人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

パッケージ写真や広告写真の近くに、よく「写真はイメージです」と書いてあります。「イメージ」といえば即座に「画像」という言葉が思い浮かびますので、「写真は画像です」と解釈してしまいます。なんか変ですね。

●質問者: qwerty
●カテゴリ:ネタ・ジョーク
✍キーワード:イメージ パッケージ 広告 画像 解釈
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 37/37件

▽最新の回答へ

[1]変か? chibitomo

イメージは画像ではなく

心像。心に思いえがいた像。心的

などの意味があります。


[2]私の場合は n_w_s

イメージ=印象、てなとらえ方をしてます。


[3]>1 イメージ=心象 pahoo

「イメージ=画像」ではないので、違和感は感じません。

大辞林によれば、イメージの意味は下記の通り。

[1] 心の中に思い浮かべる姿や情景。心象。形象。イマージュ。

[2] 心の中に思い描くこと。

[3] 〔専門〕 心 目の前にない対象を直観的・具体的に思い描いた像。


[4]なんか変。 k-y_w

人それぞれなんでしょうけど、俺は

イメージ=画像 は無いと思うというか、俺的につながってないと思う?????。

イメージ=心の中に思い浮かべるもの

画像=絵に描かれたもの

って俺は思う。

「写真は画像です」←なんか変ですね。


[5]>3 英語圏の方々が画像を指す場合 Reiaru

picture

photograph

portrait


等を用いている気がします。

私の IME 辞書による変換では、確かに「がぞう」→「image」と変換されますが…。


時間があれば英語圏の方に聞いてみたいと思いますが、どう質問していいのかが難しいですね(笑)


[6]要は真実ではない、そのとおりではないってことなので、 mamimi1015

写真は画像(それ自体)です、という捕らえ方でもいいんじゃないの。


[7]あいまい用法 some1

確かに印象とか心象って意味もimageにはありますけど、誤魔化しっぽい感じはしますよね。

要は「真実とは違います」って話だけど、そうは書かないって事で。

ただ一方で「写真は「心象」です」って言う方がわけわかんないし。

日本語なりのあいまい用法って感じですね。


[8]>5 和訳はpicture pahoo

imageには「画像」のニュアンスはありません。


新グローバル英和辞典プログレッシブ英和中辞典Webstersのいずれでも、「画像」という意味は登場しません。

コンピュータ用語としては「画像」の意味で使うようです。


[9]私の場合は meizhizi87

イメージ=理想、うまくいった場合、てな感じです。


[10]まあまあ miyupie777

「バリュー価格(=価格+価格)」なんてのもありますし、変だけどすでに世間に浸透しちゃったものはあえて追求しないであげてくださいませ。


[11]>8 ええ、日本では昔から Reiaru

「○○をイメージする」という使われ方をしていますよね。

画像をイメージと称する様になったのは、本当に近年の PC 業界においての話である様に思えます。


しかし、「このイメージを加工して」ではやはりまだまだ違和感があります。

これから変わっていくのでしょうかね、私には何とも言えない所です?。


[12]確かに tunamushi

写真は画像ってその通りですね。

私は想像を思い浮かべます。写真は想像です。なんだかなぁ?。


[13]>11 頭や心の中に思い描くもの nink

それがイメージ。

画像って言うのはは、ピクチャーとかフォトでは?

頭の中に思い描いたものを、現実に表現しようとすると「画像」というものになるのではないでしょうか


[14]PC 業界 qwerty

質問主です。

プログラマをやっていました。画像処理(image processing)をやっていたので、「イメージ=画像」が第一義になってしまいました。「心象」とかは、そういえばそんな意味もあったっけ、という感じです。

画像処理プログラミングでも、画像オブジェクトは、たいていImageクラスだし、Pixelの集合体がImageというように理解しているので「このイメージを加工して」というのには、違和感はないです。

http://eow.alc.co.jp/image/UTF-8/?ref=sa


[15]>13 変ではないと思います haibara557

写真はイメージです。

写真は想像です。

想像でこんなん作ってみました、

ってことでしょう。

例えば、ラーメンに何を入れるかは自由だけど、卵とねぎと豚肉を添えたらいいかなと想像(イメージ)して、

こんなんでけました、パシャ!

ってことでしょう?


[16]>15 ここで言うイメージの意味は「画像」とは違いますね。 miraa

imageではなく、(日本語の)イメージの方には、画像という意味もありそうです。

もし無くても、パソコンの世界では普通に使うようになっています。


でも、ここで言う「イメージ」の意味は、「心象」という言葉に近い意味だと思います。


[17]>16 簡単に言えば t95517

頭の中にあるものじゃないですか


[18]>2 これでいいのでは? dohgen

慣用として使われている表現なので、全く問題ないのではないでしょうか。


[19]考え方による http4799

パソコン界では「イメージ=画像」、

普通に考えると「イメージ=想像」です。


[20]イメージ=画像 http4799

パソコン界で「JPEGイメージファイル」というのですから

イメージ=画像。


[21]>18 だったら t95517

そこまで気にするほどのことでもないんじゃ


[22]*.ISO t95517

たしかこれもイメージだったような


[23]色々な使い方 fuk00346jp

[24]別に変じゃないよ wolf49

イメージ=必ずしも画像ではないですから。


[25]イメージ sayapa429

私は商品の画像にだまされた事が何回もあります^^;

写真=イメージ と認識してしまいますよね・・・


[26]>17 英語圏でも、imageを画像と解釈するのはIT業界だけ australiagc

既出ですが、pictureとかになりますね。動詞のimagine=「想像する」ですし。ただし、昨今のコンピュータの普及で、デジタルデータに限っては日本同様image=「画像」と解釈する人は増えてます。


[27]イメージなんていうのは画像です guffignited

偉い人にはそれがわからんのです!


[28]参考例 qwerty

質問主です。

同様の疑問を持った方々のサイトをメモしておきます。

http://soireecheztoi.blogspot.com/2009/01/blog-post_9172.html

http://nlogn.ath.cx/archives/001115.html


「写真は参考例です」なら、言いたいことが素直に伝わると思います。


[29]>26 文脈を読みましょう haibara557

確かに、パソコン用語では、イメージ=画像という意味があるそうですね。

ただ、文脈を読みましょう。パソコン関連で「写真はイメージです」と使われているでしょうか。そうではないと思います。

ということは、イメージは一般的な意味である「想像、心象」となります。


[30]>28 写真はイメージ≠写真は参考例 pahoo

たとえばニュース映像で、「映像はイメージです」というテロップを「映像は参考例です」としたら、明らかな誤報です。

ご紹介いただいたリンク先を読みましたが、imageとreferenceとでは意味合いが異なります。


私もIT屋ですが、仕様書・設計書に画像例を掲げるときには「参考画像」と明記し、「イメージ」と記すことはありません。


[31]>30 is a qwerty

質問主です。


「イメージする」のようにサ変動詞で使われた場合は、文脈から、「想像する」という意味が明白に導かれますが、

名詞として、特に is a の右側にimageが現れた場合に、{心像|参考}と解釈することに、とても違和感を覚えます。

もはや「写真はイメージです」という文全体が、原文の意味が風化した定型文のように思えます。


ちなみに The image of xxxxx の様な用法では、心象を述べる文になることが多いようです。


http://eow.alc.co.jp/image/UTF-8/?ref=sa

↑でimageを画像と解釈する熟語や例文が大量に出てきます。


ニュース映像で使うなら、「証言に基づいた再現映像です」のような書き方が、わかりやすくていいと思います。


「参考写真」はいいと思います。「調理例」とか「サンプル画像」とかでもいいです。


私はどちらかというと、写真のそばにイメージとか書かれるより、パッケージの隅に「写真は実物とは異なる場合があります」のように、説明的に書かれるのが好みです。ひどいのになると「※イメージ」とだけ書かれていて、一瞬「は?」と思います。


[32]これもおかしい事になってしまいますが…? Reiaru

【○○をイメージして設計する】は【○○を画像して設計する】なのでおかしいと言っている様なものです。


ところで、imagination (想像力) という単語がありますが、この元々の語源はどうなのでしょう。

私は image から来ているのだと思っていたのですが。


[33]Imagine mododemonandato

イマジンは絵を書けと歌っているのか?

http://www.youtube.com/watch?v=okd3hLlvvLw


[34]>32 想像 qwerty

そのような all or nothing 的な極論を言っているのではありません。


動詞として使った文脈において「想像する」という意味になることに異論はありません。

名詞として、とりわけ学術系の用途では「画像」という意味で用いられることが多いと思います。


調査( http://q.hatena.ne.jp/1251163536 )によれば、約27%の方が、イメージ→画像を想像すると回答しています。

しかしサ変動詞で使えば、想像の意味になるのは誰にとっても明らかだと思います。


あらためて「写真はイメージです」を直訳したとき、

・写真は画像です。

・写真は心象です。

どちらにしても、しっくり来ないと思いませんか?

ひどいものになると「※イメージ」とだけ書かれていて、訳がわかりません。

「写真は実物とは異なる場合があります」のように説明的に書くのが、

わかりやすいし、日本語として洗練されていると思うのです。


[35]>20 image→??? http4799

イメージといえども考え方はいろいろです

??? 何とも言えません


[36]「写真はイメージ写真です」の省略から mogyu326

ペンが黒いことを言う時、「ペンは黒のペンです」とわざわざ言わなくても、「ペンは黒です」とか「これは黒です」と言えば通じます。後者の「ペン」という言葉が省略されたわけです。これは文脈・その場の雰囲気でペンのことを言っていることが分かるからです。

「写真はイメージ写真です」と言う時、

広告を見せられて、そこにあるのが写真ということが分からないわけはないですから、「写真」という言葉は省略されます。

みなさんが言うとおりの、イメージ=想像・心象 という解釈は残したままです。

すると、「写真はイメージです」となり、これだけで「写真は想像の写真です」という意味をあらわせるようになります。

このような用法が通例となり、

そこで意味が転じて、イメージが画像という意味にとらえられるようになっていったと思います。

質問者さんの違和感は、イメージ=画像を前提にしているからだと思います。

写真と画像という言葉の違いには言及していません。写真が画像にもなるし、画像が写真にもなるので。

とりあえず、写真=画像として考えました。


[37]>31 あえてあいまいな表現に… haibara557

image

【名】

イメージ、画像、像、映像

〔実物から受ける〕イメージ、印象、心証

〔現実にはない〕心象、イメージ

彫像、銅像、肖像、像

面白いことに、上の引用に、日本語のところに「イメージ」と何度も出てきていますね。

要は、imageは日本語にしにくい単語ということでしょう。

つまり、imageは、さまざまな「像」を意味するわけです。

平面的な「画像」、立体的な「彫像」、心のなかの「心象」などなど……。

非常にあいまいです。

「写真はイメージです」という、あえてあいまいな表現にすることで、

突っ込まれた時に企業等が言い逃れるためのものと思います。

厳密に、「写真は実物とは異なる場合があります」などとすると、

何かいいわけがましくなりますからね。

そういう意図が隠れているのではないでしょうか?

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ