人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

【有楽町線・西武池袋線】友人からの依頼Qです。有楽町線内では、1車両に2つ付いているパンタグラフのうち1つしか上げてません。なのに、地上区間になると2つとも上げているのはなぜ?とのことです。車両の形式などは不明です。

●質問者: kita_yama
●カテゴリ:趣味・スポーツ
✍キーワード:パンタグラフ 有楽町線 西武池袋線 車両
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 3/3件

▽最新の回答へ

1 ● kn1967
●27ポイント

(1)地下鉄線内は剛体架線

剛体架線 - Wikipedia

架線が硬く固定されている物のため、ちょっとした電車のゆれによっても、

架線やパンタグラフに大きな負担をかけてしまう。 そのため、

あまり強く押し当て続ける事も出来ず、安定した電力を得づらくなってくる。

対処として、ゆるく当てる代わりに数を増やして対応する。

(2)地上は電線

電線は柔軟に動くので、電車のゆれなどにもあまり大きな影響を受けず、

安定した電力を得る事ができるため、パンタグラフの数は少なくて済む。

電線もパンタグラフも使えば使うほど削れて行くので、使用する数を減らしている。

(非常に単純な考えになるけれど、2つ使えば電線は2倍の速さで削れて行く)



関西在住なので確認取れないのだけど、

地下のほうが2つで、地上のほうが1つだと思われますので、

ご友人に再度確認してみてください。

◎質問者からの返答

回答ありがとうございます。

友人に確認したら,やはり地下は1つ,地上では2つとのことです……。


2 ● kmond2
●27ポイント

確認もとれないのに無責任な回答をしている方がいますが、それは東京メトロの7000系車両のことですね。

http://www.tokyometro.jp/corporate/data/sharyo/rosen_yurakucyo70...


10両編成の3両目、7両目、9両目に、各々2台のパンタグラフを備えています。

いずれも剛体架線対応のパンタグラフですが、それでも剛体架線である地下鉄区間でパンタグラフを上げていると摩耗が激しいので、現在、地下鉄線内では7両目と9両目は1台しか上げていません。

一方、この車両は回生ブレーキを備えており、架線に電力を戻すことができます。そこで、地上を走るときには2台を上げて、より回生効率を高めることがあるようです。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9B%9E%E7%94%9F%E3%83%96%E3%83%A...

◎質問者からの返答

回答ありがとうございます。

なるほど?。初めて知りました。ありがとうございました。



でも,地下区間では回生ブレーキで生じた余剰電力を戻していないということですよね?

トンネル内の温度上昇を防ぐためとかあるんでしょうか?


3 ● kmond2
●26ポイント

> でも,地下区間では回生ブレーキで生じた余剰電力を戻していないということですよね?


余剰電力を架線に戻せないわけではありません。ただ、その効率が落ちるというだけです。

戻せなかった電力は抵抗を通して熱として排出されるので、むしろ、地下鉄内では困ったことになります。


時間帯によって、近隣の電車が回生エネルギーを消費してくれないのかもしれません。

こうなると回生失効といって、回生がきかなくなる現象が起きます。

http://web.kyoto-inet.or.jp/people/ykawachi/tsr/toq/kaisei.html

◎質問者からの返答

回生失効のページは興味深いです。ありがとうございます。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ