人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

以下の資料のP3で使われている Aided Brand Awareness の日本語意訳を教えてください。
マーケティング用語的に使われています。
AIDMAのAttention的なことだとはわかっています。が、、、^^;

http://www.doubleclick.com/insight/pdfs/The_Brand_Value_of_Rich_Media_and_Video_Ads.pdf

●質問者: soft-tennis-go
●カテゴリ:ビジネス・経営 学習・教育
✍キーワード:And A マーケティング 日本語
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 2/2件

▽最新の回答へ

1 ● Hyperion64
●35ポイント

助成想起(Aided Awareness)のことと思われます。

この場合は、ブランドの助成想起ですからAided Brand Awarenessです。

ブランド認知の調査で、「このブランドを知ってますか」とブランド名を提示して質問する

ことです。

こちらのサイトの下の方に説明があります。

http://www.sandt.co.jp/yogo.htm

◎質問者からの返答

なるほど、ありがとうございます。


2 ● ラフティング
●35ポイント

3ページ目の漏斗における「ブランド再認層」、あるいは「助成認知層」ということ。

ブランド名のリストや、パッケージの写真を提示して「知っている」と応えたブランド知名率。

ちなみに、ブランド認知(ブランド知名)には、ブランド再認(助成認知)とブランド再生(純粋想起)とあります。

ブランド再生(純粋想起)は、「特定のカテゴリーでご存知のブランド名を?」と助成なしに聞いて答えられるブランドです。

http://www.melma.com/backnumber_97432_2343562/

◎質問者からの返答

ありがとうございます。ちなみに「純粋想起」は英語でなんと記述しますか?

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ