人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

「るりはた」瑠璃羽太 と呼ばれる魚の由来についてご存じですか?
名前がつけられた歴史とか、日本人とこの魚とのつきあいなど。
瑠璃色って最高の青色。そんなにきれいな魚と思われていたんでしょうか。
またいつ頃からなんでしょうか?

●質問者: nishiya9
●カテゴリ:芸術・文化・歴史 科学・統計資料
✍キーワード:あい きれいな 名前 日本人 歴史
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 2/2件

▽最新の回答へ

1 ● suppadv
●35ポイント

瑠璃色のハタと言うことで、ルリハタという名前がつきました。

羽太は、ハタ科のハタの当て字です。


上のURLの左の写真や下のURLの写真を見ると、瑠璃羽太という名前になった理由がわかると思います。

瑠璃色の出方は、色々のようです。

http://fishing-forum.org/zukan/mashtml/M000476_1.htm

http://sakana-mania.com/zukan/shurui/hata/ruri_hata.htm


こちらのサイトも参考になると思います。

転載禁止になっているので、URLのみを紹介します。

http://www.zukan-bouz.com/hata/sonota/rurihata.html



グラバー図譜に載っています。(明治末から昭和初期までの約25年の間に、倉場富三郎(Thomas Albert Glover)により編纂された長崎近郊の魚類図鑑です。)

命名者は倉場さんとなっています。

http://oldphoto.lb.nagasaki-u.ac.jp/GloverAtlas/target.php?id=25...


2 ● afurokun
●35ポイント

和名は体色に由来。

http://necon.blog38.fc2.com/blog-entry-477.html

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ