人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

基本的に本を読むのに、人から勧められた本を読むのではなく、
自ら興味を持った(かつ自分でお金を払って)読むことを人には勧めています。

そして読書をすることは自らの成長に必ず必要なこととも、私自身は認識しています。
しかし本を読む事自体をあまり好んでいない人に対して、本を読ませるための本、もしくは本を読ませるための手法はあるのでしょうか?

基本強制をすることは好んでいないので、
何かいい方法がありましたら教えて下さい。


●質問者: kazuhiko11
●カテゴリ:学習・教育
✍キーワード:お金 認識 読書
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 32/32件

▽最新の回答へ

[1]うーん cymbals6022

「活字離れ」とよく言いますが、読書する習慣のない方というのは、育った家庭に本があまりなかった、という事が多いようです。そうした人に、例えばいきなり「太宰がいいよ」とか言っても、多分読んでもらえないでしょう。


一つの手段として、新書くらいの本から勧めてみる、というのはどうでしょうか。講談社現代新書など、かなり幅広い領域をカバーしていますから、興味のあるものも一つくらいはきっとあるでしょう。


それとはちょっとアプローチが違いますが、比較的書き口がゆるい小説、エッセイなどから勧めてみるのもアリかと思います。パッと頭に思い浮かんだのは、山田詠美の「ぼくは勉強ができない」とか。勿論好みはあると思いますが、やはりまずは、ともかく本を読む習慣みたいなものを付けてもらう事が、その先の読書習慣に繋がるのではないかと思います。


[2]本を読ませる hiroponta

本と言ってもいろいろ種類がありますね。本の効用という本を読ませるのはいかがでしょう?


[3]実際何に興味があるのか pikakoji

その人自身がいま何に興味を持っているのかを考えてあげることがとても重要だと思います。

その上で、ほんとに厚さの薄い本を選んで、まずはプレゼントしてあげるのが良いのではないでしょうか?

はじめは半ば強引にでも本の良さを知らせてあげることが重要だと思いますよ!


[4]興味をもってもらうために pomki_chi

本の紹介雑誌をわたすのはいかがでしょうか?

ダ・ヴィンチ 2009年 09月号 [雑誌]

ダ・ヴィンチ 2009年 09月号 [雑誌]

  • 出版社/メーカー: メディアファクトリー
  • メディア: 雑誌

”とか

現在進行形で活躍されている有名人が

影響を受けた本、好きな本を紹介してくれたり、新刊本の書評が載っています。

尊敬してくれている人が紹介してくれている本とか

話題の本とか

本に興味を持つきっかけにはなるのではないのでしょうか


[5]ためになる本もあれば・・・ nekomanbo56

ためになる本もあれば、読む必要のない本もあるので。

一概に本を読む=何かを得れるわけでもないですし、興味がなければ害と思えてしまう人もいますから。

特に小説は背景が暗いので、無理矢理興味のない人にはとっつきが悪いかもしれません。

その人の興味のある分野から入るしかないかな?


[6]小説であれば短編を薦める sidewalk01

読み終える体験って必要だと思います。中学生の家庭教師をしていたときによくそうしてました。


[7]>6 専門書であれば薄くて内容が分かりやすいものを sidewalk01

内容を理解して自分にプラスになることを実感してもらいたいです。読み始める抵抗も少ないですし。


[8]興味をもったことから読書サーフィンさせる dohgen

ネットで関心のあることは、さらに、じぶんで探しに行きますよね。読書も同じように、興味のあることから入っていって、読む、知る楽しみをわからせることが大事です。


[9]読まない人は読まないよ。 hiko3karasu

流行の、話題の本を薦めるか、

ドラマの原作だからと言って読ませるか。

読まない人ってお話に興味がないんだと思うんだよね。


[10]面白い本 hayato-0130

難しい本を進めても本を読まない人にとっては面白くありません

つまり面白い本を進めるのが良いと思います

ちなみに僕が最近面白いと思ったのは

[○型の説明書]という本です

この本は血液型に分かれて4冊あります

僕はA型なのでA型のしか見ませんでしたが

これが面白いほど当たっているのでびっくりしました


[11]対象が分からないのですが… meizhizi87

私は小学生のころ、毎朝先生が10分くらい読んでくれていて、それで本は面白いと思いました。本はすべて先生が選んでいました。

誰か毎日少しずつ読んであげるのもいいと思います。


[12]読ませようとするより感化させる dabloger

布教じゃないですが、何かを人にさせようと思ったら、強制するよりは感化させるようが効果あるのではないでしょうか。

質問者さんが本を読んでいることが本を読んでもらいたい人に興味深く映るようにしたら、相手は本にも多少興味を示してくれると思うのです。そうしたら本の話を少しずつすればいい。

実際、宗教でもそうですけど、この人は素敵だ、となればその人の話に耳を傾けたくなりますし、そうでなければ立派なことをいっていてもちっともありがたいと思わないです。


[13]映画の原作 seble

からなら入りやすいのでは?


[14]>13 メディアミックス some1

アニメ原作のラノベ。ゲームの小説化など。

映画もアニメも見ない、ゲームもやらないという人の場合は実用書籍とか


[15]読書は手段であって、目的ではない kita_yama

読書は、人生を有意義にしたり、うまくやっていくための情報を得る手段ですよね。

(もちろん、本を読みながら思考すること自体も有益です)

だとしたら、ターゲット(=本を読む事自体をあまり好んでいない人)に必要なのは、

「自分の目標や夢をかなえるためには読書が必要だ」という動機づけ。

なので、kazuhiko11さんにとって必要なのは、

ターゲットの夢や目標を気づかせてあげること。

この場合も、目標を他者から与えられたら意味がないので、

ターゲットが自ら考えてもらうように仕向けましょう。

目指すべき目的地(=夢、目標)がターゲットの中で明確になったら、

「じゃぁ、その夢をかなえるために何が出来るのかな?」

「すでに、その目標を達成した人はどんな生き方をしたのかな?」

などと聞いてあげて、ターゲットを読書に向かわせるのはどうでしょう?

すでに他の方々が書いているとおり、手始めは薄めの本を読んで、

読了の達成感を感じられるようフォローしたいと思います。


[16]>3 興味を引くものが第一 wise10

実際、その人が何を好んでいるのかがわからなければ話になりません。

まずはその辺りを確認してはいかがでしょうか。

また、本を読む気が無くても雑誌や写真集が見られる人であればそういった「見る本」から入っていくことも良いのではないかと思います。

女性だったら大人向けの童話などもありますし。

あとは図書館に連れて行くことですね。

本を読まない人は、自分でお金を払ってまで読む気は無いと思いますのでとりあえず図書館で「気に入った本」を探してもらえばいいと思います。


[17]>3 「本」を読まない人はいない pahoo

「いわし」なので異論を――。


「本を読む事自体をあまり好んでいない人」というのはいないと思うんですよ。

漫画、攻略本、雑誌、フリーペーパーを含めて「本」と呼ぶなら、好き嫌いに関係なく、誰でも「本」を読んでいるはず。


で、その人が読んでいる「本」の話題が共有できて、さらに読書の範囲を広げられるような話ができればいいんじゃないかな、と思います。


[18]本の楽しさを伝える coffeelatte

本を読まない人に、本を勧めても関心をもってくれないのと同様、

本に関心がない人に関心を向けさせるのは非常に難しいと思います。

地道な作業ですが、「本の楽しさ」「本の有益さ」を少しずつ

伝えていくしかないのでは?と思います。

やり方を間違えると、ウザいと思われそうですが・・・(苦笑)


[19]「独断流「読書」必勝法 」 清水 義範/西原理恵子 age18m8

我が家のトイレに置いてある1冊をご紹介します。

名作の概要がさらりと面白く書いてあるので、興味の沸いた本は読んでみようと思うかもしれませんね。

各章にある西原理恵子の挿絵漫画が最高です。

**************

「独断流「読書」必勝法」

清水 義範 著

西原 理恵子 え

(ビーケーワンでの内容説明)

面白くって、ためになる、最強の読書案内。

「坊ちゃん」「ロビンソン・クルーソー」「伊豆の踊子」など、古今東西の名作を、清水義範と西原理恵子が独断的読書バトル。

名作を読んでなくても面白い、必笑の一冊。


[20]>16 興味はもちろんですが・・・ tdoi

質問者さんがなぜ「本を読まない人に、本を読ませたい」のかではないでしょうか?

部下に知識をつけてもらいたいと思っているのか?

読書という素晴らしい習慣を世の中の人に知らしめたいと思っているのか?

出版業界でお仕事をされていて新しいセールスの方針を検討しているのか?

それらによって、だいぶ違うと思います。


[21]>16 その人がどういうものに興味を示すかですね goldwell

私の妻に対して行った方法を例にあげます。


ある小説がすごく面白かった場合は、自らその作家のほかの作品を読みたがるようになりますね。もっとも東野圭吾とか宮部みゆきのような万人受けする作家なんですが。


[22]>20 ですよね haibara557

質問者さんと「読んでほしい人」との関係によって、

ある程度強制的に薦めたほうがいいか、

あまり薦めないほうがいいかが、

違ってくると思います。

まあ、読んでほしいけれども、強制はしたくないというのであれば、

その本の内容を話題にする、その方面に興味を抱かせる、といった

緩やかな方法が残るのではないでしょうか。


[23]私は・・・ sayapa429

私は自分の好きなアニメの小説版などを買って読んでいます。

小説とアニメは若干話が違うので、同じお話を別々に楽しむことができます^^


[24]>7 本を読むことのへの抵抗感 adgt

ある人にはあるから、読みやすいものから読んだ方がいいかも?


[25]「わからなくってもいい、触れるだけでも」 otayori

私の場合、苦手だったのが文芸ですが、↑のようにアドバイスされました。

しばらくいくつか触れてみて、読解力が上がったのに気づいたとき感動しました。


[26]頭が良くなる音読 mododemonandato

音読すると頭が良くなると言う。

斎藤孝もおすすめだ。

声に出して読みたい日本語

声に出して読みたい日本語

  • 作者: 斎藤 孝
  • 出版社/メーカー: 草思社
  • メディア: 単行本

子ども版 声に出して読みたい日本語 1 どっどど どどうど 雨ニモマケズ/宮沢賢治

子ども版 声に出して読みたい日本語 1 どっどど どどうど 雨ニモマケズ/宮沢賢治

  • 作者: 齋藤 孝
  • 出版社/メーカー: 草思社
  • メディア: 大型本


[27]>22 自分で”お金を出して”読んでほしいのなら。。 nakki1342

相手に読んで欲しい本でなく

相手の方が興味あるものじゃないと

まずその人がお金を出して読むなんてことは

ありえないと思います

(自分ならそうだから)

もしかしたら質問者に

読んで欲しい本があるかもしれないけれど

お金を”出させる”のだから

押し付ける事はまずやめて欲しいですね

私なら嫌悪感をおぼえると思います


[28]読書に意味を与えてあげられるかが重要 mogyu326

必要性がある、もしくは興味がある分野から入るのは誰でもそうだと思います。そこから読書の楽しみ・意味を見つけられるかが重要です。

意味を見つけられないのに興味があるから読んでるだけでは、それは興味に読書を強制されている状態です。よっぽど興味があるものしか読まないでしょう。

読書にはいろんな意味があります。

・情報が得られる

・想像するのが楽しい

・同じ本を読んだ人と意見交換ができる

・達成感がある

・褒められる

などなど

こういった意味を相手に感じとってもらうために、まず興味があるものから読んでもらうっていうのはありだと思います。

あとは、読んだ後に話しでもして上記のような、読書の意味を再確認してもらいましょう。

「こういうことが分かったね。」

「ここでワクワクしたよね。」

「こんなに読んだんだ。すごいじゃん」

みたいな感じで。


[29]まずはその子の好きな内容 abububu03

私も本を読むのがきらいでした!

でも、ある日本屋さんで漫画のほうを買おうとしたら

表紙もかわいくて、私的に好きな内容でした。

たいてい漫画しか買わない漫画私は

それに興味をもち、買って帰りました。

そしたらとてもおもしろくて、続きを絶対に買うようになりましたね^?^

そこから小説が好きになってきました。

ちなみに私は漫画家になりたい!っていう主人公のお話がすきでした!(絵を描くのが好きだから

つまり、私は絵を描くのがすきで、漫画家とかの内容の本に興味がある

少し乙女チックな女の子ならお姫様が主人公の小説(実際にありますよ)

などなど、

長文すみませんでしたっ


[30]マンガ本でもいいと思うけど masatsubame

と書いている自分は子供の時はマンガ本さえ読まなかった。今は年100冊読んでいる。この夏は高杉良の経済小説に挑戦中。


[31]>28 本を読むことの楽しさ haibara557

本を読むことの楽しさ、喜び、面白さ、有効性などを感じていなければ、

読書は苦痛なものになってしまいますよね。

なので、読書の楽しさなどを教えてあげたらいいかもしれないです。


[32]待ち合わせの場所を書店にする haibara557

いつもは喫茶店などで待ち合わせているとしたら、

思い切って、大型書店などで待ち合わせてみましょう。

これなら、読書を強制することにはなりませんからね。

何万冊もの本を目の当たりにすると、1冊くらい読んでみようかなと思うことになる……はずです!

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ