人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

1550nmの通信用のレーザーチップをコリメートレンズで平行光にして、ダイレクトにPDで受けた時に、距離が15cmと、30cmでは、30cmの距離のphoto currentが 15cmの距離のphoto currentと比較して、50%以下に落ち込んでいました(ビーム径1mm)、レンズでしっかりコリメートされておらず、広がってしまったのかと思い、horizontal,verticalの分布を取りましたが、15cmと30cmで分布そのものにほとんど差がありません。(30cmの分布が15cmに比べて悪くなるというのならわかるのですが)どうも、つじつまが合わず悩んでいます。


●質問者: youkan_ni_ocha
●カテゴリ:学習・教育 科学・統計資料
✍キーワード:photo ほと ダイレクト チップ ビーム
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 1/1件

▽最新の回答へ

1 ● 03
●60ポイント

素人考えで申し訳ないのですが、干渉を起こして波長が変わったということはないですか?



http://202.11.2.126/iwaya/ex2/h18/2-4/12.pdf

◎質問者からの返答

通信用のレーザーダイオードでそんな事が起きるのでしょうか。どうもしっくりきません。

ちなみに、位置固定で距離をはなしていくと、powerは連続的に低くなっていきます。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ