人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

英語のリスニングの質問です。
きれいな英語はだいたい聞き取れるのですが、電話でアジア圏の人の英語を聞いていて、ほとんど意味が取れません。
どんな訓練をすれば聞こえてくるようになるのでしょうか?壁にぶちあった感じです。
できるだけ、体験をまじえて効率のよい方法を教えてください。

●質問者: RON
●カテゴリ:学習・教育
✍キーワード:きれいな ほと アジア リスニング 英語
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 3/3件

▽最新の回答へ

1 ● bluebeach
●35ポイント ベストアンサー

仕事で、英語を使っているものです。

母国語が英語でない人達の英語は、だいたい本人達の母国語の影響を強く受けているので、リスニングが難しく感じられることが多いと思います。個人的には、香港、フィリピン、インド、ロシアなどの英語がとても癖があるように感じられます。

「慣れる」ことが一番だと思いますが。アジア出身の人と英語で会話をするなどして、彼ら独特の英語発音や癖を知るようになると今よりかは聞き取れるようになるかと思います。私自身そうでした。あと、私は、その国の日常会話を少し勉強するようにもしました。そうすると、彼らの英語の癖がでる理由がわかるので、似たような言葉や文字列の発音が聞き取れるようにもなりました。

英語といえども、各国、それぞれ異なった、癖があるのでご苦労させると思いますが、一度試してみてください。

http://www.google.com

◎質問者からの返答

「その国の日常会話を少し勉強」をどうやったのか、もう少し知りたかったです。広東語、ダガログ語、ヒンディー語、ロシア語をすべて勉強されたのでしょうか?


2 ● mododemonandato
●5ポイント

You please talk precisely more slowly.と言う。

http://www.kk.iij4u.or.jp/~j21/lesson3.html

日本的なつつましさとか、相手の機嫌をそこねないようにしようという気配りは不要です。

少なくとも50%は聞き取れない英語を話す相手の方も悪いのです。

聞き取れない言葉に対しては、はっきりそう言えばいいのです。


ネイティブなアメリカ人とイギリス人でも、なまりがきつくて相手の話が聞き取れないという事があります。

国によってなまりが出てしまうのは、どうしようもない事です。

それら一つ一つのなまりに対応した聞き取り能力を身につけるのは、専門の学者でも不可能な事でしょう。

現実的な対応策は日本的な気配りなどは止め、相手にはっきりそう告げる事です。

◎質問者からの返答

日本人の慎ましさといった精神論を求めていません。私は相当にずぶといほうです。

今回の質問の背景は、現実問題として各国の人の集まった電話会議でほぼ全員、会話が成立しています。そこで50%くらいしかわからない自分の耳をトレーニングする方法を尋ねています。

お答えいただいている方はアジア圏の国際英語という現実を見ていなのではないか、と思います。ネイティブが聞き取れないから駄目英語という考え方は捨てるべきです。それこそ日本人英会話道の弊害のひとつです。

私もよほどひどいなまりなら、聞き直しますが、自分の実力のなさというのも認識している上での質問です。


3 ● fuentebella
●40ポイント

やはり一番の方の回答と同じように、その国の人に共通する英語発音の癖の法則を自分なりに見つけることと思います。


日本人の英語が、l/rがまぜこぜだったり、子音で終わる単語なのに余分の母音をつけたり(stopをsttopu)というような傾向があるように、韓国人の方の英語は(私の耳には)f/p t/dがまぜこぜに聞こえたり(difficult -> tippiculの感じ)、フィリピンの方は、rに特徴があるのと、母音がぐにゅっと伸びるように聞こえることがあります。


私の場合は、自分なりの法則を見つけ出してから 聞き取りが楽になりました。


質問者の方のように会議中の時間で数カ国の方の癖の法則を難しいと思われますので、youtubeなどで

他の国の方の英語のビデオを検索されるのも一つの方法かもしれません。


---

癖のない聞きやすい英語しか見つかりませんでしたが。。。

フィリピン:

http://www.youtube.com/watch?v=EFY4J3Xo0IY&feature=PlayList&p=48... (アロヨ大統領 -時々タガログ語で話しています)

http://www.youtube.com/watch?v=WX9ysynaIq0 (故アキノ元大統領)

中国(香港)

http://www.youtube.com/watch?v=x3Zjc0PmAao (ジャキー・チェン)

あと少し面倒くさいですが、アジア圏の方が英語を話しているyoutubeなどの映像から音声を取り出して、さらにビットレートを落としたものに加工して 電話会議に近い音質で聞くのも「訓練」になると思います

◎質問者からの返答

あー、Youtubeを使うって方法がありますね。教材がないことに悩んでいました。

ありがとうございます。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ