人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

「米本位制」という言葉は聞きますが、「麦本位制」とか「とうもろこし本位制」という言葉は聞きません。なぜでしょうか。

●質問者: dambiyori
●カテゴリ:芸術・文化・歴史
✍キーワード:とうもろこし
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 6/6件

▽最新の回答へ

1 ● theresia57
●16ポイント

簡単に言えば、江戸時代に米本位制が取られていたからです。

米を年貢として納め、米がたくさん取れるところが経済的に富んでいるとされたいたのです。

◎質問者からの返答

日本だと確かにそうなのですが、じゃあ、それが外国だとどうなのかなぁ、麦やトウモロコシを主食にしている国で同じような事はなかったのか、とかその辺りがちょっと気になりまして質問してみました。


2 ● sirotugu40
●14ポイント

http://www.rui.jp/ruinet.html?i=200&c=400&m=141445

このページに、「麦本位制」が出てきてますけど。

◎質問者からの返答

ググったらそのページだけでしたので、一般的な言葉じゃないなというのは分かりました(笑)


3 ● sylphid666
●16ポイント

麦本位制は言葉としてはあるようです。

http://blog.kodai-bunmei.net/blog/2008/09/000588.html

>これが麦本位制の基盤となった。(本文最後の部分)

日本では米が主食の位置づけに対し、小麦はハレの食材として扱われていたそうなので、主流とはなりにくかったのではないでしょうか。

http://www2.odn.ne.jp/shokuzai/A2003/Komugi_Japan.htm

>小麦はまさにハレの食べ物でした。日々の生活では米が最上の主食の地位にあるのですが、 人々は小麦粉のグルテンの持つ特徴を愛し、ハレの日にはうどんや饅頭を作って食べる風習がありました。

◎質問者からの返答

二つ目にご紹介されたページ、なかなか読み応えありますね。

>ヨーロッパと中国では、小麦は神からの贈り物としてその製粉業も王侯貴族や教会などが管理し利益を得ていました。

あたりも興味深いです。やっぱり主食は権力が管理するのか、みたいな。


4 ● きょくせん
●24ポイント

米本位制は江戸期など、あくまでも日本の貨幣経済制度について語った言葉でありまして、これは日本人の主食が米であったからです。石高ってのがそれですよね。武士などの俸給は米をで支給されていました。ですから、これが米本位制。実際には東国は金、西国は銀、一般市民は銭が一般的な流通貨幣であったと思います。

http://www.rui.jp/ruinet.html?i=200&c=600&t=6&k=0&m=141445

一方、麦が主食である民族の国家などでは『麦本位制』という言葉が使われるようですが、どうもこれは造語っぽいですね。検索してもそんなに件数が出てきません。

http://www.morinaga.co.jp/cacaofun/history/mexican/aztec.html

とうもろこし本位制はどうでしょうねぇ。検索かけても出てきませんし、古来よりとうもろこしを主食にしている民族というのも南米あたり(マヤ・アステカ文明)ですが、こちらの経済は基本的に物々交換であり、貨幣もカカオ豆等が用いられていたと言う事で、これは果たして貨幣といえるんやろうかな、と言う所。

http://www.findai.com/yogo/0288.htm

米本位制に対して連想されるのはやはり金本位制でしょうか。これは国家が金を保有していてそれを担保として貨幣を流通させていた状況を指す言葉です。つまり、貨幣は金と交換される可能性によってその価値が保証されていた訳です。そういう意味において、小麦やトウモロコシが金や米に変わる状況にあったのかと考えると、どうもそういう状況はなかったように思えますし、従って、麦本位制・トウモロコシ本位制というものは成立しなかったのではないか、と思います。(西欧においては金貨・銀貨が貨幣として流通しており、それそのものの価値がつまり貨幣の価値を保証していましたから、そういう意味において日本の米本位制という言葉も特殊なものだったと言えるかもしれません。……日本では『加賀百万石』と言いますが、他ではそういう呼称って聞きませんね、そういえば。)

http://homepage3.nifty.com/~sirakawa/Coin/index.html

ご参考までに、貨幣の話。

http://homepage3.nifty.com/~sirakawa/Coin/E013.htm

古代ギリシアの都市国家・アテネでは給与が小麦で支払われていたようですから、ある意味麦本位制、なのかもです。

◎質問者からの返答

>西欧においては金貨・銀貨が貨幣として流通しており、それそのものの価値がつまり貨幣の価値を保証していましたから、そういう意味において日本の米本位制という言葉も特殊なものだったと言えるかもしれません。

これは確かにそうかも知れませんね。「貨幣が普及してたから」っていうのは大きいのかも。

僕自身、あまり歴史や経済について詳しくないので、ざっくりいろんな事書いていただけると有り難いです。


5 ● darkwood
●15ポイント

たいした回答ではないので、ポィントは付けなくても結構です。

本位制というのは貨幣の価値基準を何にするのかという事ですから、わかりやすく参考例を記載すると

上記のようになります。江戸時代は米が基準でしたので、[ 米本位制 ]となるわけです。[ とうもろこし本位制 ]が無いのは、単に貨幣の価値基準として[ とうもろこし ]が採用された事が無いからです(まったく無かったのかは不明 )。ちなみに[ 麦本位制 ]はシュメールなどで例があったようです。

◎質問者からの返答

>ちなみに[ 麦本位制 ]はシュメールなどで例があったようです

シュメールってまたずいぶん古い(笑)

ほんの2・300年ほど前に諸外国には無い、なぜそういう経済があったのかっていうところが興味があります。金がとれないとか金貨を作る技術がないってこともないですよね。大判小判っていうのもあった訳ですし。

「お前、認識が違うよ」みたいな話でも結構ですのでよろしくお願いします。


1-5件表示/6件
4.前の5件|次5件6.


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ