人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

交通事故にあいました。当方歩行者で、相手は自動車です。
首を痛め、仕事への復帰が少しの間できそうにない状況です。
会社員の場合は、会社に出られない分の給与が保険で補填されるようですが
私は会社の役員で、役員報酬のためその分は補填されないようです。
確かに給与自体は変わりませんが、私自身も営業マンをしており、出社できない分
会社の売上げがマイナスになっております。
こういったケースの場合、保険等でマイナスを埋め合わせる方法はありませんでしょうか。

●質問者: janagida
●カテゴリ:ビジネス・経営 経済・金融・保険
✍キーワード:あい マイナス 交通事故 会社 会社員
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 6/6件

▽最新の回答へ

1 ● goog20090901
●20ポイント

慰謝料として請求すればどうですか?

自動車保険の適用はできないと思いますが、相手に請求することはできます。

>会社の売上げがマイナスになっております。

会社の売り上げがマイナスになることであなたの何かがマイナスになるか?ですね。

たとえば株主なら、配当が減るとか、次年度の役員報酬が減るとか・・。

◎質問者からの返答

慰謝料ですね。考えて見ます。ありがとうございます。


2 ● hatesaki
●40ポイント ベストアンサー

専門家ではないですが、実体験としてです。

自分の生家の家業を手伝っていた家内が、居眠り運転者の事故にあった時には、事故にあったために被った営業上の不利益を算出して出してくれと保険会社から言われました。

家業で配偶者控除対象のため給料としての証拠もなく、売り上げ等の実績等から算出してリストを渡しました。

結局、それは全額認められ、それに慰謝料が加わって示談となりました。

慰謝料はこちらで提示したものに上乗せされて、今後訴訟等をしないという約束でした。

その時、保険処理の専門である担当者からいろいろ聞いたところでは、外傷がなく検査でも出ない本人だけの「むち打ち症状」が困るということでした。私のところは、外傷があるものでしたので問題なかったですが、「首」という点で交渉が長引くかなと思ってしまいます。

さて、事故前と事故後の営業上の不利益の証拠が提出できれば、問題ないかと思います。税務署等とは全く関係しないので、正直に申告してくれと担当者から言われましたので、受けた損害額そのまま出せば良いと思います。

役員報酬というのがどういうものか不明ですが、私でも賞与等が欠勤によって減額される場合も対象となると聞いた覚えがあります。

その金額と提示した慰謝料が、担当者が算出した妥当金額程度なら示談がすぐ成立して支払ってもらえます。

保険会社の担当者と充分に話し合うことと、不明点はとことん聞くこと、話した内容を文書化することが重要だったと記憶してます。

◎質問者からの返答

貴重な体験談ありがとうございました。かなり近い状況で、非常に参考になりました!


3 ● 防犯屋店長
●40ポイント

大変お気の毒でした。私も身内に同様の経験をした者がおりますので、アドバイスさせて頂きます。

交通事故の際、加害者側の保険会社に対して損害額を計算して請求する事になりますが、一般的に会社役員は「休業損害額」を請求しても棄却される事が多いようです。「休業損害」は、「交通事故の怪我によって仕事が出来なかった」=「収入が減った」として、休んだ期間の給与を計算して請求する訳ですが、役員報酬の場合は「役員報酬なんだから、出社してもしなくても収入は変わらないでしょ」という考え方が根幹にあります。

janagidaさんが役員報酬以外に、営業成績次第の歩合給的なものを支払われていたのでしたら、それを証明出来る書類を用意して下さい。大体は加害者側の保険会社から指定書類を貰えるはずです。もちろん、お医者様の診断書も必要です。

もしもご自分の歩合給的なものではなく、「janagidaさんが働けなかった事で会社の売上が下がった!会社からも加害者に損害賠償請求をしたい!」という事でしたら、まずこれは通りません。なぜなら、役員が不慮の事故等によって働けなくなった場合にどうするか、というリスクコントロールの責任は会社に求められるからです。ただし、漫画家等の会社と被害者がイコールと見なされるような場合は、損害額を請求出来るケースもあるようです。

もうされていると思いますが、まだであれば、ご自分が加盟しておられる保険会社の担当者に連絡して、保険会社の顧問弁護士の方を紹介して貰って下さい。弁護士といってもそれぞれ得意分野があって、交通事故を専門に扱っている弁護士さんでなければ、的確なアドバイスはして貰えません。若干費用はかかりますが、ご自分で加害者や保険会社とやり取りするのは、結構精神的にキツイ面もあります。代理人がいると何かと助かりますよ。

以上、長文の上に色々勝手な事を申しまして失礼しました。突然の事故に遭い、お体だけでなく、精神的にもさぞ気落ちされた事と思います。

そのような時にあれこれと書類を用意するのは本当に大変ですが、これから良い事もきっとあると思います。頑張って下さいね。

◎質問者からの返答

なるほど。「役員が不慮の事故等によって働けなくなった場合にどうするか、というリスクコントロールの責任は会社に求められる」というのが抜けているかもしれません。ここは確かに大事なところですね。この事故でいい勉強になりました。幸い体の方は快方に向かっており会社的には大丈夫かと思っています。大変参考になりました。ありがとうございます。


4 ● IlO10l0Il
●20ポイント

仕事が出来なくなったのなら、「その期間に怪我をしなかったら貰えていたであろう金額」を民事訴訟で請求することが出来ます。

しかし会社の売り上げ減を補填させることは出来ません。

◎質問者からの返答

民事訴訟という手があるんですね。参考にします。ありがとうございました!


5 ● suppadv
●20ポイント

休業損害として認められるはずです。

http://www.jiko110.com/contents/news/news/index.php?pid=&id=1242...

◎質問者からの返答

多くの具体例があり参考になりました!ありがとうございます!


1-5件表示/6件
4.前の5件|次5件6.
関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ