人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

落葉松はいつめざめても雪降りをり 加藤楸邨

この句の鑑賞を教えてください。

楸邨の肺結核が回復してきた昭和25年に、信州に向かった際に作られたことは知っています。

●質問者: Hsugar
●カテゴリ:学習・教育 芸術・文化・歴史
✍キーワード:信州 加藤 昭和25年 肺結核
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 1/1件

▽最新の回答へ

1 ● aoikisha
●60ポイント

まだ微熱があるのだろうかわたしは寝入っては目覚める、それを繰り返していた。窓の外には雪が降っている。落葉松林にそれが降りかかっているのが目に入る。うとうととして目覚める。が、いつ目覚めても尖った樹林の上に雪が変わることなくしんしんと降りかかっている。

静寂に包まれた自然情景が想起される。継続して変わらない情景、病気回復してようやく信州への旅をすることができた。あこがれていた旅に再び出ることができて旅の情景、新鮮な雪景色を獲得したことを言い表しているのかもしれない。

◎質問者からの返答

どうもありがとうございます。

何となく分かってきたような気がします。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ