人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

FX中・上級者様への質問です。人気ブロガーの「為替見習いのFXブログ」で、「短期的には下向き」「中期的に下向きから転換」などの記述が毎回書かれていますが、何からそう判断しているのですか?

抵抗線を下抜けたら、下向きですか?何をもって転換と言っているのですか?

ブログを1日かけて読みましたが、分析の根拠を示しているところが見つかりません。よろしくお願いします。

http://kawasefxken.blog71.fc2.com/

●質問者: tachamn
●カテゴリ:ビジネス・経営 経済・金融・保険
✍キーワード:ブロガー 抵抗線 記述 FX
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 3/3件

▽最新の回答へ

1 ● Memory Alpha
●27ポイント

チャートは大きなトレンドと小さなトレンドが相似形をしているケースがよくあります。

幾何学的にフラクタクル図形ともいえる形で、小さなトレンドと転換の繰り返しで大きなトレンドが形成される、これを分析する手法としてエリオット理論などがあります。

トレンドの始点から転換点までの日数の計り方として古くは日柄という見方もありました。

何をもって転換と言うか、ですが、これはトレンドの向きが変わった時点で転換と見ます。

過去の転換点はチャートを見れば一目瞭然ですが、未来の転換点については上記したように、”相似形による期待される形”からの推測にすぎません。

移動平均線などの抵抗線や支持線で転換を”期待”、フィボナッチ数での日柄から転換を”期待”、未来の予測においては強く根拠といえる分析などこの程度のものです。

余談ながら人気ブログといえどアフィリエイト目的でやってるようなところは、個人的には眉につばをつけて読んだ方が良い気がします。

相場で稼げている人なら貴重な情報を晒してアフィリエイトでチマチマ稼ぐなんてことしませんから。

◎質問者からの返答

回答ありがとうございます。

少し説明が足りなかったようで・・。アフィリ目的ということは百も承知です。

当方、FX初心者のため、ブログを読んでいても、「転換」と筆者が何を根拠にいっているのか分からないので、勉強程度に知りたい、というのが質問です。

例えば、「200日移動平均線を、15分足で下抜けしたため、短期で下向き」「200日移動平均線を、1時間足で下抜けしたため、中期で下向き」のように回答していただきたいのです。

お願いします


2 ● azuco1975
●27ポイント

>何からそう判断しているのですか?

FX業者からくる専門家のメールをそのまま書いてるだけだと思いますよ。

FX業者からテクニカル分析が着ますが、「200日移動平均線を、15分足で下抜けしたため、短期で下向き」のように説明もついてますよ。


3 ● Memory Alpha
●26ポイント

移動平均線(以下MA)が抵抗線になるケースもあれば支持線になるケースもあり、あえて古いテクニカル分析的に説明しますが

基本は短期MAのブレイクで短期の転換点、次に中期MAのブレイクでその信頼性が増す、という見方をします。

200日MAは長期MAですから15分足や1時間足で見ることはあまりしません。200日MAで大きなトレンドを確認しつつ、

短期トレードならば5日や15日の短期MAを使用して仕掛けを試みるのが基本です。

よりはっきりと転換点を見つけたい場合は、パラボリック等のトレンド分析も併用して信頼性を高めるべきです。

パラボリックは初心者の方でも一目で期待できるトレンドの転換点が分かる手法ですので、一度チャートでお試しください

(ただしパラボリックは超短期トレンドやレンジ相場では使い物になりません)

MAによるテクニカル分析はこういったシンプルなものですが、FX・株式・株価指数相場も含めて

公式のように扱えるほど今のマーケットは単純ではありません

「短期MAを15分足で下抜けしたため短期で下向き」といった一言で答えることは残念ながら無理です。

ボリンジャーバンド・一目均衡表・MACDなど、複数の分析手法を併用して信頼性の高い選択をするべきかと思います。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ