人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

CentOSで運用しています。
postfixを使用しているのですが
netstat -aln など(オプションは複数試しました)
でPOP3のlistenを確認できないのですがnmapで
ポートの空きを確認すると110番ポートが空いています。

これはどういう現象なのでしょうか。
netstatが確認できなくてもPOP3がlisten
しているということなのでしょうか。

使用していないのでポートを閉じたいのですが
どうすればよいかご教授いただけますでしょうか。

●質問者: yoichi111
●カテゴリ:コンピュータ インターネット
✍キーワード:CentOS netstat POP3 postfix オプション
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 1/1件

▽最新の回答へ

1 ● yoshifumi1975
●60ポイント

CentOS だと、Postfix はSMTPサーバーなのでポート25とか、587を使っているはずです。

ポート110は、Dovecotとかですね。Postfixとは関係ないです。

例えば、以下のような感じでdovecotが、ポート110を使っているのを確認できますよね。

[root@localhost ~]# netstat -lanpt
Active Internet connections (servers and established)
Proto Recv-Q Send-Q Local Address Foreign Address State PID/Program name 
〜中略〜
tcp 0 0 :::110 :::* LISTEN 30580/dovecot 
〜中略〜

以下のコマンドの結果に、本当にポート110が入っていないんですか?

# netstat -lanpt

dovecotが使っているのであれば、以下のようにしておけば、今後はポート110はオープンされないと思います。

# chkconfig dovecot stop
# chkconfig --del dovecot

ちなみにデーモンの停止、デーモンの自動起動からの削除です。

やっぱり使いたくなったら、以下のように再追加できます。

# chkconfig --add dovecot
◎質問者からの返答

プロセスにあがってなくlistenもされていないようです。

dovecotはchkconfig --listでみるとすべてoffに

なっていました。

連休明けにもう1度確認してみます。

でもdovecotがなんらかの影響をおよぼしているのかも

しれませんね。。。

pop3 imap submissionのポートがあいているようなので。

もしかしたらサーバの再起動で直るのかもしれませんが。

ご回答ありがとうございます。

取り急ぎお礼まで

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ