人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

役員をしていた会社に金を貸していたとします
会社は、役員借入れとして経理処理しています

ここで、会社を退職し役員の職も辞した場合
?この金額は、会社はどの様に処理するのでしょうか?
?この金額は、貸し付けた本人に早急に返す義務が有るのでしょうか?

●質問者: gin106
●カテゴリ:ビジネス・経営 経済・金融・保険
✍キーワード:会社 退職
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 3/3件

▽最新の回答へ

1 ● sami624
●35ポイント ベストアンサー

?処理概要

http://www.exbuzzwords.com/static/keyword_2744.html

会社の役員をしていたので、個人事業主で貸金業を営んでいた訳ではないため、該当する金銭債権が正常営業循環基準ではなく、ワンイヤールールに従う事から、弁済期限が1年以上であれば長期借入金として、1年以内の弁済期限であれば短期借入金として一般の金銭債務として記載するだけで、役員借り入れから通常借り入れに種目が変更となるだけです。

?返済期限

http://www.houko.com/00/01/M29/089B.HTM#s3.2.5

契約内容を確認しないと何とも言えませんが、一般的な金銭貸借は民法上金銭消費貸借契約となりますので、借主は契約上締結した返済期限までは期限の利益を有しているため、返済義務が発生しません。

ただし、契約上停止条件等が設定されていて、貸主が勤務先を退任した場合は借主は遅滞なく弁済する、という条件がある場合は弁済義務が発生します。

◎質問者からの返答

貸借契約等は、結んでいません

中小では、割と普通にある事です。


2 ● clinejp
●35ポイント

法律家ではありませんが、会社を経営しております

推測ですが、ご参考になれば

?経理上の項目の処理と金銭消費貸借の契約書は別です。契約書にはあなた個人の署名と捺印がなされていると思われますので、修正するとすれば、会計の項目が個人からの短気尺入金にかわるだけという経理上の問題だけです。

?は特約条項として役員を辞すばたは雇用関係が消滅した場合には直ちに弁済するという文言が入っていないと期限までは弁済の義務はないと思われます


3 ● teru
●10ポイント

http://www.from1yen.com/2009/05/post-27.html

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ