人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

30代後半の男性です。35歳を過ぎた頃から、お酒が弱くなり、気持ちよく酔えなくなりました。
私が20代後半の調子がいいときは、ウイスキーのボトル1本近く飲めたのです。後日二日酔いもありませんでした。
これから飲む量は健康のために増やしたくないのですが、いい気分で酔える方法がありましたら、お教えください。

●質問者: Gleam
●カテゴリ:グルメ・料理 医療・健康
✍キーワード:お酒 ウイスキー ボトル 二日酔い 健康
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 8/8件

▽最新の回答へ

1 ● なぽりん
●26ポイント ベストアンサー

「良い気分で酔えない」(以前は良い気分で酔っていた)

というのがどの程度のことなのかわかりません。

他人からみて迷惑になるほどのことをご自分が良い気分と呼んでいらしたのなら、

それは、これからの人生、糖尿病も怖いですし、

なくてあたりまえのものだとおもったほうがいいです。

そうではなく、ほろ酔いの前に吐き気・眠気・頭痛などがするのでしょうか。

一つのヒントとして考えて欲しいのですが、ヒトによって、合う穀物と合わない穀物がある場合があります。

たとえば以前飲んでいたビールを最近発泡酒にかえていたら穀物が多種まざって作られているので、日本酒とチャンポンにしているような現象がおこるとも考えられます。

また、基本的に焼酎やウィスキーの蒸留酒(スピリッツ)などは、アルコール以外のものはないので、ごく軽いものであってもアレルギーのような反応はない、と考えられがち。ですが、一応臭気はのこりますし、香りは酔いにも影響します(古くてひねたお酒で気分がわるくなるヒトもいます)。

したがって合わない穀物が判明したら、それからつくられた焼酎もやめたほうがいいです。(以前から日本酒がだめな方だったなら、今後も米焼酎ではなく麦焼酎を選ぶなど。居酒屋のサワーなどはどの穀物からつくられたスピリッツをつかっているかわからないので手を出さないほうがいいでしょう)

単に体質が変わってアルコール分解酵素がつくれない体になった(アルコール自体がだめ)かもしれませんので、試すにしてもムリはしないでくださいね。

一つのヒントになれば幸いです。

◎質問者からの返答

回答ありがとうございます。

吐き気・眠気・頭痛などはしないです。

前にはあった酔ったときの心地よさがなくなって、しらふに近いというような感じです。


2 ● kn1967
●26ポイント

量より質を重視するようにチェンジしていくべきでしょうね。

ただし、単純にお酒の質(安物3本より高級1本・・)というのではなく、

心の持ち方、呑み方(スタイル)という方を重視で・・・。


(心の持ち方)

「気持ちよく酔える=日常を忘れ、別世界に行く」であるとするならば、

「気持ちよく酔える=人生を楽しむ」に移行するように心がけると酔い、

もとい、良いでしょう。


(呑み方)

外なら

1.気の合う友と呑む

アルコールは互いの隙間を埋めてくれるモノ。

2.行きつけの店のマスターや店員相手に呑む

アルコールは自分を客観的に見るためのモノ。

家なら

1.映画などを見ながら呑む

アルコールは現実と虚構を埋めてくれるモノ

2.気の合う仲間とチャットしながら呑む

アルコールは距離を忘れさせてくれるモノ

普段は

1.お茶代わりにアルコール飲料を呑むようであれば控える。

2.風呂上りの一杯などは美味しいものですが、

呑みすぎずビール1本程度に控える。


など、参考になるかしら?

◎質問者からの返答

回答ありがとうございます。

確かに外では家で飲むより心地よく酔えるんです。

不思議です。


3 ● なぜなに
●26ポイント

雰囲気でも酔えるように工夫をする。

例えば、気の合う仲間と、雰囲気の良い

落ち着いた感じのおしゃれな店で飲むなど。

ゆっくり飲んだ方が、回りを感じながら飲めるので、

一気飲みなどではなく、ゆっくり飲む様にします。

また、ちゃんぽんをして別の種類も混ぜると

酔いを感じられやすくなるそうです。


運動をした後なども、酔いが回りやすくなります。

2〜3杯飲む場合は、1〜2杯目の場所から

徒歩で2〜3杯目の場所まで結構歩くと、普通に飲むより

酔いが回るそうです。もしくは暖かめの場所に行ったり、

暖房をつけたり、暖かめの服装をして飲むと、

同じ量なのに酔いがほんわかと回りやすいそうです。

泡の入ったお酒や、ストローで飲むと酸欠気味になり、

良いに似た感覚が強化されるそうです。

そのためシャンパンやスパークリングなどは

飲み過ぎると、よく悪酔いすると言われます。


毎日ではなく、休肝日を作ると、体にも良いし、

酔いの感覚にも敏感になれるので良いらしいです。

毎日続けて飲むと、酔いがあまり感じられなくなって

量も増えるし、健康にも良くないと思います。


一般的な適量のガイドラインはあるらしいですが、

個人差があり、二日酔いになる量は、例え同じ人でも

体調によっても異なるらしいので、普段から健康生活を

心がけて体調を整えておくことも大切だと思います。

今の自分にとっての適量が分かったら、それを

キープできるくらいの心の余裕がある時の方が

お酒ももっと楽しく飲めると思います。


二日酔いの予防についてですが、

昔はウィスキー1本いけた時もあったのでしょうが、

今の自分の適量を知り、今の体に合った適量を

守る方が、二日酔いの予防には良いと思います。

例えば、矯正視力が変わっている人が、

昔は○○だったと言って昔の合わないめがねを

使い続けていても、体には無理があります。

適量のおつまみを食べたり、お酒以外の水分を

同時に補給することも二日酔いの予防に良いと聞きました。


また、肝臓に良い食べ物を食べたりして、

日頃から健康を心がけておくのはいかがでしょうか。

サプリではタウリンも飲酒後の肝臓に良いそうですよ。


肝臓に良い食べ物:

http://www.kanzoukenkou.com/scream/food.html#1


タウリン:

http://allabout.co.jp/fashion/supplement/closeup/CU20071011A/ind...

◎質問者からの返答

回答ありがとうございます。

以前も今もちゃんぽんはしないように心掛けています。

私は一気飲みをする傾向があるので、これからは注意したいと思います。


4 ● hirovlsi
●1ポイント

焼酎(またはブランデー)の水割りでゆっくりと飲むのがよろしいかと思います。


5 ● gon0604
●26ポイント

学生の頃やってたアホな方法ですがw

何でもいいのでお酒を一杯飲む。⇒軽く運動で簡単に酔えます。

よく焼酎を一杯飲んだ後、100Mダッシュしたりしてました。

酔えますが、抜けるのも速いです;)

◎質問者からの返答

回答ありがとうございます。


1-5件表示/8件
4.前の5件|次5件6.
関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ