人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

【シシトウとピーマンが“混ざる”か否か】
先日、
「シシトウ(シシトウガラシ)とピーマンを隣り合わせに植えておくと、辛いピーマンができる」
という話を聞きました。

調べてみると、シシトウとピーマンは植物学的には同種だそうなので(Wikipedia情報)、交雑することはあるだろうな、とは思います。
(「辛いピーマンができる」と教えてくれた人は、同種だということは知らなかったようです)

しかし、交雑した種を育てた時に味が混ざるならともかく、苗を植えた時点では「ピーマン」だった一年草が、隣にシシトウがあるせいで辛い実ができる、ということがあり得るのでしょうか?
育ちすぎたシシトウをピーマンと間違えて食べただけじゃないんでしょうか? 隣に植えてあるわけだし。

農業には詳しくないのでよくわかりません。
そういう現象が起こりうるものなのか教えてください。
よろしくお願いします。

●質問者: filinion
●カテゴリ:科学・統計資料 生活
✍キーワード:Wikipedia トウガラシ ピーマン 一年草 植物
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 1/1件

▽最新の回答へ

1 ● sarumi
●60ポイント

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1126106...

http://heboen.hp.infoseek.co.jp/yasai/piment.html

そもそもシシトウ自体、甘味種のようですね。

◎質問者からの返答

シシトウ・ピーマン・トウガラシがいずれも同じ種だ、というのは知ってるんですが……。

あれ? 「シシトウとトウガラシを隣り合わせにしておくと」だったかな……。

改めて質問し直したいと思います。

ありがとうございました。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ