人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

「BALLAD 名もなき恋のうた」を観ました。
この作品の合戦シーンは、当時の戦闘を再現しようとちゃんと考証されているのかなと私は感じました。
なんでかというと、兵みんなが刀を抜いて「やーっ!!」と言いながら突撃していくような映画やドラマが多い気がするからです。そられと比べると、弓や鉄砲、槍を主体的に使う戦闘はリアルに感じました。でも、私の言うリアルは、せいぜい「センゴク」という漫画の知識でしかないんですが^^;

そこでお聞きしたいのですが、戦国時代の戦いに詳しい方から見て、あの合戦はいかがなものでしょうか。
また、リアルな戦闘を再現している映画があれば教えてほしいです。

●質問者: Gakuen
●カテゴリ:芸術・文化・歴史 書籍・音楽・映画
✍キーワード:BALLAD 名もなき恋のうた センゴク ドラマ リアル 合戦
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 5/5件

▽最新の回答へ

1 ● afurokun
●7ポイント

ラストサムライの戦闘もリアルに描かれているような気がします。

◎質問者からの返答

ありがとうございます。

ラストサムライはリアルなんですね。あの時代だと、戦国時代とはまた違っていそうです。


2 ● peach-i
●5ポイント

ワンス・アンド・フォーエバー

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AF%E3%83%B3%E3%82%B9%E3%83%B...

◎質問者からの返答

ありがとうございます。

ベトナム戦争ですね。ベトナム戦争の映画は良いものが多い気がします。

申し訳ないのですが、次の回答からは日本の戦国時代限定でお願いします。


3 ● GoldenDawn
●18ポイント

件の映画は未見なのですが、紹介記事などを読むとけっこうこだわって作られているようですね。

ただ、この映画に限らず見栄えを考えてか馬はサラブレッドが使われることが多いようで。


http://kagemachiyakyoku.blog88.fc2.com/blog-entry-62.html

http://www.ntv.co.jp/megaten/library/date/09/04/0404.html

◎質問者からの返答

URLありがとうございます。参考になります。

馬は仕方ないかなーって気もしますね^^;


4 ● SALINGER
●20ポイント

クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ アッパレ! 戦国大合戦

BALLADの原作アニメの方です。

調べるとBALLADの合戦シーンがよくできているのは、アッパレ! 戦国大合戦の合戦の描写が

子供向けアニメとは思えないクオリティだったからです。

wikipediaより

アニメーション映画ではあるものの、制作に際しては文献調査や時代考証に特に力が入れられており、戦国時代の風景や生活、戦闘シーンが忠実に画面に再現されており、丁寧で詳細な描写は秀逸である。特に、合戦の場面では、


* 竹の束で作られた矢弾防ぎの盾が、遠距離からの鉄砲の弾ははじき返すが、近距離から撃たれると貫通してしまう

* 火縄銃を乱射するのではなく、鉄砲隊として班列をなして合図とともに射撃し、新たな弾を打つ準備をする間は護衛の弓衆が護る

* 投石による攻撃

* 騎馬隊の奇襲を防ぐための槍衾としての槍の使用、槍による合戦

* 兵のランクによる、武器の所持の違い

* 開戦や停戦の合図がはっきり描写されており、停戦後は至近距離に敵がいても攻撃しない

* 焙烙火矢(ほうろくびや)の使用

* 車井楼(くるませいろう)の使用

* 香車の駒形の指物に使用


といった、実写映画や大河ドラマでさえもあまり見られないような綿密な描写がなされている。戦場での白兵戦も、単なるチャンバラではなく、総合的な組討術の所作が考証されている。これについて作家の鈴木輝一郎は「戦国時代の合戦シーンとして、動画の映像資料として最も正確なもの」と述べている。

◎質問者からの返答

ありがとうございます。

アニメすごそうですね。てっきりアニメのほうはそんなにリアルに描かれていないと思ってました。

オリジナルも見てみたくなりました。


5 ● goldwell
●50ポイント ベストアンサー

>戦国時代の戦いに詳しい方から見て、あの合戦はいかがなものでしょうか。

特別詳しいというわけではないのですが、一歴史ファンとして回答させていただきます。

本編は未見で予告のみ、あと元となったクレヨンしんちゃんのアニメ映画しか見てないのですが、個々の刀や槍を振り回すシーンが多かった今までの映画と比べて、戦全体をよく表現しているなと思います。

歴史書や小説でしか知らないのですが、集団戦ならばただ乱雑にぶつかりあうのではなく、指揮官や部隊編成がある以上、あのような戦の進め方が自然と思われます。

また、舞台が関東なので、石垣ではなく土盛りの城というのもリアリティありますね。(産地の関係で、石垣の城はほとんど近江以西、関東にも登場したのは戦国末期と記憶しています)

ただ、城攻めである以上、攻め側は部隊を分けて正面と搦め手から攻めるのがセオリーかと思いますが、設定上、大軍vs小城だったのでただ押すだけの戦となったのでしょうね。


>リアルな戦闘を再現している映画があれば教えてほしいです。

私が初めて映像で「これがリアルな戦国の合戦か!」と強い印象を抱いたのは映画『天と地と』でしたね。

ストーリー自体はたいしたものではなかったのですが、クライマックスの川中島の戦いのシーンは全く合成を使わず、何万ものエキストラが縦横無尽に動いただけに、合戦シーンだけはまず他の映画では見られない迫力あるものでした。


さすがに作り物だけに、ロケ先のカナダの原野は、日本の信州のイメージとはちょっと違う気がしましたし、他にも演出上の改変もあります。

キャッチコピーの「この夏、黒と赤のエクスタシー」の通り、上杉軍を黒一色、武田軍を赤一色に統一

※実際、武田の赤備えを用いる隊は限られていた

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%B5%A4%E5%82%99%E3%81%88#.E6.AD....


だとしても、万単位の軍団が指揮官(上杉謙信と武田信玄)の采配によって整然と部隊ごとに動き、そして槍を叩き合ってぶつかる様、徐々に前線が崩れて乱戦に移る様、素早く機動する騎馬武者、など神の視点からの合戦の様子をうかがうにはいい映画だと思います。

天と地と 天の盤 [DVD]

天と地と 天の盤 [DVD]

  • 出版社/メーカー: 角川映画
  • 発売日: 2004-10-22
  • メディア: DVD

◎質問者からの返答

詳しい解説ありがとうございます。

やはりアニメ映画の戦闘はなかなか良くできたものなんですね。

土盛りの城は映像で始めて見ました。建物のセットも細部まで凝っていて良かったです。

紹介してくださった映画にも興味が湧きました。必ず観てみようと思います。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ