人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

一眼レフで、F11以上に絞る時はどのような時でしょうか?
写真の雑誌で、皆さん F16とか22とかで 長めシャッターで風景を撮影しています。
あまり絞ると、こしぼりぼけ?というのが発生するそうで、あまり絞らないように気をつけていたのですが
F11以上の使用方法を紹介して下さい。よろしくお願いします。

●質問者: suzume_oyado
●カテゴリ:趣味・スポーツ 芸術・文化・歴史
✍キーワード:シャッター 一眼レフ 撮影 雑誌 風景
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 3/3件

▽最新の回答へ

1 ● owada
●40ポイント

原因は「回折現象」というものによるものです。

フィルムカメラの場合はデジカメほど顕著にその回折現象が画像への影響を与えることなく

1.「被写界深度」の拡大ができた

2.「レンズの周辺光量落ち」を軽減できた

3.「画質向上」に貢献すると信じていた

4.絞り込みをするとシャッタースピードが遅くなります。フィルムの時代では相反則不規という現象があり、長時間露光になると発色・感度などが変わるというものがありました。1/15?1秒以上の場合にこのような現象が現れるフィルムがあり、該当するフィルムにはその旨がパッケージ内に書かれていました(これは絞り込まないようにする話なので関係ないですが)

などから特に画質を優先する写真の場合絞り込むほどいい写真になると誤解していたことがあるようです。もちろん、新しいレンズであれば絞り開放での周辺光量落ちは少なかったり、画質が周辺と中央でもそれほどの差がないなどということもあり、あまり絞り込む必要があるとは思えません。

もちろん、被写界深度をかせぐために絞り込むということは今もあるかと思います。

被写界深度が欲しいからと絞った結果「こしぼりぼけ」になるのでは本末転倒かと思います。

アオリレンズを使うことで被写界深度を稼ぐことが今のデジタル写真には必須テクニックに。ある意味大判カメラの時代の技術に戻っているのかもしれません。

つまり、フィルム時代の癖。に尽きると思います。

回折現象

http://www24.big.or.jp/~antares/photo_gallery/camera/camera45.ht...

◎質問者からの返答

すみません。

今、手元の雑誌に掲載されている写真の「撮影しているカメラの型番」を調べたら 殆どがフィルムカメラでした・・・(^^;

デジカメでは顕著に回折現象が出るという事であれば、被写界深度を稼ぎたいからと 絞りすぎてはいけないという事ですね。

ありがとうございました!


2 ● morgenplatz
●40ポイント

http://journal.mycom.co.jp/column/sweet/006/index.html

長時間露光によって、人など動いているものを消したい場合や、超滑らかな流れを写したい場合、F8程度では感度設定を最低まで落としても撮影結果が明るすぎになってしまう場合はF16とかF22まで絞り込むことによって対応するしかないですね。


3 ● morgenplatz
●0ポイント

http://journal.mycom.co.jp/column/sweet/006/index.html

長時間露光によって、人など動いているものを消したい場合や、超滑らかな流れを写したい場合、F8程度では感度設定を最低まで落としても撮影結果が明るすぎになってしまう場合はF16とかF22まで絞り込むことによって対応するしかないですね。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ