人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

統計学について教えてください。
あるコールセンターに入ってくる質問電話の長さの平均が20分です。
短い電話も長い電話もあり、それは標準正規分布になっているものとします。
95%信頼区間を計算したとき、何分から何分の間に95%がおさまることになるでしょうか?
(専門用語を知らないので、拙い説明ですいません。)

●質問者: nikita_r
●カテゴリ:学習・教育 科学・統計資料
✍キーワード:コールセンター 分布 専門用語 準正 統計学
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 3/3件

▽最新の回答へ

1 ● Ha8Te10
●27ポイント

統計学を専門とするものです。

標準正規分布とは、「平均が0,分散が1」の正規分布のことです。

したがって、「平均が20[分]の標準正規分布」は、定義上存在しません。

仮に、電話の長さが平均20の正規分布(標準正規分布ではない)にしたがうとしたならば、

95%最高密度区間は、その正規分布の分散(もしくは標準偏差)が与えられれば計算できます。

(URL必須に設定されているようですのでWikipediaを貼っておきます)

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%AD%A3%E8%A6%8F%E5%88%86%E5%B8%8...

◎質問者からの返答

ありがとうございます。

やはり基本的なことを知らないというのは、恥ずかしいですね。

分散は1ということに仮定します。


2 ● ニャンざぶろう
●27ポイント

この場合標準偏差値が未記載ので数値自体は不明ですが。

標準正規分布に従うのなら、平均値±1.96×標準偏差値の中の値が95%に収まります。

標準偏差値が5分と仮定すると約10分?約30分になります。

でもこのコールセンターって暇なのかなあ

待ち行列の待ち時間ってアーラン分布に従うと情報処理で習った気がしますが。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%BC%E3%83%A9%E3%83%B...

◎質問者からの返答

ありがとうございます。


3 ● Ha8Te10
●26ポイント ベストアンサー

標準偏差(分散のルートをとったものです)をσで表すとき、

正規分布の平均から±2σの範囲に、全体の95.44%が入ります。

分散が1の場合、標準偏差も1ですから、平均20に対しておよそ±(2×1)、

つまり[18,22]の範囲が、およそ95%の区間ということになります。

より厳密には、いま手元で計算すると95%最高密度区間は±1.95996...σになるので、

[18.04004...,21.95996...]が答えです。

ちなみに「信頼区間」というのは、母集団の統計量について推定する場合の用語です。

今回のような標本分布がわかっているときにはこの言葉は使わず、最高密度区間などといいます。

(URLは前回と同じです)

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%AD%A3%E8%A6%8F%E5%88%86%E5%B8%8...

◎質問者からの返答

丁寧な説明をしていただきありがとうございます。

自分でももっと勉強してみます。

ありがとうございました。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ