人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

新しく商品をデジタルコンテンツを販売する予定です。
?下記の方が販売効果が出やすいのか、ご存じの方アドバイスをお願い致します。
・既存のドメイン以下に商品ページを作って販売する場合(被リンクによるSEO対策済み、全体で総25ページ程度)
・新しいサブドメインに商品ページを作って販売する場合(新たに被リンクによるSEO対策を行う、総5ページ程度)

?上記の既存のドメイン以下に商品ページを作った場合、そのページ個別にSEO対策を行うことが可能なのかご存じの方がいたら教えて下さいm(_ _)m

●質問者: sandbox69
●カテゴリ:インターネット ウェブ制作
✍キーワード:SEO アドバイス コンテンツ サブドメイン デジタル
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 2/2件

▽最新の回答へ

1 ● ラフティング
●35ポイント

今後のコンテンツの展開予定を立てた上で、運営を行いやすく、ユーザーにも伝わりやすい方法という視点で選択を行うべきでしょう。

http://web-tan.forum.impressrd.jp/e/2008/03/19/2492

◎質問者からの返答

URLとても参考になりました。ありがとうございますm(_ _)m


2 ● tk09
●35ポイント

質問内容は以下の文だと仮定して回等します。

--------------------------------------------

新しく商品を(に)デジタルコンテンツを…

?下記の(どちらの)方が販売効果が出やすい・・・

---------------------------------------------

?の既存のドメイン以下に商品ページを作るのが良いと感じます。

TOPページのSEOの強さや、現時点での総ページ数にも関連してきますが、

全体で5(25)ページ程度のコンテンツにサブドメインを持たせることはユーザビリティの部分でも賢明ではない思います。

ただし、今後商品数を拡大して商品数&コンテンツを充実させて、カテゴリページ数およびカテゴリTOPページを充実させ

られると見込んでいるのであればサブドメで作ることは有効だと感じます。


サブドメにすることで、被リンクが別サイトになるというメリットが以前はありましたが、

SEOコンサルなどの見識では、現在のクローラのアルゴリズムでは別サイトと認識されないケースが増えています。


?個別にSEO対策は可能だと思います。sandbox69さんの仰る「SEO対策」というのは内部リンク&動的ページの静的化なのか、キーワードの最適化なのか、LPOなのか、外部リンク数の増加なのかが不明なのでなんとも言えませんが、そもそも、ECサイトのSEO対策とは1ページに1キーワードを当てて行っていくことが多いよう思うのですが。。。

◎質問者からの返答

>サブドメにすることで、被リンクが別サイトになるというメリットが以前はありましたが、

>SEOコンサルなどの見識では、現在のクローラのアルゴリズムでは別サイトと認識されないケースが増えています。

なるほど、それではサブドメインにする意味はあまりないということですね。

納得です。ありがとうございました。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ