人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

緯度経度で表される極が球面上にあります(北極南極とは異なる位置)。この極を軸とし、これに直行する小円と球面が交わるところの座標を緯度経度で求める具体的な方法を教えてください。

対象とする小円は、極からその対極に向かう大円上で数えて20°ごとの小円8つ(20°というのは、緯度を数えるときと同様の中心角の角度)。

円上の点は、適当なところをスタート地点として10°ごとに36個(経度を数えるときと同様の中心角の角度)。

小円の数と小円上の点は、8つと36個としましたが、任意の数n,m, でだす方法ならばなお幸せです。

よろしくお願いいたします。

1254383838
●拡大する

●質問者: spin6536
●カテゴリ:学習・教育 科学・統計資料
✍キーワード:スタート 北極 南極 幸せ 直行
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 1/1件

▽最新の回答へ

1 ● bmw120i
●60ポイント ベストアンサー

極座標の回転をつかえばよいと思います。

以下のサイトが参考になります。

http://prasinos.blog2.fc2.com/blog-entry-104.html

◎質問者からの返答

ありがとうございます。

参考になるサイトでなく、やりかたを具体的に求めております。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ