人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

須田慎一郎さんの著書 「底なし」日本経済大不況 今年6月29日 初版

いざなぎ景気(1965年11月?70年7月 57か月)
?実質GDP成長率(年率)11.5%
?雇用者報酬伸び率(四半期ベース)114.8%
?失業率の変化 1.3%→1.2%
?GDP伸び率に占める輸出の寄与率 8%

バブル景気(1986年?91年2月 51か月)
?実質GDP成長率(年率)5.4%
?雇用者報酬伸び率(四半期ベース) 31.8%
?失業率の変化 2.8%→2.1%
?GDP伸び率に占める輸出の寄与率 12%

戦後最長の景気拡大期(2002年2月?07年10月 69か月)
?実質GDP成長率(年率)2.1%
?雇用者報酬伸び率(四半期ベース)マイナス0.7%
?失業率の変化 5.2%→3.9%
?GDP伸び率に占める輸出の寄与率 61%

との事ですが、対比して、2009年現在はどうなのでしょうか?
?と?のみ教えて頂けたらうれしいです。

●質問者: baby7
●カテゴリ:政治・社会 経済・金融・保険
✍キーワード:いざなぎ景気 バブル景気 ベース マイナス 初版
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 1/1件

▽最新の回答へ

1 ● nekomanbo56
●60ポイント

住友信託銀行の調査から5年間の見通しです。

図 総括表より 雇用者報酬伸び率

四半期というより見通し感のデータのような気もしますが・・・。

http://www.sumitomotrust.co.jp/RES/research/PDF2/700_1.pdf#searc...雇用者報酬伸び率 2009年'


2009年1月の記事です。

今回の日本の景気拡大期の実質国内総生産(GDP)伸び率に占める輸出の寄与は61%。いざなぎ景気(8%)や、バブル景気(12%)とは比較にならない高さだった。特に、米国の個人消費バブルは自動車やデジタル家電の大幅輸出増などにより日本の景気拡大を強力に支えた。台湾や韓国など東アジア諸国・地域と共に日本は米経済の恩恵を受けた。

http://mainichi.jp/select/biz/subprime/archive/news/2009/01/2009...

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ