人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

中国語会話を身に着けたいと思っています。
日本国内で中国語圏の人と物怖じせず日常会話、海外旅行で込み入っていない程度の会話をできるようになりたいのです。

*日本国内の街中や駅で目的地点までの行き方やトイレのありかなどを会話で伝える。あるいは海外で自分がたずねて教えてもらう。
*日本国内や海外のレストランで軽い世間話をする。5?10分間は続く内容の会話を往復させる。

で、学生時代はさっぱりだったが、社会人になってから上記のことができるようになった方へ質問です。
どのようにして中国語会話を身に着けましたか?
*マンツーマン中国語会話教室
*中国料理店の中国人と仲良くする
*通信制の中国語学習教材
*中国語で書かれている本を読む/中国のテレビ・ビデオを見る
*ペンパルを作る
他、役に立ったものを教えていただけますか?

逆に、世間で言われているほどこれは役に立たなかった、などや、重要なポイントなどがあれば是非お願いします。
ご自分の体験を語っていただければと思います。(このWEBページ・ブログに記載がある、といった内容はコメントでお願いします)
どうぞ、よろしくお願い致します。

●質問者: pkb_wn
●カテゴリ:学習・教育 旅行・地域情報
✍キーワード:Web コメント テレビ トイレ ビデオ
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 6/6件

▽最新の回答へ

1 ● ももんがらす
●19ポイント

私は現地に駐在したので、大変有利な状況であったことは確かですが、アドバイスはできると思います。

*マンツーマン中国語会話教室

中国語の最初にして最大の壁は発音です。1ヶ月みっちり「発音だけ」を鍛えてくれる教室を選びましょう。極論を言えば、発音さえ身につけてしまえば後は独習出来ます。初級が終わったら、日本語を極力使わず「中国語で教えてくれる先生」がオススメです。

*中国料理店の中国人と仲良くする

あくまで「力試し」用ですね。これを学習の要にするのは難しいような...

*通信制の中国語学習教材

通信制に限らず、音声がきちんと収録されているかどうかが大事だと思います。CD付き教材の中には結構いい加減なものもあるので、ネットのレビューなどで下調べをした方がよろしいかと思います。個人的には「中国語会話とっさのひとこと辞典」がかなり役に立ちました。

http://www.amazon.co.jp/%E4%B8%AD%E5%9B%BD%E8%AA%9E%E4%BC%9A%E8%...

*中国語で書かれている本を読む/中国のテレビ・ビデオを見る

*ペンパルを作る

の2つは中国語「会話」の習得にはあまり役に立たないのではないかと思います。

◎質問者からの返答

どうも有り難う御座います。


>中国語の最初にして最大の壁は発音です。

中国語の発音は、本当に難しいですね。

これは中国語に限らないことですが、

何しろ発音のOK/NGは、相手が聴き分けできる発音ができているか、ですから相手のいない独学ではOKなのかNGなのか判断できないことが厳しいです。


2 ● ラフティング
●19ポイント

台湾系の外資系企業では、中国へ留学したい人、中国で起業したい人が語学や情報収集のために転職してきたという人たちがいらっしゃいました。

◎質問者からの返答

どうも有り難う御座います。


現地採用(ゲンサイ)ですね。


3 ● goog20090901
●18ポイント

>マンツーマン中国語会話教室

発音と四声が大事ですね。

最近は、中国全土で標準語(北京語)が通じることが多いため

標準語で勉強しました。

◎質問者からの返答

どうも有り難う御座います。


4 ● ishiyosh
●18ポイント

あなたがどの位のレベルでいらっしゃるか分かりませんが、ご質問の設定から初心者と想定した場合下記をお勧めします。

1.NHKのテレビ、ラジオ講座:これらは半年単位で基礎力が得られる様になっています。歴史が非常に長いことから日本語で中国語を教える類の講座では一番完成されたものになっていると思います。かけるコストが低いのも魅力。必ず活用すべきと思います。

2.マンツーマンでなくても良いですが会話教室は一度は使う必要があります。なぜなら中国語の発音四声をマスターできているかどうか自分では判断できないからです。また会話の実践が中国語を身につけるのに一番効果的だからです。なお、普通語をならうのであれば訛りの少ない中国人を選びましょう。

3.PODCASTではChinese Pod(Googleで検索してください)の教材が素晴らしいのでお勧めです。但し英語での教育(上級になればなるほど英語の割合が少なくなり中国語の割合が多くなる)ですので、英語が分かる人には非常に良い教材だと思います。NHKのものよりもっと現代的、実践的です。

◎質問者からの返答

どうも有り難う御座います。


私の現在のレベルを書き損ねてしまっていましたが

挨拶や自己紹介、簡単なやりとり(例:○○さんいますか?いいえ、○○さんはいませんよ)程度だけで

初心者そのものです。


ご説明を読んで、とても納得しました。


5 ● onozawa
●18ポイント

日本にいる中国人と会話(コミュニケーション)をとるには、まず中国語を覚えるよりも、日本と中国の文化の違いを勉強したほうが早いです。

ただ、ガイドするだけなら上手に会話が出来たほうが好いですが、それは会話(ガイド)しただけで、コミュニケーションを取ったことになりません。

ものを訪ねるだけなら、筆談で十分通じますから。

*中国料理店の中国人と仲良くする

発音の勉強にはなりますが、よほどしっかりと日本語を勉強した人でなければ、中国語の勉強にはなりません。

*中国語で書かれている本を読む

これも中国語は分かりますが、会話の勉強にはなりません。

*中国のテレビ・ビデオを見る

中国のテレビやビデオは、漢字の字幕が出るので、結構勉強になります。

*ペンパルを作る

ペンパルも会話の勉強になりませんが、

中国では『QQチュット』と言うのがあります。

直接会話も出来ます。

http://www.geocities.jp/kpxnw633/

ishiyoshさんも回答していますが、

『NHKのテレビ、ラジオ講座』は、かなりの勉強になります。

ラジオなら録音を、テレビなら録画をお勧めします。

繰り返し勉強できますから。

何せ語学は繰り返しです!!

◎質問者からの返答

どうも有り難う御座います。


確か、QQは現在日本からアカウントを取れない状況です。


1-5件表示/6件
4.前の5件|次5件6.
関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ