人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

「贈与は脅迫」と述べた社会学者は誰だったでしょうか?
発言を子引き・孫引きした本ではなく、大本の発言がされている本および著者の両方を教えて頂けませんでしょうか。

●質問者: summerdealer
●カテゴリ:学習・教育 芸術・文化・歴史
✍キーワード:孫引き 社会学者 脅迫
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 1/1件

▽最新の回答へ

1 ● Hyperion64
●60ポイント

フランスの社会人類学者マルセル・モースの「贈与論」だと思います。

http://www.ritsumei.ac.jp/acd/gr/gsce/s/pd01/ws.htm

21.Exchange and Emotion


rakuten:book:13135388:detail

逐語的に「贈与は脅迫」とは書いていないですが、贈与は一種の強制・脅迫として作用するという主張が第三章のゲルマン民族の慣習を記述したあたりに含まれています。

未開社会ではポトラッチに見られるように霊的な儀式だったわけで強制力が発生するわけです。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ