人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

【イエはてな】“リブ・ラブ・サプリ?SEASON” #042

THEME:「紅葉を愛でる」「新米を楽しむ」「ハロウィンに」

「今日をちょっと楽しく、イエで過ごすいつもの時間を素敵に変える小さな魔法のサプリがあったら…」と展開してきた “リブ・ラブ・サプリ”コーナーの続編のひとつSEASONバージョン。四季の暮らしや衣食住のこと、新しいシーズンライフ…。毎回のテーマに沿って、毎日を元気にする暮らしのサプリをその思いや由来とともにメッセージ下さいね。
豊かな暮らしをつくっていく〈イエはてな〉のマインドで、みなさまのご参加をお待ちしています!

*回答条件* 下記のページをご覧になってご投稿下さいね!

「Welcome to イエはてな」

http://d.hatena.ne.jp/ie-ha-te-na/20080731

テーマ詳細とサプリ例

http://d.hatena.ne.jp/ie-ha-te-na/20091021

プレゼント変更ご案内

http://d.hatena.ne.jp/ie-ha-te-na/20080729


※〈イエはてな〉では、はてなスターを「おすすめメッセージ」として活用しています。ご回答頂く時にもご参考下さい。また投稿期間中はできるだけはてなスターのご利用を控えて頂けますようお願いいたします。
※質問は10月26日(月)正午で終了させて頂きます。

1256100721
●拡大する

●質問者: ie-ha-te-na
●カテゴリ:コンピュータ 生活
✍キーワード:10月26日 theme いね おすすめ はてなスター
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 235/235件

▽最新の回答へ

[1]新米 fumie15

実家が農家をしているせいでこの時期になると毎年贈られてきます。

新米だけでもおいしいしおかずも何にでも会うのでつい食べ過ぎてしまいます。


[2]紅葉の美しさが分かる年齢 AYAKASHI

いつ頃からだろうか、

夏の花火、秋の紅葉、刹那的な美しさが分かるようになってきました。

歳を重ねた証ですね^^;


[3]>1 おいしくて、 AYAKASHI

おいしくて、ついつい食が進んでしまいます。

おかわり、控えなくてはorz


[4]>3 新米 kinnoji7

新米はおいしいですね。いつも安いお米を食べていてますが、たまにご近所に新米を分けていただくことがあります。いつもたべてるお米との違いがはっきりとわかりますね。それと、新米はとぎやすくていいですね。


[5]炊き立てのご飯に秋の味覚 tibitora

新米の季節になってきましたね^^

私はお米が大好きなので新米も楽しみです。

ふんわりとした炊き立てご飯の香りはいい香りですよね。

炊き立ての新米ご飯と秋の味覚の秋刀魚の塩焼き大根遅し添え、それにさつまいもと油揚げののお味噌汁といった和食のごはん、秋は食べ物が美味しくてうれしいです(笑)

栗ご飯やきのこご飯、混ぜご飯も作るのですが、端っこのちょっとこげたところや出汁がよっていて味が濃くなった部分も美味しくて好きだったりします^^

なのでおこげがないと少し残念に思ってしまいます(笑)


美味しいご飯の炊き方を見つけたので今度してみたいと思います。

お米は蒸らさないほうが「米本来の味」を味わえるとあるのが気になります…

炊飯器では蒸らしまでがセットになっているのでこの鍋で炊く炊き方をしてみたいです^^

http://www.nhk.or.jp/professional/backnumber/070501/02.html


[6]>5 炊き立てのご飯 kinnoji7

新米の炊きたてはおいしいですよね。モチっとふっくらでアツアツの炊きたて新米はがあれば、おかず無しでもご飯だけでおいしく食べることができますね。新米にまつたけご飯や栗ご飯などといった秋の味覚を楽しめる季節ですね。やっぱり食欲の秋には新米の炊きたてが一番合うと思います。これから新米を買ってきて今晩、炊きたてを楽しもうかなと思いました。


[7]今年も「萌え米」に新米が出ました iijiman

その愛らしいパッケージから「萌え米」との異名をとる「JAうご」の「あきたこまち」。

実は昨年、頼んでみたのですが、これが実に美味しい、いいお米なのです。

パッケージだけじゃない、食味がよくて、思わずおかわりしてしまうお米です。

何でも、羽後町で穫れるお米の中でも最高グレードのお米を出荷しているのだそうです。

どうりでおいしい訳です。

今年も、その「萌え米」に新米が出ました。

10月末までは、10kg買うと「クリアファイル」のオマケが付くそうです。

お米にオマケがつくというのも面白いです。

「萌え」に興味のある方も、ない方も、HPだけでも覗いてみてはどうでしょう?

http://www.ja-ugo.jp/onlineshop/bisyoujo.html


[8]>4 新米 tibitora

新米おいしいですよね、私はお米が好きなので新米の季節は特にうれしいです^^

精米機がスーパーの近くにあるって、玄米を持っていくと10キロ100円で「8分突・7分突き・5分突き・白米」と好きな加減で精米することができるんです^^

今食べているのは7分突きなのですがぬかの臭みもなくて白米と同じ感覚で食べています。

精白米にするより栄養も多く残っていますし白米と変わらずに美味しく食べられるのでお勧めですよ^^

それに精米したてのお米はやっぱりおいしいです、美味しく食べると元気になれるように思います^^


[9]銀杏並木 fumie15

今年も胃腸の高揚がきれいです。私の会社は並木道がすぐそばにあるので会社の行き帰りに楽しんでいます。夏は緑のカーテン、夏は美しい黄色と一年中楽しんでいます。


[10]>4 ササニシキ kabatotto

私は「ササニシキ」が大好きです。 早く新米で食べてぇよ?。


[11]ディズニーランド AYAKASHI

ハロウィンというとディズニーランドをイメージしてしまいます。

県民の日なんていうものが秋にありまして、県民の日パスポートが少し安く手に入るものですから、ディズニーに行く時はいつもハロウィンなんです^^;

しかもめちゃ混み。

とても楽しいのですが、たまには違った時期に行って違った楽しみを感じてみたいです。


[12]>11 ディズニーのハロウィン kinnoji7

日本でハロウィンと言ったら、ディズニーランドのハロウィンが真っ先に思い浮かびますね。何度かハロウィンシーズンに行ったことがありますが、普段のディズニーとは雰囲気も違い楽しかったですね。また、ホーンテッドマンションなんかはハロウィン仕様になっていて印象的でしたね。今度行くときは仮装なんかしてみたりして楽しみたいと思います。


[13]>9 銀杏並木 kinnoji7

紅葉と言えば銀杏ですね。夏が終わり、あっという間にもうそんな季節になったんですね。黄色い銀杏並木の下を散歩でもしてみたくなりました。


[14]>8 新米を薄味の煮物や山菜で頂く wacm

私の家でも新米を親戚から頂き、食べることができそうです。

毎年、30キログラムほど、一袋送られてくるのですが、新米はその季節のうちに食べてしまいたい。

なので、ご飯の甘みやふっくら感をできる限り味わいたいので、料理はカレーや味付けの強いものは避けますね。

山菜やキノコ、それに根菜類の煮物を中心とした薄味の和食を出しています。秋の収穫を祝いたいのです。


[15]>7 「戦国武将米」もあるんです^^ tibitora

「萌え米」とてもかわいいイラストですね^^

和な雰囲気がいいなあとおもいます…クリアファイルとパッケージのイラストが違うので袋を捨てるのがもったいない気もしてしまいます(笑)

かわいくて美味しいお米もいいなあと思います^^

私が知っているのは「戦国武将米」を何種類かなのですが、こちらは渋かったりかっこよかったりのパッケージです^^

http://popup777.net/archives/2111/

ペットボトルで飲み物と一緒の自動販売機で売られていたり。

http://www.j-cast.com/mono/2009/04/30040481.html

イケメンだったりします(笑)

おにぎりがとても食べたくなるパッケージです^^

自炊をするきっかけにもなるかもしれないので萌えなお米もいいですよね。


[16]>14 新米 meizhizi87

地元山形で新種のお米「つや姫」が今月発売になりました。やはり新登場ということもあって人気があり、お店でまだ見たことはありません。もう既に食べた人の話では、少し粒が大きいらしくモチモチとしていておいしいとのことでした。早く食べたいです。限定で、アイスクリームにもなっているようで、こちらも食べたいです。

「つや姫」という名前は公募で決まったもので、私も採用にはなりませんでしたが、応募しました。全国から応募があったそうで、県民だけではなく国民に愛さるお米だと感じました。


[17]>12 USJもハロウィン meizhizi87

先週、USJに行ってきたのですが、こちらもハロウィン一色でした。パレードもかぼちゃの馬車が登場したりと、かわいさいっぱいでした。仮装している人もたくさんいました。また、エルモと自分が同じ誕生日だと分かり、ますますお気に入りになりました。


[18]>15 中身が伴っていたので安心な「萌え(アニメ)米」 fwap

私も近所の大きなスーパーで見ました(笑)夫と「なんじゃ、こりゃ?!」

なんて笑っちゃいましたけど、案外若者を惹きつけるにはいい作戦かもしれない。

ご飯を食べること自体が少なくなりましたよね。朝食にコンビニパン、昼食にインスタント麺を朝のコンビニで買っていく人を大勢見かけます。私の仕事場でも同様です。

しかし、イラストもパッケージデザインの1つだと思えば、商品の魅力ですよね。

たいてい、こういった商品は子どものお菓子と同じで中身が伴わないことが多いですが、細かく見てみると安心できそうなものでした。

ただ、私の家庭のように老夫婦が「萌え米」を買うのは世間体などを考えると少々抵抗がありますが(笑)


[19]「新米の重さ」の分だけ「おいしさ」は格別です。 VEGALEON

毎年この時期になると三重県の親戚が来て、「新米」を1俵 持ってきてくれます。

ありがたいことです。

[f:id:VEGALEON:20091021143616j:image:w350]

これは今年の新米で半俵の30キロです。これを2袋です。

1俵は60キロです。

この半俵でも重いですよ???っ!!!

私もよくスーパーで10キロの米を買いますが、レジ袋に入れてくれれば、

小指1本で持つこともできます。

荷物が両手いっぱいで、クルマのキーを解除したりする時なんかそうです。

普通の男性なら可能ですよね。

でも「半俵の30キロ」は、ギックリ腰が持病の私には地獄です。

肩に背負うしかないですが、必死です。

でもこれで終わりでは無いですからね!

まだ精米していませんから、JAの自動精米機へ行かなければいけません。

「30キロ」で300?400円ぐらいです。

そこでいつも気付くのですが、

「30キロ」コースを選択しても まだ精米前の米が残っているのです。

どうも、この半俵は35キロぐらい入っているようです。

親戚が直接 農家の方から買いますから、お得意さんなので「おまけ」してくれているのです。

と言うことは1俵は70キロぐらいですね。

道理で重いはずです・・・

重い仕事は毎年 私の仕事です。

あ???、しんどいです。

ただ、むかつくのが精米に行く時に母が決まって

「米ぬか」も必ずね、と「気軽に」言われることです。

年末のおせちに使う「にしん」のあく抜きに使うからです。

しかし、「新米の重さ」の分だけ「おいしさ」は格別です。


[20]>17 孫を連れて行きたい fwap

ディズニーランドのハロウィンは楽しいですよね。私の娘夫婦もこの秋は行くそうです。

私も孫を連れて遊びに出かけたいので、こういうイベントがあると本当に大助かりです。別に、ハロウィンでなくてもいいんですが。

ハロウィン自体を楽しまなくても、イベントだけを楽しんでいくうちに次第にお祭り後とそのものに関心を持ってしまいますよね。

大人になっても新たな発見があるので、詳しくない国や地域のお祭りに参加するのは楽しみです。


[21]>16 のり、佃煮でご飯のおいしさアップ! fwap

新米、さっそく食べましたよ。夫の実家は兼業の農家なのですが、今年も天候不良ということもありやや不作でしたが十分に獲れました。

ただ、やっぱり自分の家で作った米を食べるのは本当に美味しい。ホクホクのご飯に地元で獲れた浜名湖産の海苔をかけて食べるのがいいです。

ご飯を美味しく食べる工夫に炒め物などいろいろありますが、かつての日本では佃煮などご飯の魅力を出す素敵なおかずが食卓にありました。

佃煮の素材も取れなくなってきているいまでは、食卓や献立を維持することができるのか不安で溜まりません。


[22]カボチャの馬車 wacm

ハロウィンといったらカボチャのくりぬいたお化けが一番に思い起こされると思いますが、カボチャの馬車が一番私の中では美しいイメージとしてあります。

カボチャの馬車になるときの魔法がかかるときなんて幼心にとても感動しませんでしたか?「シンデレラ」は直接、ハロウィンとは関連ありませんが、カボチャの馬車を作ってたことがあります。お盆の時のお出向かいにナスやキュウリに割り箸を刺すのと同じ感覚で作ることができます。サツマイモの輪切りにしたものを車輪に見立て、馬車の天蓋にはトウモロコシの毛を乗せる。

簡単ですが、ハロウィンにも何か楽しい置物があるときっとイエも賑やかになると思いますよ。かぶり物や食べ物だけでなく、何か象徴するものがあると行事が愉しめると思います。それが、カボチャの馬車です。


[23]>21 新米 kabatotto

みそ汁と新米。 最高です。


[24]紅葉は、TVのニュースで見てあこがれるもの nakki1342

テレビのニュースなどで紅葉の話題を聞くと

それは、うらやましいなあと思います

私の住む南の島では紅葉は見られるものじゃないので・・


[25]米粉を使ったパン meizhizi87

先日、職場の仲間と「パンにはさむもの」を研究しました。ウインナー、ポテトとトマトとチーズ、ハーブソルトで炒めた卵、竜田揚げなど、その日はたくさんパンを食べたのですが、そのパンにはお米の粉が15%くらい含まれていました。焼いて食べてもおいしかったのですが、ふわっとしていて焼かずに食べてもとてもおいしかったです。米粉を使ったパンはアレルギー対策としても注目されていて、お米の消費が低迷していると言われていますが、その歯止めになるのではないかと期待しています。

f:id:meizhizi87:20091018150751j:image


[26]>22 カボチャ kinnoji7

この時期になると、あちこちのお店でハロウィングッズが飾られていますね。中でも一番多いのはやっぱりカボチャのグッズですよね。あのお化けのカボチャのグッズは可愛らしいですね。一つ置物としてほしくなります。


[27]今日初めて「ハロウィン」の意味がわかりました。 VEGALEON

今まで「ハロウィン」は、ただの「カボチャのオバケのお祭り」だと思っていました。

「日にち」も全く知りませんでしたね。

なんか そんなイメージしか無いのですよね・・・

カトリックではないですから・・・

でも今日の「リブ・ラブ・サプリ」で「豊穣の秋を祝うハロウィンに」という言葉を見付けて驚きました。

そうなの?収穫祭なの?全然知りませんでした???っ!

急いで調べました。

「ハロウィン」ウィキペディア(Wikipedia)

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8F%E3%83%AD%E3%82%A6%E3%82%A...

ハロウィン 、あるいはハロウィーン(Halloween, Hallowe'en) は、

カトリックの諸聖人の日(万聖節)の前晩(10月31日)に行われる伝統行事。

諸聖人の日の旧称"All Hallows"のeve(前夜祭)であることから、Halloweenと呼ばれるようになった。

ケルト人の収穫感謝祭がカトリックに取り入れられたものとされている。

家族の墓地にお参りし、そこで蝋燭をつけるという地方もある。

墓地全体が、大きなランタンのように明々と輝く。

日本のお盆の迎え火、送り火にも似ているかもしれない。

これに因み、31日の夜、カボチャをくりぬいた中に蝋燭を立てて「ジャック・オー・ランタン」(お化けカボチャ)を作り、

魔女やお化けに仮装した子供達が「トリック・オア・トリート(Trick or treat. お菓子をくれなきゃ、いたずらするぞ)」と唱えて近くの家を1軒ずつ訪ねる。

家庭では、カボチャの菓子を作り、子供たちは貰ったお菓子を持ち寄り、ハロウィン・パーティーを開いたりする。


「収穫感謝祭」はイメージに無かったです。

「日本のお盆の迎え火、送り火」に似てると言われると「あっ!そうか?」と共感しました。それならわかります。

なんか怖い映画やカボチャのオバケが前面に出すぎて、イメージが歪曲してました。

勉強になりました。

これで今年は正しい「ハロウィン」を迎えられそうです。

カトリックの諸聖人の日(万聖節)11月1日の前晩(10月31日)ですね!了解しました。

それにしてもクリスマスイブといい「本番の日」より「前晩」が盛り上がる国ですね・・・


[28]上高地へ紅葉を求めて。 canorps

夏の避暑地としても有名な上高地、十月上旬ごろから美しい紅葉を見ることができます。

4月23日?11月15日まではマイカー規制で、自分の車でははいることができませんので、

バスを利用します。

しかしそれも、11月16日?4月23日までは上高地冬期通行止のため、入ることができません。

そのような規制がされた上高地、毎年家族で紅葉を見に行きます。

上高地はとても広く、いろいろな顔を私たちに見せてくれます。

二年ほど前に、10月に北海道へいった時に、大雪山のふもとにとても美しい紅葉を見ることができて感動しました。

紅葉は寒さが増すごとに色鮮やかになっていきますよね。

上高地も高度の高いところにある平野のために、その寒さが美しい紅葉を作り上げてるのですね。


幼児連れの私たちですが、上高地の空気と目に映る沢山の風景に魅了され、

いつもおとずれるのです。

子供たちも色とりどりの落ち葉で遊んだり。

「つかれた」「しんどい」といつも言いますがそれでも、行くのを楽しみにしてくれます。

今年は少し遅れてしまい、寒いくらいだとは思いますが。

家族で上高地を訪れる予定です。


[29]>20 まだいったことがありません。 canorps

ディズニーランドにいくことはあるけれど、いつもハロウィンのシーズンに行くことができません。

期間も短いので、いつも逃してしまうのです。

私も家族みんなで行きたいです。


[30]>23 新米 canorps

おいしいですよね。

ああ、新米食べたいです!

少し前に、新米が古米になるのはいったいいつなの?年こしたら?

と無知な私は気になって調べてみたことがありました。

新米って、夏をこすと古米になるんだそうですね。

ということは、2009年の新米は2010年春まで新米?

けれど、やっぱり、この時期に食べたいですよね。

農家さんなどがご親戚にいる方は、安心しておいしい新米が食べられて

うらやましいです。

さあ、私も手に入れてこなくっちゃ・・・・


[31]>30 毎日食べるお米だから収穫には感謝したいです aekie

確かに、おみそ汁と一緒に食べると落ち着きますよね。グルタミン酸が摂取できるので落ち着けたり、自然と仕事に前向きになれます。

新米がお米屋さんに並んだのは私の地区ではしばらく前のことでしたが、ニュースになっていただけあって、食べたときの充実感がありました。

ニュースにならないと新米の季節を感じることができなくなったのも残念です。ただ、幸いにして周りにまだ田畑が残っているので農業の営みを感じながら日々の生活を送ることはできています。

イエでもたびたび話題になるように季節を大切にして、生活を過ごすことを毎日食べるお米、収穫に感謝する新嘗祭など古来よりお米と関わり合いの深い神事や行事を中心に考えてみたいと思います。


[32]新米に向けての春の我が家の年中行事 fumie15

今から15年くらい前のこと、実家の祖父母が高齢のため、力仕事の農作業ができなくなり、実家から数時間のところに住む私たち姉妹に苗の仕込みを手伝ってくれないかと、母から頼まれました。春に苗の植え付けの仕事です。初めは嫌でした。苗床は重いし、せっかくの休日をつぶされるのですから私も姉も不満タラタラでした。

でも今までお世話になってきた祖父母と叔父に頼まれたらいやとは言えません。しかも私たちに迷惑がかからないよう土曜日に仕込みをやるという話ですから、もう逃げ場はありません。

汚れてもいい恰好をして朝6時に出発し、8時に着き準備してあるビニールハウスに入って、ひたすらベルトコンベアーの機械に苗床を置いていきます。その数250枚です。苗床に水をまき、種をまき、土をかけてトラックに移し替えて、別のビニールハウスに置きます。私はちゃっかり水を吸っていない軽い苗床に陣取ります。母と姉は水を吸った重い苗床をトラックに移し替えます。それを250枚!初めは冗談を言いながら、やっていた私と姉は次第に無口になり、みんなで黙々とやります。

しかし作業が終わり苗床でうめ尽くされたビニールハウスを見ると達成感でいっぱいになります。その後に飲むジュースも格別です。作業は午前中に終わり、みんなでお昼を食べて、しばらく休憩して帰ります。

秋になると叔父が収穫した米が届きます。作業を頼まれる前よりずっとおいしく感じられます。苗床を手伝うくらいじゃ本格的にやったとは言えませんが、努力が報われる瞬間です。

今では我が家の年中行事です。病気のため、母と姉だけで行った年もありましたが、今では私も姉も4月の土曜日は開けています。


[33]>19 ご飯粒を残すな!お米の「重さ」には1年365日の汗と労苦が込められている aekie

お米1袋って相当重いですよね。私も小さい頃小さい袋(20キロ)を持たされてあくせくしている横を2俵も両肩に担いだ壮年の人が歩いていくのを見たことがあります。

お米の重さだけ「おいしさ」を感じられるVEGALEONさんは素晴らしい感性の持ち主ですね。

私も稲刈りを手伝ったことがありますが、とうてい農業を生活の収入源にはできないと思いました。

すぐ腰が痛くなる、365日休みがない。ケガをしたり、かぶれたりする。もう本当に農家の方には頭が下がる思いです。

ご飯粒を少しでもお茶碗に残すと父に怒鳴られたのも無理ありません。お米一俵になるだけにはそれだけの労苦と汗が込められているんです。


[34]身近に秋の色を natumi0128

11月の上旬に、友人と紅葉を見にドライブに行くことになりました。

それで、その場で眺めて楽しむのはもちろんですが、せっかくならきれいな葉っぱを拾ってきて、押し葉にしてみようかな、と思っています。

それを栞にでもしたら、思い出にもなりそうだし、ずっと楽しめていいかなー、と。

なのでそのときには、上ばかり眺めず、地面もじっくり探してみたいと思います。


[35]>28 季節を先取りする眺望の名所 aekie

上高地の紅葉とはいいですね。確かもうしばらくすると自家用車では登ることができず、バスだったと記憶していますが。。

上高地といったら日本の山々が一望するには一番うってつけの場所ですよね。私も子どもが産まれる前まではハイキングが好きだったので紅葉の季節になるとたびたび要ったものです。

地元がまだ紅葉になっていない時期でも、上高地ではもう木の葉が色づいている。季節を先取りした場所なんで好きです。

写真をとったりひたすら無音のビデオを撮って楽しんでいました。子どもももう少し大きくなったら自然に触れさせるためにも上高地へ訪れたいですね。

きっと地元では得ることのできない眺望や寒い風を体験させるだけでも違うと思うのです。そして、何より親が好きだというのも。


[36]>29 ディズニーのハロウィン twillco

さっそく行ってきました!

シーでは、初のハロウィンということでランドよりも混んでましたよ〜!

新しく出来たタートルトークも、かなり面白かったので、ハロウィンシーズンは混雑しそうですね。

ランドは仮装が出来ますが、シーではお面だけOKということで、全身仮装がOKになったらまた盛り上がりますね。


[37]>31 新米 twillco

お婆ちゃんの家で作っているので毎年貰います。

昔はよく稲刈りも手伝っていましたが最近はやってないので

今年はちょうど子供がお手伝いが出来るかな?という頃なので

連れて行こうかなと思ってます。


[38]>26 カボチャ twillco

さっそくカボチャを使って

カボチャパンを作りました。

カボチャのマッシュをホームベーカリーで混ぜるだけなんですが、簡単にハロウィン気分を味わえて皆喜んでます。


[39]「新米の炊き方」もコツがいります。 VEGALEON

「新米」は「古米」より当然「水分」が多いので、

少し「控えめの水」で炊かないと「水っぽく」なります。

イエでも毎年それは了解しているのですが、最初の2,3回は失敗しますね。

お米の種類にもよりますし、その年の出来具合にもよりますから最初は試行錯誤ですね。

初めて「水の量」がキマッタ時は、それはもう一段とおいしいですね!

お米一粒一粒がキラキラと輝いてみえますね!


[40]紅葉狩り twillco

我が家の紅葉狩りは毎年「京都」です。

清水寺や平安神宮など、夜はライトアップされてとってもキレイです。

その中でも特に綺麗なのが高台寺です。

お寺のなかにはライトアップされた紅葉がキレイに彩り

竹やぶもまた素敵で幻想的です。

ライトアップがまるでアートのようで、本当に感動ものですよ。


[41]>36 ディズニー r-zone

ディズニーのハロウィンは飾り付けなどとても可愛いので

1年を通してもとても人気のあるシーズンです。

10/28〜11/3まで全身の仮装して行ける日です。

子供はいつでもいいのですが大人も一緒になって仮装できるのはこの日だけなので、この日のディズニーは盛り上がるでしょうね!


[42]>40 紅葉狩り r-zone

春は桜で秋は紅葉。

うちの実家は観光地なので、毎年このシーズンは紅葉を見に来る人で

大混雑しています。

キンモクセイの香りがかすかに残る中の紅葉狩りは最高ですよね。

思いっきり日頃のストレスから解放されるので

毎年楽しみなイベントです。


[43]>42 目に焼き付けるのも紅葉狩り aekie

「紅葉を愛でる」といったら紅葉狩りはありますよね。私の中の流儀では、近所の公園で落ち葉拾いをして楽しむ。

そして、観光地や山道のあるところでは、落ち葉は拾いません。落ち葉は虫や小動物が冬眠するときの大切なお布団。人間の都合でむやみやたらと持ち帰ってはいけないからだと思うのです。

それに、なぜ落ち葉を持ち帰りたくないかというと、かつて廃屋となったイエの解体をテレビで見ていたのですが、イエの戸に越冬するテントウムシがびっしり。それも何十匹と。スズメバチもいました。

紅葉狩りは、目に焼き付けるだけでも紅葉狩りですよね?ですが、楓の見事なオレンジの鮮やかな葉は2、3枚持ち帰って玄関に置きます。


[44]>41 ディズニー bg5551

ディズニーのハロウィンに一度行ってみたいです。

なかなかいけなくて・・・


[45]クルマで渋滞の「紅葉の有名スポット」より「近場の公園の紅葉」の方が好き VEGALEON

毎年この時期になるとニュースで「紅葉の有名スポット」の紅葉状況や渋滞情報が流れます。

確かに「紅葉の有名スポット」は見事です!私も以前は行きました。

でも、あのクルマの渋滞にはあきれてしまいます。疲れます・・・

駐車場は満車ですし、帰り道なんて全然動きません。

当然クルマの排気ガスが沢山排出されますね。

クルマからゴミを捨てる人もいますね。

それよりも「近くの公園」で「ゆっくり」と「紅葉」を楽しみたいですね!

マチにはあるはずです、一つや二つ。

そこで私は「のんびり」とデジカメで写真を撮りたいなぁ?


[46]紅葉の写真撮影 bg5551

毎年この時期には紅葉を撮影しに行きます。

どのタイミングで、どこへ行くかいつも迷います

いいスポットがあればおしえてください。


[47]>38 カボチャ r-zone

良く行くレストランに秋限定で

カボチャが器になって中にグラタンがたっぷり入った

「カボチャの馬車」というメニューが出るのですが

毎年楽しみでこの時期はよく食べています。

カボチャが丸々なのでとても1人では食べられないのですが

大人数で行くと結構盛り上がるし、女の子は好きですよね〜。

家でもどうにか作れないかと思うんですが

中々難しいのでついつい通ってしまってます。


[48]>13 銀杏 choco-latte

ついついイチョウの下に行くと下を見てしまいます。

あのクサイ匂いはなかなか耐え切れませんが…。

落ち葉をシャカシャカ踏みながら銀杏を捜してしまいます。

先日テレビで銀杏の殻を簡単にむく方法がやっていました。

袋の中に銀杏と塩を入れて電子レンジでまわすだけ。

銀杏が弾けてきれいに殻からむけていました。


[49]>25 米粉 choco-latte

最近の子供は小麦アレルギーが結構いるみたいですね。

友達の子供が通う幼稚園でも

給食のパンが食べられない子がいるって聞きました。

うちの近所のパン屋さんでも米粉を使ったパンが出てきています。

モチモチしていて、味もあり美味しかったです。

クリスマスや誕生日のケーキも、アレルギー対策用として、

米粉の生地に、豆乳のクリームのケーキが出ているようですね。

私も小さい頃から魚介類でアレルギーがあって、給食を

食べてぶつぶつが出来たりしていました。

当時はアレルギーなんて言葉も今ほどなかったから、大変な

思いをしました。最近は誰もが何かしらのアレルギーを

持っているのが当たり前になっていますよね…。


[50]新米によく合うおかず fumie15

昨日新米に納豆に温泉卵をいれて醤油、ネギ、辛子を入れて食べました。初めは納豆に温泉卵なんて・・・と思っていましたが、まろやかになっておいしかったです。皆さんはどんなおかずで新米を食べますか?


[51]>44 ディズニー koume-1124

ディズニーで買ったカボチャがミッキーの形になったケースの中に

お菓子が入っているお土産が可愛くて買ってきたのですが

あまりに可愛いケースだったので

そのままインテリアとして飾り付けをしました。

我が家はディズニーハロウィンを自宅でも楽しんでいます。

ディズニーはそういった部分も、後々使える物が多いので

ゴミにもならずに良いですよね


[52]>37 新米 koume-1124

美味しいですね〜。

親戚から毎年頂きます。

実際に作っている人が身近にいると、いっそうお米のありがたみも感じます。


[53]>43 紅葉狩り koume-1124

北陸や東北の方では見頃な地域もあるようですね。

私の住む地方はまだまだ見頃は先のようです。

調べてみたら、静岡県の熱海梅園は

紅葉が始める時期は遅く期間も長く見られるために

例年なら12月中旬ごろまで見ることが出来るそうです!

日本で一番遅くに紅葉を見られる場所だそうです。

沖縄だと思ったら意外にも静岡なのでちょっとビックリしました。


[54]かぼちゃパイ fumie15

この前ケーキ屋さんに行ったらかぼちゃパイが売っていました。モンブランとどちらにしようか迷ったのですがハローウィンのディスプレイにひかれてかぼちゃパイを買うことにしました。

日本ではまだまだハロウィンは根付いていませんが、こんなところから楽しんでいきたいです。


[55]金色の絨毯 choco-latte

うちでは紅葉といったら、箱根です。

まずは芦ノ湖。

海賊船みたいな遊覧船に乗って天気がいいと紅葉で色づく山の奥には富士山も見えます。

それと、オススメなのが仙石原のススキ野原!

ふわっふわの金色の稲穂が一面広がっていて遠めからみるとまるで絨毯みたい。

細い道があちこちにあって、中を歩くことができるのですが、自分よりも高いススキに囲まれて道から外れたら迷子になりそう。

紅葉といったら、紅葉や楓というイメージですが、他の植物の色づきも

楽しめるのが箱根のよさです。


[56]新米でお米パン&ライスプティング lepremierpas

新米は凄く美味しいですよね?

ご飯のまま食べるのは勿論のこと、自分も凄く好きです。

以前、こちらのレシピに出会ってから、お米パンにはまっています。

Cpicon ご飯80gでもっちりおいしいお米パン♪ by keikana

材料 ( 1斤 )

強力粉 200g

冷ご飯 80g

水 130cc

牛乳 20cc

砂糖 大さじ2

塩 小さじ1/2

マーガリン 15g

ドライイースト 小さじ1

ご飯を入れちゃうパンのレシピなんです!

目からウロコですよね。

ご飯はご飯のまま食べる以外に考えたことも無かったので驚きましたが、これがすっごく美味しかったんです。

なんていうか、モッチリモッチリしていて、お米の甘みも感じる!

ご飯の力!

新米で作るべし、お米パンなのです?♪

それから、も一つ!

ライスプティング。

Cpicon とろ?り、モチモチライスプディング♪ by チキチキちきーた

材料 ( 5?6人分 )

ごはん(炊いたもの)

200g(お茶碗大目に一杯)

牛乳 500cc

シナモン お好みで

さとう 大さじ3?4

バニラエッセンス 適量

初めて食べたのは友人の家で食べた時なのですが、え?!と衝撃でした。

お米がデザートっていうとおはぎくらいしか思いつかなかったので、この斬新さに感激。

ご飯って噛めば噛むほど甘いですよね。

だから、デザートに活用してもそれは何も不思議なことではないんだって思いました。

新米を生かして、ただご飯として食べる新米から→新しい新米の食べ方もいいですよね。

近頃は”おかゆパン”を作るのもハマっているので、新米は特に水分も多いし、沢山おかゆを作った時に、新米でおかゆパンも作ろうと思ってます!


[57]>48 イチョウの黄色の葉が生命力を感じさせます wacm

私の歩く歩道もイチョウが生えていて、秋色をまとった他の木々とならんだとき、イチョウの黄色はとても映えます。

並びといい、ギンナンを食べることもできますし、まさに紅葉を愛でることにつながりますよね。

私は茶碗蒸しが大好きで、シイタケやかまぼこ、鶏肉と秋の味覚満載ですが、一番秋にしか食べられないと感じさせるのがギンナンです。

葉が欠けないのもイチョウの生命力を強く感じます。薬草として煎じて飲んでいたのも頷けます。


[58]>52 新米 mandoto57

親戚が送ってくれます。

ありがたいですね。

米が主食でよかった。


[59]>58 今年も! to-ching

女房からの実家から100%コシヒカリ送ってもらいました!ありがたく頂きました。


[60]>57 そうですね to-ching

これからは、黄金色の景色がちょっとだけ見られます。美しいやら寂しいやら・・・


[61]寂しいです・・・ to-ching

確かに紅葉は綺麗です、自然の力にはビックリします。でも北国はこれから寒く、辛い季節が約半年続くのです・・・もうやり切れないです。雪は降るし、道路は凍結タイヤ交換ももう直ぐ・・・憂鬱ですね。時が止ってくれればと思います。


[62]街路樹の紅葉 offkey

この間身近な場所で紅葉を美しく堪能しました。

繁華街、デパートやカフェなどの立ち並ぶ道に植えられていた銀杏がちょうど紅葉の真っ盛りで、はらはらと落葉していたのですが、その日は天気が良くて、微風であり、木から離れた葉がキラキラと光って舞い降りる様子がとても美しかったのです。

紅葉は山で錦のような風景を楽しむのも素敵ですが、街路樹で舞い降りる落ち葉を楽しむのも都会的でちょっといいな、と思った次第です。


[63]>49 小麦アレルギー to-ching

大人でも知らずにアレルギー発症する人がいます。可哀想なのはパン屋さんに勤める方、呼吸困難、蕁麻疹でお仕事辞めてしまいました・・・何ということでしょう・・・


[64]>62 朝は to-ching

とりわけ朝は、紅葉した銀杏が綺麗です。でもこれから仕事・・・と思うと・・・がっくりですね。


[65]新米に手作りふりかけ lepremierpas

美味しいご飯の炊きたてに、ふりかけの組み合わせが好きです。

ふりかけは添加物が気になるので自分で作るようにしています。

じゃこ山椒や、鰹節、乾燥わかめなどを使用して作ります。

常備するのに便利です(*^_^*)


[66]>59 新米 lepremierpas

新米は水分が多いので、水を少なめに炊くのがポイントですね。

浸す必要も無いので、便利です(^O^)

キラキラ?つやつや?ってその見た目だけでも本当に綺麗!

研ぐときも、サササっと手早くがポイントです。

のろのろしていると、お味が落ちてしまいます(^_^;)


[67]土鍋で炊く lepremierpas

新米を炊く時に土鍋で炊いてみると、これまた美味しいです。

せっかく美味しい新米ですから。

もっと美味しく炊きたい!っていう贅沢な願望からやります(^_-)-☆

土鍋でたくと、お米が更にふっくらします。

翌日の残ったご飯も、温め直してもふっくらしてるのでヤミツキです


[68]>66 新米 adgt

早く食べたい!


[69]>51 ディズニー adgt

ハロウィンにいくとドンダケこんでんだろ?


[70]>67 土鍋で炊く adgt

ふっくら感が違う!


[71]>60 イチョウ adgt

力強い黄色が凄く好き


[72]>47 カボチャ adgt

ホクホクした食感が良い


[73]>70 土鍋で炊く meizhizi87

土鍋で炊いたご飯はおいしいでしょうね。おこげも好きです。私は、おかゆを作るときに土鍋を使います。なかなか冷めないので、アツアツのおかゆを食べることができます。味をつけるときに、味噌か塩で時々悩みます


[74]>64 朝焼けに紅葉 meizhizi87

通勤途中、朝焼けに紅葉した木はとても鮮やかに見えます。私の住んでいるところは山に囲まれているので、秋になると段々赤くなっていく山々が見事です。(冬になると真っ白になってそれもまた綺麗です。)これから仕事だ…と思うけれど、早起きしてよかった!と思う時間でもありますね。


[75]>72 カボチャ Rytandrezone

おいもようで、少し甘いのがいいですね。


[76]>68 新米 tunamushi

新米をまだ食べていませんが、毎年楽しみです。田んぼもすっかり稲刈りを終えて、冬が来るのを待ちかまえているようです。田んぼを見ていると1年が過ぎるのは、はやいと思うけれど、お米を食べるためには人がかけた大事な手間があるのですよね。今年の収穫に感謝して、いただきたいです。


[77]>53 紅葉狩り sidewalk01

良いですね!是非行きたいです。


[78]>75 カボチャ tunamushi

カボチャの馬車は、シンデレラに出てきたので、子供の頃から憧れのような感じです。テーマパークでカボチャの馬車に乗ったことがありますが、気分はシンデレラでした。


[79]>6 炊き立てご飯 sidewalk01

新米を楽しむにはこれが一番!


[80]>50 卵かけご飯 tunamushi

ご飯に温泉卵はおいしいです。生卵ご飯も好きです。最近、卵かけご飯専用のタレを買ったので、はまっています。このタレ、出汁がきいていて、おいしいです。


[81]>73 土鍋で炊く sidewalk01

友人がやってましたが、本当に美味しいですね!半信半疑だったので驚きました!


[82]>35 山岳信仰と紅葉 wacm

知り合いが写真を撮ることがとても好きで、金曜日は装いも夏は軽く、秋は重い装いでそのまま山へ写真を撮影に行きます。

仕事は月曜の朝、都内のオフィスで着替えるという荒技までこなします。そんな彼の好きな場所は尾瀬。尾瀬の自然環境保護に取り組んでいるらしく、3つの県境に位置することがうれしいらしく、幼い頃からの夢である国立公園と関わる生活を仕事と両立して送っています。

上高地も奥日光も尾瀬も妙高山もどこも紅葉が素晴らしいところばかりですよね。日本には山があり、山には神様が住んでいるとする山岳信仰。紅葉の変わり様を遠くから眺めるとそう感じてしまうのも無理ないことなんでしょうね。


[83]>71 銀杏並木 tunamushi

絨毯のように敷き詰められた銀杏はとてもきれいですね。つい鼻歌を歌いながら歩いてしまいます。


[84]紅葉の中をドライブ sidewalk01

ドライブは元々すきなんですが、紅葉の中を走るとまた1つ感じが違って良いですね。心がすごくおちついてくるので、考え事をするには最適です。水筒にコーヒーを入れて、気が向いたところで外に出て一服すると凄く満たされてきますよ。


[85]>82 登山 sidewalk01

紅葉を眺めながらの登山は本当によいですよね!


[86]>81 お米の香りを感じるうってつけの方法です! wacm

新米ではないですけれど、母が土鍋で炊いてくれるんですよ。lepremierpasさんのいわしで懐かしい我が家の母の背中を思い出しました。

お米がふっくらするだけでなく、お米から流れ出るとぎ汁の湯気が部屋に充満しますよね。

温かくどこか甘美な香りでした。おじやとかおかゆの時にしか食べることがなかったので、お米の香りを感じるには土鍋はうってつけの調理法でしょうね。それに加え、土鍋をじっと注意深く見つめる母の背中を思い出しました。


[87]紅葉を歌う tunamushi

外国に遊びに行ったとき、もうすぐ日本に帰る日がやってきて、さよならパーティーをしました。お別れに、日本に長年住んでいたアメリカ人が、日本の「紅葉」という歌が好きと言うので、みんなで合唱しました。初めて聞く方が多かったと思うのですが、みんな、ワンダフル!とほめてくださいました。遊びに行ったときは春だったので、その時、ふと外国にも紅葉を愛でる文化があるのかな、と思いました。秋の夕日に、照る山紅葉?と歌い出すと10年前のあのころを思い出します。


[88]炊飯器を買ってしまいました。 shig55

新米の季節。一年の実りをいただくのに、炊き方は重要です。これまでどの炊飯器も同じだろうと考えていたのですが、ネットである記事を読んで調べてみました。

その記事では、海外で生活している外交官の家に、その国の人々がご飯を食べに来るというものでした。その家では最先端の炊飯器を使っていて、それで炊いたご飯は他と比べようもないのだそうです。そして、その炊飯器は日本でしか手に入らないので、その国の人々のあこがれになっているとのことが書かれていました。

さて、日本の炊飯器はそんなに進歩しているのだろうかと、家電の大型量販店に行ってみました。調理器具売り場にはたくさんの炊飯器が並び、値段もピンキリです。そのバリエーションの多さにもびっくりしてしまいました。発熱線を釜の周りに這わせて、ご飯が炊けるようにしたのは日本の発明でしたが、いまではさまざまな加熱法が使われているようです。IHで釜全体を加熱するものや、土鍋で均一に加熱するもの、肉厚の銅釜のもの、蒸気をコントロールして加圧しながら炊きあげるもの、など様々でした。ほとんどのものがマイコンを使って火力を調整し、加薬ご飯やおかゆまで炊くことができるようです。

いろいろと検討し、財布とも相談しながらIH で加圧式のものを購入しました。そして新米を炊いてみると、確かに米の粒が立っているようです。一粒一粒がしっかりと炊けています。つやのある見るからにおいしそうなご飯が炊けました。これまでの炊飯器よりワンランク上の、新米の香りとおいしさを楽しめました。炊飯器もなかなか侮れません。


[89]>45 漫然とじっくりゆっくりまったりと fwap

私もです。私の場合は漫然とじっくりゆっくりまったりと秋の時間を感じていたいのです。「秋眠、宵を覚えず」でしょうか。じっくりベンチに座って眺めるのも好きですね。

VEGALEON さんと同じように、紅葉の有名スポットよりも近場の公園で落ち葉を見て時間を過ごした方が好きです。

観光地ですと雑多ですし、じっくり時間を過ごすこともためらわれてしまう。のびのびと自然を楽しむはずの紅葉が楽しめません。

私の楽しみは紅葉の端が水辺に着いたとき、波紋を起こす小さな小さな瞬間を待ち構えていることです。一時期はカメラをのぞき込んでいて目と肩を痛めてしまいました(笑)

ですから、私なんか歩いてすぐそこの公園や最寄りの小学校で紅葉を見る方が充実できます。遠出して箱根あたりの紅葉を見ても目的意識がありませんから。


[90]>33 食べ物を大切にできる人になろう?手始めにお米から? fwap

私も aekie さんと同じように父にものすごく叱られました。ご飯粒を粗末にできない習慣が身についたのですから、お刺身や煮物などのおかずを粗末にできるわけがありません。

当時は貧乏だったですが、父の世代は食糧難を直に体験した世代でしたから、食べ物のありがたみに対する感謝の気持ちはいまの人のそれとは全く異なることでしょう。

何も若い人への教訓話を話したいわけではありません。かつては自分の食べ物を自分の手で作ることで食料を作る大切さや難しさを分かっていたのです。

それが、苗を植えたことがない、鎌を使ったことがない、お米を研いだことがない、との話を聞きます。驚きです。頭で考えるだけでなく、もう少し手を動かし、汗を流して見ることも、食べるために必要ではありませんか?

そうしたら、食べ過ぎなんてできませんし、計画的に物事を考えられ、「モッタイナイ」を実践でき、食べ物を大切にできる人になれますから。


[91]ハロウィンパーティ TRICK OR TREEAT lepremierpas

知人・友人のお子ちゃんもみんな集めてハロウィンパーティ♪

TRICK OR TREEAT

おかしをくれないとイタズラしちゃう??

なので、お菓子を用意して(*^_^*)

大人たちも色々考えます。

これがなかなか楽しいです


[92]>91 お菓子をもらいにいっちゃうぞ?"trick or treat"が"trick and treat"になった日? aekie

私も"trick or treat"で明日以降の2日目のテーマを書こうと思っていたので、先を越されてしまいました。

"trick or treat"ね、アメリカに仕事で滞在していたとき、ハロウィンを迎えたんですね。こっちはゲストですが、お祭りに参加しないと楽しめないよとオフィスの人が誘ってくれたのです。

子どもでもなく、当時30代のおばさんが小さな子どものように"trick or treat"をやりに行くのです。それを見た同僚が大笑い。

子どもがお菓子を取りに行く姿はどこの世を問わず可愛らしいですが、私のような妖気のある「魔女」が"trick or treat"なんて言ったら玄関先のみんなも驚くでしょうね。

行った先も知り合いのイエだったんですが、私と気づいてくれたら抱きしめてくれて、「全く別人だと思ってしまった、ゴメン。許してくれ」なんてハグしてくれるんです。

"trick or treat"、私の中では"trick and treat"になった思い出深いアメリカ時代のハロウィンです。


[93]いろは坂の紅葉狩り ttz

紅葉のメッカとはこのことかと思いました。以前行ったいろは坂の紅葉狩り。大大大渋滞でした。山頂に着いたころには日付が変わっていました。日没後ただただ6時間くらい、闇のいろは坂を目的も無く渋滞の中、登っていました。もう行きたくない。。。


[94]>63 そこで”人力検索”、「米粉パン」 iijiman

米粉を使ったパンを製造している会社があります。

【フーズテクノ】

http://www.foodstechno.com/

「特定原材料」を徹底的に排除し、お米の粉でパンを作っているそうです。

オンラインショップもあります。

http://komekopan.com/

ピザ台なんかもあるようです。

美味しいかな?食べたことはないので、そのあたり体験者のお話などお伺いしてみたいものです。


[95]>80 TKGと言うらしいです、最近。 iijiman

卵かけご飯。略して「TKG」と呼ぶそうですよ、最近では。

http://trendy.nikkeibp.co.jp/article/column/20090305/1024324/

個人的には、うーん、生卵はちょっと苦手かな。

たまに食べると「うわぁ!美味しい」と思ってしまいますが。

新米によく合うおかずとしては、そうですねえ、やっぱり糠漬けでしょうか?


[96]日本人にハロウィンは浸透しているか? ttz

個人的にはハロウィンに参加したことも誘われたことも、そもそもハロウィンが何なのかも、これまで全く知らず触れずに生きてきました。日本人にはあまりなじみの無いものだと思っていますが、最近は違うのかな??


[97]親戚が農家です。 ttz

お米をお店で買うことはまずありません。親戚が農家をやっていて、収穫の時期にいただきに(安価で譲ってもらいに)行っています。玄米の状態でいただいてきて、都度都度食べる分だけ精米しています。味は、やっぱり美味しいです!でも最近、不況のあおりか、米泥棒がまた増えてきているようで、収穫後すぐ取りに来てくれと言われる残念な状況でもあります。。


[98]今まで行った中で良かった紅葉スポットはどこですか? ttz

個人的には、静岡の昇仙峡が良かったです。紅葉だけでなく巨大岩のスケールと紅葉が異様にマッチしていて感動的でした。なんとなく日本的なイメージって言うのかな??


[99]ご飯におかずは無くてもいい。 ttz

ごはん大好きです。ご飯に味がないから他に何かが無いと食べられないという話をよく聞きますが、ご飯はご飯だけで食べて本当に美味しいものだと思っています。味がちゃんとありますし。日本人に生まれ、美味しいご飯が食べられて本当に幸せだと思っています。海外に行くと特に痛感しますね。


[100]>96 コスプレやイラスト文化圏、それと小さい子供達には浸透済み some1

ただどういう意味があるかは浸透していないと思います。

クリスマスも宗教関係なしでプレゼントの日ですしね。


[101]>76 新米 linne

新米の美味しさは異常ですね。私はこの時期になるのを毎年楽しみにしております。心配なのは食べ過ぎて体重が増えないかどうか……。


[102]>27 ハロウィンといえば atomatom

ハロウィンといえばぼくのイメージは仮装ですね。

アメリカに住んでいたことがありますが、子供にとってはもちろん、大人にとっても楽しみな日でした。

近所の子供たちのためのお菓子を用意するのがまず楽しい。

同じあげるんだから、あのイエはいいお菓子をくれるって思ってもらいたいじゃないですか。袋につめたお菓子セットを準備していました。


それからなんといっても仮装。

アメリカ人はいくら年をとっても、そういう遊び心は失わないのですねえ。

おじいちゃん、おばあちゃんもしっかりコスチュームを用意するんですねえ。

ネイルアートをカボチャできめてる人もいて、かっこいいなあって思いました。


今年のハロウィン、ぼくは台湾にいます。

台湾では盛り上がるのかな。楽しみです。


[103]>101 新米 r-zone

ふっくらしてて美味しいですね。

新米で作るおにぎりが大好物です。


[104]>92 仮装パーティー r-zone

良く行くバーでは、ハロウィンの日に仮装パーティーがあります。

誰が一晩夏を決めるんですが、これがなかなか楽しい!

メイドや制服姿やナース、戦隊物など。

バーの店長は田中邦衛で登場していました。

仮装は普段やらない、ハロウィンならではなので、楽しみなイベントです。


[105]>95 TKG koume-1124

365日 たまごかけごはんの本という本が発売競れているほどプチブームになってますよね。

http://365tkg.com/

たまごかけごはん専門店が出てるほどです。

私もこの本買いましたが、中にはえー??とおもうようなレシピも載ってます。

たまごかけごはんって一言でいうととってもシンプルな物ですが

この本を見てからは、チーズを入れたり明太子やアボカドなど。

レパートリーは無限大で楽しいですよね。

さっそく新米が届いたらたまごかけごはんで食べたいです。


[106]>78 カボチャ koume-1124

カボチャの飾り付け、家でもやってます。

中にライトが入っているので

夜になるとボンヤリカボチャのお化けがライトアップされてキレイです。

太陽の光で充電されるので節約にもなっています。


[107]>105 新米 powdersnow

せっかくですので、味が濃すぎない、お米の味が楽しめるものにしたいですね。

味噌汁と漬け物だけなんていうシンプルなものがいいかも……

卵をかけてしまうと、少し勿体ない気もしますね。


[108]>74 街路樹 powdersnow

初めて訪れた先の紅葉も良いですが、毎日歩いている場所が紅葉に染まっていたりすると、季節の移り変わりというものを実感します。

紅葉と言うことは、もう1年も終わりということもあって……いろいろと物思いにふけってしまいますね。


[109]>98 京都 powdersnow

京都の紅葉スポットは色々と行きましたが、有名なだけあって寺社と溶け合って美しい場所が沢山ありましたね。

混雑しすぎているのが、少々難点ではありますが……

できれば、静かにゆっくりと見れるスポットがあると嬉しいですね。


[110]>86 土鍋で powdersnow

最近では、家だけではなく、お店でも土鍋で炊いたのを売りにしているところがありますね。

時々行くお店に置いてあるので、行くたびに注文するのですが、炊飯器で炊いた物とは違う印象で、非常に好みです。


[111]>97 親戚 powdersnow

野菜にしてもお米にしても、そういった形で入手できる方はうらやましいです。

費用という意味よりも、安心感という点で、非常に良いと思うんですよね。

生産者がはっきりしているというのは、大きいと思います。


[112]>77 家から fumie15

山が見られるので簡単に紅葉が見えます。季節ごとに変わる絵のようです。


[113]>109 京都 twillco

紅葉と言えば京都です!

観光客も大勢居るので窮屈に思う場面も多々ありますが

それでもスバラシイ景色と紅葉で毎年満足して帰ってきています。


[114]>100 あまり意識はしていません fumie15

詳しく知ることができたらいいのですが。


[115]>104 仮装パーティー fumie15

一度はやってみたいですね。

一度誘われたのですが、仮装が思いつかずやめてしまいました・・・。


[116]>89 近所の公園を見てきました iijiman

近所の公園、春に桜を見に行く場所に、行ってみました。

[f:id:iijiman:20091022123826j:image:w450]

まだ一部が紅葉しているだけです。

来週か、再来週あたりには、もっと鮮やかになっているかなと思います。


[117]>116 写真もいいですね aekie

週末に一気に色づき始めるんではないでしょうか?そしたら、またもう1枚写真を撮って下さい。素晴らしい写真です。

秋の訪れを実際に肌で感じるのもいいですけれど、写真で感じるのもいいですね。

湯河原ですと温かい気候なので、まだこれから紅葉が始まるんでしょうね。私の住んでいるトコではもう紅葉が始まっていて、落葉もチラホラ。

冬の訪れを早く感じることができるのもうれしいですが、冬がちょっとだけ長いのも四季を大切にする日本に住んでいるのにちょっともったいないなって感じます。


[118]>113 京都 kinnoji7

京都の紅葉も有名ですね。秋に訪れる京都は紅葉が美しくて絵になりますね。


[119]>112 紅葉狩り kinnoji7

紅葉狩りに出かけて秋を楽しむのもいいですね。この秋、美しい景色を楽しみながら写真に収めて満喫できたらいいなと思います。日光の紅葉辺りを散策したいですね。


[120]>108 街路樹 kinnoji7

街路樹の紅葉もすてきですね。絵になります。都会の中にある自然の紅葉を街路樹を歩きながら楽しむことができますね。


[121]>46 紅葉の写真撮影 kinnoji7

やっぱり紅葉は写真撮影をして楽しみたいですね。真っ赤に染まった景色を自分の気に入った角度から写真に収め、その写真をアルバムにしてたのしみたいです。一生の宝物になりますよね。


[122]>84 ドライブ kinnoji7

真っ赤に染まった紅葉の中を車で駆け抜けていくのも秋の楽しみの一つですね。目に映る景色を感じながらドライブができたら癒されます。ただし脇見運転だけは気をつけたいです。景色を楽しむときは車を一旦停めてから満喫します。


[123]>121 香嵐渓 NAPORIN

名古屋から出かける足助の香嵐渓はとてもいいスポットです。

夜のライトアップもしています。

夜空にたいまつのように燃え上がるようにみえます。

夜景というのは写真向きではないなら、昼間も川の水や橋の遠景が見えてきれいです。

が、道が1車線で細いので、どうしても、平日でないと込み合います。

駐車場も少なくて高いです。そこはご注意を。


[124]>56 カレーに新米、もったいないやらおいしいやら NAPORIN

おととい、出かけた先でのお昼に

ひさしぶりに、一人でカレーチェーン店に入りました。

頼み方の要領を忘れたし急ぎで、チキントッピングをしたほかは

「量ふつう」「辛さふつう」で頼みました。

でてきたお皿をみて「あれ、ここの普通ってこんなに大きかったっけ」。

家で食べるのよりずいぶん大きく見えて、しかもチキンがたよりなく真ん中に。

味も単調そうで食べきれるかなとおもったんですが、一口たべてびっくり

「これ新米だ!」

お米が真っ白でつやつやで立ってる。

さすが、お米を大量につかうお店なら、安さとおいしさを

両立する仕入れができるわけですね。

正直、以前はルーの味がいまいちで自分で作るほうがおいしいと思ったので、

しばらくチェーンにはこなかったんですが、ルーも以前よりおいしくかんじられて、

少しだけごはんをあまらせたら福神漬けもあって、

結局ぺろりと完食できました。

ほかほか炊き立ての新米ごちそうさま!


[125]>115 装いは案外質素 aekie

現地の仮装パーティーといっても、本当に質素なものでしたよ。

黒色の厚紙を丸めて帽子を作ったり、豪華なものは料理ですね。

鶏肉をこれでもか、というくらい煮詰めたスープにホワイトソースたっぷりのラザニア。きっと寒い地方ならではの食事だったんだと思います。

歓待してくれるのはありがたいんですが、向こうの人の食べる量といったら。ついて行くだけでも必死でした(笑)


[126]>125 仮装パーティー twillco

若い頃、友人達とハロウィンホームパーティーをした時に

仮装パーティーをしました。

なかなか面白かったですよ!

本場のハロウィンは凄そうですね〜!

一度行ってみたいです。


[127]>107 たまごかけごはん twillco

新米で作る卵かけご飯は格別ですね!

私は青じそをかけて食べるのが好きです。

香りが良いので、普段の卵かけご飯の味に変化がでるんです。

旅行での朝ご飯には温泉玉子で作る卵かけご飯が最高ですね。

おかかと醤油をかけて食べるのが定番です。


[128]>110 ガスマットのご紹介(売り子ではありませんn) aekie

私は土鍋で炊いたご飯が大好きです。炊き込みご飯もおいしいですし、七草のおかゆは土鍋ですと風情がありますよね。

土鍋でできた焦げや水気の抜けたご飯もきっちり食べますよ。

よく土鍋で炊いて、ご飯の芯が残ってしまうことが多いと思いますが、そんなときは「ガスマット」と呼ばれるものを使うと火力がぐんと上がります。

私も疑心暗鬼で買ったのですが、これがいい。値段自体も安価で、これからガス代を心配することなく調理に使えます。

これで、冬の寒い時期もご飯を土鍋で楽しむ、熱々の鍋焼きうどんにも使えますよね。


クッキングガスマット

rakuten:shizenkan:10002314:detail


[129]>119 土の栄養を焼却炉へ持って行くな!?腐葉土のススメ? fwap

紅葉狩り、私も行きますよ。ただ、今年はいろいろとイエやその他のつながりで楽しみがたくさん増えたので、自宅近所の公園で紅葉狩りをしようと思います。

熱海の梅園は最寄り駅から3駅(30分くらい)隣にありますが、12月頃までかな?!12月入ってしまうと今度は山茶花や椿に関心が移ってしまいますからね。見頃は来月1ヶ月でしょう。

静岡は温暖で、食事も美味しく、産業のバランスも良く、老若男女住んでいて、東西の文化どちらも取り入れています(裏を返せば、主体性がない)。ぜひ、静岡にいらして下さい。地味な県ですが、日本の素晴らしいところを凝縮したような場所です。


湿った紅葉を持ち帰って、コンポストに入れて腐葉土を作ります。腐葉土もできあがってからすぐ畑に蒔くのではなく、じっくりじっくり重ねて腐るのを待ちます。

待てるだけ待つと本当に腐るんです。でも、においは別に不快なものではなく、とてもいい香り。

せっかくの落葉が燃えるゴミで出されるのは土のミネラルを捨ててしまうのと同じ。落葉の養分を循環できるようにしたいですね。


[130]>122 紅葉の中をドライブ adgt

おちついた音楽を聴きながらいきたい


[131]>114 浸透してきたと思います tunamushi

ここ数年ですが、お菓子の売れ行きが3倍くらいになっているそうです。言われてみれば、ハロウィン仕様のお菓子が増えたように思います。クリスマスやバレンタインに次いで賑やかです。キャラクターもかぼちゃのかぶりものをしたり仮装したり。限定商品に目がないのでついつい食べてしまいます。


[132]>130 関心あるから保護できる自然 wacm

大学生の時かな?いろは坂ドライブを部活のみんなでしましたよ。景色を贅沢に眺めたいのですが、頂上の明智平は人で一杯。

すぐそのまま下りのルートへ入りました。運転手の部活の後輩はひたすら先輩風を吹かせた私たち先輩に従うまま、一向に楽しめなかったはずです(笑)

ドライブもいいですけれど、自然を楽しむことと環境保護の両立を考えていきたいです。でも、関心がないと自然を保護できないですからイエで少しでもいわしが多くなればと思っています。


[133]>129 ゴミ袋で回収する行政の姿勢に疑問です wacm

私もfwapさんとは違うかもしれませんが、自然の循環に興味があります。毎年毎年肥料も何もなく木々が葉や花を咲かせるのが不思議です。

雨は上から降ってくるので自然に供給されますし、日照りも必ずあります。ですが、土が足りなくなる時ってあるんですかね?

土にはミミズやダンゴムシなどいろいろな生き物が生息していて、小さな生態系を営んでます。

雑草を刈ったり、落葉をゴミ袋で回収する行政の姿勢に疑問を持っています。


[134]>117 身近な発見 sayonarasankaku

有名なスポットに観光で行くのも楽しいですけど、

あんがい身近なところで楽しめたりしますよね。


どうしても近くにあると、良さになかなか気づかないものかもしれませんね。

私もデジカメを持って、近くの公園に散歩に行きたくなりました。


[135]>127 卵料理でよかったものを卵掛けご飯に活かす fwap

青じそを振りかけるのはいいですね。季節のシソ巻卵などいろいろ卵料理にアレンジを卵掛けご飯に戻してみるって良さそうですね。


卵掛けご飯専用のお醤油が出ています。全国各地でそれぞれ名産品として出しているので、私もつい1つ買ってみました。

カツオダシが効いているそうでして、お醤油自体はめんつゆライクな味わいでした。

卵掛けご飯がブームということらしいのですが、「コレステロールが気になる」年頃なので控えています。

それに、あまり噛まないでも食べることができる食事なので、私にとって新米を楽しむには適当ではない気がします。もちろん、おいしいですよ。


[136]>2 歳とともに、 sayonarasankaku

若い頃には、わからなかった良さなど、

年を重ねるにしたがってわかるようになることってありますよね。


紅葉に美しさや花火などは、消えてゆくはかなさを想ったりします。

景色だけではなくて、読書などもまた違う感じ方をするようになった気がします。


わかる年齢になったかわりに、何かを無くしているのかもしれませんが・・・。


[137]新米でおにぎり tibitora

新米の食べ方、シンプルな食べ方で好きなのはおにぎりです^^

お塩だけつけて握ったおにぎりや、それに海苔を巻いたもの、ちりめんじゃこをまぜたおにぎりやおかかや鮭のおにぎり…

薄焼き卵を巻いて作るおにぎりで食べるのもおいしいです^^

紅葉を見にハイキング(ウォーキング)するときにお弁当にして持っていくのもいいなあと思います。

炊き立てでつくったあつつあったかおにぎりも、少しさましたほんのりあったかおにぎりも、熱のなくなったおにぎりもどれもそれぞれおいしいです^^

炊き立てでおにぎりを作るときはおにぎりメーカーを使うと手が熱くなくていいですよ^^

http://item.rakuten.co.jp/heart-company/wc-62039/

http://item.rakuten.co.jp/model-bon/ket140017/

ハート型や動物型もあります^^


[138]>85 箱根山系ドライブ、親子4代芦ノ湖での紅葉 fwap

私も山登りですと近所に高い山がないので、車で芦ノ湖湖畔へ行きます。標高も1,000メートルいくかいかないので、寒すぎず紅葉を楽しめる場として有名です。

上のいわしでも ttz さんが、「今まで行った中で良かった紅葉スポットはどこですか?」なんてタイトルを立ててくれていますけれど、私の大好きな場所も同様に箱根ですね。

箱根の芦ノ湖、湖畔に紅葉が浮かび、黄金色で反映した水辺は遠くから見眺めると紅葉だとは気づかないほど見事な景色です。

そして、芦ノ湖の海賊船に乗って楽しむ。これ私が生まれてちょっとした頃にはもうありました。父から私、私から子ども、そして孫と4代で楽しめる芦ノ湖になりそうです。


[139]>136 散歩と読書 AYAKASHI

過ごしやすい穏やかな日が続きますが、こんな時期は落ち葉やドングリを踏み分けて散歩に出かけてみたいです。のんびりと本でも拡げてうとうとするのもいいかもしれませんね。


[140]>135 卵掛けご飯 r-zone

卵掛けご飯専用のお醤油を持っています。

ダシが加えられているので甘味があって

卵にとても良く合うお醤油なので

卵かけご飯がよりいっそうおいしく頂けます。

お刺身や冷奴にかけても凄く美味しいので重宝しています。


[141]>140 たまごかけごはん tibitora

たまごかけごはん、地域によって違いはあるのかなと調べてみたらこんなページを見つけました。

http://www.tamagokake.jp/

全国のたまごかけごはん

いろんな人のいろんな食べ方が地域別で見ることができてどれもおいしそうです^^

それから、たまごかけごはんを作るときの注意点も書かれてありました。

・卵の保管は10℃以下が目安です。持ち帰った卵は、すぐに冷蔵庫に入れましょう。

・生卵を食べるときは、賞味期限以内にお召し上がり下さい。

・卵かけご飯、すき焼き、納豆など、卵を生で食べる場合には、破卵(殻が割れている卵)やひび割れ卵(殻にひびがある卵)は使用せず、食べる直前に殻を割るようにしましょう。

・栄養価の高い卵は、暖かいご飯の上では細菌が増殖しやすくなりますので、すぐに食べましょう。

だそうです。

これからは寒い気候ですが、家の中は暖かいので生の食べ物を食べるときは気をつけて、おいしくいただきたいです^^


[142]>69 ディズニーランド sayonarasankaku

ハロウィン、すごく楽しいらしいですよね。

子供が大きくなってしまって、なかなか行く機会がありません。


ディズニーランドは大人になっていても楽しめますね。

大人も子供に戻ってしまうようなところです。


[143]昔ながらの米屋 mekishiko

先日、近所の米屋に新米を買いに行ってきました。

実は、いつも米はスーパーで売っている、

ビニールの袋にパックになったものを購入していたんです。

今回は、たまたまあるきっかけがあって、

昔ながらの米屋で購入することになったのですが、

当然のごとく、その場で精米してもらいました。

精米したての新米ご飯、本当においしいです!

これって、実はとても贅沢なことで、

かつ日本人としては幸せなことなんではないかと

じみじみ実感しました。

とにかく、おかずがなくてもバクバクいける!

そういう意味では、スーパーで手軽に購入する米も

もちろんいいのですが、

思い切って昔ながらの米屋で購入するのも、

密かに秋を満喫するいい機会となるのではないかと。

町の米屋にはがんばってもらいたいものです。


[144]>123 ライトアップ powdersnow

紅葉の時期にライトアップを催しているところがありますね。

そういったところは、その時期にしか撮ることが出来ない写真がとれたりするので、足を運んだりします。


[145]>131 むいて無いし to-ching

真似する必要も無いのでは?


[146]>79 秋の食材 powdersnow

せっかくの新米ですから、旬の美味しい食材を使いたいですね。

秋は、魚に茸など、旬のものも多いです。

色々と調理などに工夫をして、美味しくいただきたいです。


[147]>138 登山 powdersnow

登山の場合、標高が大きく変化するので、木々の彩りの変化を楽しむのも楽しいですね。

とはいえ、山はもうとても寒くなってきていますから、準備や計画には万全の注意を払いたいものです。


[148]>94 ですね・・・ to-ching

所謂パン、麺類等食べさせてあげたいです。


[149]>137 おにぎり powdersnow

本当に美味しいお米は、へたに具を入れたりせずに、塩むすびでいただくのも美味しそうです。

あとは海苔をまくか、厚焼き卵にソーセージくらいの簡単なおかずで十分でしょうか。

せっかくの紅葉シーズンですし、新米のおむすびを持って、どこかに出かけるのも良いかも知れません。


[150]>118 そうですね・・・ to-ching

修学旅行生のいないところに限ります。


[151]>111 うちも・・・ to-ching

お米は買ったこと無いです!ありがたいです。野菜も本当に美味しい。ところで新米も頂きましたよ!


[152]>141 玉子かけご飯 to-ching

必ずご飯の真ん中に穴あけてくださいね!


[153]新米リゾット お粥 雑炊 lepremierpas

水分の多い新米を利用して、リゾットやお粥、雑炊。

ハロウィンもかねて、かぼちゃのリゾットなんていうのも美味しいです。

少しチーズを加えて、お好みでオリーブオイルやバターを加えてみてください。

コクがあって凄く美味しいです


[154]>132 紅葉ドライブ lepremierpas

日光のいろは坂は綺麗ですよね。

少し酔いやすいですが、久方ぶりに行きたくなりました。

前にいろは坂近辺で野生のおさるさんも見ました。

駐車場で車に座っていて凄く可愛かったですよ。

おさるさんも紅葉を楽しんでいるのでしょうね


[155]新米を使ったお酒 lepremierpas

新米を使ったお酒なども売られていますよね。

http://www.iwate-np.co.jp/cgi-bin/topnews.cgi?20091011_P

職人さんの心がこめられていて、お酒飲むのにももっと有難く頂きたいって思います。

あまり飲まないたちなのですが、職人さんの姿を見たら、少しばかり口にしたくなりました


[156]>155 醸造酒 eiyan

新米、冬冷水を使う新酒は新たかです。

特に大寒の水を使うのが常識で当然です。

水の良し悪しで新酒の価値が決まりますね。


[157]>24 紅葉 eiyan

紅葉は植物のサイクルで起こります。

南地方でも高い山の上では紅葉があります。

テレビニュースでの紅葉は写真効果で美しく見えますね。


[158]>32 農作業 eiyan

農作業は辛いですね。

でも今は昔と違って機械任せ。

手作業が本当の農作業の感覚ですね。


[159]>34 落葉 eiyan

落ち葉を押し葉にするのは良いですね。

綺麗な天然色の葉っぱを集めるときっとカラフルでしょうね。

赤、青、黄色・・・。?

アレ!何かの色だね!?

まさか信号機の葉っぱとは行かないでしょうね。


[160]>39 水分 eiyan

新米は呼び水が多いので浸水は控えめにするのですが、浸水と共にサラダ油等油分を数滴垂らすと水分を調節してくれますよ。

この方法ですと浸水は加減要らずで済みます。

例え水を入れ過ぎたとしても柔らかくて輝きの鋭いご飯に炊けます。

その後水分調節が働いて丁度良いご飯になります。

ですから浸水調節は不要にしてます。


[161]>61 郷愁 eiyan

秋の紅葉が始まると寒い冬の蘇りです。

雪国特有の自然の猛威は経験者でないと語れませんね。

ですから秋のうちに食料を保存するのですね。

かまくらや雪冷蔵保存庫は自然との共存から編み出されたのですね。


[162]>150 京都 ttz

あ?京都の紅葉は行ってみたいですね。まだ行った事ありません。キレイで有名ですよね。JR東海のCMを思い出しました。


[163]>144 写真 ttz

紅葉の写真。紅葉に限らないけど、目で見て綺麗だと思ってバチバチ写真を撮るけれど、現像してみたら普通の景色。プロカメラマンじゃないから目で見た以上に綺麗な写真は撮れません・・・


[164]>54 かぼちゃパイ eiyan

自然食が叫ばれている昨今、カボチャのパイは自然的で美味しいですね。

これからは自然食の宝庫を巧みに利用するのが良いですね。

日本の自然食は見直されますね。


[165]>65 ふりかけ eiyan

ご飯にふりかけをするのは美味しさを求めてですが、そのふりかけの種類によって色々な食感が楽しめますね。

調味料をご飯にかけて食べるのが美味しいのですが、胡椒やコーヒー等普段利用しないものをふりかけとして利用するのも面白いですね。

どんな食感がするのか試しながらの摂取も冒険的案件があって面白いですね。


[166]>88 炊飯器 eiyan

炊飯器も最近は圧力釜等の技術が発達しましたね。

加圧式も高級品は高価ですね。

本当は圧力釜でご飯を炊くのが美味しいです。

圧力釜は炊飯器よりぐんと安いですが、炊飯が難しいですね。


[167]>106 カボチャ ttz

カボチャのお化け。ハロウィン=カボチャ。カボチャ以外もあるんだろうか??


[168]>99 ご飯 eiyan

ご飯は昔ながらのお釜に薪で炊くのが美味しいです。

ジックリ炊くとおかず要らずのご飯になりますね。

昔ながらの炊き方が一番です。


[169]>142 ディズニー ttz

ハロウィンのイメージ無いけれど、なんでもやっているのねディズニーは。。


[170]>162 京都 南禅寺?哲学の道?銀閣寺 VEGALEON

「そうだ 京都、行こう」JR東海のコマーシャルで有名ですね。

秋になると「京都」に行きたくなります。

修学旅行で行ったのが最初ですね。

それから何度か行きましたが、週末の京都は混雑します。

平日の「哲学の道」がオススメです。

「紅葉」はもちろん綺麗ですし、割と人が少なくて穴場です。

「哲学の道」のすぐ横に有名な喫茶店があり、必ず寄ります。

おいしいコーヒーを飲みながら「秋」の物思いにふける・・・

いいですね?

他にも手作りの小物のお店などがあり、ゆっくりと「紅葉」を満喫できます。

「湯豆腐」は値段が高いですから御注意を!

お土産には「漬け物」をお忘れ無く!

「柴漬け」がオススメです。


[171]ハロウィンのお化け tk09

子供の頃は異常なまでの”怖がり”でした。

たまたま怪談話を聞いたときなどは、数日間は誰かと一緒にいないとダメという日が続くぐらいです。。。


ハロウィンはそんな恐怖の塊でしかなかった”お化け”を、”かわいく”て”楽しい”要素を与えてくれるイベントのように感じます。

私が小さい時にもハロウィンがあれば、もう少し楽しい”お化け”をイメージ出来たような気がして、本当に残念です。

今の子供たちは、昔ほど”お化け”が怖くなくなっているかもしれませんね。


[172]>146 炊き立てご飯と秋刀魚 adgt

想像しただけでヨダレが・・・


[173]>133 紅葉狩り adgt

一面の紅葉は、なんか幻想的に感じる


[174]>152 卵かけご飯 adgt

ちょい邪道だけど、魚肉ソーセージを細切れにしていれると尚うまい!


[175]>152 卵かけご飯 adgt

ちょい邪道だけど、魚肉ソーセージを細切れにしていれると尚うまい!


[176]>170 紅葉ではなくいちょうの「黄葉」ですが、横浜・日本大通 iijiman

横浜の都心、関内から横浜公園を抜けて、県庁・山下公園方面への道「日本大通」。

ここに見事なイチョウ並木があります。

周囲のちょっとクラシックな外観のビルともマッチして、独特の雰囲気があります。

場合によってはちょっとギンナン臭いかも。

都心であれだけのイチョウが見られる場所って、あまり無いような気がします。

http://www.enjoytokyo.jp/id/nagachin-sense/107900.html

ところで、京都の紅葉、いいですよね。三千院の鮮やかな紅葉が忘れられません。


[177]収穫された新米に感謝、脱穀とその民具?稲穂から精米まで? fwap

私の夫@浜松が代々、農家を営んでいるので、農業に親しみがあります。親戚は果樹園(!?)を兼ねキーウィやブドウ、温室メロン、花ではガーベラやチューリップを栽培しているので秋と言えば夫の実家というイメージがあります。

そのなかでも農業で親しみあることと言ったら秋の収穫、稲の刈り取りです。黄金色した稲穂を秋の夕方、夕日が空を染め上げるときに刈り取るのは心地よく、涼しく、日の沈むまで作業を続けることが日常です。

稲の刈り取りから精米し、そして新米をおいしくいただくまで、いろいろな作業があります。いまでは米研ぎをしなくてもそのまま食べることのできる無洗米もありますし、いろいろと便利な世の中になりました。精米する機械も自動販売機感覚に使える施設もあり、1回ワンコインといってご飯を食べるまでの苦労を感じなくなってしまいました。

そこで、たまたま偶然なんですが先週都内に出かけたときに、「白根記念渋谷区郷土博物館・文学館」へ行ってきました。そこでは渋谷区の歴史を縄文時代から、江戸時代、明治大正昭和期、戦災から復旧した開発期と時代ごとの渋谷の顔を紹介してくれています。


◆<脱穀>

脱穀するときの機械が種々展示されていました。お米を収穫すると千歯こきで稲穂から種・実を取ります。唐箕で重い実だけを残すことができます。説明書きより調べてみると、唐箕のふるい分ける作業は女性の仕事だったみたいです。

千歯こきに使う木が何か分かりませんでしたが、先は竹です。また、(唐)箕も同じく竹製で、むしろを下に敷いていました。イエでもこれまで多く扱った竹と生活の関わり合いを実感できたような気がします。


◆<写真>

本来、博物館や資料館では撮影禁止のところが多いのですが、撮影が許可されていたので、撮った写真をアップし掲載します(見えるかな?)。

[f:id:fwap:20091015140123j:image:w450]

[f:id:fwap:20091015140107j:image:w450]

どうでしょう。使い古した温かさと仕事師のような雰囲気が伝わってきませんか?

初めて写真をアップするので、リンクを念のため入れておきます。

http://f.hatena.ne.jp/fwap/20091015140123

http://f.hatena.ne.jp/fwap/20091015140107


最後に、「千歯こき」、「唐箕(とうみ・からみの)」ともに一発で変換することができませんでした。これは生活から脱穀が切り離されたことを象徴していると思われます。

巨人の堀内投手がコンバインで指先を切断してしまったことは有名で、実は母方の親戚でも指先を切り落としまった人を知っています。

農業の仕事は機械化で軽減されていますが、まだまだ肉体的な労苦は他の労働以上です。それに、生活の根幹に関わるのでイエのみなさまに、食の安全に関心のあるとりわけ若い方に見てもらいたいです。


[178]>176 京都も fwap

iijiman さんは横浜なんですね。私も大学時代よく横浜まで出かけて山下公園「日本大通」へ行きます。

高校時代もイチョウ並木を通って、最寄り駅まで行っていたので、まるで地元へ帰った気分に浸ることができました(神奈川と隣県ですが(笑))。

ギンナン臭いのが唯一の欠点ですよね(笑)それさえなければ、日本は紅葉とイチョウだらけになるのに。

日光も京都もいいですけれど、やはり身近に見るものや意外な場所にあるところがいいですね。ただ、竜安寺の池に映った山の紅葉は本当に美しいです。嵐山もこれから紅葉真っ盛り。気象庁の3ヶ月予報も出たことですし。


私のパソコンの壁紙はいま南禅寺の石庭です。紅葉の美しい秋を感じさせてくれる美しい風景です。

※iijiman さんより、いわしへの写真のアップ方法を学びました。いつも素晴らしい作品ありがとうございます。

先日、ご紹介下さったデジカメ・テクニックの本を買い、少しずつ鋭意勉強中です。


[179]もみじまんじゅう lepremierpas

紅葉といえばもみじを思い出します。

そしてもみじといえば、もみじまんじゅう。

ご近所さんがよくお土産に下さいます。

昔からあるだけに凄く馴染みのある味で、優しく美味しいです。

お茶をすすりながら、もみじを眺めて食べてみたいです


[180]>178 京都 r-zone

京都ですね。

紅葉が最も似合う土地だと思います。

京都は、桜よりも紅葉のシーズンの方が混むようです。

普段夜には入れないお寺なども、この時期はライトアップされて夜間拝観ができるようになりますし、トロッコ電車に乗りながらの紅葉見学もまた素敵な時間です。


[181]>87 日本独特の文化かもしれません。 meizhizi87

日本では、紅葉をはじめ、小さい秋みつけた等、秋らしい歌が昔からありますね。私も、外国人は紅葉を愛でる文化があるのだろうかと思い、早速調べてみました。

確かに、葉っぱが紅くなっていくのは外国にもあるそうです。しかし、日本のように四季がはっきりしていなかったり、もともと葉っぱが黄色の木がたくさんあったりするので、日本人ほど、紅葉狩りを楽しむという習慣はないようです。

これは意外な発見でした。春の桜も夏の緑も秋の紅葉も日本人ならば昔からよく親しんできたものです。紅葉の観光名所があり、渋滞まで発生していると聞いたら、外国人も驚くでしょうね。日本の誇れる文化をうれしく感じます。

http://www.nenrin.or.jp/nara/sawayaka/life39/2.html


[182]簡単に作れるハロウィンおやつ TinkerBell

ハロウィンにちなんで、誰にでも簡単に作れるお菓子を考えてみました。


◆カボチャの揚げパン

材料

・薄い食パン(12枚切りくらいの薄さ)

・カボチャ 25g×パンの枚数分

・ハチミツ 適宜

・揚げ油 適宜


揚げパンと言ってもパン生地を上げるのではなく、パンにカボチャを包んで揚げるだけですから簡単です。

まずパンは耳を切り落としておきます。

12枚切りがなかったら、6枚切りを半分にして使ってくださいね。寝かせて横に包丁を入れていけば上手に2枚にできます。

カボチャは種を取り皮を剥いてレンジでチン。潰して、カボチャの甘味に応じてハチミツを混ぜます。

カボチャを25gくらいを取ってパンの中心に置き、茶巾のように包んでいきます。てっぺんを凧糸などで仮止めし、上手に丸くして形を作ってください。てっぺんでパンが大幅にはみ出すようなら適宜ちぎります。

あとは揚げ油を熱して揚げるだけです。

油の温度は190?200度くらい。かなり高温です。高温にした方が油っぽさが残らずおいしく仕上がります。

中まで火を通す必要がないので、パンの表面がおいしそうなきつね色になったら引き上げてください。

網の上にキッチンペーパーを敷き、その上に乗せてよく油を切ります。

仮止めの凧糸をはずして、お好みでチョコのデコペンでジャックランタンの顔を描いたりしてもかわいいですね。


あ、切り落としたカボチャの皮やパンの耳も一緒に揚げるといいですよ。

パンの耳にはお砂糖をまぶして。

カボチャの皮は熱いうちにサッとお塩をまぶすとチップス風味でいただけます。


◆ジャック・オ・ケーキ

カップケーキの上にジャックランタンが乗ったかわいいケーキです。

材料

・適当な市販のカップケーキ 作りたい個数分(もちろん自分で作ってもいいですよ。ホットケーキミックスを使えば簡単に作れます)

・カボチャ これも作りたい量を適宜ですが、以下の分量は中玉1/4個(よくカットして売られていますね)を想定して書きます

・砂糖 カボチャの甘さに応じて大さじ3?5くらい

・生クリーム 大さじ4

・バター 大さじ2

・チョコのデコペン


カボチャは種を取り皮を剥いて適当な大きさに切ってレンジでチン。

よく火が通ったら潰して、熱いうちにバターと砂糖を加えます。

よく混ざったら粗熱を取り、生クリームを加えます。量はラフでいいので、好みの固さ(柔らかさ)に調節してください。

これをカップケーキの上にまあるく盛って、チョコのデコペンでジャックランタンの顔を描けばできあがり。


残ったカボチャの皮は、今度はちょっと大人のオードブル。

たとえばそぎ落とした皮部分を1cm角くらいに刻み、レンジでチンして、それからバターを引いたフライパンで炒めます。味付けは塩とコショウとガーリックパウダー。

一緒に同じく1cm角くらいにした赤ピーマンなどを炒めると彩りがきれいです。

それをみじん切りゆで卵のマヨネーズ和えとか、クリームチーズなどに混ぜ、クラッカーや、カリッと焼いた薄切りバケットの上に乗せると、カボチャのオードブルの出来上がり。

ケーキと一緒に、ハロウィンパーティーの食卓が飾れます。


ほかにも色んなハロウィンおやつが考えられると思います。

たとえば蒸したカボチャを裏ごしして和三盆で甘さを調節し、布巾で丸く絞ってやると、和風のハロウィンおやつになると思います。

大きさは小さな一口大。ころころいっぱい作ると楽しいと思います。

カボチャはそれだけでも甘くておいしいですから、ちょっと手を加えるだけですてきなおやつになりますね。

ハロウィンにはきっと、キッチンにも魔法の力がやどります。

おいしいおやつ、作ってみてください。


[183]紅葉シーズン 山のゴミ広い lepremierpas

紅葉シーズンになると、ポイ捨ても多くなって大事な自然を汚して帰る人も多いです。

だから、ゴミを見つけたら皆が拾うという意識を持つことで少しでも山などを綺麗に保っていけたらいいなと思います


[184]>145 子供のいる家や若い人たちには TinkerBell

かなり浸透していると思います。

お店はこの時期どこに行ってもハロウィンの飾り付けでいっぱいですし、

おもちゃ売り場に行くと子供向けの仮装用品もいろいろ。

以前はハロウィンというとテーマパークのイベントで楽しむものというちょっと特殊な存在だった感じがありますが、

最近は家で楽しむ季節行事として定着してきた感じがします。


ハロウィンは本場の西洋でも地域性が強い行事で、

カトリックの万聖節前の晩にやるからといって教会が行事を主催するわけではありませんから、

カトリックが盛んな国や地域でも、ハロウィンが浸透しているとは限らないんだそうです。


友だちが北陸の人口数千人くらいの小さな町を通ったら、

農協の店先にハロウィンかぼちゃとして小さな飾りかぼちゃが並んでいたと言っていました。

もしかすると日本のハロウィン浸透度はすごいかもしれません。


[185]>126 ハロウィンパーティ koume-1124

子供の頃に英会話教室に通っていたので

先生の家でハロウィンパーティしてました。

その日は1日英語のおケイコはお休みで

お昼間からパーティーしてました。

お菓子が貰えるのが楽しみで行ってましたね。

日本では中々まだ馴染みが無いイベントですが、仮装しながらホームパーティーとか憧れですね。

子供ができたらやってみたいです。


[186]草も紅葉するのをご存じですか? YuzuPON

紅葉というとまずカエデやイチョウなどの木本を思い浮かべますが、草の中にも立派に紅葉するものがあります。

たとえば山野に見られる、薬草としても有名なゲンノショウコは、秋になるとこんなふうに葉を色づかせます。

http://www.bornconduction.com/blog/life/archives/2009/09/post_77...


薬草と言えばドクダミ。ドクダミも紅葉します。ドクダミは地面に広がって生えますから、日の当たり加減による色づき方の違いが楽しめます。

http://pht.so-net.ne.jp/photo/ja1crw/images/470522


山で見られるヤマノイモは、秋になると葉を黄色に色づかせます。このあとは地中のイモだけで冬越しします。

http://hananusubito.blog13.fc2.com/blog-entry-1666.html


水に浮かぶ草、ヒシも紅葉します。こんな感じ。

http://blogs.yahoo.co.jp/kawamotera/50969805.html


水に浮かぶ草といえば、スイレンの仲間のヒツジグサも色づきます。これはきれいです。

http://blogs.yahoo.co.jp/yamaya22jp/GALLERY/show_image_v2.html?i...


そのほか、道端のなんでもないような雑草、たとえばエノコログサやイヌタデなども、秋になると葉を色づかせます。

http://plaza.rakuten.co.jp/kadoume/diary/200711220000/


これらも秋を彩る立派な紅葉です。見上げるばかりが紅葉ではなく、秋はこんな足元にもこんなすてきな「草紅葉」が訪れるんです。皆さんも足元の秋を探してみてください。


[187]>103 お米 ds-i1

ごはんは、いつもおいしいですね。


[188]>184 参加するものとしたら・・違うかな nakki1342

個人的には、参加するものとしては

まだまだ浸透してるとは思わないですが

ハロウィンという言葉の認識度

スーパーなどの売り場でそれ仕様の製品を

見ることは多くなってる気がします


[189]稲刈りに sayonarasankaku

まだ子供が小さいころに、

日帰りの稲刈り体験ツアーが当たって新潟まで行ってきたことがあります。


子供と一緒に黄金色の畑にはいって稲刈りをした後は、

農家のかたが新米のおにぎりをご馳走してくれました。


中には何も入ってなくて、そとにゴマがまぶしてあるだけなのですが、

とても美味しかったです。

魚沼産のコシヒカリで、もちろんお米が良かったせいもあるのですけど、

稲刈りの後で畑で食べたことがまた美味しく感じた大きな理由だと思います。


新米のおにぎり、本当に美味しいですよね。


[190]>187 新米 theresia57

私は、こしいぶきが好きです。


[191]>134 ただ見るのはやめたい wacm

近所の公園では小さな子どもたちが母親に手を引かれ、葉っぱを観察していました。

紅葉を観察することや写真にして記録に残すことも大切ですが、紅葉で他の住む時間を作ることが一番大切ですね。

子どもに紅葉の美しさや観察することを教えることは、デジカメや動画でそのときそのときを残すことと同じくらい大切ですね。


[192]>188 参加するといっても大人は… MINT

お菓子くれないといたずらしちゃうぞなんて言えませんし、普通は仮装もしませんから、日本人的なハロウィンは「ディスプレイの楽しみ」になると思います。ハロウィン的な飾りをして楽しむという参加の仕方ですね。この時期、ジャック・オー・ランタンを飾っている家は多いと思います。カボチャを飾るという習慣は、日本の秋の収穫感謝ともよくマッチしますから、受け入れられやすいのかもしれません。

また、どっちかというと今は、お菓子会社がバレンタイン商戦に次ぐハロウィン商戦を目論んでいる感じがあって、そういう過剰な浸透の方が心配な気がします。素朴な手作り行事として定着していくといいですね。


[193]>168 飯ごう ttz

子供のころはよくキャンプで飯ごう炊飯をしました。失敗して水っぽいご飯にしてしまったことも何度もありますが、炊飯器では味わえないおこげの具合とか、最高でした!!


[194]ベランダの発泡スチロール田んぼの稲刈り MINT

わが家では冬至がスペシャルデー。この日に炊く「冬至粥」のために、毎年小規模ですが、ベランダで稲を育てています。品種はキヌヒカリ。埼玉県の田んぼでいただいた一束の苗の子孫です。キヌヒカリという品種は首都圏や近畿圏などの気候に合った稲として作られたもので、兵庫県、滋賀県、そして関東では埼玉県などで多く作付けされているそうです。ですから、首都圏のわが家でも、毎年すくすくと良く育ってくれています。

植え付けているのは発泡スチロールの箱に土を入れて作ったミニ田んぼです。それでは、わが家の稲作歳時記と稲の一生をご紹介しましょう。


・稲の赤ちゃん時代

毎年、前年に収穫した籾の一部を種籾として保存しておき、発泡スチロールの箱に作った苗代にまいて発芽させます。


・稲の幼児期?小学生時代

それを発泡スチロールのミニ田んぼに田植えします。すると、苗代の段階ではひょろんと一本しか伸びていなかったような苗が、田植え後はどんどん分けつして立派になっていきます。この時期に熟成堆肥をちょっと追肥。水温にも気を付けます。溜まり水は藻がわきやすくなるので、時々水を捨てて、別に作っておいた日なた水と入れ換えます。


・稲の中学生時代

その後に中干しといって、いったん田んぼの水を抜く時期がおとずれます。稲もずっと根っこが水浸しではいけません。一度は土の中に空気を送り込んであげたほうがいいんです。こうすると丈夫な根が育ちます。


・稲の高校生時代

五日ほど中干しをしたらまた水を入れます。この頃から穂が育ちはじめます。稲の青春真っ盛りです。


・稲の大学生

稲の花が咲きます。花びらはないけれど、穂に花粉が輝きます。


・稲の就活期

いよいよ、実が育ちはじめます。実るほど頭を垂るる稲穂かなの時期です。この時期になったら鳥よけのネットで覆います。小鳥さんたちには別に麦粒をプレゼント。


・稲、いよいよ卒業、社会に飛躍

穂が出て40日くらいたつと黄金色になってきます。穂の8割くらいが黄金色になったら刈り取り時期です。刈り取った稲は根元で束ねて、風通しのいい場所に逆さにして干します。「はさかけ」です。

この収穫を、先日迎えました。夏に天候が優れなかったので実の入り方がどうかなぁとちょっと心配でしたが、今年もいい実りに恵まれました。こうして収穫された稲の穂の一部を取って枕の中に入れて、冬至の日まで毎晩一緒に寝て過ごします。

古代人は稲が実ると初穂を抜いて、それを寝具の中に入れて、冬至まで我が子のように毎晩一緒に寝て過ごしたんだそうです。それを冬至の日に臼で搗いて白米にして、新しく熾した火で炊きあげて神様にお供えしたんだそうです。宮中には新嘗祭という行事がありますが、元々はこうして炊かれた特別な冬至粥のことを新嘗と呼んでいたみたいです。

http://q.hatena.ne.jp/1224478095/189426/#i189426

稲を自分で育ててみると、新米の時期の感激がひとしおです。食べ物のありがたさ、尊さもよくわかります。種籾や苗の入手が難しいかもしれませんが、発芽玄米が作れる玄米なら種籾に使えますから、興味のある人はぜひやってみてください。たとえ茶碗一杯に満たないお米でも「わが家産」は格別です。


[195]>167 カボチャ sidewalk01

あの大きいやつはスゴイですね


[196]>83 銀杏並木 sidewalk01

すごく雰囲気がありますね!


[197]ハロウィンに日本のカボチャ感謝祭 Fuel

ハロウィンかぁと野菜売り場に立ち寄ってカボチャを見ていて、恥ずかしながら初めて気が付きました。輸入カボチャの多さに!

さっそく家に帰って調べてみると、日本のカボチャの生産量は約22万6000トン(2006年現在)。特に生産量が多いのは北海道で、全国の1/3以上を占めるとのことでした。しかし最近は年々減少傾向にあります。

逆に消費量の方は最近は上昇傾向で、一時期減少した消費が持ち直しつつある、と書かれていました。この生産減少と消費持ち直しの間を埋めているのが輸入です。

2005年の貿易統計によると、カボチャの輸入量は12万1732トン。年度が1年ずれているので単純計算は出来ませんが、前述の数値と比べると、なんと国内生産量の半分以上に相当する量が輸入されていることになります。

主な輸入国は1位がニュージーランド、2位がメキシコ、そして3位がトンガです。ま、これらの諸国からの輸入の理由はわかります。それは日本のカボチャの端境期の需要を埋めるため。国産カボチャの流通量が減少する季節の輸入なら、日本の農家に与える打撃もある程度は抑えることができるでしょう。

参考:http://www.pumpkinkabotya.com/knowledge/volume.html

しかし問題は中国産です。カボチャはウリの仲間ですから、ウリミバエの発生が懸念されます。ウリミバエは元々日本には存在しない虫ですから、これが日本に持ち込まれると生態系を崩しますし、さらにウリ科だけでなくナス科植物などにも寄生するため、農業に大打撃を与えかねません。このウリミバエが懸念されるとして従来日本では中国産カボチャの輸入を認めてこなかったのですが、昨年政府はこれを認めてしまいました。

解禁対象地域は農水省消費・安全局長が指定するとしていますが、中国国内でカボチャが移動されてしまえばそんなものすぐに骨抜きです。さらに日本のカボチャとほぼ同じ時期に生産されることになる中国のカボチャのどこに価値があるというのでしょうか。中国産カボチャは日本のカボチャとの競合とウリミバエの危険で、二重に日本の食を危うくするものになりそうです。

そこで「ニッポンのハロウィン・国産カボチャ感謝祭」の提案です。ハロウィンには生産地の分かっている日本のカボチャを買いましょう。日本の露地栽培のカボチャの収穫期は6月?9月ですが、カボチャは長期保存がきく野菜ですから、今の時期でもちゃんと日本のカボチャが出回っています。

同じ買うなら日本のカボチャと一人が一人に呼びかけるだけで、日本のカボチャサポーターが倍に増えます。そして“食料安全保障”への関心が高まります。

ハロウィンのカボチャ提灯は、これで悪い霊を脅かして追い払うという魔除けの意味があるらしいですから、国産カボチャで無軌道な輸入も追い払いましょう。もちろん良い輸入、必要な輸入もあるとは思いますが、安いから、儲かるからというだけの輸入は、日本の食をだめにします。

ハロウィンは日本のカボチャでおいしく楽しく。日本の農業の豊かな実りに感謝する一日にしたいと思います。


[198]>196 イチョウはもう日本の風景になじんでいますね w83

もともと日本在来の木ではないのですが、多くの町で、シンボルとなっているようです。私も小さいころ、大きなイチョウのあるお寺で遊びましたし、大学の並木もイチョウでした。残念ながら甘酸っぱい思い出はないですが、昔を振り返るとところどころにイチョウの木が顔をだします。


[199]>189 うちもおわりました w83

ちょっと運悪く刈り取ってから雨が続いたので、芽がでてしまったのもあるのですが、どうにか無事終わりました。


[200]ハロウィン絵本や本 tibitora

かわいいハロウィンの絵本を見つけました^^

ハロウィンの日にお菓子と飲み物をお供にかわいいハロウィンの絵本を読むのもいいなあと思います。

お菓子はハロウィンのかぼちゃのお菓子や、おばけやこうもりや十字架の形のクッキーを用意して、飲み物はあったかいココアや紅茶^^

吸血鬼やミイラとかモンスターが好きになりそうな絵本たちで、英語の本は勉強にもなりそうです(^^)

たのしいパーティ料理の作り方がのっている絵本もあるのですが、売り切れなのがちょっと残念です。


http://item.rakuten.co.jp/book/1010692/

ハロウィンナー

足がうんと短くて、胴がうんと長い犬オスカーは、いつも仲間から「ウインナー」とからかわれて、うんざり。ハロウィーンの日、ほんとうのウイナー(勝利者)と認められたのは…。

http://item.rakuten.co.jp/book/5849241/

ハロウィンのランプ

かぼちゃのランプでおばけをおどかそう!ハロウィンにたのしむ絵本。

http://item.rakuten.co.jp/book/5866013/

ハロウィンドキドキおばけの日!

10月31日は、ハロウィン・パーティ。ともだちはみんな、たのしみにしているけれど、こわがりのレイは、ゆううつ…。そんなレイのところに、こわがりおばけのシェイクがまよいこんで、さあ、たいへん?!かんたんおばけや、たのしいパーティ料理のつくりかたなど、ハロウィンが、もっとたのしくなるワンポイントアドバイスもあるよ!!さぁ、たのしくハッピー・ハロウィーン。

http://www.amazon.co.jp/%E3%81%8A%E3%81%B0%E3%81%91%E3%81%AE%E3%...

おばけのジョージーのハロウィーン

ジョージーは、はずかしがりやのちいさなおばけ。きょうはハロウィーンのおまつりの日。ひろばでおこなわれるコンテストに、本物のおばけのジョージーがでたら、一等賞まちがいなし。でも、はずかしがりやのジョージーはひろばにいくこともできません。すると、ともだちのふくろうやねこが…。かわいいおばけの、おまつりのよるのぼうけんを、やさしい文章と絵で描いた、たのしいものがたり。

http://www.amazon.co.jp/10-Trick-Treaters-Janet-Schulman/dp/0375...

10 Trick-or-Treaters

薄気味悪い、暗い夜

10人の子どもが出かける。

キャンディをくれなかったら

恐い目にあわせちゃうぞ。

ハロウィーンの夜にキャンディを集めに出かけた10人は、自分たちが恐い目にあう方になるなんて思いもよらない。カエルがすぐそこで飛び上がり、ダンスパーティに行かせろと骸骨が言い寄り、自分にもキャンディをよこせと怪物が迫る。


[201]新米モッチもち YAMAHAx9LOVE

自分がひとり暮らしし始めてからかれこれ20年、

毎年秋口に実家から新米が送られてきます。

「少し水減らして炊いてください」

の手紙と一緒に。


それを初炊きするのはだいたい「夕食用」なのですが、

炊きあがった時のいつもより高く立ち昇る(と言えばいいのか)

「ごはんの香り」


そして最初にしゃもじを差し込んだときの

「しゅわっ」

というやわらかさ、


最後にそのしゃもじの上に

「ツンと立っている米粒」

...

...

実家にいる両親のココロに、感謝!


ちなみに、残りご飯を翌朝に食べるのですが、

これまたモッチモチの食感でたまりません。


追伸:昔は10月下旬にもらってた新米、

今は9月中旬に受け取っています。

温暖化のせいでしょうかね...


[202]>197 日本のかぼちゃ tibitora

日本のハロウィンは日本のかぼちゃでお祝いしたいですよね^^

かぼちゃは切ってしまうと痛みやすいですが丸のままおいておくと長く保存できますので今の時期でも買うことができますね。

日本のかぼちゃでおいしくハロウィンを楽しんで、日本の農業、農家の方たちに感謝をする1日になればいいなと私も思います。

そしてかぼちゃだけじゃなくて今の季節だとさつまいももおいしいですので国産さつまいもスイーツも一緒に^^

ご飯にはおでんやシチューなどの鍋物とかじゃがいもやほかの野菜もたくさん入れて、日本で作ったり取れたり(魚)した食べ物だけを食卓に並べてみたいです。

元々日本にいない虫が入ってきてしまうかもしれない危険があることははじめて知りました。

日本のウリ科やナス科はその虫に寄生されたことがないと思いますので耐性がないかもしれなくてよけいに不安です。

輸入に頼らなくてもいいように普段から国産の食材を選ぶようにしていきたいですね。

多少高くても日本の国で生まれた日本の野菜たちを食べるようにして、日本の実りに感謝をしたいです。

それから、日本のかぼちゃというと「日本一どでカボチャ大会」というのがあるんですよ^^

508キロの巨大カボチャが優勝したそうです、こんな大きなかぼちゃでジャックオランタンを作ったら迫力がありそうです(笑)

http://sankei.jp.msn.com/photos/life/environment/090927/env09092...


[203]>186 草の紅葉かわいいです^^ tibitora

紅葉している小さな草たちかわいいですね^^

ゲンノショウコの赤っぽく紅葉している葉っぱと緑の葉っぱがきれいだなあと思います。

どくだみやヤマノイモは黄色くなるのですね、紅葉すると知らなかったら「枯れちゃったのかなあと」勘違いしそうです。

ヒシやヒツジグサは黄色や赤に紅葉するんですね、ヒシというと実が忍者の使う「マキビシ」に使われていたのでそれを想像してしまいます(笑)

http://qjy.web.infoseek.co.jp/botanical-souhon/hishi/hishi/hishi...

エノコログサはねこじゃらしだ?と思ってしまいました、ほんのり赤いのがかわいいですね^^

イヌタデは紅葉も小さな花(?)もかわいいです^^


散歩やウォーキングの時には足元の小さな紅葉も楽しみながら歩こうと思います^^

楽しみが1つ増えました、ありがとうございます。


[204]新米のおにぎりを持ってお米のふるさとを訪ねる momokuri3

わが家にも新米がやってきました。新米とくればおにぎりです。さっそくおにぎりを作って家族で楽しみましたが、ただでさえおいしい新米のおにぎりを、もっとおいしく食べる方法を思いつきました。それはお米のふるさと、田んぼを訪ねて、その畦道に座って食べることです。

以前私は「ひこばえ」(根元から生えてくる芽のこと。刈り取りが終わった稲の株からも盛んに生えてくる)を育ててみたいといくつか田んぼを回ったことがありますので、その時に、この計画にぴったりな田んぼを見つけていたのです。

http://q.hatena.ne.jp/1191387748/119633/

さっそく新米でおにぎりを作ることにしました。もちろん何ごとも自作しないと気が済まない私ですから、お米を炊く所から自分で行い、最高のおにぎりの自作を目指すことにしました。師匠は、私に言わせると世界一のおにぎりを握ってくれる母にお願いすることにしました。母のおにぎりは本当においしいのです。

早朝。まだ暗いうちからおにぎり用の炊飯に取りかかりました。おにぎり用は、普段より心持ち水を少なめに炊くのがコツなのだそうです。母のおにぎりは、炊飯の段階からおにぎりに特化していたのでした。新米は水分含有量が多いので、事前に何度か炊いて、最適な水加減を調査しておくことが大切です。

炊けたらお寿司用の飯台に移して、一粒一粒が離れるようにほぐしました。昔は炊けたご飯は必ず「おひつ」に移したものだったそうです。飯台に移すことでそれと同じ効果が得られますので、この工程で日本のご飯本来のおいしさが引き出されます。

ここで「おひつ」ではなく飯台にしたのは、握る前に粗熱を取るためでした。熱いうちに握ってしまうと、おにぎりの中で発生した水蒸気が外に逃げられないため、せっかくのご飯が水っぽくなってしまうのです。冷めてもおいしいおにぎりとするためには、手で触れる程度の温度まで冷ましてから握ることが大切です。ただし温度が下がりすぎると握りにくくなります。

手水は水10に対して塩1(重量比率)で作った塩水です。これで手を濡らし、飯台の中のご飯おにぎり一個分をやさしくほぐし、ダマのない状態にしてから手に取って握っていきました。握り加減は寿司と同じ。外側はしっかりまとまっていながら、中心部はふんわりと空気を含む。この握り加減が大切なのだそうです。このコツを会得するまでには、ずいぶん時間がかかりました、

今回は新米のおいしさを味わうおにぎりなので具は入れません。ただの塩結びにすることにし、おかずは漬け物を別途添えることにしました。

こうして自作の最高のおにぎりが完成。大量の練習用失敗作を「お昼に食べてください」と父母に押しつけ、私は田んぼを目指して車窓の人となりました。

電車からバスに乗り継ぎ、バスを降りて少し歩くと、目指す田んぼがありました。道すがら柿の木があり、赤い実がたわわに実っていました。田んぼに到着すると、もうすっかり稲刈りが終わっていて、刈り取られた株からは、青々としたひこばえが芽を吹いていました。稲は本当は多年草ですから、冬のない国ならここから再び実りに向けたライフサイクルがスタートするのです。

畦道に立つと、ちょうど田んぼに影が落ちましたので、以前拝見したid:Lady_Cinnamonさんの写真を真似して私も一枚。影の周りに見える緑の草は雑草ではなく稲のひこばえです。

f:id:momokuri3:20091024182348j:image

この後は畦道に腰を下ろし、ゆっくりとおにぎりを味わいました。晴れ渡った空の下、秋風の中で食べるおにぎりは最高の味わいでした。

今回私はおにぎりの極意を習得する中で、お米の奥深さ、日本の食の奥深さを学びました。そして伝統が培ってきたそのおいしさを再認識しました。日本が、質・量ともにこんなに豊かな食に恵まれているのは、稲作があるおかげですね。日本の稲作をいつまでも守り、応援していきたいと思いました。


[205]>198 イチョウ theresia57

イチョウの葉の形はなんともシュールですよね。

栞に使ってみたくなります。


[206]>195 カボチャ theresia57

ゆでたカボチャに、ごまドレッシングをかけて食べました。

結構いけますよ。


[207]>193 飯ごう theresia57

飯ごう炊さん、なつかしいですね。

めちゃくちゃ焦がしてしまった思い出があります^^;


[208]>192 ほとんど意識していません theresia57

商戦に利用しているという認識しかありません。

行事の意味や目的をいまいち理解していませんし。


[209]>180 京都 theresia57

京都御所の秋の一般公開に行ったことがあります。

人でいっぱいでしたが、とても綺麗でした。


[210]目で、そして香りで、サトウカエデの紅葉を楽しむ Catnip

サトウカエデ。樹液を煮詰めてメイプルシロップにするあのカエデです。北米原産ですが、寒さに強く、がっしりとした幹に育ちますので、日本では街路樹や公園の木などに多く使われています。池袋の近くの公園にも植わっていて、いい色に紅葉していました。

木の葉越しに太陽が見上げられる時間帯は、ひときわ美しい光景が楽しめます。大きな葉を通して降り注ぐ光は美しく、真っ赤な日差しに包まれる感覚はなんとも言えません。

サトウカエデの大きな葉を拾ったら、これでヘリコプター遊びが出来ます。葉を高い所から落とすと、クルクルと回って落ちていくのです。葉の形によって良く回る葉とそうでないものがありますから、いい葉を探すのも楽しみの一つです。サトウカエデは北米ではとてもポピュラーな木なので、多くの子供たちがこの葉っぱのヘリコプター遊びを経験しているようです。

またサトウカエデには独特の甘い香りがあります。大きな木の近くに行くと、風向きにもよりますが、その香りを感じることができます。もちろん落ち葉からもその香りがします。サトウカエデの森の中で落ち葉に埋もれて寝てみたいと、遠いカナダの秋を想像してみます。

サトウカエデは木目が美しく堅牢な材質なので、家具や楽器の素材としても珍重されます。特に美しい模様の木目をしている物には、その模様ごとにバーズアイ、カーリー、キルテッドなどの名が与えられ、高級木材として珍重されています。

最近、わが家の庭にもこのサトウカエデが仲間入りしました。それはこの本を手にしたことがきっかけでした。

あかいはっぱきいろいはっぱ (かがくのほん)

あかいはっぱきいろいはっぱ (かがくのほん)

  • 作者: ロイス エイラト
  • 出版社/メーカー: 福音館書店
  • メディア: 大型本

子供向けの絵本ですが、樹木を愛し、親子でそれを育てていくストーリーに、とても感銘を受けたのです。「かがくのほん」ですから、巻末にはサトウカエデの育て方まで載っています。思わずがらにもない本を買ってしまった勢いで、サトウカエデの苗も買ってしまいました。これが育ってわが家を甘い香りに包んでくれる頃、私は何歳になっているでしょうか。


[211]>208 せっかくですから意識してみましょうよ Catnip

日本は何でも商売の具にしてしまうクセがありますね。クリスマスしかり、バレンタインしかり。ですから、ハロウィンくらい私達の物にできたらいいと思いませんか。今ならまだ、あまり手垢が付かない状態で、私達なりのシーズンイベントに育てていけると思います。そのためには“家庭で祝う”あり方が不可欠ですね。

クリスマスだって、日本の場合、その本来の意味や目的とは別のところで祝われているのですから、ハロウィンもそれぞれの家庭ごとの楽しみ方を創造していけばよいはずです。百軒の家で百通りのハロウィン。そういう楽しみ方でいいと思います。


[212]紅葉酒を楽しむ tough

紅葉酒といっても、紅葉をお酒に漬けるわけでも、杯に飾るわけでもありません。杯に紅葉を浮かべている写真などは時々目にしますが、実際にやってみるとあれは飲みにくいものです(笑)。そうではなく、紅葉を愛でつつお酒を楽しむこと。それが紅葉酒です。

白楽天の詩に「林間煖酒焼紅葉 石上題詩払緑苔」というのがあります。林間でお酒を暖めるために紅葉を焼いた。なんとも風流です。

この詩にならい、庭のモミジを眺めながら燗酒を楽しむ。これがわが家の紅葉酒です。わが家のモミジはまだ小さく、これから育っていくモミジですが、それでも秋になると一人前に紅葉します。葉が色づいてくると、父が嬉しそうに、週末空けといてくれよと声をかけてきます。紅葉酒の誘いです。

肴は、湯豆腐。人肌のぬる燗と、熱々の湯豆腐。そこに爽やかな秋の風。いつの間にか母も加わって、おだやかな団欒の時が流れます。

紅葉狩りもいいですが、こんなふうにゆったりと穏やかに季節と語らうような楽しみ方は、外ではなかなか難しいと思います。その点、庭のモミジなら、心ゆくまでゆっくりと楽しめます。帰りの時間が気にならない。飲み過ぎて酔いつぶれても大丈夫。小さなモミジを愛でつつ、いつまでも親子で杯を傾けます。こんな週末の過ごし方もいいものです。


[213]>172 炊き立てご飯 jozetora

いいですね!アツアツのご飯にはどんなオカズでも合う気がします。


[214]>173 紅葉狩り jozetora

秋が深まってくると、近くの山に紅葉狩りに行きます。また、ドライブするのもいいですね。肌寒さの中、美しいものを見ているとすごく満たされます。


[215]>154 紅葉ドライブ jozetora

車で走っていて丁度、葉が落ちるところに出くわしたりすると食い入るように見てしまいます。


[216]>128 お米を土鍋で炊く jozetora

すごく美味しいです!


[217]新米の季節を新作弁当の工夫と、それを持って出かける行楽で楽しむ TomCat

新米の季節の楽しみの一つに、お弁当作りがあります。もちろん行楽の秋を楽しむためですが、美味しいお弁当があれば近所の公園だって素晴らしい観光地。毎年、新作のお弁当開発に力が入ります。

今年は冷めても美味しい特徴を持つコシヒカリの新米と、米どころ越後の食材や郷土料理を組み合わせて、新作幕の内弁当を作ってみました。しかしこれがなかなかに難関。幕の内と言えばバラエティに富んだおかずが特色ですから、メニューを決めるのにだいぶ苦労しちゃいました。

◆お品書き

【ご飯編】

まずご飯ですが、今回は弁当用と言うことで、水加減を抑えて炊くことにしました。お弁当はフタ付き容器に詰められますから、水加減の多い軟らかいご飯だと、食べる頃にはべったりと固まってしまうのです。これではせっかくの新米が台無し。弁当用のご飯は、冷めても米粒と米粒の間に、ふっくらと空気を含んでいることが大切です。

しかし、水加減を控えただけではただの固いポロポロご飯。この食感を改善するために、コシヒカリ3合につき盃一杯の餅米「こがねもち」を混ぜて炊くことにしました。こがねもちも越後を代表する品種です。

【真鯛の黄金焼き編】

真鯛の黄金焼きは、今回ほとんどこちらのレシピを参考に作りました。

http://www.mari-na.com/cooking-menu/tai/kimiyaki.html

ただし今回は弁当用と言うことで、ちょっとアレンジを加えています。

まず鯛の切り身に軽く塩をして絞めるとともに生臭さを抜きます。約30分ほど放置。

続いて味噌床作り。上のレシピではシンプルな塩焼きをベースにしていますが、ここでは西京漬け風味の下味を付けていきます。合わせ味噌の分量は、

の割合。

切り身の表面を拭き、水分と塩を取り除いて味噌床へ。冷蔵庫で約1時間寝かせてから取りだして余分な味噌を拭き、オーブンで焼きます。非常に焦げやすいので、アルミホイルを被せるなどして焦がさないよう気を付けながら、ゆっくりと焼いていきます。

ミディアム程度に焼けてきたら、

の割合で混ぜた物を刷毛塗りし、さらに焦がさないよう注意しながら、ゆっくりゆっくり加熱します。卵液が乾いたら塗り、乾いたら塗りを繰り返して、たっぷりと卵の皮膜を作って完成です。盛り付けは、参考サイトの写真のように、真ん中からスパッと斜め切り。お弁当として扱いやすい大きさにして盛りつけます。

【ぜんまい煮編】

材料は、

本格的なぜんまい煮には身欠きニシンが加わりますが、今回は魚がバッティングするので使いません。代わりに出し汁に煮干しを使って、味に深みを出すことにします。なお、ぜんまいの戻し方は、このあたりを参考にしてください。

http://allabout.co.jp/gourmet/cookingabc/closeup/CU20070818A/ind...

煮干しダシの取り方には色々ありますが、今回は欠席(笑)の身欠きニシンの風味も補わせますので、次のような方法で行いました。

  1. 煮干しは頭とハラワタを取って、油を引かないフライパンで乾煎りします。量は、水2カップにつき煮干し15g。
  2. 乾煎りした煮干しを鍋に入れ、水を加えて火にかけます。
  3. 中火で約10分間。浮いてきたアクは取り除きます。
  4. 火から下ろして布巾で濾して、特製煮干しダシの出来上がり。

事前に煮干しを乾煎りするのが今回の特徴ですね。これで風味豊かな出汁が取れます。

レンコンの下茹では、水1リットルあたり酢70mlくらいの酢水を作り、水から茹でて、沸騰後約10分。空気に触れると変色するので、切る直前までそのまま鍋に浸けておきます。

ニンジンは可愛くモミジの葉の形に切りましょう。戻したゼンマイは食べやすい長さに。レンコンはイチョウ切りがお弁当としては扱いやすいでしょう。コンニャクは適当な大きさに手で千切ります。

鍋に適宜の量の出し汁を張り、醤油と砂糖と味醂でめんつゆよりちょっと濃いめくらいの味付けの煮汁を作り、落とし蓋をして、味がなじむまでゆっくりと煮含めていきます。味付けは煮含めながら味見をして、適宜好みで調整していってください。火から下ろしてそのまま粗熱を取れば出来上がり。もちろん本当は温かいうちに頂きますが、今回はお弁当ですから、ね。盛り付けは汁気をよく切って。その分、冷ます段階で煮汁に浸けたままにしておいて、味を良く素材に含ませます。

彩りとして、塩茹でにしたサヤインゲンを添えましょう。

【ちくわの梅じそ巻き揚げ編】

これはもう、「堀川」のサイトで紹介されていた物そのまんまです。大葉と梅肉の風味が、揚げ物なのに油っこさを感じさせません。冷めても美味しく頂けるお弁当向きの一品となりました。

http://horikawa-corp.co.jp/recipe/03/post_19.html

【蕪の浅漬け、柚子風味編】

蕪は皮をむいて、薄くスライスします。葉も扱いやすい程度の長さに適宜切っておきます。柚子皮は千切り。

蕪と葉を塩で揉み、浸出した水分をキュッと絞ります。ボウルに移して柚子皮の千切りを加え、柚子果汁と醤油をふりかけて良く和えればできあがり。しばらく冷蔵庫で寝かせて、盛り付け時には水分を絞って盛りつけてください。

あとは、適当なお弁当箱にご飯を俵型にふんわり握って並べ、胡麻塩をちょこんと乗せて、おかずを上手に盛りつけて出来上がりです。私は東京の人間なので、これがはたして越後風なのかどうかは全く自信がありませんが、とりあえず米どころの食材が集まって、お弁当箱の中で収穫感謝祭を開いている、そんなイメージでデザインしてみました。

私はこんなふうに、新米の季節を、新作弁当の工夫と、それを持って出かけるプチ行楽で楽しんでいます。


[218]>217 栄養を蓄えたぜんまいや山菜をいただく wacm

これは美味しそうなお弁当ですね。お弁当は冷めてもおいしいように工夫することが本当に難しいです。特に、和食だと味付けが濃い目になってしまい、本来の素材の持つうまさを再現できなくて苦労しっぱなし。デパートや料亭で売られている高級弁当でもその傾向が感じられてしまいます。

そのなかで、私が感心したのが

ですね。私は山菜採りが趣味ですが、山菜はこの時期になりようやく冬眠の準備にはいるのです。栄養を蓄え、おいしくなった山菜を食べる新米を味わう弁当というテーマ、とても素晴らしいと思いました。

お弁当を作るときには、弁当箱に入れたときの見栄えも考えなければならないですが、これはとても見栄えも両立させていると思いました。素晴らしい新米弁当、秋の味覚さすがです。


[219]>214 紅葉狩り theresia57

西日本はもう紅葉もそろそろ終わりですね。

もっと堪能したかったな…


[220]>174 卵かけご飯 theresia57

おいしいですよね。

お醤油をちょっと入れていただきます。

なぜか、ふと食べたくなるんですよね。


[221]>149 豆ご飯をおにぎりに theresia57

豆ご飯のおにぎりが大好きです。

外で食べるとより美味しく感じます!


[222]>219 紅葉狩り meizhizi87

家の近くの運動公園を散歩してきました。まさに秋真っ盛りといった感じでとても綺麗でした。カメラを持って行ってよかったです。スポーツ大会も行われていて、サッカーやテニスの試合を観てきました。ジムには時々行っていたのですが、公園内を散歩するのは初めてだったので、こんなに紅葉が広がっているとは知りませんでした。来てよかったです。広くて運動(散歩)するのにもピッタリでした。これからも来て散策しようと思います。

f:id:meizhizi87:20091025164622j:image


[223]>177 農業の道具 TinkerBell

日本の食と命を支えてきた貴重な道具たちですね。

千歯こきや唐箕、素朴な道具ですが、けっして間に合わせではない、しっかりとした作りになっていますね。

きっとこういう道具もそれぞれに専門の人がいて、丹誠込めて作っていたのだと思います。


今はもう、都会生活では田畑すら教科書の中でしか知らない暮らしです。

都会の子供は切り身の魚しか見たことがないから食の尊さがわからないなんて言われてずいぶんたつと思いますが、

今は毎日食べているお米の元の姿さえ知らない子供が増えていると思います。


>農業の仕事は機械化で軽減されていますが、まだまだ肉体的な労苦は他の労働以上です。

ちょうどお米の刈り取りの時期にお米の生産で有名な地域を通ったことがありました。

そうしたら、大きな田んぼに刈り取られた稲が全部寝かされていて、

それを数人で束にくくる作業をしていたんです。

わしっと稲束を一掴みして、根元を稲藁で巻いてから器用に稲束を回転させると、あら不思議。

結ぶ動作なんかしていないのに、しっかりと根元で縛られた束のできあがりです。

まるで手品のような熟練の技でした。

それほどに手際が良くても、あの大きな田んぼで手作業では、きっと一日では終わらないと思いました。


家に帰って調べてみました。

あの稲束を作る作業は、もちろん「はさがけ」のためですね。

やはり思った通り、昔ながらのはさがけで自然乾燥させるお米は、少し高く出荷できるみたいでした。

農家の中には、少しでもお米の価値を上げるために、機械を使えばすむところにも、わざと昔ながらの手仕事を残している人がいるんですね。

でも、はさかけ米も機械乾燥米も、そんなに大きな取引価格の違いはないらしいこともわかりました。

それでも楽できるところにも手間を惜しまないプロの誇りみたいなものがあるのかなぁと思いました。


農業の歴史や昔ながらの道具、そして実際の農作業の様子。

お米や野菜を食べる人なら、一度はじっくりと見て、知って、

そしてできれば真似事ではない本当の農作業を体験する機会を持ちたいですね。

ファーストフードと出来合いのお総菜で全てが済んでしまう今の暮らしだと、

素材としての野菜やお米に全く触れずに過ごしてしまうこともできてしまいます。

そんな時代だからこそ、田畑の段階から食を見つめていく必要があるんだと思います。


[224]>194 稲作歳時記と稲の一生 TinkerBell

苗代での稲の赤ちゃん時代から、刈り取りの社会人デビューまで、本当に人の成長記録と似ていますね。

中学生時代は根っこを育てる、高校に入ると穂が出始める。

こんなたとえを中高校生の時に聞いていたら、もっと充実した中高生時代が送れたかもしれません。


わが家では今年、ちょっとだけ小豆を育てました。

小豆って、芽が出始めるとぐんぐん育っていくんですね。まるでジャックと豆の木みたいに元気元気。

それがいい実りを迎えました。

刈り取ってドライフラワーみたいに逆さに吊してあります。

そうか。一部を取って、一緒に寝てあげるんですね。

ていうか、一緒に寝てもらう?

さっそくかわいい袋を作って、その中に小豆を入れて、枕元に置いて寝ようかと思います。

枕の中にもしのばせた方がいいのかな。

これで私も冬至粥を作りますね。

来年は稲にも挑戦してみたいです。


[225]>200 集めたくなっちゃいますね TinkerBell

絵本と過ごすハロウィンていうのもすてきですね。

一冊買うと、次から次へと集めたくなってしまいそうです。

毎年何か一冊ずつ、コレクションを増やしていくのも楽しそうですね。

ハロウィンをはじめて知ったころは、えー、おばけや魔女のおまつりなんて趣味悪?い、と思っていたんですが、

あれはそういうキャラクターであって、みんなハロウィンの楽しい仲間たちなんですね。

ハロウィンにちなんだ絵本を手作りしても面白そうです。

ちょうど文化祭や学園祭などが盛んに行われているこの季節。

手作りハロウィン絵本展なんて開催できたらすごく楽しいでしょうね。

会場ではちょっとした仮装大歓迎。お菓子は出ませんがいたずらしないでください。なんて♪


[226]>202 こういうハロウィン大賛成! TinkerBell

ハロウィンなんて興味ない、流行に乗せられて海外のお祭りのまねなんてなげかわしい、と考える人もいると思いますが、

もうけ第一で何でも輸入したがる商社と、それを簡単に認めてしまう国の方がなげかわしいですね。


ハロウィンはもともとケルトの収穫祭だったということですから、

この日を日本のカボチャに感謝する日にするのは、とてもいいことだと思います。

詳しい書き込みで、私にも日本のカボチャのことがよくわかりました。


私はフードマイレージにとても関心を持っています。

日本中がこのことに強い関心を持っていくようになったら、どんなにCO2が削減できるだろうかと思います。

新しいCO2削減の目標に反対する人たちがいますが、

そういう人たちには日本の農業を守ることでいっしょにCO2も削減しようというような前向きの気持ちと日本を愛する心を持ってもらいたいと思います。


ところで508キロの巨大カボチャってすごいですね。

普通は特別大きな物でも500gくらいでしょ。

その、せ、千倍!!すごい大きさです。

今ちょっと軽トラックの最大積載量を調べてみたら、350kg以下と書かれていました。

ということはこのカボチャ、軽トラでは運べない!!

これでランタンを作ったら本当にすごいことになりそうですね。


[227]>204 すてきな新米の楽しみ方! TinkerBell

新米をおにぎりにして楽しむのは、わが家でもけっこう恒例ですが、

それを田んぼを訪ねていくハイキングでさらにおいしく楽しむというアイデアはすてきです。

写真がすてき!!うららかな秋の日差しが伝わってくるようです。


また最高のおにぎりを自分で握るための努力もすばらしいです。

田んぼ訪問体験とおにぎり作りで二重にお米作りに対する関心と知識が養われて、すばらしい食育にもなりますね。

読んでいて色々参考になることがありました。

私のおにぎりはまだまだ未熟でした。

私もがんばっておいしいおにぎり作りの極意に挑戦してみますね。

そしてお米に感謝して、日本のお米作りをキッチンと食卓から応援していきたいと思います。


[228]>218 なんてすばらしいお弁当! TinkerBell

本当に、食材がお弁当箱の中で収穫祭を開いているような、

華やかさと楽しさと滋味がたっぷりのお弁当ですね。

想像するだけでため息とよだれが出てしまいます(笑)。

私もぜんまい煮にとてもひかれました。

この素朴で、それでいて味わいの深い一品は、新米のおいしさをひときわ引き立ててくれると思います。


煮汁のだしに乾煎りした煮干しを使うというアイデアがすごいですね。

きっとしっかりとした強いおだしが取れると思います。

煮汁はめんつゆくらいの味の濃さとかかれていますが、

これはもちろんペットボトルに入った3倍濃縮のめんつゆの意味ではなく、

うどんの丼に張られたつゆくらいの味、と判断していいですね?

しっかりとしたおだしをきかせれば、お醤油も味醂も控えめの薄味でおいしい煮物になると思います。


新米の季節にこんな創作弁当をくふうして行楽に出かけるなんて、すばらしい楽しみ方ですね。

よーし、私も!!

いつかイエコト・ミシュランで「新米をいかす新作お弁当コンテスト」なんてできたら楽しいでしょうね。

そしていつか、みんなで自慢の新作お弁当を持ち寄って、分け合って食べるハイキングもやりましょう!!


[229]>212 これはすてき! TinkerBell

うちには庭がありません。

ベランダも狭く、色んなプランターがいっぱいで風情がありません。

でも、こんなイエの秋の楽しみ方を父にもしてもらいたいなぁと思いました。

どうすればいいのかな。

盆栽は難しいと思いますが、鉢植えを育ててみようかな。

紅葉したらお部屋に入れて、それを眺めながらお燗を楽しんでもらいます。

あ!紅葉の柄の着物とか着てお酌してあげたら喜ぶかな。

娘のお酌より愛する母のお酌の方がいいでしょうか。

紅葉酒は、すてきな父の日オータムバージョンになりそうですね。

何か考えて、わが家でも取り入れてみたいと思いました。


[230]>161 雪国の冬は大変ですね TinkerBell

克雪という言葉を聞いたことがあります。

雪を克服するための努力。それには本当に大変なものがあると思います。

雪国の高齢世帯の中には、冬の間は雪深くない親戚などの所に身を寄せる人もいると聞きました。

それほどに雪国の雪はすさまじいのですね。

秋は美しいけれど、それはすぐ先に辛い季節がやってくる合図でもあるという地域のことも知って、

そういう地域を応援していく気持ちもないといけませんね。


[231]>224 稲穂の一生を自分の人生になぞらえてみる aekie

稲穂の一生を自分の人生になぞらえてみるというのは面白い体験ですね。

農業も自然の中からいのちが生まれ、そのいのちのサイクルに従って生きているということを学んでいそうですよね。

農業の手伝いや体験もこうした一歩進んだ考えを教えるだけで、児童や学生の目の色が変わってくるんでしょうね。

小さな変化が大きな収穫を産む、そんな人生でありたいものです。


[232]>225 食事と景色の2本立て aekie

ハロウィンが楽しまれていないのは、きっと日本の風土にまだ親しみがないからです。

クリスマスも日本の風土と関連ありませんが、イベントとして成立しているのはなんででしょうかね?

ハロウィンは日本ならではの要素、紅葉するカボチャ、秋の収穫を祝い、冬に備えるパンプキンスープなどいろいろ工夫できると思います。食事と景色の2本立て。これは日本人の好きなものですし、多くのイベントでも取り入れられていると思うので、ハロウィンで情緒や季節感を本から学ぶこともできるでしょうね?


[233]>231 小学生の時、学校の池でお米を作った iijiman

小学生の時の記憶です。

何年生の時のことだったか、今ひとつ思い出せません。多分低学年だったと思います。

学校の中庭に、数m四方の長方形の、浅い池がありました。

最初は鯉が泳いでいたと思います。

ある年、その池で「お米を育てよう」ということになりました。

で、泥の中に苗を植えて、あとの管理は・・・業務員さんまかせだったような気がします。小学生に農薬を扱わせたりするのは、いくら何でも無理ですよね・・・で、秋には確かに稲穂が頭を垂れていたような記憶があります。

でも、そのお米を「食べた」という記憶が、どうも、思い出せません。

まだ学校給食に「ご飯」が登場しなかった頃のことです。

あるいは何かの規制に引っかかって、ご飯として収穫してはいけない事情があったのかもしれません。

学校で育てたのは1回だったと思いますが、学校の周囲には稲作農家が沢山ありまして、5月頃に田植えをして、10月くらいになると、小学生の背の高さくらいにまで育っていました。でも、その新米を食べたという記憶はありません。多分農協に出荷されていたのだと思いますが・・・

新米、という言葉を聴いて、思い出したことを記してみました。


[234]>182 ハロウィンおやつ wacm

ハロウィンを楽しむために、カボチャパンを買いました。

きっと、カボチャパンをハロウィンで楽しもうと思って買う人は少数派でしょうね。

>裏ごしして和三盆

のところがとてもおいしくするための工夫なんでしょう。

作るだけでも楽しいし、食べるときには少しだけちょっぴり贅沢気分になれるお菓子がいいですね。


私はメープルシロップのモンブランを作りました。たどたどしいお菓子作りでしたが、今週末の楽しみとして記憶にも味覚にも残したいと思っています。


[235]>207 ごはん大好き。 nakki1342

私もごはん大好きです

パンを全く食べないわけじゃないですが

パンを食べると物足りないと思うことが多く感じます

ごはんを食べるとやっぱり満足しますね

他に食べるものがなくてもごはんだけでも自分もOKですね

海苔があったら更に加速装置になりますけど

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ