人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

後期高齢者・男性です。特に病気なし。ところが最近、足元が何か心もとなく思える。また何か不安定気味と
訴えます。
もちろん老化だと思うのですが何か病気の前兆のようなものは考えられますか?。
また簡単な運動か何かで進行を止めるようなことは出来るでしょうか。教えてください。

●質問者: axwgt
●カテゴリ:医療・健康
✍キーワード:不安 後期高齢者 男性 病気 運動
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 2/2件

▽最新の回答へ

1 ● dohgen
●35ポイント

歩くこと、動くことをおすすめします。不安、心配が、やがて動かなくなり、本当に動けなくなってしまうことが多いからです。歩くことになって、心肺機能がよくなり、血の巡りがよくなるからです。庭しごとはすきですか。そうじはすきですか。食事はじぶんでつくれますか。動いていて楽しいと感じることから始めましょう。動くことなら、なんでもいいんです。好きなことを、動くことに取り入れましょう。

◎質問者からの返答

ありがとうございます。


2 ● らいず
●35ポイント

パーキソン病などの可能性はゼロではないかもしれません。

http://www.amahosp.amagasaki.hyogo.jp/nanbyo/parkinson.htm

ただ、基本的には健康な方ですので、そんなにひどくなければおそらくその可能性も少ないでしょう。

老化による筋力の低下は、普段 運動や畑仕事などをしているわけでなければ、起きるものです。

無理のないところで、ウォーキングなどをしてみたり、プールで水中ウォーキングなどをするのもいいと思います。

ストックウォーキングなんかは、膝などへの負担もある程度軽減できるので、お勧めです。

http://www.sticks.jp/html/

ただ、あまりにも不安要素があるようでしたら、一度お近くのかかりつけ医院などを受診してみたらどうでしょうか?

◎質問者からの返答

ありがとうございます。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ