winbd
●35ポイント

利点:投票率が上がる

欠点:日本人の声が反映されにくくなる

◎質問者からの返答

ありがとうございます。


>利点:投票率が上がる

母数が増えるので、投票率はあまり変わらないのでは?

その国を母国とする人の投票率もあがるのでしょうか。


>欠点:日本人の声が反映されにくくなる

その国・自治体にとって、人口の多い方の意見が

反映されにくくなるということですね。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ