人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

【英会話】
このコメディのオチを教えて下さい。
http://www.youtube.com/watch?v=0aUbGGFySdU

ジョン・クリーズのスケッチ「considerately irriting」です。
タイトルにあるように「わざと人をイラつかせる」のがテーマのスケッチ集の一話なのですが、この回のパンチラインが解せません。

普通に考えて「彼女が行っちゃうとは思わなかった」だと思うのですが、毒舌家のジョン・クリーズが考えたパンチラインとしては弱いし、これだと単にKY野郎なだけです。

下記のどちらに当たるのでしょうか?

(1)(ラブラブなのにまさか)彼女が行っちゃうとは思わなかった(落胆)
(2)(嫌がらせにもかかわらず)彼女が去らないかと思った(してやったり)
(3)その他(正しいオチの説明をお願いします)

1253899633
●拡大する

●質問者: lovemaker
●カテゴリ:芸能・タレント 書籍・音楽・映画
✍キーワード:KY コメディ ジョン・クリーズ タイトル テーマ
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 2/2件

▽最新の回答へ

1 ● yopon
●50ポイント ベストアンサー

(2)(嫌がらせにもかかわらず)彼女が去らないかと思った(してやったり)

オチは最後につぶやいているセリフで、ため息の後に

"I thought? she'd never go...waiter!"

と聞こえます。

最後まで載っているスクリプトは発見できませんでした。

が、YouTubeのコメント欄には、このセリフらしいものの書込みが見られました。

女性のことをとってもとーっても気遣っているようにみえて、実は「さっさといなくなってくれよ?」と考えていたんだというストーリーかと思います。

◎質問者からの返答

うーん、やっぱり(2)ですか。

(2)だとパンチラインとして妥当なのですが、下の流れががひっかかるんですよね。

I have been fussing you.

it's my own fault.

you told me last time about fussing you too much.

前から嫌がらせしてたのなら、なぜまたデートするのかと。

元弁護士らしい矛盾のない緻密な話を作るジョン・クリーズにしては、おかしいな思っての質問でした。

ギャグなんだからその辺深く考えんなって事でしょうか。


2 ● akamegane
●20ポイント

どちらかというと (2) ではないですか?

女性がいる間は、呼ぼうともしなかったウェイターを、おもむろに呼んでいるので。

◎質問者からの返答

うーん。

やっぱ2でいいようですね。

would never go の解釈に不安があっての質問でした。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ