人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

「WEB制作のOEM」をしている人と会いました。
その時は他の用件があったので、話を聞き流したのですが、WEB制作を「OEM契約で作る」というのは、具体的にどのようなビジネスモデルなのでしょうか?
もしご存知の方がいましたら、教えてください。
よろしくお願い致します。

●質問者: comcom9
●カテゴリ:インターネット ウェブ制作
✍キーワード:OEM Web ビジネスモデル 制作 契約
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 2/2件

▽最新の回答へ

1 ● azuco1975
●35ポイント

下請け

◎質問者からの返答

ありがとうございます。やはり言葉を変えただけの下請けですかねぇ。


2 ● chinya
●35ポイント

「WEB制作のOEM」大手制作プロダクションのただの下請けとしか思えません。

-----------------------------------------------------

OEM…相手先ブランドで販売される製品を製造すること。

-----------------------------------------------------

他、考えられるとしたら、大手制作プロダクションの名刺を契約などして作ってもらい、

あたかもそのプロダクションの人間であるかのようにして制作する感じでしょうか?


私もかつて大手広告代理店の人間として、大手クライアントのWEB制作担当として

営業マンの代わりに営業していた時代がありました。c

その場合、広告代理店/制作プロダクションは進行管理費などの名目で

私がつくった見積書に15%?25%の営業費用を乗せて、広告代理店/制作プロダクションの

営業マンは見積書の作成(といっても下に項目つけるのと社判押す程度)と請求入金管理

程度で済みます。


OEMでつくる人間のメリットは、広告代理店/制作プロダクションの名前を使えるので営業的に有利

デメリットは、必ず15%?25%の営業費用を乗せられるので、値引き交渉を受けた場合は、利益が減ってしまうことです。

◎質問者からの返答

ありがとうございます。

具体的な数字も参考になりました!

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ