人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

約100ナノメートルの大きさのインフルエンザウイルス、また1?5ミクロンという大きさの細菌類、
これらが人体に侵入するのは主にどういったところからでしょうか教えてください。


●質問者: axwgt
●カテゴリ:医療・健康 科学・統計資料
✍キーワード:インフルエンザ ウイルス ナノメートル ミクロン
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 8/8件

▽最新の回答へ

1 ● gotovip
●30ポイント

侵入経路はこの通りですね

ウイルスが体内に侵入する経路も決まっている。口、鼻、肺、肛門、生殖器、目が主な経路で、その他、医療行為や蚊、狂犬にかまれるといった「傷」がある。


細菌についてはウィルスのほうが小さいため、ウィルスが進入できるなら細菌も進入できると考えてよいでしょうね。

http://www.lap.jp/lap1/nlback/nl16/nl16-1.html


ちょっとコラム

新型インフルは侵入しやすい形状に進化している模様です。

http://e-shizai.jp/bulletin+index.page+article+storyid+9.htm

◎質問者からの返答

ありがとうございます。ただ「ウイルスの体内への侵入経路も決まっている」という点について

列記してある部位などがどのようにして「侵入経路」として特定されたのか、」という点をさらに

知りたいところです。ある医者によれば、首筋の背中側から入り易い、という話もあり微妙な点に見えて

きます。


2 ● goog20090901
●5ポイント

口からです。

◎質問者からの返答

ありがとうございます。


3 ● bg5551
●5ポイント

口や鼻が主ですが、細菌などは傷口や目などからも

感染します。

◎質問者からの返答

ありがとうございます。その細菌よりさらに段違いに小さいウイルスの場合、体中何処からでも体内には

入ることは出来ると考えられますがどうでしょうか。


4 ● idetky
●15ポイント

微生物の進入経路ですが、

(1)傷口

(2)粘膜

の二種類です。

大抵のウィルス感染は粘膜を介して行われます。

インフルエンザ、ノロ(消化器も一種の粘膜)、HIVなどなど。

また、細菌類も粘膜から進入するのもありますが、

(溶連菌など)

基本的に皮膚の上などの傷口から進入します。

◎質問者からの返答

ありがとうございます。


5 ● rsc
●30ポイント

こちらは参考になるでしょうか。インフルエンザの場合、目、口、鼻などの粘膜からとよく言われています。手洗いが感染防止に役立つというのは、風邪などの場合、飛沫感染よりも、ドアノブなどを触った手で、目、口、鼻を触って感染する場合が多いからだそうです。

●インフルエンザとは [感染経路]/インフルエンザ/感染と予防Web

http://www.kansen-yobo.com/influenza/kansenkeiro.html

○予防対策 (2)手洗い/インフルエンザ/感染と予防Web

http://www.kansen-yobo.com/influenza/tearai.html

●感染経路 - Sting & Billie

>人間の側から見ると、病原体の侵入経路は皮膚、呼吸器、感覚器、消化器、泌尿器、生殖器の六つしかない。

>どうしてこの六つの器官が病原体のターゲットになるかというと、理由は簡単明瞭で、この六つの器官は、すべて人間と外界の境界になっているからである。

http://d.hatena.ne.jp/sting/20090415/1239780699

●感染経路別予防策

http://www.kankyokansen.org/other/edu_pdf/03.pdf

●感染経路

http://contest.thinkquest.jp/tqj2000/30302/keiro.htm

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%84%9F%E6%9F%93%E7%B5%8C%E8%B7%A...

◎質問者からの返答

ありがとうございます。

外界と接しているところはすべて侵入の可能性として考えるということは

至極、自然ですが、ではウイルスを通すさない完全なマスクをしていても、その周囲の額、頬、首、耳たぶ

といったところではウイルスの大きさよ何倍ともある広さの汗腺、毛穴といった侵入口が開いている

わけでマスク万能のような現在の考え方には矛盾が考えられることになりますが?

この辺りどう考えればよいのでしょうか。


1-5件表示/8件
4.前の5件|次5件6.
関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ