人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

舌の下部から唾液分泌がとまらないのは、病気でしょうか?

●質問者: mukaijuichi
●カテゴリ:医療・健康
✍キーワード:まら 病気
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 3/3件

▽最新の回答へ

1 ● suppadv
●35ポイント ベストアンサー

止まらないのが普通です。

唾液は1日1・0?1・5リットル分泌されます。


それ以上であれば、過多症になるかと思いますが、程度問題だと思いますので、心配ならお医者さんに見てもらってください。


http://www.yomiuri.co.jp/iryou/medi/soudan/20041219sr22.htm


唾液分泌が正常より多い症状を唾液分泌過多症といいますが、量が多くないのに多く出ているように感じる場合もあります。本当に多い場合を真性、多くないのに多いと感じる場合を仮性といって区別します。

真性か仮性かを鑑別するためには、まず唾液の分泌量を測定します。

通常、十分間ガムをかんでもらい、その時に分泌される唾液量を測定する「ガムテスト」を行いますが、成人の正常値は15?20cc程度とされています。

仮性の場合、唾液を気にし過ぎて頻繁に吐くといった行動が現れることがあり、逆にのどが渇いてしまうといった現象もみられます。こういう場合は、吐き出さずに飲み込む訓練が有効なこともあります。

真性の場合、積極的に唾液の分泌を少なくする治療が可能です。唾液の分泌を抑制する硫酸アトロピンを使用してみるのがよいでしょう。この薬は循環器などへの影響がありますので、慎重に使用する必要があります。


2 ● peach-i
●35ポイント

http://61.194.2.84/HouseCall/encyc/1/30/16_0_0_0.html

唾液分泌過多

こちら参考になりますでしょうか


3 ● goog20090901
●10ポイント

本当の意味でとまらないのなら、病気です。

http://q.hatena.ne.jp/answer

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ