人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

【TTL→C-MOS】
ふと思ったのですが、

昔の、周辺回路が概ねTTLロジックのみで構成されているようなボードマイコンで、
純粋にロジックとして使用されているTTLを引っこ抜いて、
代わりに例えば74HCTシリーズなどTTLインターフェース互換のC-MOSロジックに全て置き換えたら、

どんなことが起こり、また期待できますか
(金銭面と手間以外で)

●質問者: くろょ
●カテゴリ:コンピュータ
✍キーワード:MOS TTL インターフェース シリーズ ボード
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 2/2件

▽最新の回答へ

1 ● virtual
●100ポイント

タイミングで問題を起こさなければ消費電力は減る方向でしょうね。

デバイスの遅延時間を前提にクリチカルなタイミングで設計してあればバスの衝突とか起こる可能性もあります。

逆に、タイミングの問題を最小限の変更で逃げるために同じロジックのシリーズ違いに差し替えたりするケースもあります。

それからやはりTTLに比べて出力振幅が大きくなり波形も急峻になる傾向にあるのでEMI特性が悪くなる場合もあります。

少なくともEMIのプロファイルは変わりますのでEMI対策はやり直しになるでしょう。

◎質問者からの返答

回答ありがとうございます。


2 ● h_kondo
●50ポイント

TTLでオープンコレクタを使用している部分は単純に取り替えはできないようです。

http://homepage1.nifty.com/x6/elecmake/digital/std-logic.htm

◎質問者からの返答

回答ありがとうございます。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ