人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

日本において車が鳥のように空を飛べるとしたら,現行法では何が障害になりますか?

空飛ぶ車はすでに今年の春にアメリカで開発されましたが,パイロットの免許と離発着に飛行場を使用することが必要とのことでした.
日本だったらもっとたくさん規制が必要なのかなと思いまして.

●質問者: Ficus_palmeri
●カテゴリ:ビジネス・経営 生活
✍キーワード:アメリカ パイロット 免許 規制 離発着
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 7/7件

▽最新の回答へ

1 ● 耳の人
●5ポイント

これまでの平面的な私有地と公用地という分け方ではなく、立体的な私有空間と公用空間という分け方が必要になるんじゃないですかね。

問題はどうやって区切りを目に見える形にするかですが……。車が飛ぶくらいの未来ならホログラムで投影とかできる?

◎質問者からの返答

現在の枠組みで何が障害になっているかが質問です.


2 ● seble
●20ポイント

形が車だからどうこうではなく、空を飛ぶ以上、当然に航空法の規制を受けます。

要するに航空機と見なされ、市街地での低空飛行禁止とか色々。

http://www.houko.com/00/01/S27/231.HTM

飛行船とか気球とか風船(あの風船おじさんw)とか、形態によらず、空中を飛行する場合は全て航空法に引っ掛かります。

たとえUFOであっても、、、

◎質問者からの返答

航空法ですか.ありがとうございます.


3 ● pahoo
●25ポイント ベストアンサー

sebleさんが回答しているように、航空法の支配を受けます。

とくに、同法第11条の「耐空証明」を得るのが厄介です。しかも、許可が出たとしても、毎年更新しなければなりません。


実際、スカイレジャーで使われているウルトラライトプレーンは、その構造上、耐空証明を受けることができません。

そこで、航空法の例外規定によって「超軽量動力機」というカテゴリを作りだし、これに対して国土交通省が認可を与えているというスキームになっています。

空飛ぶ自動車も、普及させるためには、専用のルール作りが必要でしょう。

◎質問者からの返答

なるほど.ありがとうございます.


4 ● winbd
●25ポイント

航空法の規制を受けるかどうかはその設計によります。

日本の航空法では空を飛べばなんでも規制の対象になるというわけではなく、熱気球などは対象外です。風船おじさんも対象外。


航空法の規制を受けるのは、ヘリコプターのようにプロペラを回して飛ぶものか、飛行機として定められたもの、あとは滑空機や飛行船です。


要するに、飛行機と同じ原理で飛ぶのなら対象ですが、それは飛行機として登録しなければいけませんので、「車」ではなく「車の形をした飛行機」になってしまいます。

車として登録したままだと道路交通法上の不正改造にあたります。

◎質問者からの返答

なるほど.ありがとうございます.


5 ● yofucasi
●25ポイント

超低空飛行なら申請すれば免許もなしに飛行できます。

http://www.mlit.go.jp/onestop/054/images/054-050.pdf

◎質問者からの返答

なるほど.ありがとうございます.

400フィート以下ですか.その世界では単位はメートルではないんですね.

400フィートはだいたい120メートルです.


1-5件表示/7件
4.前の5件|次5件6.
関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ