人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

外国人の地方参政権に賛成ですか?反対ですか?

また
賛成・反対の理由を教えてください。

●質問者: kisoku
●カテゴリ:政治・社会 生活
✍キーワード:地方参政権 外国人
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 31/31件

▽最新の回答へ

[1]賛成 kyrina

国政となると話は違いますが、納税その他、生活に関わる事で差別があってはいけません。


[2]一部?賛成 fuk00346jp

但し、少なくとも永住権ぐらい持ってて下さいよ。


[3]賛成 Ethinos

定住外国人に参政権を付与することについては賛成です。

同じ社会に暮らしていく以上、その存在を無視するべきではありません。


[4]反対 darkwood

地方とはいえ、安全保障面で完全に無縁とは言えない以上、反対です。又、文化的な影響の側面も考慮すべき。文化的な影響と言うと、良いことばかりのように思いがちですが、マイナス面も当然あるでしょうし、それは、中々すぐにはわからない事もあるハズ。あとで、あれはそういう事なのかと分かったときは、もう遅い事も有るでしょう。


[5]>4 反対ですね powdersnow

日本に住んでいることと、政治に参加することは、全く別物です。


[6]>3 賛成 Newswirl

うちの留学生は、少なくともクラスをまとめることに際して発言権を持ってました

日本の歴史や文化を理解できない日本人がいる中で、文化的帰属意識を有していることを根拠に、投票の権利があるとは言えず、外国人の思想を尊重すれば、参政権を与えて然るべきかと

都議選の影響が国政に及ぶなら、地方参政権に留める必要があるのか疑問です


[7]反対 haruta-hizasi

地方によっては【日本人より多くなってしまう】場所が出来てしまう【可能性があるから】です。ましてや【年寄りが多い所】などで、外国人がどんどん増えていってしまえば、そここで選ばれるあらゆる選択肢が、【外国人のためへの選択肢に】塗り変わってしまう【危険性がある】と思うからです。

・・・っていろいろ考えるより、『日本国内で永住するなら、仲良く同じ日本人になって、日本人である自分達が、今住んでいる日本の為に、他国の有益の為ではなく、日本人として、自国民の参政権を行使して欲しいと思う。』


[8]どちらかといえば反対です Reiaru

外国人参政権がなぜいけないか

http://f47.aaa.livedoor.jp/~practice/001.html

外国人参政権 - 教えて!goo

http://oshiete1.goo.ne.jp/qa1659402.html


上を読んだ後に下を読むとよくまとまっていると感じます。


私はどちらかと言えば反対派だと思いますが、

「許した所でさして何かが変わる事もないだろう、許可しても良いのではないか」とは思っています。

日本に居住している人口の 1/3 位が外国人であるなら話は別ですが。


しかし、許可する事による明確なメリットが日本に無い限りは禁止のままが無難でしょうね。


[9]>5 反対 日本で参政権がほしいならば、出身国の国籍と選挙権を、すべて手放し、日本の国籍を取得し、そのあとにしてください。 miraa

外国の国籍や参政権を手元に温存したまま日本の参政権を得よう

とかムシが良すぎます。


[10]>7 反対 Sonic

1地域で特定国の人が多数終結すれば・・・と考えるとあまり気分の良いものではないです。

そもそも「永住権」を持っている外国人が、国政に参加すること自身がおかしいと考えてます

「国政」に参加するのであれば「永住権」ではなく「国籍取得」してから参加すべき。

「自国の利益を考え」て「参政権を行使」すべきですね。

「永住権」のみ持っている外国人に対して「参政権」を与えている国ってどれぐらいあるのでしょうか?


[11]>6 賛成です C2H5OH

もし自分が海外に定住することになったら、自分の所属するコミュニティをより良くしていく活動に、きっと参加したいと思うでしょうから。

簡単に国籍が取れるならそれでいいですが、そうでない日本のような国の場合は、日本国籍を持たない人に対しても、自身の暮らしに直結するコミュニティに対しては、政治参加の道を開くべきだと思います。


[12]>9 反対 winbd

miraaさんとまったく同じ意見です。

大半の人は国籍が取れないのではなく「取らない」のですからね。

二重に参政権を与えるのはそれこそ世界的に見て不公平です。


[13]>11 賛成の方に質問 winbd

>簡単に国籍が取れるならそれでいいですが、そうでない日本のような国の場合は

永住権のほうが日本国籍を取るより条件が厳しいんですよ?


つまり、ここで言う外国人というのは「日本国籍を取ろうと思えば取れる」のにあえて取ってない人達です。


なのにまるで「どうやっても参政権を貰えない外国人」のように書かれていますが、その辺はどう思われているのでしょうか?


[14]>13 このご質問の意図が理解できません C2H5OH

国籍取得に必要な条件と、永住権の取得の際に必要な条件を比較した場合、明らかに後者の方が幅広い人達に門戸を開いています。

「日本国籍を取ろうと思えば取れる」のにあえて取ってない人達

とは、在日韓国朝鮮人の人達などを念頭に書かれているのだと思いますが、私はそう言う狭いカテゴリに限定しては物事を考えていませんので、おそらく議論しても話が噛み合わないと思います。


[15]>14 特別永住者だけの話などしていませんが? winbd

http://www.interq.or.jp/tokyo/ystation/jvisa5.html

○永住権の許可申請

<対象となる人>

◆正規の在留資格にて継続して10年以上日本に滞在している人。

(留学・就学にて入国した人は、10年の内、5年以上の就労資格所持が必要)

◆「日本人の配偶者等」の在留資格を所持し、3年以上日本に住んでいる人。

◆「永住者の配偶者等」の在留資格を所持し、3年以上日本に住んでいる人。

◆「定住者」の在留資格を所持し、5年以上日本に住んでいる人。

上記条件の他に、素行が善良であること(前科などがない)や独立した生計を営める資産、または技能を有すること、日本の国益に合致することなどがが必要とされます。但し、日本人や永住者の配偶者、子供の場合は、この限りではありません。

○日本国籍の取得条件

※日本国籍の取得は「帰化」と呼ばれ、永住権とは異なります。

日本の国籍取得の主な条件は、善良であり、現在日本に住み、かつ5年(日本人との婚姻の場合は3年)以上日本に住所を有し、また引き続き1年以上日本に住所を有する人。

加えて自己または生計を共にする配偶者・親族の資産または技能によって充分な生計を営むことができること、となっています。


単純に永住許可のほうが数が多いから門戸が広いと思ってるのかもしれませんが、それは申請者の数の違いです。

日本国籍は取ったら元の国籍を捨てないといけないですからね。


しかし見ての通り条件は日本国籍のほうが緩いです。

永住許可を取ってる人の大半は日本国籍を取れる人です。


わかりますか?

日本国籍というのは他の国籍の権利を捨てて日本に住み続けること。

永住権というのは他の国籍の権利を残したまま日本に住み続けること。


永住権のほうが厳しいのは当たり前なのです。


[16]>15 その御説が正確だとするならば TomCat

私は、斯様に厳格な審査を経て永住許可を得た外国人は、居住する地の地方政治の選挙に参加するに相応しい存在だと考えます。この御説には、そのように理解するに足る説得力があります。


[17]>16 「相応しい」のと「権利を与える」のは別 winbd

相応しいからこそ、「日本国籍を取って参政する権利」を与えているのですよ。

誰も「すべての外国人に参政権を与えるべきではない」なんて右翼みたいなことは言ってませんよ?


二重で参政権を得ることになってしまうから、他国の参政権を捨ててから日本の参政権を得るのが正しい方向だと言っているんです。



既婚者も他の人と結婚するのに相応しいから「離婚してから違う人と結婚する権利」を与えているのですよ。

なのに一部の人だけに重婚が認められたらおかしいでしょう?


[18]>17 日本人も「二重で参政権」を持てる国があります TomCat

ならば相互主義で、日本国籍の者に参政権を与えている国の国民には、日本においても同等の参政権を与えるというのが正しい方向でしょうね。国籍という条件をそこまで重視されるならば、国同士の関係をもってその国籍の者の処遇を決定するという考え方が適切でしょう。相互に参政権を認め合う国が増えていけば、国際的な友好も増進することでしょう。


[19]反対…そもそも理屈が myogab

参政権を与えなければ差別が無くならない

という論理は破綻している。

公正・平等な行政サービスを受けることと、

国のアイデンティティを左右する権利は別。

上記の理屈で参政権を求めたり賛成したりする連中は、

その理屈の中に、潜在的に、参政権さえ与えれば、

差別を放置してもよい。差別に対する不満は自業自得だ

という理屈を与えてしまうことを理解しているのか?

そのような屁理屈を蔓延させているうちは、

マイノリティ差別は無くならないでしょう。

それは外国人であろうが、日本人に対してであろうが。


[20]部分的に賛成、部分的に反対。 miharaseihyou

資格制限を設けるべきだと思う。

具体的には一時的な出稼ぎが目的の居住者には与えるべきではない。

また、本国で参政権を持つ者に与えるかどうかも議論の余地があると思う。


[21]>18 相互主義ならいいと思います winbd

ただ国ごとに投票方法は違ったりしますから相互平等にするのはなかなか難しいとは思いますが。


それと日本の場合はやはり特別永住者の問題がありますからね。

通常の永住者に関しては相互主義で認めてもいいと思います。


[22]>21 永住権の条件もそれぞれ違うし ex-0808

選挙方式によって一票の重みも違うし

自治体という概念そのものが違う場合もあるし

相互主義は現実的ではない気がします。


[23]参政権にも種類があるのだが。 miharaseihyou

選挙権だけではない。

主な物だけでも、選挙権以外に、被選挙権、公務就任権、罷免(リコール)権などがある。

日本の地方自治体は大きい物になると、その経済規模だけとれば小国以上になる。

何処までのことを考えて議論しているのか、良く理解できない。


[24]>12 具体例 永住権はぜひとも取得したかったので取得したが、(引退後相撲協会に残るためには絶対に必要な)日本国籍は取得したくない横綱朝青龍関 miraa

横綱朝青龍が日本の永住権を取得したかった理由

・日本でのビジネス(商取引)をスムーズにすすめたい

・永住権がないと不可能な、日本国内での会社設立もぜひやりたい。


日本国籍は取得したくない理由

・モンゴル国籍を手放したくない

・モンゴルで大統領になりたい(本気で目指し本人も公言している、現在のモンゴル政界関係者とも盛んに交流)


朝青龍、親方より社長!?モンゴル国籍のまま“永住権”取得

http://hochi.yomiuri.co.jp/feature/sports/20070808-427537/news/2...


[25]>7 すでに似たようなことをしている党が日本にあるらしいですよ HISI

某党は、都議会選挙とか何かの大きな地方選挙の数ヶ月前に、支持者の住民票をこぞって移動するらしい。

司法や警察の上司・上層部の重要ポストを自分の支持者で固めるよう、支持者の上司は支持者しか昇格させない、そうして党員だらけにしていく計画、

何という売国行動・・・一応殆どニホンジンみたいですよ。


ちなみに、そこらの日本人よりも、日本の風土や歴史・地域のことによっぽど見識深い外国の人は結構いますよね。

もちろん、日本大嫌いだけど仕事とかで仕方がなく居る人も沢山いるでしょうけど。


[26]>24 朝青龍の自由じゃないでしょうか?(もし彼の選択が悪いとおっしゃるなら) HISI

それだけ、日本の相撲社会に魅力がないと思っているのでしょう。彼は別に相撲社会へ人生を売ったわけではない。

奴隷じゃないんだから・・・


[27]>19 「差別」されている意識は絶対ゼロには出来ないですよ。本人が主張する限りは... HISI

国籍うんぬんだけでなく、被差別意識というものはゼロにはできないものと断言できると思います。

「差別」というのは当人の気持ちの問題であって、本人が差別されていると思っている限りなくなりませんよ。

(なんでうちの子の席が教室の後ろのほうなの?から、どうしてホリエモンと同じマンションに住めないんだよ?差別されているから?とか...むちゃくちゃなことまで)


もっとも、この参政権についてまんべんない外国人ではなくて、「外国人」≒「朝鮮総連」「民団」てのが、実に困りますよね。

もっと他の国々からも日本にぜひいらっしゃい!

と同時に、粗悪ないくつかの報道機関を潰さなきゃ...

正確でまんべんない情報のもとで双方向に情報交換できれば、和民族も琉球・アイヌ民族、移民してきた人たちとも一緒にまともに暮らせると思いますね。


[28]反対 oTo

現在の国連総長が韓国のハンギムンですが

身内びいき・韓国びいきが酷くて酷い結果になってます。

トップに立てばそれなりの自制が効くだろうというのが日本人の考えですが

外国人はそうではありません。

まず自分たち・自分たちの仲間が旨みを吸い上げることが一番なんです。

参政権を許したが最後、地方の政治は在日その他出稼ぎ外国人に乗っ取られかねません。(在日に関しては、日本国籍を取るか否かは本人の自由で別に日本に虐げられているわけでもなんでもありません。本人の意思で日本国籍を取らず、在日という特殊な恩恵を受ける立場を選んでいるだけです。)

出稼ぎ外国人が多く、住民を圧倒している地域さえあります。

そのような場所で出稼ぎ外国人に都合の良い条例やらなにやら作られて

気が付いたころには日本人が暮らしにくい・軒先貸して母屋取られる状態になるのは目に見えてます。


[29]>27 自分ならどうか考える aekie

反対です。そもそも、仕事で米国やドイツに住む日本人が参政権を欲しいと思いますか?

いまのは transit な一時的な居住者に対しての議論です。

仮に、永住者だとしたら参政権も欲しくなってくるでしょう?

ただし、日本国の場合永住者にも特別永住者というものがあります。

細かくは言いませんが、果たして戦後60年以上経った現在でも、その子孫にまで永住を許可する特別永住者が果たして受け入れられるものなのでしょうか?

私にはとうてい受け入れられません。


[30]>28 労働力としての移民・外国人の参政権は反対 aekie

オランダやフランスでは移民も移民を受け入れたその国の国民もどちらも不利益を蒙っています。

移民自体は教育を受ける機会を制限されたと思いこみ、ゲットーにこもる。

移民を受け入れた国で仕事を奪われた若年・老年世代は移民の生だと思いこみ、拝外思想にたどり着きます。

どちらも思いこみに基づく不幸なのですが、そもそもの目的は移民による労働力の維持です。

民主制の維持、多様な価値観のためというのは残念ながら副次的な理由でしかありません。

人権が保障され、相互に尊敬の持てる関係のある国家の外国人でしたら参政権は大いに受け入れられるものですが、果たして日本の参政権をひとしきり要求する国の人びとが日本国民に受け入れられるか、と言ったら不十分、不適だと思われます。


[31]>22 なぜ日本に来たの? aekie

相互主義と言って、軒先貸して母屋を取られるんですよ。

相互で信頼するというのは素晴らしいレトリックだとは思いますし、人権から素晴らしいとは思いますが、なぜそもそも外国人が来ているのか?

その理由を確認した上で、参政権付与の議論をすべきだと思います。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ