人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

金持ちになった為に不幸になってしまった人を教えて下さい。

例:玉の輿になったが為に殺害された女優のアンナ・ニコル・スミス。
みたいな。

(なるべく現代の人でお願いします)

※「嫁が宝くじに当たったので離婚された」ぐらいでは生ぬるいです。


●質問者: maki5111
●カテゴリ:経済・金融・保険 ネタ・ジョーク
✍キーワード:アンナ・ニコル・スミス 女優 宝くじ 玉の輿 金持ち
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 10/10件

▽最新の回答へ

1 ● ラフティング
●20ポイント

高額宝くじで不幸に……当せん男性が語る悪夢の5年間「すぐにでも返金したい」

「当せん後の5年間で何もかも失ってしまった。賞金と引き換えに取り返せるものなら、すぐにでも返金したい」――当地在住のジャック・ウィテカーさん(59)は02年12月、米宝くじ「パワーボール」で大金を獲得した。

だが幸運の女神は、まもなく悪魔に変貌する。当せんがもたらした騒ぎのなかで、妻は去り、最愛の孫娘が亡くなり、友人も背を向けていったという。

ウィテカーさんが当てた賞金は、3億1490万ドル(約363億円)。当時の史上最高額だった。一括払いによる減額分と税金を差し引いて、手元には9300万ドル(約107億円)が入った。

ウィテカーさんはそれまでに建設業などのビジネスでかなりの財産を築き、一家はもともと裕福な暮らしをしていた。だが、大当たりの賞金はけたが違う。

一躍有名人となった一家は報道陣に追われ、泥棒に狙われ、友人たちは一斉に借金を頼んできた。

「だがいったん金を貸したら、友情は終わり。それが世の常だよ」――人間不信に陥ったウィテカーさんは酒びたりの日々を送るようになり、それをまた地元紙が書き立てる。

飲酒運転でつかまったことや、カジノの女性従業員たちに暴行罪で訴えられたことも、格好の話題となった。すっかり悪者に仕立て上げられたウィテカーさんに愛想を尽かし、幼なじみだった妻は家を出た。

孫娘のブランディさんは、当時14歳。ウィテカーさんとよく似た実業家肌の性格だった。「ブランディが21歳になったら、すべての財産を譲り渡す手はずにしていたんだ」と、ウィテカーさんは振り返る。

しかし、一家の金に目をつけた誘拐騒ぎなどで通学が困難になったブランディさんは、次第に年上の遊び仲間とつきあうようになり、ついには麻薬中毒に。3年後、遺体で発見されたブランディさんの体内からは、コカインが検出された。

死因は確定されないままだという。ウィテカーさんは今も朝5時に起きて、事業に打ち込む日々を送っている。

「昔どおりなのは仕事だけ。ほかはすべて狂ってしまった」と、うつろな表情で語る。

http://yogananda.cc/daily/you/takarakuji1.html

◎質問者からの返答

これはスケールの大きい宝くじ不幸話ですね

ありがとうございます!


2 ● hamao
●10ポイント

http://trine.hp.infoseek.co.jp/gossip/43smith.html

アンナ・ニコル・スミスの話は有名すぎますよね。

◎質問者からの返答

すみません

例で書いちゃいました


3 ● hamao
●30ポイント ベストアンサー

すみません。続きを書いているときに押してしまって…

ドイツの富豪の例もなかなかすごいです。

http://sankei.jp.msn.com/world/europe/090107/erp0901070913001-n1...

http://blog.livedoor.jp/ponta5963/archives/756761.html

肝心の詳細がリンク切れになっていて残念です。

http://www.recordchina.co.jp/group/g22217.html

台湾でも富豪の誘拐はわりと多いのですが、殺害の例は少ないです。合掌。

◎質問者からの返答

いえいえ

何個もネタをありがとうございました


4 ● sylphid666
●20ポイント

16歳で宝くじ特賞190万ポンドを当てた女性、22歳で破産寸前

http://www.japanjournals.com/dailynews/090827/news090827_4.html

ちょっと自業自得的な部分が多い気もしますが、宝くじに当たっていなければこんな人生も歩んでいなかったという意味でどうでしょう。

◎質問者からの返答

ありがとうございます


5 ● kanan5100
●20ポイント

16歳のときに宝くじを当てて億万長者になった女性が6年後に破産寸前になっていることが報じられている。この女性は、英北部カンブリアのホワイトへイヴン在住のカリー・ロジャーズさん(22)=写真右(写真はともに「デイリー・メール」紙より)。

ロジャーズさんは、2003年7月に190万ポンドの宝くじに当選、史上2番目に若い当選者になった=同左下。しかしその後のロジャーズさんの人生は波瀾万丈。両親と祖母のために55万ポンドを費やして4軒の家を購入、豪華なホリデーに20万ポンドを支出。また、26万5,000ポンドは高価な車や贈り物、家族への貸しつけに使い、45万ポンドはブランド物の服やパーティー、豊胸手術に支払った。さらに、18万8,000ポンドは恋人へのプレゼント、7万ポンドは法的費用として支払われたという。

ロジャーズさんは前科のあるニッキー・ローソンさんと交際し、息子(4)と娘(1)をもうけた。しかし、ローソンさんがロジャーズさんから金を盗もうとしたうえに、実妹と不倫をしていることが発覚して、ロジャーズさんは自殺未遂をするに至ったという。さらに昨年12月、恋人のライアン・トンプソンさんが自宅でのコカインの密売とスタンガン所持で、2年の実行判決を受けた。 ロジャーズさん自身も逮捕され、起訴されずに釈放されたものの、その直後に手首を切って再度自殺未遂を図っている。

現在は、18万ポンドの自宅を売却して、中古のVWゴルフを運転、母親と同居しており、生活のために清掃婦の仕事を3つ掛け持ちしているという。弁護士代を支払うために3,000ポンドの現金が必要とされ、これが支払われなかった場合、破産宣告を行うことになるとされる。

しかし、当のロジャーズさんは、『貧しく』なったことを嬉しく思っているという。

「(宝くじの当選は)不幸以外の何ももたらさなかった。人生を台無しにされた」

「他の人のためにお金を使って、みんなを幸せにしたいと思ったが、自分は幸せに

ならなかった。周囲の人が金だけを目当てに集まってくるように思え、不安になっただけ」

と語っている。

http://blog.livedoor.jp/dqnplus/archives/1296856.html

まあ自業自得というかなんというか。

こんな記事もあります。

宝くじが当って不幸になった人々

http://omoroid.blog103.fc2.com/blog-entry-278.html

◎質問者からの返答

ありがとうございます


1-5件表示/10件
4.前の5件|次5件6.
関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ