人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

Benign prostatic hyperplasia 前立腺肥大症と亜鉛摂取の疫学的データをご存じですか


●質問者: puppetmaster2501
●カテゴリ:医療・健康
✍キーワード:データ 亜鉛 前立腺 疫学 肥大
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 2/2件

▽最新の回答へ

1 ● Hyperion64
●35ポイント

下記に亜鉛の安全性についての包括的見解があり、

http://hfnet.nih.go.jp/contents/detail36.html

「・日常的に亜鉛を高濃度摂取していると、良性の前立腺肥大になるリスクが高まる可能性があるという予備的な知見もある。また100mgの亜鉛サプリメントを毎日摂取するか、あるいは10年以上摂取した場合、前立腺がんのリスクが2倍になるという疫学調査結果がある(66)。」

とあります。

また、(PMID:12837837)では前立腺ガンへのリスクが高まったとあります。

◎質問者からの返答

ありがとうございます。

大変参考になります。


2 ● MEI-ZA-YU
●35ポイント ベストアンサー

http://miniken.com/knowledgeProstaticHyperplasiaB.htm

亜鉛

前立腺液には高濃度の亜鉛が含まれています。亜鉛は正常な前立腺機能を維持する働きをします。


19人の前立腺肥大の男性に2ヶ月間1日150mg、その後1日50?100mgの亜鉛を摂取する研究結果、

74%の男性の前立腺が縮小したという報告があります。*14


参考資料

*14. Damrau F. Benign prostatic hypertrophy: amino acid therapy for symptomatic relief. J Am Geriatr Soc 1962;10:426-30.



http://nutmed.exblog.jp/6375934/

亜鉛と必須脂肪酸がBPHの改善だけでなく予防にも有効であることが

AMA(アメリカ医師会)のポスターセッションで発表されています。


・・・・・・・・・・


いくつかの文献では、亜鉛も必須脂肪酸も過剰摂取による前立腺がんとの関係が報告されていますから、

勿論、長期間の継続過剰摂取は避けなければなりません。


今までに報告されている亜鉛摂取の上限に関する研究では、1日あたり100mgが1つの目安であることが報告されています。

勿論、人種や体格、症状による差があるためにこれを考慮する必要はあります。


実際にDr.ライトなどの場合には、この組み合わせと量を平均して7?8週間、

4週目以降は亜鉛の量を50%落としたものを処方しますが、約70%のBPHの男性では

前立腺の肥大が大幅に改善されています。

◎質問者からの返答

ありがとうございます。

大変参考になります。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ