人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

給料の振込みは
会社指定の銀行にできる?

会社を経営しており、ある信用金庫から融資を受けています。
そこと付き合いを深めたいので
従業員の給料をその信用金庫に振り込みたいです。

そのような事はする法的な権限が会社にありますか?
一般的にはどうなんでしょうか?
もちろん従業員にはお願いをするという姿勢で説明をしますが、
法的根拠があるとないとで話の持って行き方を変えないと行けないので。

よろしくお願いします。

●質問者: huruta
●カテゴリ:ビジネス・経営 経済・金融・保険
✍キーワード:会社 信用金庫 姿勢 経営 給料
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 9/11件

▽最新の回答へ

1 ● ラフティング
●16ポイント

http://q.hatena.ne.jp/1166709384


2 ● kn1967
●16ポイント

大阪労働局:(第24条)賃金の支払い

賃金は、通貨で、全額を、労働者に直接、毎月1回以上、一定の期日を定めて支払わなければなりません。

一定の条件 (1.労働者の同意を得ること、2.労働者の指定する本人名義の預貯金口座に振込まれること、3.賃金の金額が所定の支払日に払い出し得ること)を満たせば、金融機関への振込みにより支払うことができます

上記のとおり、ご希望とはまったく逆に労働者側に決定権があります


3 ● AND0
●16ポイント

法的根拠はわかりませんが、妻の勤務先は銀行が指定です。

口座を持っていない人は口座開設もさせられます。

労働契約に「給与の振込は、雇用者の指定する銀行の口座とする」という一文が入っていました。

新規雇用者はこれで問題なく指定できると思われます。

現在の従業員には理由にならないかもしれませんが・・・


4 ● seble
●16ポイント

賃金支払いについては、全額を直接労働者へ払う事を労基法で義務付けていますが、例外として銀行振込も認められています。

http://law.e-gov.go.jp/htmldata/S22/S22F03601000023.html

7条2

ただし、あくまで支払い「義務」が使用者にあり、労働者が認め、指定した金融機関に限ります。

ですから、会社が金融機関を強制的に決める事はできません。

お願いするしかありません。

また、当然ながら、現金が欲しい、と言われたら現金を用意する「義務」が会社にあります。

よく問題になるのが退職後ですが、労働者へ会社まで取りに来い、とは言えません。

もし、話がこじれて振込を拒否された場合、労働者が居る場所まで持って行かなければなりません。

例え、宇宙ステーションでも、、、w


5 ● azuco1975
●16ポイント

明確な法的権限はありませんが、違法ではありません


1-5件表示/9件
4.前の5件|次5件6.
関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ