人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

文字ベースのコミュニケーションにおいて失われやすい、ニュアンスとか雰囲気とかを表す「○○言語」とか何とかいった単語があったと思うのですが、何だったか忘れてしまいました。

面と向かっていうと表情やイントネーションで言葉が補足されるのに対して、メールだとそれらが失われるので誤解を招く、とかそういう話でした。

ご存じの方はいらっしゃいますでしょうか。

●質問者: rootinwerk
●カテゴリ:学習・教育 芸術・文化・歴史
✍キーワード:イントネーション コミュニケーション ニュアンス ベース メール
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 5/5件

▽最新の回答へ

1 ● motsura
●50ポイント

昔から日本にある言葉だと「人情の機微」だと思うのですが……

◎質問者からの返答

私が探している言葉は「人情の機微」ではなかったです。


2 ● horonict
●50ポイント

身体言語

周辺言語

◎質問者からの返答

回答ありがとうございます。

どちらも違いました。

周辺言語はどういうものかわからないのですが、身体言語はいわゆる口で喋る言葉以外のコミュニケーション手段ということなので、明確に違います。

私が探しているものは、言語を口で喋った時に、それに付随する多くの情報(イントネーションや表情)などのことです。

(文章にしたとき、これらの情報は失われるため、相手に正確に意図を伝えるには気をつけましょう、といった話の中で出てきたのですが...)


3 ● rsc
●50ポイント

「非言語コミュニケーション」のことでしょうか。

●非言語コミュニケーション

>非言語コミュニケーション(ひげんごコミュニケーション、Non-Verbal Communication)は、言葉以外の手段を用いたコミュニケーション(メッセージのやり取り)である。身振り、姿勢、表情、視線に加え、服装や髪型、声のトーンや声質なども非言語コミュニケーションの範疇に入る。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%9D%9E%E8%A8%80%E8%AA%9E%E3%82%B...

●ノンバーバルコミュニケーション

>マレービアンの実験。結果は・・・・

顔の表情 55%

声の質(高低)、大きさ、テンポ、 38%

話す言葉の内容 7%

http://noncommu.tants.biz/

◎質問者からの返答

回答ありがとうございます。

「非言語コミュニケーション」は近いです。

ただ、私がど忘れしている単語とは違います。

非言語コミュニケーションは、文字通り言語以外の意思疎通方法を包括的に示す概念だと思いますが、今探しているものは、言語を伝える際に付随するイントネーションや表情、といった割と狭い概念です。


4 ● sibazyun
●200ポイント ベストアンサー

「パラ言語」か「周辺言語」でしょうか。

http://www.kanjifumi.jp/keyword/ha/paralanguage.htm

の「パラ言語」によると、「paralanguage。話し手が聞き手に与える言語情報のうち、イントネーション、リズム、ポーズ、声質といった言語の周辺的側面。周辺言語。」

◎質問者からの返答

「周辺言語」これでした。

ありがとうございます!!


5 ● adinf
●200ポイント

パラ言語・周辺言語・近言語でしょうか。

http://www.kanjifumi.jp/keyword/ha/paralanguage.htm

http://kinenkan.info/inpaku/psychology/seki/psycholo9.htm

◎質問者からの返答

「周辺言語」でした。

ありがとうございます。!!

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ