人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

物凄く採るのが難しい美味な食材を教えて下さい。

例えば・・・

*絶壁にだけ生えるキノコ

*噴火口付近だけでしか出ない植物

*採取してからの賞味期限が2時間ぐらいしかない食材(タケノコの赤ちゃんなど)

などなど。

●質問者: maki5111
●カテゴリ:グルメ・料理 芸術・文化・歴史
✍キーワード:キノコ タケノコ 植物 賞味期限 赤ちゃん
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 10/10件

▽最新の回答へ

1 ● sylphid666
●15ポイント ベストアンサー

ツバメの巣

http://www.brandsworld.jp/bbn_swallow.html

>視界は狭く、転落の危険もある難作業。

まさに命がけでアナ ツバメの巣は採取されているのです。


2 ● y_u_n_o
●15ポイント

高山の自然が産んだ貴重な食材【岩茸】

http://www.oishi-mise.com/iwatake.htm

「手のひらの大きさになるのには、20年から30余年かかると言われ収量の少なさと、収穫の困難さの為に、国産では実際に山に登って採取する人以外には入手が不可能」 だそうです


3 ● afurokun
●15ポイント

キブノリ

キブノリはブナの古木にしか生えない苔の一種である。それも峰や沢の風の通りやすいところにも生えることはない。それこそ、常に霞がかかったような、静かな山の中で生育していくのである。

キブノリの成長には、10?20年の歳月を要する。

http://udoakira.blog3.fc2.com/blog-entry-41.html


4 ● lancer13
●15ポイント

コピ・ルアックというコーヒー豆がある。それはとても希少な豆で、年間の生産量はせいぜい200キロ程度。市場では500グラムで300ドル(35000円くらい)で取引されるともいう。何がそんなに希少なのかというと、その生産過程に特殊な条件があるのだ。

http://portal.nifty.com/2007/04/18/b/


5 ● motimotisaka
●15ポイント

メシマコブを調べてみた。きのこ、きのこ!

長崎県の女島で採集されたことから、メシマコブ(俗名)と呼ばれたのが由来。ただし、量が少ないため、今流通しているものは、女島で採取されたものは、ごくわずかです。

なぜ採取が困難かというと、生育条件が限られるためらしいです。ようは女島と同じ気候条件が、日本には無いらしく、ゆえに韓国や中国に頼らざるを得ないのが実情らしいです。(最近は人工栽培も最近可能となったようです)

http://blog.livedoor.jp/comet1413/


1-5件表示/10件
4.前の5件|次5件6.
関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ