人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

【イエはてな】夏休みスペシャル“イエ・ルポ”-Summer House Laboratory 2009-

THEME:「この夏、あなたが計画・体験した暮らしの工作・実験・自由研究」を教えて下さい

〈イエはてな〉の夏休みスペシャル企画! 「楽しいアイデアと創意で暮らしをつくろう!」を合言葉に、「暮らしの工作・実験・自由研究」をプラン・体験して頂き、そのルポを聞かせて下さい。作るもの、実験や研究のテーマは、暮らしにまつわるものなら何でもOK!暮らしに新しい発見や楽しさ、コミュニケーションが生まれますように!


*回答条件*

親ツリーのみ300文字以上を条件とさせて頂きます。
参考にされた数値などがありましたら、参考サイトのURLを明記して下さい。
下記のページをご覧になってご投稿下さいね!


テーマ詳細とルポ例、ご投稿要項、プレゼントについて
http://d.hatena.ne.jp/ie-ha-te-na/20090821

※〈イエはてな〉では、はてなスターを「おすすめメッセージ」として活用しています。ご回答頂く時にもご参考下さい。また投稿期間中はできるだけはてなスターのご利用を控えて頂けますようお願いいたします。

1250830251
●拡大する

●質問者: ie-ha-te-na
●カテゴリ:コンピュータ 生活
✍キーワード:HOUSE theme URL あなた いね
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 225/225件

▽最新の回答へ

[1]世界が平和かどうかを見つめ続ける「Peace Watchtower」の製作 TomCat

「世界終末時計」というのがあります。戦争や自然破壊などによってもたらされる人類滅亡の危機を、0時まであと何分という形で予測し、象徴的に表示する時計です。最初の時計は原爆投下から2年後の1947年に米国の科学誌Bulletin of the Atomic Scientists(原子力科学者会報)

http://www.thebulletin.org/

の表紙に掲載されました。以来様々な国際情勢を反映させながら、時計の針の更新が続けられています。

日本には「地球平和監視時計」というのもあります。広島平和記念資料館内に設置されているもので、最上部にアナログ時計、その下に2つのデジタル表示の日数カウンターが配置されています。

http://www.pcf.city.hiroshima.jp/virtual/VirtualMuseum_j/tour/ir...

この日数カウンタは、上段が広島に原爆が投下された日からの経過日数、下段が最後に核実験が行われた日からの日数を示します。上段は人類が滅亡していない限り、一日たてば確実に一つずつカウントアップされていきますが、下段は、核廃絶の願いを無視して行われる愚かな実験が明らかになるたびにリセットされることになります。

本日現在、広島に原爆が投下された日からは、23391日が経過しています。

しかし最後に核実験が行われた日からは、わずかに 2520日が経過したのみです。

つまり人類は、原爆投下という人類最大の過ちから2万日以上を経ても、まだ同じ過ちを繰り返そうとしていると言うことです。

平和を考えるこの夏。私はこの二つの時計を組み合わせた「Peace Watchtower」を作ってみることにしました。Watchtowerとは火の見櫓(ひのみやぐら)のこと。時計のWatchとかけて、ここから世界が平和に向かっているのか、それとも後退しているのかを監視し続けます。

ボディになったのは、ちょうどこんなコンクリート製の束石(つかいし)です。地面から柱を立てる時の土台に使われる建築部材ですね。

http://userdisk.webry.biglobe.ne.jp/003/947/76/1/DSC_28282.jpg

ホームセンターで「上手に使えばお買い得、欠け・割れ品1個100円」と書かれて売られていた物を買ってきました。角が欠け落ちてけっこうボロボロですが、このボロさが主張の一つなんです。だって、最後の核実験からの経過日数を示す物が、ピカピカの新品では困るじゃないですか。

「核実験なんて何世紀前の出来事じゃろうなあ、ほれ、もう誰も手を触れなくなった地球平和監視時計は、深い森の中で苔むしておるわ、ふぉっふぉっふぉっ」

となってくれなければ困ります。ですから、敢えてボロボロの部材をボディとすることにしたわけです。

最上段の「世界終末時計」部分は、普通の時計と見間違えられることの無いように、Bulletin of the Atomic Scientists誌に掲載される物と同じ、45分?正時までをクローズアップした文字盤としました。

http://ma3104.air-nifty.com/photos/touch_the_earth/photo_7.jpg

円盤部分は真鍮板。表面を良く磨いて脱脂した後、ペイントで世界地図を書き、側面と裏面もペイントで塗りつぶしてマスキング、塩化第二鉄水溶液に浸けて金属露出部分を溶解させるというエッチングの技法で、上記写真のような浮き彫り模様を作りました。

文字盤のドットと短針は、円形、および細長い台形に切り出した銅板を用いました。文字盤とお揃いの真鍮板でもよかったのですが、たまたまちょうどいい円形の銅板があったので、それを用いたわけです。文字盤との接合は、文字盤にドリルで穴を開けて、裏からハンダ付けしていきました。

ドットと短針の色付けについては、黒のペイントを筆塗りしました。マスキングしてスプレーするよりは、筆塗りの方がずっと楽です。

時計の長針も銅板製です。同じく黒のペイントで仕上げてあります。これをビスと飾りナットで文字盤に取り付ければ、「世界終末時計」部分は出来上がり。現在の終末時計の針は5分前を指していますから、その位置で長針を固定しました。

日数カウンター部分は、最初はPICマイコンでやろうと思っていました。PIC(Peripheral Interface Controller:周辺機器接続制御用IC)とは、メインCPUを本店にたとえれば、支点機能のような制御を担わせるために開発された物ですが、単体でも小規模なコンピュータとして動作します。日数カウンターなどを作るのには最適な物なのですが・・・・。

有明の某行事の最中、後で秋葉に買い出しに行こうと思うと言ったら、みんなから「そりゃよくない」と反対されてしまいました。

言われてみればその通りです。

そこで、銅板に前述のエッチングの技法で文字入れをし、銅アングルを上記と同じく裏側からハンダ付けする方法で取り付けて数字板を差し込むレールにすることで、日数カウンタに代えることとしました。数字は毎日、交番にある交通事故数の表示と同じように、手動で数字札を差し替えて更新していきます。

┏━━━━━━━━━━━━┓
┃┌──────────┐┃
┃│広島原爆投下から  │┃
┃│〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓│┃
┃│ |2|3|3|9|1|日|│┃
┃│〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓│┃
┃│最後の核実験から  │┃
┃│〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓│┃
┃│  |2|5|2|0|日|│┃
┃│〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓│┃
┃│   が経過しました│┃
┃│          │┃
┃└──────────┘┃
┗━━━━━━━━━━━━┛

最後に、コンクリートの束石に穴を開けてプラグ(コンクリートに埋め込むネジ)を差し込み、この銅板を飾りボルトで取り付けて完成しました。

本当は実物をお目に掛けたいのですが、これは近日中に門柱を加工してその上に取り付ける予定ですので、写真をお見せしてしまうと、わが家の場所がモロバレになってしまいます。それはやばいw

でも、この書き込みを行った後なら、「皆さんも、世界が本当に平和に近付いているのか、それとも遠ざかっているのかを監視するこのミニ時計塔を、ぜひご一緒に作ってください」と呼びかけることで、およそ30万人くらいの皆さんが後に続いてくださると思いますので(いや、冗談抜きに、ネットってそのくらいの力がありますよね)、日本中にこの「Peace Watchtower」が林立した時には、私の作品もきっとお目にかけたいと思っています。

最後に、本物の「Peace Watchtower」を企画、建立し、広島市に寄贈した「NPO法人 広島からの『地球平和監視』を考える会」をご紹介しておきます。

この会は、原爆投下の前年または前々年に広島で生まれた高校の同級生の皆さんが、1999年8月6日に「生誕20000日」記念の同期会を開いたことに始まります。反核・平和というとすぐに焦臭い政治活動と関連づけようとする人がいますが、この会は広島で生まれ育った人達の同期会が元ですから、既存の政治運動とは全く関係を持たない特徴があります。

詳しいことは会のオフィシャルサイトをご覧いただきたいと思いますが、

http://www5a.biglobe.ne.jp/~pwc/

時計塔建立の役割を果たした現在は、出身地などにこだわらない幅広い活動として、東京にも事務局を置いて、世界恒久平和実現に向けた意志を発信し続けています。

戦争なんて昔のこと、今さらそんなカビくさい話を語り継ぐだの受け継ぐなどちゃんちゃらおかしい、といったことを触れ回る人達がいます。しかし、世界は60有余年を経過しても、こと戦争に関しては、いまだにその本質を変えるに至っていないんです。前述のように、広島に原爆が落とされてから23391日も経過したというのに、まだ世界は核開発・核軍備にこだわり続けています。そうした世界の真相を具体的に教えてくれるこの時計塔を、皆さんもぜひ作ってみてください。卓上用の小さな物を、ペーパークラフトで作ってみてもいいと思います。

http://www5a.biglobe.ne.jp/~pwc/download.htm

なお、パソコンのデスクトップに置いて使える、ソフトウエア版の「PeaceWatch」も配布されています。私達は世界恒久平和を目指すと世界に宣言した国の主権者です。一人一人が平和作りの担い手です。個人の立場で何ができるかなんて分かりませんが、とにかく、核のない、戦争のない、軍隊の必要ない世界を目指して、何か一つでも具体的な行動を起こしてみようではありませんか。「Peace Watch」は、そのための一つになると思います。


[2]pH値実験からカラフルデザート作り Lady_Cinnamon

子供の頃、理科の実験でpHを測ったりしませんでしたか?酸性[H+]とか中性、アルカリ性[OH?]とかを調べる実験です。実験室で学んだpH測定は、危険な化学物質も使用していました。そこで、今回のSummer House Laboratory 2009、「楽しいアイデアと創意で暮らしをつくろう!」のベースプランは次のようにしました。

私たちの身近な食品などを使って「安全に楽しめる化学実験」にトライ。

実験で得られた結果を、食卓に応用してみる「デザート作り」。

実験1:身近にあるモノのpH値を調べよう.

実験1では[H+]などの正確な定量を目的としません。手軽に各材料がどのようなpH値、つまりおおよそ酸性よりかアルカリ性よりかを調べます。

器具・紙薬:綺麗に洗った透明卵パック(又はペットボトルのキャップ10個位)

pH試験紙(pH1?14まで測れるタイプ)、あればスポイト

PH試験紙 SRタイプ 標準型 996-44-10-32

PH試験紙 SRタイプ 標準型 996-44-10-32

  • 出版社/メーカー: Whatman(ワットマン)
  • メディア:

方法:各材料の液体・抽出物を容器に注ぎ、pH試験紙に液体を吸わせるだけ。

材料(1)レモン汁、食酢、シソ、牛乳、石けん水

材料(2)紅茶、ウーロン茶、緑茶

材料(3)お茶に使われる各種のハーブも試しました

ハイビスカス、ラベンダー、ローズレッド、カモミール、マローブルー

※シソ・お茶・ハーブは煮出した抽出液。また我が家の水道水はpH6.5。

結果1?(1)

結果1?(1)の材料は、理科の実験などでも紹介されている例を中心に集めました。

http://www.horiba.com/jp/process-environmental/features/water-qu...

各pHは、レモン汁pH2、食酢pH3、シソ抽出液pH5、牛乳pH7、石けん水pH10と石けん以外は酸性よりの結果が、資料同様に得られました。意外なこととして、レモン汁はかなり強い酸であること。食品でもシソが酸性よりで、牛乳が中性だったことでしょうか。 よく胃酸過多の人が牛乳を飲まれますが、胃粘膜を守るタンパク質の補充だけでなく、胃酸に酸を加えない食品としても合理的なのが分かります。他にも多くの食品がありますので、興味のあるものは試してみてくださいね。

結果1?(2)

結果1?(2)はお茶類でも、発酵の度合いでpHが異なるという資料がありましたので、試しに実験してみました。

http://www.asahi-net.or.jp/~hi2h-ikd/chemistry/experiment/phtoka...

目視で見る限り、紅茶がpH4、ウーロン茶と緑茶はpH5程度と、明確な違いが得られませんでした。

推測の域を出ませんが、今回使った緑茶が新茶でない、つまり若干は発酵していた可能性もあります。また、各お茶にはかなり多数の茶葉があります。その選び方によって、pHの違いも鮮明に出るかもしれません。

結果1?(3)

結果1?(3)は(2)の延長で、カラフルで香り豊かなハーブ類を調べました。酸味のあるハイビスカスは、はっきりと強酸性でpH1。ローズレッド、ラベンダー、マローブルーはpH5で、味も酸味はちょっと強めなくらい。カモミールティはまろやかな味ですが、若干酸性よりでpH6.5程度になりました。

さて、マローブルーは理科の実験でも使われるハーブで、酸やアルカリを入れることで、色が変わり試薬にもなります。入れたての時は青ですが、時間が立つと青紫色になるので水色の変化に注意が要ります。応用編として、マローブルーに酸やアルカリを加え、どのように発色するかの実験も面白いですよ。

http://www.1101.com/kasoken/2003-09-12.html

実験2:プラスαでマジックカラー作り.

実験2では実験1で使った材料を基に、抽出液にプラスαをしてpH値と色の変化をみていきます。材料には実験1にハチミツを加えています。

例1 シソ抽出液+食酢

例2 紅茶+レモン汁

例2 紅茶+ハチミツ

例3 マローブルー+レモン汁

さて、どんな変化が起こるでしょうか。どの例も天然の食品ですので、まぜ合わせて飲んでも大丈夫ですよ。※写真では例1にクエン酸とありますが、食酢の間違いです。

例1の結果 シソ抽出液+食酢 = 赤黒⇒ワインレッド (pH2)

例2の結果 紅茶+レモン汁 = 紅茶色⇒薄い紅茶色 (pH2)

例2の結果 紅茶+ハチミツ = 紅茶色⇒黒めの紅茶色(pH4)

例3の結果 マローブルー+レモン汁 = ブルー⇒ピンク(pH2)

実験2の解説をしていきます。まず、pHの変化ですが酢とレモン汁を入れたものは、色の変化とともに強酸性になりました。一方、紅茶とハチミツは水食変化があっても、pHはほぼ同じ4でした。

水色の変化について。例1のシソと例3のマローブルーですが、このハーブにはアントシアニン系の色素が入っています。アントシアニンはpHの変化によって色が変わる色素。よって、酢やレモン汁といった酸性の液体などに反応し、色が変化します。他にも紫キャベツやナス、ブルーベリーにアントシアニンが含まれています。

http://www.kiriya-chem.co.jp/q&a/q07.html

例2の結果の一つ目。レモン汁を加えて色が薄くなったメカニズムは、アントシアニンと似た物質、テラフラビンに酸が影響しています。

http://www.kiriya-chem.co.jp/q&a/q12.html

一方、紅茶にハチミツを加えて黒っぽくなった方は、メカニズムが異なります。原因はハチミツ内の鉄分が、紅茶のタンニンという物質に結合したためです。なお、水道水でも鉄分が多い場合、紅茶を入れると黒っぽい色になります。

http://www.kurashi.pref.saitama.lg.jp/kurashi/chishiki/colum23.h...

応用:マジックカラードリンクを使って、デザート作り!

実験2で得られた結果を応用して、天然のカラフルデザートを作りましょう☆

例1:シソジュース+シソ味かき氷シロップ およそ900ml

材料:シソ3?5束かボウル一杯

酢の代わりにクエン酸大さじ3杯(癖のない酸)

砂糖200g

水900ml位

道具:ザル・ボウル・漏斗・ジュース濃縮液を入れるワイン瓶など

1.鍋にワイン瓶一杯分の水を入れ、お湯を沸かす。

2.お湯が沸いたらシソを投入し、お湯に浸るように箸で混ぜる。

3.15分ほどで、次のように黒っぽい赤になる。

4.ザル・ボウルにあけ、シソと液を分ける。

5.液を鍋に戻し、砂糖を加えてひと煮立ちさせる(暗い色合い)。

6.クエン酸(またはお酢)を入れると、鮮やかなワイン色になる↓

最後に味見をして、砂糖とクエン酸で調節。ドリンク用は甘さ控えめ。かき氷用はお好みで、砂糖をさらに追加して下さい。シソと言う割には癖のないお味ですよ。

例2:紅茶の3カラーゼリー 4個分

材料:紅茶 2g×10パック

ゼラチン 5g×7パック

レモン汁(ポッカレモンでも良い)

ハチミツ 100g

砂糖 大さじ4杯

ミント 適量

レモン 1つ

道具:ゼリーを入れる透明な器4つ、ボウル、タッパー

1.粉ゼラチンを水でふやかす。

2.お湯が沸いたらティーバック4つを長めに浸す

(鉄分と反応させるため、タンニンを多めに抽出する)。

3.ハチミツを入れる(紅茶が黒っぽくなる)↓

4.ハチミツ味にゼラチンを入れ溶かし、氷水でボウルを冷やす。

5.ハチミツゼリーに、とろみが出てきたら器の1/3まで入れ冷蔵保存。

6.紅茶4パックと砂糖を使って、普通の紅茶ゼリーをジュレ状にボウルに作る。

7.紅茶2パック+ポッカレモン多めで、色の薄い紅茶を作る↓

8.レモンティ味は水分が少なめなので、タッパーで固めになるまで冷やす。

9.ハチミツゼリーが固まったら、紅茶ジュレをカップ2/3まで入れる。

10.レモンティゼリーが固まったら、サイコロ状にカットして器に盛る。

11.4つにカットしたレモンとミントをのせて出来上がり。

何とか3層には分けられましたが、レモンティゼリーはもっと薄くしたかったです。また、2層目のレギュラー紅茶の色が混濁してしまいました。これは短時間に紅茶の温度を下げたため、クリームダウン(クリーミング現象)というのが生じたせいです。

もっとクリアに紅茶の色を出すコツとして、粉ゼラチンでなく板ゼラチンを使うことが一つ。そして、クリームダウンしないようゆっくり冷ましていくことです。

例3:フルーツのマローブルーゼリー添え 3皿分

材料:マローブルー 2g×6パック

板ゼラチン 1.5g×10枚

多めのレモン汁(ポッカレモンでも良い)

カルピス 200cc

砂糖 大さじ5

好みのフルーツ:巨峰・キウイ・リンゴなど

道具:ゼリーを入れるプレート(皿)、ボウル、タッパー

1.粉ゼラチンを水でふやかす。

2.お湯が沸いたらマローブルーティーを入れる。

3.ハーブを除いて、砂糖大さじ1、レモン汁、カルピスを加えて煮る。

4.ゼラチンを入れ、氷水でボウルを冷やす(ピンク色)↓

5.とろみが出てきたらタッパーに入れ、冷蔵保存。

6.同様の過程で、普通のマローブルーゼリーを作る。砂糖は大さじ2(青紫色)。

7.この間に、果物のカットをする。

8.ゼリーが固まったら、マローブルーゼリーを細かくカットしてプレートにしき、カルピス入りゼリー、カットしたフルーツを盛る。

※青紫色の時のマローブルーは不安定な状態です。ブルーゼリーを作成中、温度差・時間経過で透明になってしまったので別作戦をとりました。

マローブルーで水出しハーブティを作ります。そうすると煮出した時より、鮮明な青になります。砂糖大さじ2をゆっくり溶かして、マローブルーティ・シロップとしてお皿に少量注ぐと、淡い青色がしばし楽しめます。

他の食品でも、化学反応で色が異なるものもあります。化学実験から入った今回のルポタージュ。錬金術や科学というのは、台所から始まったという逸話もあります。科学の実験から創意工夫して、オリジナルのカラーデザートやレシピを考案してみてください♪

以上で、身近な食品などのpH試験から、食品の色の変化の紹介、および応用として、同じ原料(シソ・紅茶・マローブルー)から作れる数種のカラーデザートの紹介を終わります。


[3]庭の花で押し花作り meizhizi87

今年はバラの花がとてもきれいだったので、赤と白のバラの押し花を作りました。毎年、庭で育てているのですが、今年は時間があったのと、写真に撮るだけでは物足りない感じがしていました。それに、バラの花びらは散るように落ちてしまうので、鮮やかな色のまま散っていてもったいない気がしていたのです。そこで早速、散ってしまったバラの花びらできれいなものを集めて、雑誌の間にはさんでおきました。数日して、見てみると、見事に押し花が完成していました。今は、本のしおりとして使っていますが、夏をそのまま残すことができたような気がしています。押し花は簡単につくることができるので、来年はバラだけでなく、レモンの花等、いろいろ作ってみたいです。


[4]アリの巣作り観察キット。 ttz

ご存知の方もいらっしゃるかもしれませんが、アリが巣を作る様子が見られるキットがあることを友達から聞いて面白そうだなと思って購入しました。昔だったら透明な虫かごなどで土に作る巣を見るくらいしか出来ませんでしたが、土の代わりに青いジェル状のものを使っています。アリがそれを食べながら巣を掘っていく、というものです。お盆休みに購入し、まだ底に届くような長い巣穴は出来ていませんが、これからどんな巣が出来ていくのか楽しみです。


[5]猫のダンボールハウス作り ttz

宅配便や、買い物帰りにスーパーから持ち帰ったダンボールを置いておくと、我が家の猫が非常に反応し、闘い始めます。今回、いくつか溜まってしまったので、積み重ねて合わせてガムテープで貼り付けたものを作って置いてみたところ、興味津々でした。中に入って寝たり、ダンボールを噛み千切ったりして日に日にボロボロになっていきますが、まあ飽きるまでそれで遊んでくれたらいいかな?と思っています。いずれもっと本格的な棲家や、アスレチック的なものも作ってみたいです。


[6]夏の草木花で染め物してみませんか??科学も社会もお勉強? fwap

かつてツユクサの押し花、色水を作ったとき、紙に残った鮮やかな色がだんだんと退色していく変化に気づきました。

始めは派手ともいえる濃い青色が少しずつ徐々に徐々に赤紫そして茶色へ変わっていくのです。

その色の変化、またその押し花を何年も持っていて、しおりに使っていると、これは草木染めに使えるかも・・と思いつきました。

草木染めの経験は、地方での宿泊時に体験程度にしかありません。草木染めの歴史や適したもの、そして使う布などを染め物の専門家の方に伺いました。

この夏、染め物をしてみよう。そんな決意が私の胸を揺り動かしました。

染め物職人の方の自由時間を利用させていただき、1泊2日。

お手伝いを条件に自分の作りたい染め物を作りました。

使ったのはツユクサと藍です。


まずはツユクサから紹介いたします。

1)ツユクサをガーゼに包んで木槌で十分に叩きます。

2)ガーゼに包んだ状態で優しく漉します。

3)色素に満ちた物に水を少しずつ加えます。

4)ハンカチや手ぬぐい(←オススメ)それぞれ個人の好きな布地を加え、5分程度浸します。

5)布地を自然乾燥(←大切!)で十分水気を飛ばし、そして再度30?40分程度浸します。

6)薄めた過酸化水素水(←薬局で買えます)で色を留めます。

そうすると、布一面にツユクサのおぼろげな青が現れます!

過酸化水素水に重曹を多少加えてもよいかもしれません。


次に、藍。藍は染め物でもメジャーで、古くから染め物と言えば藍と言われ、浴衣やのれんの濃く色あせにくい青は印象的です。

もう、説明の必要はないと思います。基本はツユクサと同じやり方です。

1)ミキサーにかけて、色素と繊維を分離します。

2)木綿でこし、水を加えます。

3)布や糸を10分浸して乾かし、再び20分浸して、薄めた過酸化水素水や酢で色止めをします。

4)葉を布の上に置き、当て布をして金づちで叩(たた)くと、葉の形をした濃い青緑色の染め模様が出る。

5)これを水で洗うと薄い青になる。

布地は、お手ふきやのれんくらい大きくてもよいとおもいます。


エントリを書くとき、私の体験したことが世間一般から外れているのではないかと参考になる記事やWebサイトを調べました。

すると染め物に関する素敵なサイトが見つかったので、染め付ける時間データとしても役立つと思います。

下の記事では、藍とクサギを使っていますね。こういう記事が文化としてだけでなく、環境という意識の啓発に役立てられたら・・・と思うのですが。

http://www.shikoku-np.co.jp/kagawa_news/culture/article.aspx?id=...

草木染め/涼しげな夏の色楽しむ


私が忘れていたことは、染め物をするためには草木や花を育つ環境を作っておかないと染め物はできないと言うこと。

幸いにして、染め物をした職人さんの家の裏は山なので、素材の入手には事欠きませんでした。

何もせずに材料となる植物を手に入れることができるのは、雨や気候に恵まれた日本のおかげ。

砂漠化、水不足に悩む諸外国にとってはすべての自然が貴重な資源なのです。

私たち日本人も農工業に用いることのできる水質に、そして澄んだ水を与えてくれる山林に感謝ですね。


ただ、植物を育てるのはたとえ一年草であっても、藍を例に取ると少なくとも半年先を考えて、種を蒔かなければなりません。

タネを蒔く、蔓が伸びる、根を張る、花が咲く、実をつくる。自然の変化に敏感であると共に土壌にも気を配らないと行けないのですね。

たかが、布地のためだけに植物、さらには木や土壌、そして水など環境への配慮が必要なんですね。

私は下の本で、体系的な自然利用のすばらしさや日本の恵まれた気候を知ることができました。

木に学べ―法隆寺・薬師寺の美 (小学館文庫)

木に学べ―法隆寺・薬師寺の美 (小学館文庫)

  • 作者: 西岡 常一
  • 出版社/メーカー: 小学館
  • メディア: 文庫


単なる工作だけでなく、生活の営みから環境全体を捉えること?こういうことが本来の「ゆとり教育」なのではないのでしょうか?

体験から事物を科学的に観察し、総合的にものごとを社会的に捉えること、こういうことをイエはてなから、時間のある夏休みの自由研究として発信出来たらと思います。

いま自作の染め物を体験した人はなかなかいないと思うので、話のタネにもなると思いますよ。


[7]皆既日食 ttz

見に行けるものなら見に行きたかった今年の皆既日食。残念ながら平日でしたので見に行くことを考えもしていませんでしたが、後から映像を見ると、本当に面白くて興味深い現象だなと思いました。昼間に夜のように真っ暗になるなんて、それも一瞬だけ、考えられないです。自分の居住地も曇りでしたので、一部の日食すら見ることは叶いませんでしたが、次回26年後?、もし叶うことなら見てみたいなと思わせられました。


[8]>2 凄い!!! choco-latte

理科の実験+お料理 両方楽しめる自由研究ですね!

お料理の横に添えてあったレモンを絞ったら

料理の色が変わったりしたらビックリしちゃいますね。

あとは、製氷器に色々な色のマジックカラードリンクを入れて

一口サイズのシャーベットを作るのも楽しそうですね。

ちょっとしたホームパーティーとかに出しても喜ばれそう!


[9]>7 皆既日食 r-zone

私も残念ながら会社で見ていました。

でも、だんだん空が暗くなって行っているさまは

見ていて不思議な感じでしたね。

あとからTVで見たときはツアーに行った人が羨ましくて羨ましくて。。

滅多に見られない物なので有休を使ってもみにいきたかったな〜と後悔です。


[10]>9 皆既日食 ttz

そうなんです。あとからテレビで見て本当にいった人が羨ましくなりました。実はテレビは、ツアーの映像よりも、とある番組でボビーオロゴンが子供2人と一緒に行っていたんですけど、日食に入ってから出るまでをずっとやっていて、本当にうらやましくなりました。


[11]>10 皆既日食 twillco

この夏は雨が多くて夏らしい遊びが出来なかったので

皆既日食は大いに盛り上がりましたね!

残念ながらこの日も雨や曇りで見れなかった地域もあったみたいですが

私の地域では、部分日食でしたがとても良い経験だったなと思います。

ちょうどお昼前に仕事をしていましたが、社内ではまだかまだかと

ざわざわ落ち着きが無い感じで朝から皆仕事が手につかないようでした。

いよいよ日食!となった時には社員全員で外に出て太陽を観察。

雲があったのでチラチラとしか見えませんでしたが神秘的で良かったです。


[12]ボルトの男子100メートル世界新記録を見て。 ttz

世界陸上でジャマイカのボルトが男子100メートルで出した世界新記録に衝撃を受けました。

200メートルも世界新記録でしたが、やっぱり100メートルが衝撃でした。

記録はいつか塗り替えられるものだけど、じゃあどこまで伸びるの?という興味も沸いてきます。

極端なことをいえば、自分が生きているうちに8秒台という記録が出るのか?とか。

将来は7秒台が出るのか?とか。

今では非現実的ですけど、そうやって記録は伸びていることを考えると、長い年月を考えればあながち夢物語でもないのかな、と。

これって技術の進歩もあるけど、人類事態の「性能」が上がっているということでもあるんでしょうか?いずれはチーターと競争する時代が・・・さすがにそれはないか。

でもこの続きをいつまでも見ていきたいです。

記録が塗り変わるって素晴らしい!


[13]>11 皆既日蝕 some1

朝方雨だったので絶対に無関係だなと思ってたのですが、

通勤時間に薄曇りになり、通勤途中に空を見上げたら

ちょうど良く曇った空に欠けた太陽が!ラッキーでした。


[14]>11 皆既日食 linne

この夏といえば、これでしょう。皆既日食。実際に見に行くのは金銭面の問題もあって難しいけれど、研究はできますからね。皆既日食についてじっくり調べるという楽しみもありますし、何より旬の話題ですからね。他にも計画している人が多そうで競争が激しくなるだろう事が唯一の懸念材料だけれど。


[15]>13 皆既日蝕 koume-1124

部分日食でしたが見えましたよ?♪

11時頃に、だんだんと外の様子が暗くなり曇っていたのでだめかな〜と思ってましたが、なんとか曇の合間から

欠けて三日月のような太陽が見えました!

仕事中にも関わらず、こっそり屋上に行ったら

みんな屋上で日食観察してました;

太陽のような、月のような…。

本当に神秘的な瞬間が見る事が出来て感動しました!


[16]>12 すごいですね。 mandoto57

どこまで早くなるのでしょう。

8秒台も夢じゃないかも。


[17]>15 部分日食・・・ blueberry77

でした。

でも、十分たのしめました☆

また、みたいなぁ・・・・

今度は、ダイヤモンドリングを見に行こうと、決心しました

あんなのみたら、夢のようですよね。


[18]手作りカボチャを生かすエスニックレシピ、ソパイピージャの実験と製作 YuzuPON

カボチャは、種類によって異なりますが、開花後25?50日で収穫期を迎えます。もう収穫を楽しんでいる家庭菜園も多いと思います。しかし今年は天候に恵まれず、走りのカボチャはちょっと甘味に欠ける感じですね。そこで、そのあたりも踏まえて、今年のカボチャを最大限に生かす調理法を考え、実験してみることにしました。

さて何を作ろう、せっかくだから何か変わった物にチャレンジしてみたいと同僚に相談した所、ソパイピージャはどうよ、とのアイデアをもらいました。これは南米チリのポピュラーな食べ物で、簡単にいえばカボチャを練り込んだ揚げパン的食べ物なのだそうです。チリの人たちは、なぜか雨が降ると、このソパイピージャが食べたくなるのだとか。

さっそく検索して調べて見ると、チリの人は揚げたままの物を食べることが多いが、ケチャップをかけ、マスタードや唐辛子系のペーストで辛味を添えて食べてもおいしいとのことです。これなら、やや甘味に欠ける今年のカボチャでも、十分美味しい物が作れそうです。

作り方はこちらのサイトを参考にさせていただきました。

http://www.e384.com/recipe/081007.htm

材料を引用すると、次の通りとなります。

■材料(12個分)

●小麦粉 500g

●ベーキングパウダー 25g

●塩 25g

●蒸かして潰したカボチャ 250g

●常温マーガリン 150g

※好みにより、牛乳を加えても良い。

このレシピのうち、マーガリンは全量をバターに置き換えました。マーガリンは脂肪分子の結合を人工的に変化させて、室温で固体を維持するようにしたものです。こうして作られるのがいわゆるトランス型脂肪酸という物ですが、この形の脂肪が体に悪いのです。

トランス型脂肪酸は、自然界で食物となる物にはほとんど含まれない、極めて人工的な形の脂肪です。ですから、これが体内に入ってくると、体はどう対処していいのか迷ってしまうらしいのです。そこで、毒性とは別の作用で、本来なら有り得ない結果をもたらして体を害してしまう。これが、毒ではないのに体に悪いと言われるマーガリンの正体だということです。

実際問題としても、金属触媒を用いて高温処理されて作られる油なんて、もはや工業製品の部類だと思いませんか。マーガリンは食べ物とは言えない。それが最近の私の考えです。

話を本題に戻します。まずカボチャを蒸かしますが、緑の皮は剥きました。剥いた皮は甘辛く煮付けて、晩ご飯のおかずにしました。

蒸かし上がったカボチャはボウルに取ってマッシャーで潰します。熱いうちにバターを加え、小麦粉、ベーキングパウダー、塩を振るいながら加えて混ぜていきました。最初はポロポロして、ちょっとこれ失敗じゃないかと思う状態でしたが、次第に馴染んで、いい感じの生地になってきました。

うどんなどの場合、ここでいったん生地を休ませます。チリ風カボチャの揚げパンの場合、その効果があるのかどうか不明でしたが、慣れない料理でくたびれたので休みたいという理由だけで、生地を休ませることにしました(笑)。

一時間ほどネットで遊んで、続きの作業を開始です。寝かせた生地を取り出すと、いい感じにしっとりしていました。寝かせた価値有りです。まな板に打ち粉をして綿棒で生地を伸ばし、厚さ3?4ミリにして、パイナップル缶詰(3号缶)の空き缶を型にして円形に抜いていきました。ちなみに3号缶の内径寸法は83.4mmです。

丸く抜いたらフォークで4?5箇所刺して穴を開け、190℃の油で返しながら揚げて、両面がきれいな金色になったら完成です。

油の190度というのは、天ぷらを揚げる時で考えると、だいぶ高温の部類です。菜箸を入れるとジューッと全体から勢い良く泡が出ます。このように高い温度で揚げますから、かなり早い時間で揚げ上がりました。上がったら良く油を切って、アツアツの所を食べてみます。

感想は、我ながら大傑作でした。もう少し塩を入れてもいいかなという気もしましたが、今回のバランスも悪くありません。食感は、生地を寝かせたのが良かったのでしょうか、日本人好みのもっちり感が程よく出ていて、とてもいい感じでした。本場の人が食べたらどう思うのでしょう。

飲み物はネスカフェです。なぜインスタント?と思われるかもしれませんが、チリでコーヒーというと、ひたすらネスカフェなのだそうです。今回はカボチャの甘みを生かすため、ただインスタントコーヒーをお湯で溶いただけの「インスタントブラック」(w)にしてみました。うーん、チリの味(笑)。

ふと思いました。これはお祭りのメニューにいける!市民祭りに合わせてカボチャを栽培し、それを使って作る。生地はあらかじめ作って持ってくればよい。伸ばして型抜きして揚げて、はいお待ち、熱いですよ!!

今回は12個分のレシピで作りましたが、この10倍、120個なら楽勝です。市民祭りの模擬店で120個売れれば上等ですから、十分実現性があります。そのようなわけで現在、さらにカボチャの比率を高めてみたり、小麦粉の種類を変えてみたり、さっくり混ぜたりしっかり練ったりして、色々なバージョンを実験中ですが、自分で作ると全てに愛着が湧いて、全部美味しいと言いたくなって困っています。

カボチャは、細胞の老化を防ぐβ-カロテンは言うに及ばず、ビタミンC、ビタミンEといった抗酸化作用を持つ成分が豊富で、さらに腸を快調にしてくれる食物繊維もたっぷり。健康の維持増進に、そしてアンチエイジングにも最適な食べ物です。このように栄養豊富で、手軽に抓んで気軽に食べられるソパイピージャは、食欲の落ちる暑い季節にも最適な食べ物だと思います。家族にも好評でした。


[19]>17 部分日食 qwer-asdf

いいものを見たという感じです。

感動しました。


[20]朝顔と猫草を育てました qwer-asdf

6月に朝顔の種を育てました。去年育てた朝顔の種です。毎日水をやり、芽が出て、つるを這わせるための網を張り、毎日観察していました。毎年育てていますが、今年は芽が出るのが遅かったような気がします。しかし一つ咲いたら次々と朝顔の花が咲きました。毎日水をやり、次々と咲く花を窓から見て楽しんでいます。


猫草はキッドを買ってきて説明書通りに育てたのですが、あっという間に育ちました。同じ植物でもいろいろあって面白いです。


[21]>19 皆既日食 kinnoji7

日本でも多くの場所で観測できた「日食」。皆さん、しっかり目に焼き付けましたか。そもそも日食のことを忘れていた人や、天気がイマイチだったので最初からあきらめてしまったという人もいるのではないでしょうか。かく言う私も、まんまと日食を見逃したクチです。しかし、当日から会う人会う人に「日食見た?」と聞かれまくり、たいへん口惜しい思いをしたものです。


[22]>3 今年ではないですが qwer-asdf

小学生のころ、やりました。バラの花びらをお気に入りの本に挟んでいたら、きれいな花びらの押し花になりました。

またやってみようかな?


[23]>16 ボルトの男子100メートル kinnoji7

ウサイン・ボルト 男子100メートル世界新記録を樹立。100mってだいぶ凄くなってきましたよね。その内9秒も切ったりするような人が出てきたりするんでしょうかね。それにしても100mっていつも黒人の人が勝ちますよね、やっぱりなにかあるんでしょうかね。女子もそんな感じがしませんか。日本人が100mで世界一なんて瞬間は当分きそうに無いですね。


[24]>20 朝顔 kinnoji7

それにしても暑い日が続きますね。子どもたちは毎日プールで大喜びですけれど、大人はそういうわけにもいきませんしね。 朝顔、子供の頃よく種を集めました。そして今も子供と一緒にまた種を集めています。が、種って宝物みたいに思えますよね。 朝顔、ヒマワリ。種の中からどうしてあんな双葉が出てくるんだろうっていつも思います。


[25]博物館 fumie15

今年は近くの博物館に行きました。近くにあるため、かえってなかなか行けず、10年位近くにいてやっと行きました。小さな博物館なので絵やら魚の剥製やらが置いてあり非常に楽しかったです。館長と仲良くなり、海の底には何があるのかいろいろ教えてもらいました。しかし館長とは知らず、その辺のおじさんと思い、ため口で話してしまいました。館長、ごめんなさい。でも教えてくださったことは目を開かれました。ありがとうございました。

こんないいところが私の家の近くにあったとは驚きです。10年間もったいないことをしました。


[26]>25 博物館 eiyan

博物館は最近増えましたね。

珍しくなくなった博物館は何があるのだろうと興味深々です。

絶滅危惧種も守りたいですね。


[27]>4 アリの巣 eiyan

アリの巣は普通の土を入れてアリを入れれば完成です。

最近はジェルで代用しているキットが販売されてますね。

それなら昆虫セットも代用出来ますね。


[28]美術館巡り fumie15

東京の友人に会いに行き、ぽっかりと時間が空いたので上野の美術館を巡ってきました。

絵の見方はよく分からないのですが、ルーブル美術館展は素晴らしかったです。大学時代によく勉強しておけばよかったと後悔しました。

これからでも遅くないので勉強してみようかな。


そのあと、興福寺の阿修羅像を見に行きました。土曜日の夕方に行ったのですが、田舎に住む私には身動きもできないすごい人。

でもしっかり見てきました。

こちらも素晴らしかったです。


[29]>5 ダンボールハウス eiyan

ダンボールハウスは人も利用しますね。

ダンボールは防寒が出来るので暖かいですね。

動物のみならず人も利用しますよ。


[30]>6 草木染め eiyan

自然にある植物の染色は昔から利用しています。

着物の染色は殆どですね。

食べ物の色付けも出来ますね。


[31]>18 実着かず eiyan

今年は大雨が連日続き日照も少なくてカボチャや野菜の花の受粉が上手くいかないで実が余り着きません。

ようやく最近になって日照が続きようやく実が着きました。

例年より非常に遅くなりました。

これからどれだけ実るのかな?


[32]>27 ありの巣退治 to-ching

ごめんなさい・・・ありの巣が凄くて、駆除作戦開始、一番効果あるのは液体のあり殺しでした。高いのですが・・・


[33]>22 花を使っていろいろやりました Elliee

花弁の薄い花は押し花を作ったりしました。


そして花弁の厚い花は色水をつくってぬのを染めてみたり、花をつかっていろいろ遊びました。

「枯れかけの花ならちぎっていいよ」、という母の気持ちは大人になって自分で花を育ててやっと分かりました。


[34]>26 スミソニアン博物館 to-ching

死ぬまで一回行って見たい・・・ツアーもあるのでしょう?


[35]>23 ステロイド to-ching

使用すればどの位速くなるのでしょう・・・ちょっと興味が湧きました。


[36]>28 博物館巡り kinnoji7

国立科学博物館に行ってきました。科学博物館はいくつも入りましたが、ここは規模が大きいのはもちろん、人類の誕生や生命の進化といった自然史関係の展示が多いため、最先端科学だけを見せるのではなく、地球や人類の歴史を考えることができます。物理・化学系よりも地学・生物学系の要素が強い博物館です。


[37]>21 土人(禁止用語)に捕まり to-ching

縛られ、鍋で茹でられる直前にそれは起こる!アメリカ漫画の真骨頂!一つのお笑いジャンルですね。知る由もないか・・・


[38]>34 航空科学博物館 kinnoji7

航空科学博物館という施設。成田空港の第一ターミナルから車で10分もしないところにあるのですが、飛行機好きにはかなり、おすすめです。大人も子供も楽しめる隠れた名スポットだと、私は思います。大きな理由は二つ。一つは、成田に発着陸する飛行機がベストポジションで見ることができるから。二つ目は、シュミレーター体験ができるからです。


[39]>36 台湾 to-ching

故宮博物館、足が棒になりむくみました・・・もう二度とごめん!


[40]自由研究と称した手芸あそび Elliee

小学校の自由研究といえばもっぱらクラフトや手芸でした。

そのときどきで母が主婦仲間と凝っていたものの材料を分けてもらって横で教えてもらって作るだけという超お手軽な確実にできるものでした。

オロナミンCの瓶で人形をつくってみたり、タバコの空き箱で傘をつくってみたり・・・あるあるある・・・なオバチャンクラフトは一通り作ったような気がします。


最近シャンパーニュや泡系のお酒を飲むことが多いので、コルクやミュズレを取り置きしてました。

そして夏休みにシャンパンチェアーを作って楽しんでみました。

ちょっと子供気分で楽しくなりました♪


[41]>35 同じ速度を経験してみたい nakki1342

朝の情報番組でボルトの100メートルの新記録と

同じ世界を車で再現するものを見ました

それでも再現するのが大変な印象を覚えました

(ザッピングをしてみたので・・)

車でもいいから世界の頂点の選手が見た世界を

見てみたいなと思ったものです。

(ちなみに個人的には、100メートルの記録の

限度は、9秒を切らないと思います

一歩を踏み出すまでの速度を極限まで鍛えるといっても)


[42]>39 夏は powdersnow

いろいろな美術館などで、特別展などもやっているので、美術館や博物館めぐりにはベストなシーズンですね。

屋内で日差しに晒されない環境もいいです。


[43]>30 染め物 powdersnow

夏にとれる長期休みには、こういった貴重な体験を組み込むには、ベストシーズンでしょう。

やはり、初めての何かを体験し続けることは、とても大切ですよね。

染め物も、夏の日差しでしっかりと乾かすことができて、よさそうです。


[44]>24 朝顔 powdersnow

朝顔の成長日記は、ずいぶんと息の長い宿題ですよね。

現在でも子供が持ち帰っているのを見ると、今でも続いている宿題なんだなあと、懐かしく感じます。


[45]>37 皆既日食 powdersnow

皆既日食は見ることができない場所であっても、天文の変化を自らの目でしっかり確認したかったですね。

本土では、あいにくの天候となったところがほとんどでしたが……

生きているうちに何度も体験できることではない、そんなことは、よく考えずに逃したりはしたくないものです。


[46]>1 最後の核実験の日付への願い Lady_Cinnamon

オバマ大統領、メドベージェフ・ロシア大統領、ブラウン・イギリス首相、サルコジ・フランス大統領、胡錦濤・中国国家主席、さらに、シン・インド首相、ザルダリ・パキスタン大統領、金正日・北朝鮮総書記、ネタニヤフ・イスラエル首相、アハマディネジャド・イラン大統領、そしてすべての世界の指導者に呼び掛けます。

被爆地・長崎へ来てください。

2009年8月9日 長崎市長 田上富久氏の『長崎平和宣言』より抜粋

広島に原爆が落ちてから23391日経つのに対し、最後に核実験が行われてから2520日しかたっていないのですね。また長崎にとっても、ほぼ同じ月日が経っているわけでしょう。

今年の長崎平和宣言を引用しましたが、「Peace Watch」とTomCatさんの「Peace Watchtower」を核保有国の方にも見てもらいたいと思った次第です。

さて、今年4月、チェコのプラハでアメリカのバラク・オバマ大統領が「核兵器のない世界」を目指すと明言されたのも、鮮明に記憶に残っています。

実際に、ロシアと戦略兵器削減条約(START)の交渉を再開し、空も、海も、地下も、宇宙空間でも、核実験を全て禁止する「包括的核実験禁止条約」(CTBT)の批准を進め、核兵器に必要な高濃度ウランやプルトニウムの締結に努めるなど、具体的な道筋を示したとのこと。被爆地の方々や、戦争、原爆・核実験に敏感な方にとっては、朗報だったと思います。

ただ、各家庭で「Peace Watch」や「Peace Watchtower」が急速度で普及するには、多少勇気のいることかと思います。世間体というか、ご近所さんづき合いの面で受け入れられる所と、そうでない所があるでしょうから。

でも、子供たちの自由研究として、ミニサイズでも「Peace Watchtower」が広まることを願います。私たち大人だとしがらみが若干ありますが、子供の頃の教育例としてなら浸透しやすいんじゃないか、子供から大人への紹介なら、大人のしがらみも弱まるんじゃないかと思うからです。

TomCatさんの平和に対する強い思いと実行力に、いつも頭が下がるような思いです。私ではここまでの発想も実行力もありませんでしたから。これから、少しずつでも「Peace Watch」などの存在を広げていきたいものです。

最後に、『最後に核実験が行われた日からは、わずかに 2520日が経過』とありますが、この日付が、間違っても将来ふたたび『0日』にならない事、そしてこのHPを見て「Peace Watchtower」を作る人が増え、身近な地域でも樹立する日が早く来ることを願います。

追伸:TomCatさんへ

私のイエだけなのか、一部リンク画像がみれません。403 Forbiddenです。

>ボディになったのは、ちょうどこんなコンクリート製の束石(つかいし)です。地面から柱を立てる時の土台に使われる建築部材ですね。

http://userdisk.webry.biglobe.ne.jp/003/947/76/1/DSC_28282.jpg


[47]円空仏を訪ねて shig55

鉈や鑿一つでスピーディーに仏像や神像を彫り、彫ること自体を修行と位置づけた円空について興味を持ちました。円空が興したという関市の弥勒寺を訪ね、仏像を見てきました。平成の円空仏と言うことで、たくさんの方がその人その人の思いを込めて像を彫り、お堂に納めていました。それとは別に円空館には、各時代の円空の作品が展示されていました。後年になって多く彫られたという護神像に円空の創作意欲の発現を見ることができたように思います。仏像という制約を取り去ったとき、円空が彫りたいものが形としてはっきりしてきたように見えました。

高賀神社に併設されている円空記念館では、1本の樹を3つに縦に割り、本尊と脇侍仏を彫り上げている像を見ることができました。細かな彫り方をしているのではないのですが、どっしりとし、静かに拝まずにいられない雰囲気の像でした。

地域の人々にとっては円空の彫る仏像はとても身近なもので子どものおもちゃになったり、水遊びの浮き代わりになったり、また、各家々の崇拝仏になっていたりしたようです。

高山では立木にはしごをかけ、そこに仏像を彫り上げたという逸話が残り、その像も残されているようです。大胆な中にもその顔には柔らかなほほえみを感じる円空の像はとても魅力的です。日本各地に残されているという像をこれからも見に行きたいと思いました。

今年の夏の自由研究は円空仏でした。始めたばかりでこの夏だけではとてもとても終わりません。

関市の子どもたちが木っ端を材料にして彫っていた仏像が印象的でした。私もいつかは円空さんの真似をして仏像や護神像を彫ってみたいと思います。


[48]>45 部分日食 sidewalk01

時間が厳しかったですが少し見ることが出来ました。


[49]>41 ボルト adgt

素晴らしいスピードだった、マダマダ伸びしろがありそう


[50]>44 朝顔 adgt

小学生の低学年のときに、授業で育てた記憶があるなぁ


[51]8月31日にやる自由研究 adgt

小学校高学年は完全に最終日にこなしてました


[52]ゴーヤのグリーンカーテン adgt

先日とまりに行った先輩の家(持ち家)で、ゴーヤのグリーンカーテンを見つけた。今年からはじめたようだけれど、きちんとゴーヤもなっていたし、緑の葉っぱで遮った光は少しやわらかく感じた。ひとまわり年の違う先輩だけれど新たな工夫を生活の中に取り入れる姿勢は、まねしていきたいものだと思った。


[53]>48 日食 adgt

とうとう見られなかった。。


[54]鴨居に盆提灯を提げるのに物干し用のアームを使った。 miharaseihyou

そのままでは付かなくて、小さな木を木ねじで取り付けた。

それ用の製品が無くてそれなりに苦労した。


[55]>42 マンガ 百花繚乱?いわての漫画家50 の表現?展 sunaco

私がこの夏訪ねたのは、マンガ 百花繚乱?いわての漫画家50 の表現?展

7 月18 日から9 月6 日まで開催されています。

漫画家やその作品を取り扱う美術館というと、そのほとんどが有名な漫画家単独のものだという印象がありましたが、この企画展では地元に縁のある漫画家の作品を展示しています。


地元出身の漫画家がこんなにいたんだ!と驚きあり、小学生の頃夢中になって読んでいた作品の漫画家が地元出身とわかるなど再発見あり。いつもと違う切り口で地元に想いを巡らすのに、実にうってつけでした。その上、小学校・中学校・高校と、私の住むマチで過ごしていた漫画家さんも発見。我がマチ出身の漫画家さんがいるなんて!と、思いがけない出会いに喜びもひとしおです。

漫画家の来歴だけで会話が弾むのはもちろんのこと、生原稿も見ごたえ十分。見知った漫画のペンタッチが意外と荒々しかったり、印刷時には気付かなかった色むらがカラー原稿に散見されたり。意外な発見ばかりで、漫画の今まで知らなかった一面を垣間見ることができました。


大手出版社などが都心に集中しているせいか、一番身近な書物でありながらどこか遠い存在に感じていた漫画。その距離が一気に縮まる企画展でした。県内の人はもちろんのこと県外の人にも、生原稿の前でその作品の思い出を語り合う楽しさを味わってもらいたい!と思わずにおれません。

他のマチにはどのような、「マチ」と「私」を思いがけないところから繋ぐ企画展があるのでしょうか。だいぶ秋が近付いていますが、この夏のちょっと変わった企画展をもう少し、探してみようと思っています。


[56]ペルセウス座流星群 ls_10_5

皆既日食が曇りで見られなかったので、夏らしく星でも見ようと12日の夜から13日の明け方に掛けて山の方に行ってきました。

また雲の多い天気だったのですが、3,4時間程見ていたら時々雲が晴れる時があり、数分に1度くらいの割合で見ることができました。

流れた跡が光って残るものが幾つかあったのですが、必ずしも明るい流星が跡を残すわけでもなく、短く消えてしまったものでも跡が残ったりして、不思議でした。

時々はペルセウス座とは全く違う方向から流れる流星もありました。

流星を見ること、それ自体もとても楽しかったですが、一緒に行った人達と天体についての話やその他他愛もない事を話していた事が一番楽しかったです。


[57]>53 日食はインターネットで ls_10_5

仕事を抜け出して見に行こうと計画していましたが、曇りのため全く見られず。空が暗くなるのも分かりませんでした。

残念だったので家に帰ってからネットで調べてみたら、NHKが動画を公開しているのを発見。

太陽が欠けてから暗くなり、また月の陰から出てくるまで、見入ってしまいました。

太陽が月の陰から出てくる瞬間、月の端がきらっと光る場面では息をするのを忘れていたんじゃないかというくらいでした。

実物は見られませんでしたが、充分日食を楽しめたと思います。


[58]>46 世界が一斉に核廃絶に向かう日を目指して TomCat

あ、画像、見られませんか。ごめんなさい。こちらならどうでしょう。

http://rikoaipapa.yu-yake.com/2/PIC/cyclep02-02.jpg

こういうコンクリートの土台石みたいな物の側面に日数表示のプレートを取り付け、上面の金具部分にアナログ時計の文字盤を取り付けたのが、私の今回の製作物です。

さて、今年は核保有国の大統領が核廃絶に向けた決意を表明した、特別な年ですよね。その年に迎えた広島・長崎の原爆の日、そして終戦の日。これは日本にとっても、極めて意義深い日だったと思います。

世界は、一つ弾みがつけば大きく変わります。無くなるなんて有り得ないと思われていたベルリンの壁だって、壊されるとなったら、あっという間に取り壊されました。人々の深い願いに根ざす変化は、流れ出したら一瞬にして大河となっていきます。核廃絶も同じでしょう。

最初の流れは、オバマさんが作ってくれました。それを大河にしていくのは、世界唯一の被爆国である日本の役目でしょう。こういうことは、政治がやってくれる、政治家がやってくれるなんて考えちゃ駄目です。政治家に出来るのは、世論をまとめて大きな流れにすることだけ。結局、主人公は民衆なんです。

だから日本中の人達が、一人一つずつ、何かの形で、核廃絶の願いを現すモニュメントを持って欲しいと思うんです。窓辺に折り鶴を下げるでもいい、持ち物に白いリボンを付けるでもいい、もちろん小さな卓上Peace Watchtowerなんかを作ってくれたら嬉しいですね。

ただ、各家庭で「Peace Watch」や「Peace Watchtower」が急速度で普及するには、多少勇気のいることかと思います。世間体というか、ご近所さんづき合いの面で受け入れられる所と、そうでない所があるでしょうから。

たしかに反核・平和というと、白い目で見られるような風潮がありますよね。でも、世の中には、政治的な活動なのに、地域に受け入れられている活動が一杯あります。たとえば地域興し。これなんて、本来は完璧に政治の仕事ですよね。でも、地域のためならと、みんな一丸となって活動するじゃないですか。

平和運動だって同じです。たしかに戦争というのは政治が引き起こすものですから、政治の舞台での活動も欠かせません。それを否定する運動はニセモノだと思います。でも、一般国民の立場ではそうじゃない。地域の幸せ、イエの幸せ、友の幸せ、自分につながるみんなの幸せを願いたいから、それを阻む暴力を根絶したいという願い。「No Violence」という人として当たり前の願いの発信。それが一般国民の立場としての平和運動だと思うんです。

子供達が、そういう願いのモニュメントとしての、ちっちゃな「Peace Watchtower」を作ってくれたらうれしいですね。できたらご家族の方もご一緒に、身近な材料を工夫して作ってみてくれたらうれしいです。

私達が生きているこの時代の、そう遅くない日に、きっと「世界同時核武装解除の日」がやってきます。その日には、みんなでそれぞれのミニPeace Watchtowerを持って集まりましょう。その日は世界中がお祭りになります(^-^)


[59]>8 YouTubeで見つけました Lady_Cinnamon

清涼飲料水を2種類混ぜたら・・・というカジュアルな実験をYouTubeで見つけました。

http://www.youtube.com/watch?v=bgYKkUQFK34

この実験でも私が試した実験でも、紅茶+レモン(クエン酸)を使っています。

私の興味としては・・・ウーロン茶とかにもレモンジュースを入れたら、色が薄くなるのかしら・・・です。味が想像できないので、まだ試していないんですけどね(笑)。

ネット上を探すと、もっと本格的な実験レシピもありますね。

自分で検査してみよう 江戸川区ホームページ

こちらはお菓子なども使って人工着色料か天然着色料かを調べる実験です。

http://www.city.edogawa.tokyo.jp/kurashi/kenko/eisei/memo/jibun/...

食品から着色料を取り出す方法は、薬局などで材料を集めれば、実際に自宅で実験できそうですよ。これも、夏の自由研究として子供たちには分かりやすいと思います。


[60]>50 朝顔 YBSGG

夏の定番ですね。


[61]>60 朝顔 koume-1124

子供の居る家庭には必ずありますね。


[62]>55 美術館巡り koume-1124

金沢21世紀美術館に行ってきました!

美術館には詳しい方ですが、結構上位に入る美術館です。

と国プールの部屋というのがあるんですが、上から見るとプールの中に人が入ってるように見えるんです。

子供もすっごい喜ぶ作りで何度行っても楽しいです。


[63]>62 美術館 twillco

私はこの夏、直島へ行ってきました。

安藤忠雄さんのデザインの美術館に泊まるホテルがあるんです。

むちゃくちゃ綺麗で静かな所で

街全体アートな感じで、浜辺には草間弥生さんの大きなかぼちゃがあったりと、 とても楽しくアートに包まれた時間でした。


[64]>61 朝顔 twillco

夏休みの自由研究の定番ですね。

うちの近所にも、どんどん伸びた朝顔があちこちで見られます。

うちもいつか子供が大きくなったら

あんな風に朝顔育てる事になるんだろうなと思うと

いまからちょっと楽しみですね。


[65]>52 グリーンカーテン sidewalk01

最近はマンションなんかでも増えてきましたね。


[66]>33 押し花 sidewalk01

昔、母が良くやっていました。


[67]>64 朝顔 sidewalk01

ラジオ体操の行き帰りで見ていましたね。


[68]>67 幼いうちに美観やセンスを育てる wacm

アサガオを育てて押し花をするなんてことをしたことあります。

アサガオを育てて観察日記、アサガオの種を来年に。。といってもあまり展開がありません。

押し花をすると絵を描くより簡単で、どうしたらよく見えるか?そういったことを考えると思います。

幼いうちに美観やセンスを育てるにはアサガオの押し花が適していると思います。


[69]>66 植物から動物や昆虫に関心が広がる wacm

アサガオだけでなく、ツユクサやツツジなどできるだけ多くの花を押し花にすると素敵な押し花アルバムができます。

押し花だけでなく、花を育てることに興味が湧いたら植物図鑑を渡しましょう!

そうすると、多くの草木花に興味を持ってくれることでしょう。

植物に興味を持つと動物や昆虫にも関心を持ってくれたら、親としてもうれしいですね。


[70]>59 かつて、お茶のPH値を調べました wacm

それにしてもLady_Cinnamon さん、素晴らしいですね。

私の子どもの自由研究は、お茶に関する研究を行いました。

麦茶、緑茶、烏龍茶、そして紅茶のPH値を調べました。

いまでは、ペットボトル飲料で味覚測定が機械で行われています。

ですが、商品開発には人間の舌がやはり最後は決めるそうです。

そう考えますと、こういう実験は素敵で、自由研究にふさわしい物だと思います。


[71]>58 現実的な解決策とは? wacm

国際政治の観点からも核兵器の廃絶が進むといいですよね。

理想論だけでなく、地に足がついた議論が世界だけでなく、日本国内からも起こることを希望します。


さて、昨日"Ground Zero"という興味深いものを見つけました。

http://www.carloslabs.com/node/16

http://www.carloslabs.com/node/20

ためしに東京都庁に、中国の核ミサイル(東風31; DF-31 (China, in service, 140 Kilotons)を仮想的に落としてみたところ、23区がほとんど全滅です。

こうした核ミサイルを我が国に向けている中国や北朝鮮に対して、効果的な外交ができることは何でしょうね?


[72]>63 工芸や宝物で提案したい wacm

私はこの夏は伊勢神宮展@東京国立博物館へ行ってきました。

伊勢神宮の宝物が勢揃い!伊勢神宮へ再び行きたくなりました。

美術や工芸、宝物に親しむことで、日本の伝統や自然への心遣いを知ることができました。

何かいい提案がイエはてなでできないかな?と思案しながら、観覧したものです。


[73]>72 企業メセナに追い打ちをかける不景気にこそイエはてなの存在意義が! fwap

しばらく前ですが、サントリー美術館へ行ってきました。

サントリー美術館は東洋芸術をコレクションしているなかなか珍しい美術館です。

美術館は昨今の急激な景気悪化に伴い、天保山の閉館が決まりました。

http://www.jiji.com/jc/c?g=ind_30&k=2009082100722

美術館と音楽財団を統合=コスト削減、大阪は閉館へ?サントリー


企業メセナとして、同族オーナー企業の美術品保護は本当にありがたいです。不景気にこそサントリーのような企業に期待したいのですが、肝心の企業経営で利益が上げられないのでは本末転倒です。

こういうときこそ、イエはてなから文化や芸術をほそぼそとだけども決して絶えることのない生活・衣食住の工夫を提案出来たらと思います。


[74]>68 ゴールネットで育てるアサガオに驚き?リサイクルの身近な例? fwap

アサガオをサッカーのゴールネットで育てている近所の民家を見ました。

使い古したボロボロのネットにアサガオが4?5メートルも伸びているのです!

つるがまっすぐ太陽に向かって伸びている姿を見るとこっちもうれしい気持ちになってきます。いったいどこまで伸びるのでしょうね?

植物を育てることは案外、身近な道具をリサイクルすることで育てられる好例を拝見しました。


[75]>71 平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼する外交 Oregano

憲法前文には、次のように書かれています。

平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼して、われらの安全と生存を保持しようと決意した。

まず敵を作らない外交。それが達成されたら次のステップとして「平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼」する外交。それが実現できれば国は安全だというのが憲法の立場です。

最初に仮想敵国を想定する考え方で進める外交では、たとえアメリカの核の傘があっても、この国は守れません。

敵を作らない外交とはどういう外交なのかをしっかり話し合っていくことが、これからの日米同盟新時代の両国に課せられた課題でしょう。戦争のための日米同盟から、世界恒久平和実現のための日米同盟への転換によって、脅威は脅威でなくなると思います。


[76]>57 日食がある年は何かある・・・かもしれない fwap

皆既日食を見に行けた人がうらやましいです。

私はNHKやインターネット中継を録画してみました。

日食は古くから吉祥を占う上で重要な現象の一つでした。

日食のある年では、米の不作や疫病が流行ると言われています。

風説の流布に当たるか分かりませんが、今年の冷夏による野菜の不作や湿度の高い夏でも新型インフルエンザの流行があるのはなんとも因なのか果なのか分からないです。

イエはてなでも、ぜひ生活を守る、健康を維持するトピックをみなさんで話し合う機会を取り上げてくれるとうれしいです。


[77]>75 相互依存を深められるように fwap

敵を作らない外交、これこそ今後の日米欧が求めていくべき路線なのかもしれませんね。

アメリカの核の傘があっても、他国からの攻撃に反撃してくれるとは限りません。

そもそも、日本は国土が狭く、核攻撃にきわめて脆弱であります。

日本のプレゼンスや平和外交を世界中へ広めていくためには、これまでの途上国支援を継続していくことも必要だと思います。

また、核兵器を自力で持つことは、実験場やエネルギーを外国にほとんど頼る現状ではNPT違反にもなることですし、非現実的です。

核の抑止力に頼っている政治から、相互依存を深めることで核兵器の使用・維持費用を高めることがよいのかもしれません。


[78]>76 皆既日食 tibitora

私は残念ながら見られなかったのですが

、甥っ子は学校に集まった子達と見たそうで楽しそうに話してくれました。

次に機会があれば日食をみて、写真にもおさめてみたいです。


[79]>77 核兵器 tibitora

核兵器、なくなってほしいですね・・・

核を持っている国があるからほかの国も牽制のため持ちたくなるのかもしれません。

持っていると間違いが起こって使ってしまうかもしれません。

どこの国も持たなくなって、核兵器だけでなく戦争に使う武器も持たないようにして。

その分使わなくなった軍事費を途上国や災害などで困っている国へ食べ物や物資支援にするほうがずっと平和をもたらしてくれると思います。

優しい交流のある相手や大切にしてくれる相手に拳を向けたくなる人は少ないと思います。


[80]>74 朝顔 tibitora

ゴールネットで朝顔を育てているお家があるんですね!

朝顔も自由に広くつるをのばせてうれしいと思います^^

甥っ子も今年の夏休みも朝顔を育てているんですが、お母さんのまいた朝顔の方がよく育っていたのでちょっと悔しそうにしていました(笑)

今は花が咲き終わって種を取るのを楽しみにしています。

種の殻というんでしょうか・・・数個包まれたままの状態で置いておきたいらしくてはさみを使って1房づつ種の収穫をしていました。

来年もたくさんまくみたいです^^


[81]>65 ゴーヤのカーテン tibitora

ゴーヤのカーテンは緑色もきれいでゴーヤもおいしく食べられていいですよね。

ベランダにプランター栽培でも元気にたくさん実をつけてくれます^^

私もベランダでゴーヤを育てておいしくいただきました。

ただ、網戸までつるが延びてきて網戸に絡まってしまって、網戸を開けるときにぶちぶちと切れてしまいましたのでそこは気をつけようと思います。

熟しきるとゴーヤじゃないみたいに実がオレンジ色になるんですよ。


[82]>69 押し花 tibitora

バラの押し花、赤と白がきれいな押し花だろうなあと思います。

私はクローバーや小さな花でしかしたことがないんですがバラみたいな大きな花も花びら1枚1枚となら手軽にできますね^^

押し花アルバムも楽しそうです、身近な花や植物を押し花アルバムにして、それに植物図鑑で調べたことを書くと手作りの押し花図鑑が完成しますね^^

甥っ子は植物を育てて昆虫に興味を・・・というより育てたベリーの甘いにおいに誘われてくるアリとおやつ(ベリー)争奪戦になっていました(笑)


[83]>31 たしかに atomatom

買ったかぼちゃでしたが、今年のは水っぽくて甘さが足りませんでした。

ソバイビージャ、おいしそうですね。

チリの人は雨が降ったらこれが食べたくなるってところが面白いですね。

市民祭りなんかでは目新しいものを食べたくなりますから、ソバイビージャ、好評を博したらいいですね。

そのときのポップには「チリ人は雨が降ったらソバイビージャが食べたくなる」とか書いたら、みんな興味を持つと思います。


[84]>73 美術館巡り YBSGG

休日には、美術館に行くことが多いですね。


[85]>49 ボルト YBSGG

まだまだ記録が伸びそうですね。


[86]>56 流星群 YBSGG

流星群を見てると、心癒されます。


[87]>38 ミュージアム YBSGG

ミュージアムは好きですね。いろんな発見があります。


[88]うちわ作り peach-i

一度作ってみたいとずっと思っていたもの。

「うちわ」

今年の夏はちょいと作ってみました。

豆うちわ飾り 手作りセット 金魚

豆うちわ飾り 手作りセット 金魚

  • 出版社/メーカー: 谷口松雄堂
  • メディア: おもちゃ&ホビー



といってもこのようなキットを使用してですが、おかげで手軽に出来ました。

扇子なども作ってみたいなという希望はありましたが、それは来年のお楽しみにしたいなと思っています。

サンワサプライ インクジェット手作り扇子キット JP-SEN1

サンワサプライ インクジェット手作り扇子キット JP-SEN1

  • 出版社/メーカー: サンワサプライ
  • メディア: オフィス用品

扇子もキットがあるようなので、チャレンジしてみたいです。


[89]>86 流星群 fumie15

私の住んでいる地域は曇りのため、残念ながら見ることができませんでした。

流星群は地球に降ってくる星の雨のように思います。


実は私は数年前に流星群に興味がありませんでした。でも一度ビニールシートを敷いて寝転んだらもう降ってくるような星に感動してしまい、天気が悪くない限り必ず見ています。

流星群は一度見るとはまりますよね。


[90]>85 人類はどこまで早くなるんだろう? fumie15

すごいですね。私が小さい頃はカール・ルイスが9.86秒で大騒ぎでした。今度はボルトが9.58秒ですか。0.28秒縮めるのに約20年。

どこまで人類は早くなるのか興味があります。


[91]>90 私も未だに「カール・ルイスが世界一」だと思ってしまう・・・ iijiman

今でも「世界一速い人」というと、カール・ルイスが浮かんでしまいます。彫像のような筋肉に、凄いなあと思いました。あれから20年もたったんですね。

20年で0.28秒。私は、人類は9秒8を切れないと思っていたのですが・・・20年後にはどうなっているのだろう?


[92]>84 美術館 peach-i

一人でいくのが好きです。

誰かといくよりも、一人で何かと向かい合う時間を大事にしたいなという思いがあります。


[93]>79 核兵器 peach-i

今年の初めから何度も核実験と称して動きが沢山ありましたね。

日本人は平和ボケしているとのこともかなり言われていました。

外交のために核を保有するようなことは避けたいものですが、現実は核だらけであり、核保有国に囲まれています。

日本が出来ること。

これを今後もっと考えていくべき課題ですね。


[94]>91 ベンジョンソン peach-i

ベンジョンソンなども思い出されますね。

人の足が、高速にどんどん進化していくのは凄いですね。

これは人類の進化というではなく、その人それぞれが大きな努力の結果ですよね。


[95]>78 皆既日食 peach-i

見ることが出来ませんでしたが、神秘的な瞬間でしたね。

素敵なものは、既にこの自然界に沢山存在しているということを知りました


[96]>94 200mも sidewalk01

圧巻でしたね


[97]>81 ゴーヤー育てました。 atomatom

うちのベランダでもゴーヤー、プランター栽培しました。

しっかりとツルが伸びてくれて、緑のカーテンの役割を果たしてくれたのはいいのですが、案外、実がなりませんでした。

雌雄異花ですから受粉させるには媒介が必要です。

3階にあるうちのベランダですが、ちらほらとミツバチがやってきてくれていたので安心していたのですが、やはり人工授粉が必要だったのかもしれません。

それでも小さめの実はいくつかできましたし、収穫遅れてオレンジ色になった実も確認しました。あのオレンジ色を見たときはちょっとうれしくなりましたね。

来年はもうちょっとうまく実をつけてもらえるよう勉強します。


[98]カーエアコンをつけないで走る実験 atomatom

実験といいますか、カーエアコンが壊れまして。

こないだパワーウィンドウが動かなくなったのを修理したばっかりで、エアコンまで修理する費用がキビシイのですよ。

エアコンが聞かなくなる原因は何種類も考えられるようで、ガスを入れるだけで済めば数千円で治るんですが、中には20万円もかかる不具合も存在するようで、修理の見積もりさえ恐ろしくてまだもらってない状態。

うちの車は出勤には使用しておらず、家内も運転しないので主に週末に市内をチョコチョコっと走るのに使用するだけ。

ならば乗る時間帯を工夫などしてなんとかカーエアコンなしでこの夏を乗り切れはしないか。

さて、イヤもおうもなく実験は開始しています。

現在のところの結論は、カーエアコンナシでも何とかしのげる、です。

まず乗るのを早朝か夕方に限定する。

といっても朝6時前に車で出かける用事はそうそうないですから、実際には夕方になるまで使用を控えるということですね。

どうしても昼間に車で出かけるときはペットボトルの水筒持参で、うちわも用意して乗り込みます。

うちわ、持ってきてよかったなあって思います。

それからショッピングモールの駐車場ではできるだけ屋根のある部分に停めます。

こういう努力で、なんとかやっていけています。

あ、「昔はクーラーなんかなかった」と呪文のように繰り返すのも効果があります。

この実験を始めてから気付いたことですが、夕方に車で走っていると結構な数の自動車が窓を開けたまま走っています。

まさかみんなエアコンが壊れているわけではないでしょうから、意識してエアコンの使用を控えているんですね。

冬場に窓を開けたまま車を走らせる実験はナンセンスですが、夏場のエアコン我慢は環境にも優しい、精神力も鍛えられる、いい実験ではないかと自分に言い聞かせる8月を過ごしています。


[99]>47 テレビで見て w83

私も円空仏に魅力を感じました。荒っぽく作っているように見えても・・・、という感じがする仏さまですよね。奈良県天川村にある栃尾観音堂に祭られている円空仏が一番近いのですが、車で2時間以上かかるのでなかなか行く機会がないです。でも、いつかいってみようかと思います


[100]>92 美術館自体が芸術品 aekie

美術館へ行って、絵画を見たり、建築の模型を見たり、漆器を見たりと目的によって行く先々が異なる。

かつての美術館はどこも「ただモノがある」だけでしたが、いまでは美術館自体が芸術品と言うことも多いです。

新国立美術館なんて竹をモチーフとしたモダンでありながら、日本らしさが感じられる建物です。

建物にも気を配ると景観だけでなく、そのマチに住む人びとの生活まで変えていきそうですね。

そんな新しい美術館を応援したいです。


[101]>96 体力低下から感じること aekie

ボルトの100m, 200m の公式タイムはおよそ44Km/h。

ランニングの練習でトラックに光を写し、その光をペースメーカーとして利用する便利な機械があります。

かつての世界新記録9'86のとき、試してみたことがあります。

トラックを走る現役の陸上部の大学生がみるみるうちに離されていく。

日本の体育ですと運動に関する科学的な指導が行われているところが数少ないと思えます。

体力低下が叫ばれ、基礎体力が30, 40年前と比較して確実に劣っています。

食事や生活習慣の違いがきっと体力となって現れたんだと思います。

ですから、こういったものを比べることを自由研究としてもよさそうですね。

身近な要因から体力という抽象的な概念を検証するのって素敵じゃありませんか?


[102]>93 世界に響け!寺院の鐘の音 aekie

誰もが知っている法隆寺や薬師寺では毎年、戦没者・戦争が終わったことに対して鐘を鳴らしています。

観光力が日本は乏しいと言われますが、同時に発進力が知名度の割に低いと感じることが多いです。

繰り返される戦争や永遠と続く世界各地の紛争を挙げるだけでも胸が苦しくなってしまいます。


[103]>43 泥染め aekie

草木染めを体験してみることはいいですね。

植物を一から育てなくても、身近な季節の植物を利用するのは名案です。

身近な植物を利用することで古来の染物の歴史を知ることになりますものね。

大病を発し入院していたとき、大島紬を友人から頂きました。

大島紬を作る奄美大島では泥染めというモノがあるそうです。

http://www3.ocn.ne.jp/~kimono/factory/new_factory.htm

本場大島紬泥染め工程

http://images.google.co.jp/images?q=%E6%B3%A5%E6%9F%93%E3%82%81%...

泥染め tシャツ

鉄分が豊富な土で染め上げるようです。

画像検索してみると、くすんだ黒でなんとも落ち着いた上品な色!

先日、「ぶらり途中下車の旅」五日市での黒八丈というものを見ました。

泥染めなら、川が汚れることがないそうです。

自然に根ざした染め物体験をしたいと思っています。


[104]>101 ボルト haibara557

いつもあっけらかんとしていますが、

相当の努力や工夫があるのでしょうね。

それにしても、よくあの長身であれだけ速く走りますね。


[105]>95 皆既日食 haibara557

急に空が暗くなりましたね。

昔の人は、神様が怒った、というふうに考えても無理はないと思いました。

テレビでじっくり見ました(笑)。

貴重な体験でしたね。


[106]>87 松尾芭蕉記念館 meizhizi87

芭蕉翁記念館に行ってきました。家の近くにあるのに初めて行ってきました。松尾芭蕉が詠んだ俳句が解説とともに展示されていて、改めて松尾芭蕉の奥深さを知りました。松尾芭蕉の足跡として旅の軌跡を見ても、江戸時代こんなに長旅をするのは一体どんな気持ちだったのだろうと感慨深くなりました。


[107]>88 うちわ sunaco

私もこの夏、うちわ作りにチャレンジしました。

雑誌の手作りうちわ特集を見て以来、ずっと気になっていたんですよね。


材料は、その昔お祭りでもらったうちわと、誕生日プレゼントが包まれていた包装紙とリボン。

柄が好きで買ったけど使う機会のないペーパーナプキンに、10年前からあったボンド。

私の場合は立派なキットを使用してではなく、家にあるものを寄せ集めての作成です。


工程はとっても簡単。

うちわを水に浸し、紙をはがして骨組みだけの状態にして

骨組みに水溶きボンドを塗ったらその上からお好みの紙を貼り付けるだけというお手軽さです。

型紙は特に作らず、ボンドが乾燥した後にカッターで余分な紙を切るだけなので、面倒くさがりの私でも簡単にできちゃいました。

手作りうちわ

大きい方がペーパーナプキン使用、小さい方は表は包装紙、裏は不織布と裏表で材質を変えてあります。布で作ることもできるようなのでそっちもチャレンジしてみたい!と思っているのですが、ちょうどよい布が見つからず断念しています。


どんな材質の、どんな柄を選ぶかで個性が出そうですね。今年は突発的に作ろうと思いたったので家の中にあるものだけで作りましたが、来年の夏は画材屋と布屋をまわってこだわり抜いた一作を作ろうと思っています。


[108]>104 世界陸上 meizhizi87

私も世界陸上見ています。ボルトは余裕に見えるけど、相当の努力があるのだと私も思います。走る前にユーモアなパフォーマンスを見せてくれるけど、走る直前になると目つきが変わります。また、日本人選手もリレーが4位入賞で感動しました。リレーは1人1人の速さはもちろんですが、バトンの受け渡し等チームワークも必要とされているので、4人の息がピッタリと合わなければなりません。私も小学生のときにリレーの選手で市の陸上競技大会に出たことがあるので、練習や本番を思い出しながら見ています。


[109]>100 絵画の見方が変わった meizhizi87

知人の影響で、絵画に興味を持ち始めて『絵画の見方』という本を購入して読みました。初心者であっても、所々マンガで面白く解説してあるので楽しく読めます。それぞれのモチーフに意味があったり、色の使い方にもものすごく工夫されていたりと絵画は様々です。ラファエロやモディリアーニという人物はとてもハンサムだけど女好きだったとか、そういった人物像にも触れているので、興味が高まります。

私が興味を持ったのは、違う画家が描いたのにポーズや背景がそっくりで、どう見ても影響されたであろう作品が意外に多いということです。その本を読んで、絵の見方が変わり、細部までこだわって見るようになりました。


[110]夏休みの課題 sayapa429

こちらは、結晶の実験・あさがおの観察・戦争について・自主作文 を書いていましたよ。


[111]>108 ボルトの努力を感じさせない程の痛快さ jozetora

素晴らしいと思います。


[112]>80 朝顔 jozetora

毎日、咲いたばかりの姿を見せてくれるのは素晴らしいです


[113]>105 日食 jozetora

残念ながら見逃しました。youtubeで確認したのみでした。


[114]>112 朝顔 r-zone

初めて『何かを育てる』事を学んだ体験だったんじゃないかと思います。

花が咲いたときは凄く嬉しかったのを覚えています。


[115]>111 ボルト r-zone

普段は全く興味がなく見てませんでしたが

ニュースでもかなり話題になってたので、見ました!

足の遅い私には信じられない事ですね。


[116]>109 アート r-zone

友人が個展を開いていたので見に行ってきました。

小さなギャラリーでの個展でしたが

感性溢れる作品はどれも力強くて、刺激になりました!

自分の感情や思いを形にするって、簡単なようでとても難しいんですよね。

絵の描ける人がとても羨ましかったです。


[117]>89 流星群 r-zone

流星群、夜中の2時だったんですよね。

一眠りしてから起きよう!と思ってましたが、結局爆睡してしまい見れずじまいでした;


[118]>116 小さなギャラリー、無名作家の個展。どんどん訪問してください。 iijiman

東京には小さなギャラリーがたくさんあります。その多くは無料で入ることができ、常に誰かしら作家の作品を展示しています。都心から郊外まで、アートの鑑賞に専念できるところからギャラリーカフェまで、様々なギャラリーがあります。

かくいう私も、時々、ギャラリーカフェで個展を開きます。

個展を開く立場としては、1人でも多くの方がいらしてくださることが、とても有り難く嬉しく思うものです。

ギャラリーで、本当に気に入った作品に出会った時には、購入の相談も出来ます。

ギャラリー巡り、みなさんで楽しんでみてください。


[119]>113 皆既日食 azaburecipes

三日月ぐらいまで欠けた太陽をみることができました。私の住む場所では最大でも三日月ぐらいまでの皆既日食ということでした。そのあとどのようにもとの太陽に戻って行ったのか見たかったのですが、残念ながら雲の中でした。


[120]>117 有名 powdersnow

夏によく聞く有名な流星群ですよね。

何度か狙って眺めたものがありますが、やはり夜空にまたたくだけではなく、流れる星というのは、とても印象深く綺麗です。


[121]>83 カボチャ powdersnow

カボチャが大量に入っている料理というと、ほうとうを思い出しますね。

お店でしか食べたことはないですが、8等分くらいの大きなカボチャが2つも入っていたのには、とても驚きました。


[122]>40 自由研究 powdersnow

観察日記などではなく、工芸が主流だった気がしますね。

いろいろな材料で、さまざまなものをつくり……表彰みたいなのもあったので、みんな力が入っていた記憶があります。


[123]>29 猫に段ボール powdersnow

猫は狭いところが好きなためか、空いている段ボールにはすぐ入ってしまうようですね。

犬の場合、遊ぶだけで、中に入ったりはしないのですが、やはり猫特有の修正なんでしょうか。

ネットなどでも、よく動画に上がっていますが、ほほえましくて好きです。


[124]パソコンの自作(大人の自由研究として) sidewalk01

今年の夏ではないですが、以前の長期休暇にパソコンを自作しました。大人になって以降の工作としてはパソコンを自作することが一番夢中になって取り組めますね!もしかしたら、小学生などもリアルに自由研究として作っていたりして・・・。最初に自作に取り組んだのが遅かったのですが、マザーボードやHDD、CPUなど、言葉としては知っているけど実際に触ってみたことがなかったものに触れて試行錯誤をしていくという経験は非常に興味深いものでした。それ以降、「調子が悪くなったら修理に出さなくちゃ」というのではなく、どこがまずいのかを調べて調節をしてみたり、OSを再インストールしてみたりと時間と手間をかければかけるほど、PCへの愛着は強くなりました。また、OSが新しくなるので是非とも新しいマイPCをこさえたいものです。


[125]>124 自作パソコン eiyan

パソコンを自作するとは素晴らしいですね。

自作の苦労、労力は人に言えない自分の世界。

自作パソコンと共に喜びも苦しみも分かち合える。

自作パソコンは同胞なんですね。


[126]>51 自由研究 eiyan

自由研究とは結局完遂出来ないもの。

こなした分だけ立派です。

宿題にしても未だ時間があるとゆっくり構え、結局は時間切れで完了出来ず。

もうどうでも良くなっちゃってやけくそ。

やれる課題は先にしておくものですね。


[127]>54 代用利用 eiyan

道具や部品がなければ代わりのものを利用する。

リサイクルにも良いし部品の意思を尊重するにも良いですね。

究極はエコにもなるかな。


[128]>98 ノーエアコン eiyan

普通は車にエアコンなんて豪華な贅沢品は着いていません。

それが普通です。

エアコン着いてる方が可笑しいのです。

今年は冷夏ですからエアコンなくても結構涼しいです。

信号待ちで止まると暑い程度です。

車の中に氷の塊を入れて走るとか、凍った冷却材を沢山入れて走ると涼しいか?といった実験の方が面白いです。

今度、試して下さいな!


[129]>119 日食 bg5551

結局みれませんでしたが、テレビでさんざん見たのでまあ、よしとしてます。


[130]>114 朝顔 bg5551

小学生の時育てましたね。

花びらを集めてハンカチを染めたりもした覚えがあります。


[131]>122 家の子供たちは・・・ to-ching

全く自由研究などしませんでした、私達夫婦で、絵を描いたり、読書感想文を書いたり、なにやら工作をしたりとか・・・全く困った子供達でした。もう面倒なので上の子の作品を取っておき、ちょっとリニューアルして提出も考えましたね。

殆ど毎夏女房の実家に行ってしまい、そこで田舎なものだからもっと楽しくて、興味深い動植物、昆虫等を見ていたらしい。

もう自由研究とかいう馬鹿らしい宿題は止めにしたら良いのに・・・


[132]>130 朝顔 to-ching

新幹線で運ぶ小学生見ました。混んでいるのに可哀想・・・。核家族で頼める家の人も居ないのか・・・。こんな苦労の方がが大事なのかも??


[133]>110 朝顔日記 eiyan

朝顔の観察日記は定番で有名ですね。

今年は冷夏で朝顔の日よけ役目は余りなかった様ですが、それでも朝顔の花が綺麗に咲いてくれると嬉しいものですね。

赤、青、紫・・・。

葉っぱも三角、乱れと色んな形がありますね。

透かし入り葉っぱもあるんですね。

今年も毎朝朝顔と挨拶出来る楽しみを続けています。

今日も咲いたよ!っていってるんですよ!


[134]>128 凄いですね? to-ching

車の中に氷かぁ?。壮観ですね。冬は練炭ですか?気をつけてください。


[135]>133 誰だ? to-ching

ネットで自由研究したふりしているのは!先生は直ぐ分るぞ!まぁ、せめてだ!

文字は自分の字で書きなさい!


[136]>120 宇宙・・・ to-ching

この世の中に無限なものがあるとは・・・小さい時気が付いてから考え出すと今も頭がおかしくなりそうです。宇宙は膨らんでいるとかどうのこうの・・・もっと説得力のある答えって無いのでしょうか?絶対分らないでしょうが・・・それに比較すれば日食や流星なんて小さい小さい!


[137]>136 流星群 twillco

まだ1度も見た事が無いです。

見てみたい〜!!

綺麗なんだろうな〜と思いながらいつも寝てしまいます。。。


[138]家庭菜園 twillco

夏に限らず趣味としてやっています。

夏は暑いので、なるべく早起きして朝の日が出ていない時に草むしりやお水をあげたりと、お世話をしています。

大きく育った色とりどり夏野菜がこの夏も食卓に並びました。


[139]>125 自作パソコン jozetora

うちの職場に自由研究があったら、みんな自作パソコンを得意げにもってきそう(自分も含めて)


[140]>126 なかなか手が付けられない自由研究 jozetora

大抵あとまわしですね


[141]>140 自由研究 tunamushi

私は、5年生と6年生のときに自由研究をやりました。5年生のときは、友達と2人で、近所に咲いている花の写真を撮ってきました。6年生のときはレモン電池を作りました。結局レモン電池はうまくいかず、豆電球も光らなかったけど、うまくできましたという感想を書いた記憶があります。そんなにうまくいったら苦労はしないですよね?。テーマを決めるだけでも精一杯なのですから。


[142]>137 流星群 tunamushi

私もまだ1度も見たことがないです。きっとロマンチックなのでしょうね。


[143]>139 自作パソコン tunamushi

産業祭りで、1台10万円でパソコンを作ろうという企画があり、大盛況でした。自分なりにアレンジできたら愛着がより一層わきますね。


[144]砂鉄集め peach-i

実は過去にも子供のころに何度か砂鉄集めをした経験があります。

今回は、砂鉄を集めて、それをフィルムケースにいれ、磁石で外から引き寄せながら中の砂鉄を動かして楽しんだだけではありますが、他にもこんな実験ができるようです。

http://georoom.hp.infoseek.co.jp/7old/4history/33satetsu.htm


[145]>131 空き箱 peach-i

空き箱に穴をあけたり、切ったりすることで様々なものが出来上がりますよね。

外に布を貼り付けてパッチ調にすると凄く可愛いです^^


[146]>123 ダンボールハウス peach-i

友達の子供などと一緒にダンボールでおうち作りするのが好きです。

小さい子は入ることが出来ますからね^^

ドアなども切り取って取り付けたりして、結構本格的になります


[147]>103 染物 peach-i

今の時期には難しいですが、あじさい・オシロイバナなどで染物をよくしました。

綺麗な色が出るんですよね。

染物といっても大きなものではなく、ハンカチなどにちょこっとワンポイントです。

100円のハンカチが素敵になります


[148]お茶の色の変化 peach-i

水道水で作る緑茶と、ミネラル水などで作る緑茶。

これらを両方作って比べると色が全く違うことに気がつきました。

http://www.maiko.ne.jp/study/column2.htm

こちらの一番したに、色の違いについて書かれていました。


[149]自作ハイドロカルチャー VEGALEON

園芸ショップなどで見掛けた人も多いと思いますが、

ハイドロカルチャーとは「土」を使わない水耕栽培みたいなものです。

球根などを水だけで育てるものとは少し違います。

「土」の代わりに「ハイドロコーン」「ハイドロボール」「発泡煉石」(呼び方が違いますが同じモノです。)

と呼ばれる「茶色をした多孔質の素焼きボール」を使います。

これは、粒状の粘土を1200℃程の高温で焼成して発泡させたものです。

室内で観葉植物を楽しむ場合、居間や食卓などのテーブルなどの上に

土を そのまま利用して置くのは衛生的に悪いです。

その点、「ハイドロカルチャー」は、

土を使わないため雑菌や害虫などの影響が少ないので、室内の観葉植物には適しているのです。

園芸ショップなどで既製品を買って来てもいいですが、

ここはひとつ「DIY」でオリジナルなものを自作してみませんか。

f:id:VEGALEON:20090824223248j:image

(クワズイモとソテツです。)

準備するモノは

・「ハイドロコーン」「ハイドロボール」「発泡煉石」

・植木鉢 これはプラスチックでもガラスでも何でもOKです。

・受け皿 これも通常使うモノでOKです。

・観葉植物の苗 自宅にあるものでいいです。

なるべく自宅にあるモノで間に合うはずです。

100円ショップでもいいですね!

ほとんどの観葉植物は、ハイドロカルチャーで生育できると思います。

ただ、変わった植物をハイドロカルチャーで生育したいと思いませんか?

例えば「花の咲く植物」です!

これがまた難しいのです。ワンシーズンは可能ですが「1年を通して」となると・・・

コニファーでさえ難しいのですから。

私も何十種類もチャレンジして失敗の連続でした。

しかし、1種類見付けました!

それが「花キリン」です。

f:id:VEGALEON:20090824223250j:image

f:id:VEGALEON:20090824223249j:image

(右が花キリンです。)

f:id:VEGALEON:20090824223251j:image

(花、間に合いませんでした・・・)

年中、花が咲きます。もう10年以上咲き続けています。

皆さんもお気に入りの植物のハイドロカルチャーにチャレンジしてみませんか?


[150]>143 自作パソコン ttz

パソコンの自作ってすごいですね。どこから手を着けることを自作というのか分かりませんが、尊敬です。。


[151]>106 スミソニアン ttz

某テレビで、某映画の宣伝も兼ねてやっていたスミソニアン博物館特集。名前は知っていたものの、あそこまで大きい博物館とは知らず驚きました。一生掛けても見きれない??とか言っていましたが、ぜひ一度行ってみたいものです。


[152]>146 猫の習性 ttz

猫じゃらしとか、ダンボールとか、動くおもちゃとか、猫の好み・習性って面白いです。うちのはカツオブシを見せると発狂錯乱状態で泣き喚くのが可愛いです?


[153]>134 マイカーは黒 ttz

マイカーは黒です。その時点で夏はひどいです。エアコンは必須です。外気温よりも明らかに高く暑い。。エアコンなし・・・考えられません!!!


[154]>97 ゴーヤ ttz

仕事の取引先の事務所の人が、ゴーヤのグリーンカーテンやってました。ゴーヤ?と意外だったんですけど、けっこう流行ってるんですね。その隣でやっていたきゅうりは出来ていたのでその場で頂いちゃいました。


[155]>142 流星群 kinnoji7

8/11夜?12朝の間に極大点がありました、2009年のペルセウス流星群を富士山須走口五合目で撮影してきました。毎年恒例の私のこのイベント、今年は月の条件こそ悪かったのですが、比較的好天に恵まれた事と、例年よりも明るい流星が多かった事に助けられて、上々の成果でした。


[156]>82 押し花 kinnoji7

子供のころ誰でも一度は四葉のクローバーやタンポポを本にはさんだりして押し花にした経験があるのではないでしょうか。いちばん身近で、楽しい押し花にもインテリアやアートとしての要素がたくさん詰まっています。押し花はもともと植物標本を残すための手段でしたが近頃の技術にはとても素晴らしいものがあります。


[157]>141 自由研究 kinnoji7

あれこれ考えても何も浮かばない。私も子供の頃に同じ経験をしています。でも、今はいろんな工作キットがあって、とても便利な世の中です。でも、あまり簡単な工作キットもイヤじゃありませんか。自分で書いて、その絵が動く、アニメーションの原理などが勉強できるキットがあれば子供も喜んで取り組むのではないでしょうか


[158]>153 ノーエアコン kinnoji7

夏は酷暑、冬は底冷えという土地に住み、お家にはエアコンというものもある訳なのですが恐らく一年に一回もそのスイッチを入れません。習慣と言うか何と言うか、その理由はよく分からないのですがないならないでなんとか過ごせるものです。最近は、時間があれば打ち水をします。ただ暑さによってパフォーマンスが落ちるようなら考えものかも。


[159]>138 家庭菜園 kinnoji7

季節の野菜を自分で育てる喜び、楽しみ、実って収穫する喜び、なんと言っても家族に安全な野菜をおいしくいただいてもらえる、こんな小さな幸せが家庭菜園にはありますね。本屋さんで売っている家庭菜園の方法で、野菜作りを成功させようとしても、「なかなか上手くいかない」「まったくできない」「続かない」といったこともよく耳にします。一般的に家庭菜園を成功させる方法は、高度な専門知識や専門技術を身につけるしかないと思いますね。


[160]>150 自作PC作りは楽しい! Lady_Cinnamon

私もパソコン初代機は自作しました!

当時は出来あいを買うのが簡単だけど、価格がとても高かったので、自作してしまった方がお買い得だったこともあります。でも、それ以上にパソコンの中身がどうなっているのか、興味深々で先輩に教わりながらパーツをそろえて組み立てました。

それからというもの、パソコンに関しては女子の私でもヘルプデスク的な立場になりました(大半は男性が詳しかったので)。後輩にも○○って何ですかって問われた時、パーツの機能イメージも一緒に伝えることができるようになりました。

例えば、CPU・メモリ・HDD。

パソコンのCPUは頭脳。種類もいくつかありますが、一緒に「Hz」の表示もあります。これはクロック周波数。1秒間に何回計算できるかを表し、CPUの性能を知る一つの目安です。

頭脳であるCPUが賢く頭の回転数が速ければ、パソコンにとって作業場や情報収納場所を多く確保してあげると、より快適に起動・操作が出来ますよね。

それがメモリとHDD。メモリは作業場の広さ・机の広さみたいなものになり、HDDが情報収納場所・本棚みたいなものます.HDDをパソコンにどれだけ搭載するかで、沢山のファイルやソフトウェアを収納できます。

注意がいるのは、メモリには最低搭載量と最高搭載量が決まっていること。最大量メモリを搭載できれば、パソコンは作業机が広くなるわけですから、ソフトウェアなどたくさん立ち上げてもサクサク動作します。

ただ確か、基盤となるマザーボードやチップセットといった、他のパーツのスペックでメモリ最大搭載量に限界が出てしまうんです・・・。その辺も考慮すると、他のパーツへの予算配分やこだわりがどんどん出てきます。

最近は希望するスペックのPCを自作するより、出来あいのPCの方も価格が安くなってきたこともあり、2代目以降は自作していません。私が作った当時より、細かい点ではもっと進んでいますから、またいつか自作PC作りをやってみたくなりました。


[161]>149 ハイドロカルチャー atomatom

なるほど、土を室内に入れると衛生上の問題があることもあるのですね。

ふむふむ。

そうでなくても小さな容器で観葉植物を育てるには土よりも、人工の土代わりのものを使用した方が見た目もいいかもしれませんね。

この見た目がいい、という点が室内でのインテリアも兼ねた観葉植物の育て方の重要なポイントでしょうね。

うちではヤシの実の繊維をチップ状にしたものや、もっとこまかくおがくず状にしたものを使って観葉植物を育てていたことがあります。

ヤシの実チップは安いし軽いし、水を含ませると何倍にもふくれて量が増えるし、水持ちがいいので便利に使っていました。

使用した後は土に混ぜて自然に戻せるので、こちらもお勧めです。


[162]>158 家庭菜園 r-zone

家庭菜園というより、実家が農家なのでお盆休みの帰省は、作業の手伝いをしてました。

結構な重労働なんですが、そのあとに食べる野菜のありがたみを知る為にも手伝うのは良い機会です。

作った物ほど美味しい物は無いですね。


[163]>157 自由研究 r-zone

自由研究は大嫌いで、キットを買ってきてやってました;

バレバレなんですぐに怒られてましたね。。。


[164]>159 家庭菜園 r-zone

家庭菜園というより、実家が農家なのでお盆休みの帰省は、作業の手伝いをしてました。

結構な重労働なんですが、そのあとに食べる野菜のありがたみを知る為にも手伝うのは良い機会です。

作った物ほど美味しい物は無いですね。


[165]>160 自作パソコン tibitora

パソコンの自作、私もしてみたいです。

自分が使いたい、使う機能だけを入れて作れるので無駄がないですよね。

買ったパソコンも使っていると愛着がわくのですが、自分が作ったものはそれにもまして愛着がわきそうです。

パックものなどで「あとはケースに入れて組み立てるだけ」というのにも惹かれます・・・組み立てるのはパズルみたいな感覚かなあと思います(笑)


[166]>162 ノーエアコン r-zone

すいません;間違えて貼ってしまいました;

ノーエアコン!なるべくエアコンなしで乗るように心がけてはいますが、難しいですね。

そのかわり少しでも使わないように

アイス枕を背中に挟んでますが、これが涼しい!!

エアコンを使う回数が激減しました!


[167]>165 自作パソコン r-zone

すごいですね!!

自作なんてまったく疎い私には残算で着ません。尊敬ですね〜。


[168]>164 家庭菜園 tibitora

実家の庭で家庭菜園や家のベランダでプランター菜園をしています。

種から植えて、大きくなっていく植物を見ているのも楽しく、実がなるとおいしくいただいています。

夏の暑いときに日中に水をあげるとプランターや鉢植えの場合は特にですが、あげた水が土やプランターの熱、太陽の熱でお湯になってしまい植物によくないので早朝や夕方の涼しい時間にあげています。

家で育った野菜が食卓に並ぶとうれしいですよね。


[169]>163 自由研究 tibitora

実家の近くに山があるので、私が子供のころはその山で拾ってきた木の枝とかを使って自由研究をしていました。

動物の形に組み合わせてみたりと作るのもたのしかったですね。

甥っ子は夏休みのイベントで工作を作る機会があって、それを自由研究として持っていくみたいです。

ほかにも一緒のキットの物を持っていっている子もいるんだろうなあと思います、でも模様を描いているのでそれぞれの個性がでそうです(笑)


[170]>166 ノーエアコン tibitora

私の友達はエアコンが嫌いで、車に乗るときもつけないでのっています。

夏なら窓を開けて、冬なら温かい格好をして。

私もエアコンが苦手なので車に乗せてもらって時は冷房も暖房もついていないのがうれしいです。

車を買うときに必要な人だけオプションでエアコンをつけられるようになればいいのになと思います。


[171]>169 自由研究 koume-1124

私もキットを買って作っていました。

今のコはそんな工作キットも種類が豊富なんでしょうね〜

羨ましいです。


[172]>147 草木染 tibitora

草木染、子供のころにしたことがあります。

たしか朝顔の花でしたと思うのですが、染めるときにハンカチや染めるものの一部をゴムで縛っておくと(てるてる坊主の頭のところみたいに縛ります)きれいな柄にそまるんですよね^^

自然の色で自然にもやさしい草木染はいいですよね^^

白っぽい服やズボンで草むらで遊んでいても草の緑で服が染められていたこともあります、あれも草木染に入るのかなと思います(笑)


[173]>170 ノーエアコン koume-1124

エアコンを付けると目がシバシバしてしまい苦手です。

なるべくエアコンを使わないようにと

外出した時にはなるべく屋根の下にとめるなどしています。

それだけでも車に乗った時、違いますもんね。


[174]>155 流星群 koume-1124

私もまだ1度も見た事がありません。

空から星がふってくるってどんな感じなんでしょう?

ロマンチックなんでしょうね〜。


[175]>168 家庭菜園 koume-1124

うちも作ってます!

実家に帰省する時には多めにお水をあげて外出してきました。

自分で作った野菜は格別ですね!

帰省した時に作った野菜をお裾分けしましたが

みんな喜んでくれて作って良かったと思いました〜!


[176]親子で工作:時計作り canorps

我が家の幼稚園児の宿題に時計作りがあります。

一昨年は長女の希望と私の案でフェルトの原毛を買ってきて

フェルトをくるくると巻いて羊の時計を製作しました。

[f:id:canorps:20090824094100j:image]

今年は次女の番なのですが、今年はなんにでも手を出す赤子がいるので

お父さんの休日を選んで製作することにしました。

前日にまずどんな時計を作りたいかを考えさせ、それを簡単な絵にさせました。

それからどんな材料を使いたいかを書き出させて家にあるもので代用できるものはないか

などを話し合いある程度の材料をそろえました。

次の日には足りなかったボンドや絵の具を買い足しにでかけ、帰宅をして

三女を寝かししつけてから

さあ、製作・・・

と思いきや、こんな日に限ってお昼寝をしないのが赤ん坊。

それを見越してお父さんと作れる日を選んだんだしね。

赤ん坊がはいはいつかまり立ちとうろうろする横で製作を開始しました。

製作ははじめ幼稚園で配られた大き目のダンボールに下書きをするところから始まったのですが

まずそこから、次女はおおなき。

次女が作ると決めたのはリスの時計で、下書きのリスはやせっぽっちで小さいリス。

しかしそのまま書かせるとダンボール紙の1/4の大きさにもならないので

絵はそれでいいけれど、もっと紙いっぱいにこう書いたら?とお父さんが円で範囲を示したとたん

太ったリスはいやだーーーー

と泣き出してしまったのでした。

それをなだめて、リスさんだからどんぐりも作ろうか?栗も作ろうか?

お父さんの提案で、腕は絵ではなくて段ボール紙で作ろうときめ

リスの手ってどんなだろうね?

長女次女お父さんで考えるも、意外に思いつかない。

そこで文明の利器。

パソコンで画像を検索。

リスのしまって、黒いんだね!

じゃあ黒い絵の具を用意しよう、指はちっちゃくてとがってるね。

そんな話をしながらパーツをしあげていきました。

私はというと、パーツをきるたびに床に落ちる段ボール紙を

三女が一生懸命口に入れるのでそれを口から出したり拾って集めたり。

気がつくともぐもぐと口を動かしているので

気をつけて!といってもお父さんも次女も真剣で、落ちるごみには目もくれず・・・・。

パーツを絵の具で塗って、縞模様もつけて、

乾いた手のパーツをどうやっておくか

どんぐりはどうするか?

時計の針を作っていると、針の先にどんぐりをつけたいというのでどんぐりを作って・・・。

時計を持ってる感じに手をしたい。

と次女の言うままに手をくっつけたら

!!!!

時計の針が回らない・・・・。

そこでみんなでどうするか考えて針を一段高く下に台をつけることにしました。

少し針が浮いたようになっちゃったけどこれでまわるだろうとおもったら。

長針と短針が行き交えない!

なので、お父さんが位置を調整して無事、きちんと針の回る時計の出来上がり。

[f:id:canorps:20090824094000j:image]

気がつくと夕方で、なんだかんだみんなでああでもないこうでもないと製作するのは本当に楽しかったです。

あと片付けもみんなでして、それぞれが自分がんばったと自身をほめ

みんな納得の時計作りでした。


[177]>129 部分日食 canorps

部分日食でしたが子供たちと見ました。

事前に日食グラスをひとつ用意していたので、それを使って交互に。

あとビデオカメラのレンズ部分にも日食グラスを当て、撮ってみました。

それはみんなで見ることができ、子供たちも大興奮。

蝕の最大あたりで雲が増えてきてしまい、再び元に戻っていく様は殆ど見れませんでしたが

雲が厚くなりはじめた一瞬は日食グラスがなくても雲の向こうにうっすらかけた太陽が・・・

テレビで見る真っ黒な中の光とは違い真昼の月のようで美しかったです。


[178]>70 天然色素が一番!着色料の違い aekie

Lady_Cinnamon さん、毎回素晴らしい提案をして下さっていますが、今回の実験は手間がかかったのではないですか?


食品に含まれる着色料を家庭科の授業で調べたことがあります。

アメリカと日本のチョコレートで違いがあるか調べました。

M&M のチョコは人工着色料だったのに対して、マーブルチョコは天然由来の色素でした。

原色の食べ物を食べることに私は抵抗があったのですが、文化差故なのかアメリカでは受け入れられているようです。

方や、日本の天然由来の色素は落ち着いた色で子供心にも安心感がありました。


[179]>177 皆既日食 tunamushi

私の住んでいる所は曇りがちでほとんどよく分かりませんでしたが、国によってお祭りのように喜んだり、災いが起こると警戒したり、興味深いと思いました。


[180]>172 色合いに工夫が aekie

tibitora さんの提案のようにゴムで縛っておくと、自分の好きな柄をはっきり染めることができますよね。

私が書いた泥染めの方法ではコントラストがはっきりさせるというよりは、あいまいにおぼろげであった方が美しい。

おぼろげさを出すことも、きわだちをはっきりさせることも構図を考えてないといけませんね。

構図や美観に植物のモチーフを最大限活かすためにも、色合いの出し方に工夫したいものですね。


[181]>115 ボルト tunamushi

世界中に夢と希望を与えてくれますね。応援していても楽しいです。


[182]>161 虫害に悩まされがちな植物の育て方に大きな転換 aekie

素晴らしい!VEGALEON さんの提案のように、水栽培で植物を育てようとして失敗の連続でした。

それが、ハイドロカルチャーという栽培手法、そして花キリンが育ちやすいという発見!大変な労苦だったと思われます。

手法自体には詳しくないですが、写真もお見事です。

右側の鉢は凛としていますね。左側は調和とダイナミクスでしょうか?どちらも美しいです。


虫害に悩まされがちな植物の育て方に大きな転換が訪れそうです!ぜひ取り組んでみたいと思います。


[183]>121 エスニック料理は発想の宝庫! aekie

カボチャの嫌われがちな食感の一つであるパサパサした食感を回避できるかもしれないですね。

揚げパンに練り込んでしまうとは、さすがエスニック!全く思いも寄らない調理法を知るにはうってつけの機会です。

カボチャなら土地が痩せているところでも育ちやすいので、きっと高地でも育ったのでしょうね。


私も調理師資格を取ろうと勉強していたときに、脂肪酸の記事を読みました。

最近では、マクドナルドのポテトを揚げる油にもアルファ脂肪酸の含まれていない油を使用するように規制ができたようです。

アルファ脂肪酸の編成した物質が体内で動脈硬化の要因となるらしいです。

日本でもいち早い規制が行われることを希望します。情報源に振れたのが古いので、今では規制がかかっているかもしれませんが。


[184]>176 捨ててもらいたくない! aekie

夏休みの宿題や課題が帰ってきた後、捨ててしまうことがほとんどですよね。

しかし、どちらの時計も人間的なぬくもりや温かさが感じられる。

いつまでも使い続けたい!と思わせる優しさが、canorps さんから感じられます。

私だったら、こんなかわいらしい時計を捨てることができないと思います。

こういった優しさから格好よさへ目が移ってしまうとき、親御さんの気持ちだけは忘れないでもらいたいですね。


[185]>132 種の中の白い粉には aekie

アサガオの種を錐やハンマーで割ると中には白い粉があります。

その白い粉がかつては毒として、あるいは下剤として使われていたそうです。

身近な植物の種を薬として、ときには毒薬として使う知恵に感心したものです。


[186]>107 来年は絹の扇子を造りたい fwap

私は昨年、扇子づくりに取り組みました。イエはてなでのエントリがあったおかげで、修学旅行時の体験学習が懐かしくなったからです。

色づけし、豪華に金の粉をまぶして、そして骨を入れる。

構図も大切ですが、繊細でたゆむ竹の木の強さを感じました。

来年は絹の扇子を造れたらいいな?と思っています。


[187]>185 理科の授業の道具づくり fwap

子どもが小学1年生に上がったとき、アサガオの染め物が理科の授業にありました。

割り箸にガーゼを巻き、ゴムで留める。この棒を5本造ってきて下さい、と言うのが最初の連絡網の内容でした。

ケガしないように、丁寧に造った覚えがあります。

アサガオそのものだけでなく、染め物にも使える!そんな深遠な授業目的があったんですね。


[188]夏の思い出、てぬぐいのれん TinkerBell

家族で買い物に出かけた時、てぬぐいが目に止まりました。

まぁ、夏らしいてぬぐいね。母がそう言いました。

私も、すてき!と声を上げました。

すると父が、三角巾と同じ木綿の平織りのてぬぐいは、応急手当用にも使えるなど、アウトドアでの使い道も広いんだと言って、

みんなで好きなのを一本ずつ買って、それで夏を楽しみに出かけようかと提案してくれました。

私も母も大賛成で、それぞれ気に入った柄のてぬぐいを買いました。

そうして過ごしたお盆休み。

それぞれのてぬぐいは、すっかりそれぞれのトレードマークになっていました。


この愛着あるてぬぐいを使い続けてぼろぼろになるまで愛用していくのもいいですが、

楽しい夏をありがとうと手洗いしているうちに、このまま使い倒してしまうのは惜しくなってきてしまいました。

そこでまず洗い終わったてぬぐいたちに、糊をきかすことにしました。

糊の濃さは、シーツに糊付けする時より薄目です。かなり控えめ。

そして軽く脱水し、一点の曇りなく拭きあげた清潔なガラスに貼り付けました。「洗い張り」ですね。

布地がゆがまないようきれいに張って、乾かしている間にホームセンターに走りました。

何を買いに行ったのかというと竹です。

竹を割って1cmくらいの幅にした物が売っていたので、それを買いに出かけたのです。

品名は「竹 小割」と書かれていました。

一緒に銅の針金も買ってきました。


竹の小割は、手拭いの短辺の長さの3倍+αの長さに切ります。全く同じ長さの物を二本作りました。

洗い張りしたてぬぐいがパリッと乾いたら、三枚並べて端を竹の小割で挟みます。

小割の左右端に銅線を巻き付け、キュッと締め上げて固定。

てぬぐいとてぬぐいの間の位置にも銅線を二巻きくらいしてキュッと締めて固定。

かわいい紐を付けて吊り下げると、すてきなのれんに変身しました。


夜、気に入らなかったらすぐ分解して元のてぬぐいに戻せるからと父母にそれを見せたところ、

夏の思い出ののれんだねと、とても好意的に見てもらえたので、部屋に飾ることにしてみました。

そろそろ秋風も感じられる季節に入っていきますが、秋になっても夏の思い出が鮮やかによみがえるのれんです。

使うだけでなく飾る楽しみもある日本のてぬぐいは本当にすてきなアイテムですね。

洗い張りをしている間の、てぬぐいが貼り付いた窓も、光を透かしてすてきでした。


[189]>184 工作から生まれる親子の会話と子どもの要求 fwap

リスの時計がとてもかわいらしい!私も1つ欲しいくらいです。

それにしても子どもさんの一言一言が本当に可愛らしい。私にもそんなほほえましい瞬間があったはずですが。。いまのひとときを大切にして下さい。


子どもの工作を要求するときの基準ってテレビで専門家が作るレベルを平気で求めてくるので、気に入ってくれないときは少しこちらも腹立たしいときがありました。

子どもの要求がコロコロ二転三転するときには本当に作る方としては迷惑です。

でも、一生懸命に作っていると子どもの方から手伝ってくれるんですよ。それがうれしい。親子の絆を感じたときでしたね。

どうぞ、自宅での工作でうまれる会話を大切にして下さい。きっと、お子さんの人格や興味を形成することになると思います。そして、このときに話す一言一言が私自身の愛情だったり、家族の団結をもたらすと信じています。


[190]>188 のれんは風も太陽も感じさせてくれる fwap

手ぬぐいのれんとはすばらしい!近所のそば屋さんにかかったのれんも手染めらしいです。

染め物の魅力は落ち着きや長続きできること。古人が長い時間を掛けて育ててきたものには何かありますよね。

風を感じるのものれんのおかげ、日射しを弱めつつも感じさせてくれるのれん、洗えば洗うほど味が出てくるのが染め物の魅力。


マンションに住む友人は玄関ドアにのれんを掛けています。それが素敵!私もドアにのれんを掛けたくなってきました。


[191]>182 水も土も大切だと感じさせてくれる fwap

ハイドロカルチャーは土を使わなくてよいので、虫を気遣う必要がなくていいですね。

ですが、調べてみたところ水の管理が難しそうな気がします。

ただ、水をやりすぎないことと、防腐剤を入れることでなんとかなりそうですね。

ところで、水耕栽培ですとなんで水で育てなければならなかったのか理由がさっぱり分かりませんでしたが、ハイドロカルチャーで育てると水で育てることに興味が湧きそうな気がしてなりません。

そして、そのことで植物を育てるには水も土壌も大切だと感じてくれたらうれしいですね。


[192]>181 ボルト koume-1124

凄かったですね!

思わずTV見入っちゃいました!


[193]>179 日食 inio

もうかなり昔のことみたい。きちょうなたいけんだったなあ。


[194]>167 自作パソコン inio

たしかに、作りたい!


[195]>189 一番古い記憶が時計 atomatom

ぼくの一番古い記憶が時計に関するものです。

ぼくは3歳から幼稚園に通ったそうなのですが、どうも3歳児のころから無駄にプライドが高かったようです。

時計作りをクラスですることになったのですね。

といっても、canorpsさんのように本格的なものではなく、画用紙にクレヨンでできるだけ本物に近い時計の絵を描くといったものだったのですが。

ところがぼくは当時、1から12までの数字が順序どおりに書けませんでした。

それを他の園児に知られるのがイヤでイヤで、お迎えのバスにどうしても乗らないと駄々をこねているのです。

40年近く忘れていた記憶がいちどきに思い出されました。

これもイエはてなの醍醐味の1つですね。


[196]親子二代の夏休み工作 momokuri3

今年は久し振りに、家族揃って父の実家に行くことが出来ました。そこで、とても貴重な物を見せてもらいました。父の子供時代の夏休み工作です。それは怪獣のソフビ人形

例:http://no190.exblog.jp/5099174/

をベースに、中に電池とモーターを仕込み、スイッチを入れるとモーターの軸に付けた歯車がブリキ片を擦って「ガーー」と鳴き声を立てるというものでした。目にも当時「麦球」と呼ばれていたという、麦粒くらいの極小の豆電球が仕込まれていました。父はそれを見て照れくさそうに、しかし懐かしそうにしながら、こんな話をしてくれました。

「本当はスイッチではなく、光線銃で撃つとガーと鳴くようにしたかったんだ、でもその方法が分からなくて断念した」

そこで私は、子供のころの父がやろうとして出来なかったことを、その当時のパーツで実現してみようと思い立ちました。父の子供時代にタイムスリップしての、親子二代の合作です。

光線銃で撃つとガーと鳴く。これを実現するためには、何らかの光に反応する素子が必要です。これには何種類かの素子が考えられますが、父の子供時代なら、おそらくCDSと呼ばれる物が一番ポピュラーで、なおかつ安価だったと思われます。

CDSとは、クレジット・デフォルト・スワップのことではもちろんなく(笑)、硫化カドミウムを主成分とした光導電素子のことです。小型で、可視光線(0.4?0.8μm)に対して感度が高く、そして安価なので、カメラの露出計などに盛んに使われました。

CDSは光が当たると電気抵抗が下がるという動作をしますから、その変化をトランジスタに与え、トランジスタにリレーという電磁石で機械的スイッチを入れたり切ったりするパーツを制御させる。これがおそらく父の子供時代の典型的な回路構成だろうと思います。

帰ってからさっそくパーツの買い出しに出かけました。回路は大ざっぱに、CDSと感度を調節するボリューム、それを受ける小信号用トランジスタとリレー駆動用の少し大きなトランジスタ、そしてリレー、といった構成だけを頭に入れて、あとは入手できたパーツによって細かいことを考えることにしました。特に今回は、どんなCDSとリレーが手に入るかがキーポイントで、それが確定しないことには、回路構成は決められても、各種の定数が決められません。

あちこち回って、まずCDSは昔のカメラに使われていたと思われる、小さな筒の中に仕込まれた物が入手できました。これなら正面からの光しか受け付けませんから、今回の用途にはピッタリです。こういうCDSなら、明るい室内でも正面から当たる「光線銃」の光にだけ選択的に反応してくれそうです。

リレーも小型のいい物が手に入りました。電磁石に流す電流が少なくて済むので、比較的小さなトランジスタで制御できます。リレーに流す電流と加える電圧が決まれば、使うトランジスタに要求されるスペックが決まります。あとは、それを満足させるトランジスタの中から、父の子供時代に存在した物を選ぶだけです。トランジスタには「2S△○○○」などの型番が付いていますが、「○○○」部分は登録順に付けられる番号ですから、この数字が小さい物ほど昔からあった物、ということになります。これで父の子供時代から存在していたトランジスタを探すことが可能になります。

と、こんな感じで主要パーツの買い出しを済ませ、家に帰って最終的な回路を決定。ソフビ人形の中に内蔵するので、電子回路部分は極力小さく組み立てました。

CDS取り付け位置、つまり怪獣が光を受ける位置をどこにするかは、父に決めてもらうことにしました。決まった場所は「お臍」です。怪獣のお臍のあたりに穴を開けて、そこにCDSの筒を裏側から差し込みました。デベソ怪獣になりましたw

私が組み立てた回路を、父が昔に組み込んだ音を出すモーターや目を光らせる麦球と接続し、これで親子二代の合作が完成しました。

「光線銃」は現代風に、高輝度の発光ダイオードで作りました。光を当てると、怪獣の目が光って、ガーと音を立てます。父に見せると、

「これだよ、こういうのを作りたかったんだよ、長い時を隔ててこの怪獣は進化したな」

と本当に嬉しそうにしてくれました。時空を超えて結実した親子の夏休み。なんだか本当に昔にタイムスリップして、子供時代の父と、同じく小学生に戻った私とで遊んだことがあるような錯覚をおぼえました。よくおぼえていませんが、その夜、そんな夢を見た気がするんです。もしかしたら怪獣も一緒に遊びの輪に加わっていたかもしれません。


[197]ペットボトルで風車作り azaburecipes

モグラ退治とからす除けをかねて、半分遊び気分でペットボトルで風車を作ってみました。初めは軽い気持ちで作っていたのですが、作ってみると思ったように回らなくて、どうやったらよく回るだろうと夢中で作っていました。

初めは簡単に作れるタイプ、次は良く回るように改良するという風にして、一見簡単そうに見えるものですが、奥が深いのだな、と思いました。作り方はインターネットに掲載されている作り方で作るのですが、その材料を使って説明通りに作るのが意外と難しかったです。例えば、針金にハンガーと使うのですが、それが意外と太く、それを通すだけの大きな穴をペットボトルに綺麗に空けるにはどうしたらいいだろう、と説明書に書かれていないところで工夫をする必要がありました。

完成した風車を回してみて、ハンガーで作った物と、もっとやわらかい針金でつくったものを比べてみて、堅いハンガーを使って作ったものが安定して回っているのをみて、なるほどと感心したのでした。昔、モグラ退治用の木製のプロペラが家にあったのをみたけれど、古いせいかほどんど回るのをみたことがなかったので、よくまわるペットボトル風車は安くて簡単で、なかなかすぐれものだな、と感心しています。


[198]>194 自作パソコン twillco

作れる知識が欲しいです!


[199]>173 ノーエアコン twillco

夏はエアコンはなるべく付けないで走ってます。

どれだけ我慢が出来るか自分との勝負みたいなとこもありますね。

1日つけずに走った時は、なんだか達成感があります。


[200]子供と一緒に草花遊びと自然観察 tough

去年のイエはてなの夏休みスペシャル企画“エコ・ルポ”の時にも一緒に過ごしたイトコの子と、今年は自然の大切さを考えつつ、自然を身近に楽しんでいく草遊びをいろいろやってみました。

まず草笛です。草笛には色々なやり方があるようですが、代表的なのはこのやり方だと思います。

http://www.geocities.jp/m_tadahirojp/newpage4.htm

これは笛というより正確にはハーモニカなどのリード楽器と同じ原理で鳴る物で、息によって葉が細かく振動して音を立てます。最初コツを掴むまではとても難しいのですが、慣れると心地よい音色を響かせることができます。

最初は慣れるために、室内でネットの吹き方説明ページを見ながらやってみることにしました。使う葉も、とりあえずの練習ですから、お煎餅の包装に使われているようなフィルムシート(というよりお煎餅の袋その物)をハサミで切って使いました。

━━それじゃやってみるね、フー、スカー。

━━あはははは。

━━おかしいな、フー、フー、フー。

鳴らないと、これでもかと言わんばかりに強く吹くことばかりを考えてしまいます。

━━ひぃぃぃぃ、お兄ちゃん、なんかクラクラするよー。

おっと、やりすぎると過酸素症になりかねませんから、こういうのには注意しましょう。

━━力みすぎないで、そーっと優しく吹いてごらんよ、葉っぱに当てる空気の角度を微妙に調節する気持ちで。

━━ん、スー、フー、ピ、プイ???♪

━━鳴った!!

━━鳴ったね、ちょっとオ○ラみたいだったけど。

━━あはははは。

練習を済また私たちは、自然の葉っぱを求めて緑道を散策することにしました。

━━どんな葉っぱが草笛に使えるの?

━━えーとね、あ、これなんか使えるな、ツユクサ。おひたしにして食べることも出来る草だから口を付けても安全。

━━そうかー。葉っぱによっては毒があるかもしれないからね。

━━そういうのは気を付けないとね。あ、あれはカシノキ。あの葉っぱも大丈夫だよ。

━━こういう細いのは?

━━ネコジャラシか。これもイネ科でお米や麦の仲間だから大丈夫だね。

ほかにも、食用に使われたり、虫などが好んで食べる葉なら、たいていの物が使えます。ただし、今の都会は汚染でいっぱいですから、安全な植物の葉でも、口に付ける前にはきれいに洗っておく必要があります。めんどくさい世の中になったものです。

葉っぱの用意が出来たら、公園のベンチに座って草笛の演奏会です。

━━さぁ吹いてみよう、せーの、スカー。

━━あれ?スー。僕もうまくいかない。

━━おかしいな、スヒー、フーヒー。

━━うぅぅ、また頭がクラクラしてきた。

なかなかうまくいかないものですね(笑)。でもしばらくやっているうちにコツが飲み込めてきて、上手にならせるようになりました。小さな葉なのに、かなり大きな音がします。お歳を召した女性が、あらあら懐かしいわねと声を掛けてくださいました。


続いての草遊びは、草花スケッチでした。ハガキ大のスケッチブックと色鉛筆を手に街を歩き、見つけた植物を片っ端からスケッチしていきます。これには三日を費やしました。もちろんスケッチばかりしているわけではありません。公園で遊んだり、コンビニでアイスを買ったり、暑くてたまらなくなったらドーナツ屋さんに飛び込んで涼んだりします。そういう時にお互いに描いた絵を見せっこして、植物の名前を当てっこしたりして楽しみます。

この植物スケッチは、とてもいい観察になりました。漫然と植物を眺めるのと違い、細かい所までよく観察して書きますから、色々なことに気付きます。

━━お兄ちゃん、虫がいる!!

━━どこどこ?

━━葉っぱ食べてる。

━━へぇぇぇ、上手に食べるね。

━━食べられた葉っぱはよく見るけど、食べてる現場は初めて見た!!

植物だけでない、他の生き物も加わった生態系というものが実感できる瞬間でした。

こんな経験から、食べるということにも話が広がっていきました。さらに命を保つために他の生き物の命を奪って食べることにも話が発展し、二人で深く語り合いました。それにしても子供の視点というのは鋭いですね。

━━自然界と人間社会の違いがわかった、自然の世界では自然の法則で食べられてしまう生き物が決まるけど、人間社会ではお金もうけの都合で決まっていく!

弱肉強食という自然の摂理は理解しつつも、なぜか不条理感が拭いきれない、そんな食に対する戸惑いの原因を、ズバリ言い当てていると思いました。子供には本当に教えられます。


イトコの子は、スケッチした植物の絵に表紙を付けて「自作植物図鑑」を作り、それにこの期間に行ったり考えたりしたことを作文にまとめたものを添えて、学校に提出する夏休み研究にするとのことで張り切っていました。草笛も練習して、学校で実演してみせると言っています。私も練習して、ちょっといい音が出せるようになってきました。忙しく都会の中に埋没しがちな毎日ですが、草笛と共に自然を感じながら、残り少ない夏を過ごしていこうと思っています。


[201]>198 自作パソコン nakki1342

ネットサーフィンなどは、多く経験しているのですが

自作パソコンを可能にする

器用さは、自分にはないので無理だな・・と

もしそれが出来るのなら自分好みの

パソコンを作ってみたいんですけどね

(愛着もわきそうだし)


[202]>193 日食 nakki1342

事前の特集で専用めがねで見ないとダメだよと

報道されていたのを見てたのですが

手に入れずにいたので

サングラスでチラッとですが見ました

後はテレビで見ただけです

専用めがねを買って

もう少しじかに楽しめば

よかったなあと少し後悔しています


[203]廃物利用で自然界の営みを科学する「ペットボトル気圧計」の実験 Fuel

こんな天気予報グッズが売られています。

ザ・フロッグウェザーリポーター

ザ・フロッグウェザーリポーター

  • 出版社/メーカー: ノルコーポレーション
  • 発売日: 2008-10-02
  • メディア: おもちゃ&ホビー

晴雨予報グラス

晴雨予報グラス

  • 出版社/メーカー: ノルコーポレーション
  • メディア: おもちゃ&ホビー

これらはトリチェリの水銀気圧計の原理を水に変えて応用したゲーテの気圧計をアレンジして作られた物で、ガラス管部分の水の動きで気圧の変化を見て、気圧が上がれば晴れ、下がれば曇りや雨と予測できるという製品です。

さて、イエコト・ミシュラン #040で「脱・ペットボトル」を呼びかけた私ですが、遊びに来た友人がペットボトル飲料を差し入れてくれ、久し振りにペットボトルが手に入ってしまいましたので、リサイクルに出す前に、これを有効活用してみようと思い立ちました。題して「ペットボトル気圧計」です。

原理は簡単。気圧が高まればペットボトルが押されてストローの水を押し上げます。気圧が下がればその逆となってストローの水は下がっていきます。実際にはボトルの中の空気の熱膨張なども加わりますからそんなに正確な物ではありませんが、寒暖の差が少ない季節なら、だいたい同じような時間帯に見ることで、前日との比較が出来ます。

作り方も簡単。ボトルのキャップに穴を開けてストローを差し込み、適当な接着剤などを流して密封するか、あるいは市販のストローキャップを使います。ストローとキャップの間に空気漏れが発生しないよう、うまく工作してください。

中に入れる水は、適当な物で色を付けておきます。前述の天気予報グッズでは食紅で着色するよう説明書きに書かれているようですが、それは誤って口にした時の安全性を考えてのことだろうと思います。タール系色素も摂取しすぎれば毒ですが、かき氷シロップ程度の色にしておくなら、食品でないインクなどを飲み込んでしまうよりは安全ですね。

こうした誤飲対策は、特に今回のような食品の容器を他の用途に流用する時には欠かせない配慮です。水の色付けには“必ず”、万が一飲んでしまっても安心な物を使ってください。短期間の実験なら、醤油や梅酢で色付けしても構いません。

ボトルに色水を入れ、ストロー付きキャップを取り付けたら、ストローに口を付け、ちょっと息を吹き込みます。すると水が上がってきます。これで完成。

f:id:Fuel:20090826141612j:image

しかしこうして見ると、ただの飲みかけのジュースにしか見えませんね。そこで温度計を添えて、色水の上下に対する気温の影響を考慮できるようにしておきました。

さて、これを使った観測データですが……。えー、これが完成してからというもの、うちの方は同じような天候の日が連続していて、今のところ評価のしようがありません(汗)。これから季節の変わり目を迎えるとまた天候がクルクル変わるようになってきますから、その時にまた観測をして、実用性を確かめてみたいと思っています。また、あまり考えたくないことですが、台風上陸時には急激な気圧の変化が見られるはずです。皆さんもこんな簡易気圧計で、大自然の営みの一端に触れてみてください。


[204]宮沢賢治世界に思いを馳せる「下ノ畑ニ居リマス」黒板の製作 Oregano

プランターで作物を育てているうちに、いつか大きな畑がほしいと思うようになってきました。でも土地は簡単には手に入りません。真夏の夜空を見上げながら、あの空が耕せたらどんなに楽しいだろう、なんて考えてしまいました。

そこでふと、先のいわしにも夏に読む本として銀河鉄道の夜があげられていましたが、私も銀河鉄道を思い出しました。銀河鉄道…宮沢賢治…「下ノ畑ニ居リマス」の黒板…。そうだ、せめて「下ノ畑ニ居リマス」黒板を作って晴耕雨読生活の夢を見よう!

本物の羅須地人協会の黒板は、杉板を並べて壁に固定したなかなか立派な物みたいですが、

http://painless.fc2web.com/iwate37.jpg

私はもうちょっと小さな、部屋の中でも使えるようなサイズで作ってみることにしました。

材料は、ちょうど45cm×30cmくらいの薄っぺらいシナベニヤの切れ端があったので、それを活用することにしました。写真を飾るパネルのように枠を付ければ、これでも十分実用になるはずです。物置を漁ると、ゆるやかなU字型の溝が掘られた角材も見つかりましたので、それは黒板下部のチョーク置きの桟に使うことにしました。あとは2cm×1cmくらいの断面の角材。これは枠に使います。

さらに今回は、物置を漁っていたらいい感じに錆びた古クギが出てきましたので、それを組み立てに活用することにして、全体にそれに合わせた古色仕上げを施すことにしてみました。

その他、黒板表面に塗る黒板塗料は、クラシックなブラックを選択しました。枠やチョーク置きの桟は木部用ペイントのつや消しブラックを用いました。

以下、製作手順を書いていきます。

まずシナベニヤの表面処理。黒板塗料を塗る前に、サンドペーパーでよく擦ってスベスベに。続いて濡らして固く絞った雑巾で粉を拭き取り、木部用下地調整パテを木の目に直角にヘラで擦り込んでいきました。パテが完全乾燥するのを待って、再度サンドペーパーかけ。これで下地は完成です。

次にもう黒板塗料を吹いてしまいます。枠付けなどはその後。なぜなら、わざと錆びたクギの頭を表面に出して、古さを強調する作戦だからです。おそらく釘の頭の上に黒板塗料を塗った場合、数十年たてば釘が錆びて塗料が剥げ落ち、錆びた頭が露出するはずです。その雰囲気を、製作手順の後先を入れ換えることで実現してみようという計画です。

黒板塗料は、一度に分厚く塗ろうとせず、薄く何回もに分けて塗っていくのが上手に塗るコツです。塗り重ねは、必ず十分な乾燥時間をおいてから行います。私は今回4回塗りしました。

ベニヤの側面は黒板用でない黒のペイントを塗っておきますが、ここでちょっと洒落っ気を出して、表面の周囲1cm弱にも、縁取り的にペイントを吹き付けてみました。つまり側面を塗る時に表面全体をマスキングせず、1cmほど周囲を露出させておいたということですね。これで、黒に黒でほとんど目立ちませんが、単調な黒板にちょっとメリハリがつきました。

あとはベニヤの裏に角材で枠を付け、下辺にチョーク置き用の桟を付ければ完成です。今回は塗装は全て組み立て前に行いますので、これらの角材も予めスプレーで黒く塗っておきました。塗りはあくまであっさりと。塗膜を感じさせない程度にとどめるよう注意しました。

続いて組立です。錆釘を使ってトントントン。黒く塗った所に黒ずんだ錆釘ですからほとんど目立ちませんが、よく見ると古めかしい様子が見えます。古クギ作戦は成功です。黒板を吊り下げるヒートンにも錆び付いた物を使いました。ただ形の揃った物がなかったので、2個のうち1個は丸い頭の物、1個は?型となりました。おまけに?型の方は形が曲がってひしゃげています。でもこういうのも有りでしょう。

組み上がったら古色仕上げです。ここが最も面白い所ですね。どうやって古く見せようかと思い、まず黒板表面に、書いては消し、書いては消しを繰り返しました。久し振りに落書きらしい落書きをしました。チョークで書くって楽しいですね!!

続いて埃にまみれさせました。不均一さを出すため、釘やヒートンなどの周囲をちょっと湿らせます。そして埃代わりにチョークの粉や「とのこ」の粉などを不均一にまぶし、いかにもそれっぽくなるように一部をこすりつけるなどしてから、刷毛で払い落としました。それを雑巾で拭くと、きれいにならずに木目に汚れが入り込んだりします。そしてまた同じことを繰り返します。気に入った汚れ方になるまで、色々試行錯誤を繰り返しました。

ほかにも色々試行錯誤を繰り返して、ご覧のようになりました。かなり使い込んだ感じが出ているのではないでしょうか。憧れのフレーズ「下ノ畑ニ居リマス」を書いて記念撮影をした後は、これをわが家の連絡黒板にすることにしました。レトロな真っ黒な黒板にチョークというスローな感じが、家族間のコミュニケーションに温か味を添えてくれたような気がします。

f:id:Oregano:20090826163136j:image


[205]>203 目盛り付くと、観測しやすいと思います Lady_Cinnamon

本格的と思いきや意外と簡単に、気圧計が出来てしまうのですね。これは魅力的な自由研究だと思います。作っただけでなく、その後も観測などに使えますから。

さて、観測データがお天気の関係で、明瞭な結果が得られなかった・・・とありますが、おそらく数日続いた高気圧の停滞が関係していたかもしれませんね。ただ、もうすぐ高気圧も抜けて、低気圧がやってきますので、気圧計水位の変動も見られるかもしれません。

気象庁の天気図のページ

http://www.jma.go.jp/jp/g3/

1気圧は1013hPaで、上手く作ると1気圧のときにストローの水は水平にあるはずです。そして、ここ数日のうちの方の平均気圧が1010hPaと、若干低めでした。低気圧が来た時で、997hPaです。

なぜ細かく気圧を書くかというと、じつは海水面の昇降が、1hPaの昇降で1cm単位で起きるんです。1hPa上がれば、1cm低下する(高気圧が海面を押し付けているイメージ)。逆に1hPa下がれば、1cm上昇する(低気圧が海面を吸い上げるイメージ)。

ペットボトルで作ったゲーテの気圧計なので、1hPaの変動で必ず1cm変動するわけではないと思いますが、この気圧計に目盛りが付いていたら、わずかな変化に気付きやすいかもしれません(^^)。

ちなみに気圧関連の応用的な話題ということで、低気圧(台風)が来る時の水位上昇再現実験のサイトをご紹介。こちらも、お天気や気象学に興味のある方には、お勧めです。

低気圧による海面上昇再現実験

http://www.geocities.jp/yonekitty/jikken/kishousio/kishousio.htm


[206]夏の自由研究 テーマ:地方が輝く、地方で輝いて暮らせる時代作りとは CandyPot

“リブ・ラブ・サプリ?SEASON”#038で書かせていただいた、子供時代をすごした懐かしい町。懐かしい友だちがいっぱい集まって、一緒の時間を過ごしてくれました。そこで私は、“イエ・ルポ”-Summer House Laboratory 2009-のテーマとして、なぜ地方が過疎になるのか、どうやったら地方が輝く時代を作れるのかを取り上げ、それをみんなと話し合ってまとめてみたいと思いました。その町も市街地部分を除くと、だいぶ高齢化と過疎化が進んでいるようなんです。まずその実態から聞いてみました。


「たしかに山間部の過疎化は深刻みたいだよ、ほら、○○君がいたところ、あそこなんて今12戸くらいしか家がないんだよ」

「○○君は?」

「両親は市街地に引っ越した。○○君は東京で就職したらしいよ」

「あと川向こうの△△小学校、廃校になったの知ってた?」

「えー、なんで?」

「合併の弊害だろうな。ここが○○町のままなら存続させたはずだと思うけど、合併になったとたんに統廃合」

「元の役場も今は市役所の出張所だけど、三年後くらいに閉鎖されるらしいよ」

「どんどん不便になっていくね」

「まがりなりにもトッププレイヤーとしてやっていた選手が、大きなチームに入ったとたんに二軍落ちって感じだな」

「みんな、何を期待して合併に走ったのかそれが謎」

どうやら平成の大合併が、ただでさえ過疎の進んでいた町の周辺部を、さらに暮らすのに不便な環境にしてしまったらしいです。


「で、私たちの同級生はどのくらい残ってるの?」

「うーん、半分くらいかな」

「それってけっこう多いと思う。東京は、同じ都内に住むっていうケースが多いだけで、大人になるとかなり散り散り」

「そうだよね、都会に比べると地方の方が、地元に定着する率は高いかもしれない」

「郷土愛ってあるし」

「ただ、この町で恋愛して結婚するって難しい」

「生活の基盤というか、雇用がこの町って無いでしょう」

「だからみんな外に働きに行って、恋愛もそこでしちゃうから」

「この中で唯一の自営業者、一年中地元から出ることのない○○ちゃんのご意見は?」

「あたし、酒屋の看板娘のまま老いていくんだわ、えーん」


「けっきょく町に雇用がないっていうのが一番の問題だな」

「ここは元々農村地帯で、住民全員が自営業者だった。農民ていうのは自営業なんだ」

「人に雇われる仕事をする人はここにはいなかった」

「役場の職員も農協の職員も農家のせがれたちだったわけだし」

「ところが農業では食えなくなった」

「それで俺たちの親は別に仕事を探して町の外にそれを求めていった」

「そうやって町の求心力が少しずつ低下していって、やがて平成の大合併の餌食になって、町そのものが無くなってしまった」

「それってすごく悲しいことよね」

「SOHOとか在宅勤務とか、そういう働き方を、国は地方でこそ推進してくれないだろうか」

「格差で痛めつけられた地方を本当に元気にしようと思うなら、働き方の改革をして欲しいよな」

「企業誘致をしての雇用創出なんて、本当に疲弊しきって瀕死の地域には無理だよね」

「誘致して企業が来るのはまだ元気のある地域」

「だからたとえば従業員千人以上の企業には何パーセントの地方在宅勤務枠を義務づけるとか法律を作って」

「それいいな、地方で中央の企業が求人を行う」

「一気に地方に雇用が生まれる」

「この町の中で仕事をして、この町の中で生きられる。地方が元気になるぞ」

「そういうのって、どうやったら実現できる?」

「うーん、わかんない」

「わかんないけど、俺たちの世代で実現させていきたいね」


なんていう話し合いが行われました。私は思います。ちょっと社会の仕組みを変えることができれば、地方はすぐに元気になるって。そして地方が元気になれば、そこで生産も消費も向上して、景気がどんどん回復していくはずだって。

私もいつか、なつかしいあの町に帰って暮らしたい。そんな夢を持っています。東京で恋をして、東京で結婚して、私も彼も東京で持っている仕事をそのまま持って地方の町に。そんな働き方、暮らし方のできる世の中が訪れないかなぁと思います。


以上、だから何なのよと言われてしまうと、ごめんなさい、何の役にも立ちませんと言うしかない内容でしかまとめることができませんが、こういう話し合いを持ってみたことが、私の夏の「自由研究」です。


[207]>201 自作パソコン koume-1124

自作パソコンって作れる人結構いるんですね?!!

劇団ひとりさんも自作パソコンが作れるそうです。

さすがITボーイですよね!

尊敬してしまいます。


[208]>186 うちわ koume-1124

みんささんとはちょっと違いますが

昔はジャニーズが大好きだったので、手作りうちわはよく作って持っていってました。

誰よりも目立つうちわを持っていくことに命をかけてましたね;

お陰で、かなりの目立ちっぷりで

目の前を通るたびにピースしてもらえたときは至福のときでした?


[209]>200 こういう触れ合いいいですねぇ♪ Lady_Cinnamon

子供とのふれあい、自然とのふれあい、こういうの素敵ですねぇ(^▽^)草笛の吹き方、私もいつも失敗していたんですが、今度はこの方法で試してみますね。鳴ったらうれしいだろうなぁ。

そうそう、自然観察って地味な自由研究って、昔友人に言われてしまったことがあるのですが、そんなことありませんよね。植物の名前だって知っているか知らないかで、道端の花ひとつ見る目が変わります。

それに、昆虫の様子を見るのも、結構オモシロいものです(大人になると苦手な人も出てくるかな)。我が家では今年は実らなかった、柚子のユズ子にアゲハ蝶らしきアオムシ君がムシャムシャと食事中でした。

http://f.hatena.ne.jp/Lady_Cinnamon/20090610014808

今年はどうかな?と様子を見たら、何か凄い速度で動いてる!それがアオムシ君でした。緑に溶け込むその姿は、まるで忍者に徹しているかのよう。しかも写真を撮ろうとサッとカメラを構えた瞬間に、既に葉っぱを1枚は平らげる速度。驚かされること満載でした。

さて、toughさんとイトコのお子さんとのやり取り、前回に続き、読んでいてとっても微笑ましかったです。それにしても「人間社会ではお金もうけの都合で決まっていく!」という言葉が出てくるとは、これまた驚き三昧でした。

大人へと育って行くイトコのお子さん。これからも、自然とのふれあいや社会への関心、工作・実験などの自由研究など、一緒に楽しんでいってくださいね。きっといい思い出がたくさん残りますから。


[210]>209 親子の語らいを記録する wacm

自然観察をしつつ、そのときの語らいを大切にするなんて tough さんらしさがあふれている提案だと思います。

草遊びなら失敗がある程度許されているのもメリットでしょうね。花や果実だと失敗が許されないですけど、試しにやってみる、工夫して何かできる子どもの創意工夫を引き出す気がします。

tough さんの提案が少しずつ自然や科学の興味へと広がっていけばとてもいいですね。

親子の語らいを写真や記録帳として残してみたらいかがでしょうか?


[211]>206 職業訓練校で地方・地域社会を守る! wacm

私も地方の不況や伝統産業の後継者不足に歯がゆい思いをしている一人です。

そもそも、都内に人が残るのは大学も職場もあるからではないかと思います。

大学も職場も数多くあると選択も簡単ですし、地方だと買い物や遊ぶところがなく、失望して首都圏へ戻った知り合いもいます。

だからといって、大学を地元に呼ぶことは簡単にできるわけではありませんし、大学生が税金を落とすわけではありません。

そう考えると、学習→職場といったラインを土地・地域で一貫性あるものにできたらと考えています。

そのためには職業訓練学校を地域で作ることが手早いのではないでしょうか?

地域の持つ魅力や地域の持つ力がなければ、一次産業の将来は見込めません。


また、昨今驚いたのですが、都内のスーパーやドラッグストアの方が、ペットボトルのお茶もミネラルウォーターも私の住んでいる地域のお店よりも安い!

私だけの視点、お店も駅前の限られたところなので、一概に比較はできませんが、物価すら地方>都会の図式になってしまうと、本当に地方に住むメリットなんてないと感じますよね。

ですが、地方手当が本当に適切な価格なんでしょうか?なんて転勤族の友人に何度も尋ねたことがあります。


私としましては、都内の生活を地方で行うのではヒト・インフラ共に限界があると思うので、地方財源の移譲を「道州制なし」に行うことが望まれます。

なぜなら、地方分権を進めてしまうと、環境や自然を軽視する可能性があるからです。


[212]>208 和紙の持つ力がうちわに wacm

ジャニーズのうちわとは・・いまでも自分手作りのうちわを持っている女の子がたくさんいますよね。

うちわを作るのはかなり大変ですよ。

紙が軽くて、破けにくい丈夫なものでなくてはなりませんから。

そうなると和紙が適任!和紙の持つ伝統の力を感じました。

キャンペーンで配布されているうちわですと加工した紙素材ですが、やはり涼風を感じるには絹張りや和紙の方がうれしいですよね。


[213]>195 父の肩車で鳩時計の鳩を見た wacm

私も祖父母の家にあった鳩時計がとても記憶に残っています。

鳩が9回鳴ったら、布団に入って寝なければならないので「鳩が出て欲しくないな?」なんてTVを見ながら思ったものです。

でも、鳩がとても可愛らしい。鳩を見たくて、父に肩車してもらい見ましたね。

工作とは関係ない話でしたが、私も父に肩車して鳩時計の鳩を見た思い出が好きなのでいわしに書き込ませていただきました。


[214]>191 発泡スチロールでやってみたらいかがでしょう?? wacm

ハイドロカルチャーを鉢ではなく、発泡スチロールでやってみたらいかがでしょうか?

発泡スチロールなら糸ノコやミカンの果汁で好きな形に変えることができます。

色は・・これが悩みどころなのですが、パステルカラーにできたらハイドロカルチャーをほのぼのと表現できてよいと思ったのですが、何かいいアイデアありませんか??


[215]>207 自作パソコン adgt

大きなプラモデルみたいで面白かった


[216]>144 浜辺で砂鉄集め Lady_Cinnamon

おぉ、テルミット反応ですか!これは高校生のときに化学式を学びましたが、実験としてはやったことがありません(イエ実験は慎重にやらないとですかね)。

砂鉄と磁石の組み合わせは、昔から今でもあるオーソドックスな実験素材ですね。よく公園の砂場で砂鉄とりなんて話もありますが、砂鉄を取るなら海の浜辺をお勧めします。かなりたくさん取れますよ。

鉱物の観察(その6)再び砂鉄採取

http://homepage.mac.com/satoh_j/kagaku_jikken/mineral/mineral_6....


[217]>211 渾身の研究です!! TomCat

CandyPotさんの渾身のルポ、生まれ育った町への愛が溢れた前向きな語らいに、感動しながら拝見させていただきました。私も最近地方を回って色々な経験をさせてもらいました。そこでナマの地方の現状を色々と体験し、実感してきました。

CandyPotさんの、地方在宅勤務枠の創設、wacmさんの職業訓練校を核にした地域活性、どちらもとても具体的で、そして建設的な提案だと思います。さらにこの2つの提案は、セットになって相互補完的に力を発揮していくと思うんですよね。

CandyPotさんの地方在宅勤務枠の創設は、地域の人達に新しいライフスタイルをもたらします。wacmさんの職業訓練校を核にした計画は、地域の人達の雇用を促進するだけでなく、外部からのいわゆるIターン希望者の受け入れ機関ともなり、地方生活に希望を抱く新しい住民を迎え入れていく原動力になっていきます。

こうして、中から外に向かっても、外から中に向かっても、新しい風を吹かせていくような政策。こういうの、実現していきたいですね。

ちなみに「道州制」については、私は現在の中央集権の害悪が数ブロックに分散するだけで、基本的に「道州」も中央集権に変わりはないと見ています。本当の地方分権を考えるなら、今の地方自治体の制度の中で改革すべきことを議論していくのがスジだと思っています。


[218]>215 自作PCの良さは、パーツを換装しながらずっと使い続けていけること TomCat

今、市販PCの多くは使い捨てですよね。しばらく使っているとソフトが軒並みバージョンアップされる。ソフトが新しくなると、動作が重くなってくる。だんだん買い換えたいという欲求がつのってくる。こんなことの繰り返しだろうと思います。

ここで市販のメーカー機なら、古いPCは使い捨てですよね。破棄しようと思えば費用がかかる、中古として売っても二束三文。今まであんなにありがたがって使っていた物が、一転して邪魔者に。これではPCが可哀想です。

そこにいくと、自作はいいですよね。汎用パーツのみで組み立てられているから、あらゆる部分が換装可能。古くなった、スペックの見劣りする部分だけを交換することで、ずっと第一線で使い続けていくことが出来ます。ま、マザーを入れ換えたら一台丸ごと新品に買い換えるのに近いことになりますが、それでも使い続けていけるパーツは多々残りますから、買い換えに比べたらずっと無駄が無くお得です。

自作に自信が無い人は、とりあえず汎用パーツだけで組み立てられたマシンも市販されていますから、そういうのを選択してみるといいと思います。ニーズに応じてパーツを換装しているうちに、いつのまにか完全自作と言っても差し支えのないマシン構成になっていると思います。


[219]>204 これは素晴らしい!! TomCat

賢治の黒板!! 夢がありますね。夏の夜空を見上げて思い立ったとのことで、これはもう本当に夏ならではの工作です!! イエはてなマークの落書きwまであって、もう最高wwww

古色仕上げの様子が素晴らしいです。写真では細部まではちょっと分かりませんが、黒板表面だけでも、使い込んだ雰囲気がよく現れています。新規に黒板塗料を塗ってここまでの感じに至るのは、かなり大変だったと思います。いっぱい落書きを繰り返したことでしょうね。楽しそうです(^-^)

今、この黒板は、ご家族のコミュニケーションに役立てられているんですね。たしかOreganoさんは以前、ホワイトボードによる素晴らしい家族コミュニケーションの様子をご紹介されていたと記憶しています。そんなOreganoさんならではの使い方も光る、素晴らしい工作だと思います。私も作ってみたくなりました。玄関に、ウエルカムボードとして飾っても素敵ですね。


[220]>196 「ガー!」と鳴く怪獣 Lady_Cinnamon

momokuri3さんもイエはてなでは機械工作のツリーを良く立ててくださるので、興味深く読ませていただいています。

今回のルポを読んで、momokuri3さんのお父様も子供の頃から機械いじりがお好きだったとのこと。親子で共通の特技・趣味があると、話題も盛り上がるんじゃないでしょうか。読んでいて、そんな楽しそうな親子の情景が浮かんできました。

光線銃を当てる場所をどこにするか・・・結果がデベソ怪獣(笑)。お父様の当時の作品ですから、多少は古みを帯びてらっしゃるのでしょ。プラモデルで言ったら、汚しをつける作業があるそうですが、年月を帯びて、お父様の怪獣も味わい深い色に染まっているのでは?

そして「ガー!」と鳴く怪獣により進化した姿。お二人の合作怪獣、想像しているのですが、とっても微笑ましい怪獣が頭に浮かんでいます。


[221]>197 ハンガーと針金の違い Lady_Cinnamon

ペットボトルでの風車作り、試行錯誤してハンガー版と針金版を作られたのですね。ネットの工作レシピどおりのハンガー版の方が、風車が安定するというのは、やっぱり複数の実験機を作らないと得られない情報なのでしょうね。

またこの風車、よく回るとのこと。たくさん作って並べてみて、蓄電池などに繋げられないものですかね(あ、あまり電気に詳しくないので、単純な発想ですが)。何かエコな作品にもジョイントできそう。

そういえば、近所の農家で花火のような音が定期的にして、稲穂を守るカラスよけになっています(実際は、カラスは平然としていますが)。風車とカラスよけの仕組みも、似たようなものなのですかね。風車でエネルギーを溜めて、定期的に『ボンっ!』って音とかが鳴る・・・みたいな。

モグラさんは・・・退治しちゃうとかわいそうなので、退避してもらう風車になってくれるといいですね。


[222]>196 時空を超えた親子の合作 TomCat

お父様の子供の頃の夏休み工作を、息子が引き継いで完成させる。なんと素晴らしく微笑ましい工作でしょう。

スイッチを入れると目が光ってガーと声を立てる怪獣の人形。これは当時としては画期的な最先端の工作として、きっと先生方も目を見張ったことと思います。しかしお父様はさらに、スイッチではなく光で鳴き声を立てるバージョンアップを夢見ていたんですね。

それを大人になったmomokuri3さんが、今ならその夢を引き継げるぞと乗り出した。それも、もしお父様が当時実現していたらこうなったはずという、その時代の回路とパーツで。このコンセプトが素晴らしいです。

時空を超えて結実した親子の夏休み。なんだか本当に昔にタイムスリップして、子供時代の父と、同じく小学生に戻った私とで遊んだことがあるような錯覚をおぼえました。よくおぼえていませんが、その夜、そんな夢を見た気がするんです。もしかしたら怪獣も一緒に遊びの輪に加わっていたかもしれません。

このくだりに、とても感動させられました。親子でありながら親友。そんな稀有の体験をした今年の夏。きっと怪獣も喜んでくれていることでしょう。


[223]>219 古びた汚しの加減が最高です!! Lady_Cinnamon

黒板というと、最近のは緑っぽいものですが、昔のものは文字通り「黒板」なんですよね。その再現というと、ただ黒いベニヤ板になりそうですが、これは時間の経過も感じさせてくれる、素敵な作品になっていますね。

その理由も良く分かりました。素材や色の塗り方の工夫だけでなく、汚しのテクニックも活用されてらっしゃる。

続いて埃にまみれさせました。不均一さを出すため、釘やヒートンなどの周囲をちょっと湿らせます。そして埃代わりにチョークの粉や「とのこ」の粉などを不均一にまぶし、いかにもそれっぽくなるように一部をこすりつけるなどしてから、刷毛で払い落としました。それを雑巾で拭くと、きれいにならずに木目に汚れが入り込んだりします。そしてまた同じことを繰り返します。気に入った汚れ方になるまで、色々試行錯誤を繰り返しました。

これ結構手間のかかった工程じゃないですか、他の所ももちろんですが。試行錯誤して何度も繰り返すこだわりが、味わいのある作品に繋がるんでしょうね。まるで現物の羅須地人協会の黒板の、色合いに見えますよ。

室内の黒板・メッセージボードとしても素敵だし、夏や秋だと、以前ハザマさんが紹介して下さった、「玄関やポストにサンクスメッセージ」にも使えそうです。素敵な夏の逸品が、また増えましたね(^▽^)。


[224]>212 うちわ twillco

安い物ですが子供に絵を描かせた物をウチワにした事があります。

子供も喜んでパタパタあおいでくれるので

作ってみて良かったなと思いました!


[225]>183 カボチャ twillco

カボチャ大好き!で

実家の近くに『シンデレラのグラタン』というメニューがあるんですが

カボチャを丸々使ったグラタンなんです。

ネーミングも面白いので小さいコもすっごくはしゃいでいます。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ