人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

主教勧誘に関して

こんにちは。皆さんに相談したいことがあります。

結構悩んでます...

信仰がらみのことなのですが、今度セミナーにいかなれば
なりません。たぶん宗教法人です。

しかも仕事がらみなので断りきれずに、「ハイ」と返事をしてしまいました。

友人や知りあいなら断るか、「友人辞めます」と簡単に断れるの
ですが、仕事がらみでやはり断れませんでした。

信仰の自由は尊重しますが、自分&家族(特に家族)は、基本的な
日本人の信仰(クリスマス・盆)などのみで、特定の宗教とは距離を
おいています。
たぶん、入会を断ることになると思うのですが相手も尊重する波風立てない
断り方がありましたらよろしくお願いします。

ポイントは
・仕事がらみで、「嫌です」とは間単に断ることはできない。
(これが大きいです)
・相手の信仰も尊重したい(傷つけたくない)。
・セミナーには行くことになっている。

皆様どうかよろしくお願いします(__)

●質問者: ttt_kanegon
●カテゴリ:生活 人生相談
✍キーワード:「ハイ」 あい こんにちは クリスマス セミナー
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 17/19件

▽最新の回答へ

1 ● afurokun
●14ポイント

嘘も方便です。

こういうときこそ、急用ができたとか体調が悪いと言って断るべきです。

そして、「次回はぜひ参加させてください」と言っておけば印象も良いでしょう。

◎質問者からの返答

ご回答ありがとうございます。

「急用」は今回通用しません…

ありがとうございました。


2 ● IlO10l0Il
●14ポイント

「前向きに検討させて頂きます。」と言って伸ばして逃げ続けるのはいかがでしょうか。

◎質問者からの返答

ご回答ありがとうございます。

残念ですが「前向きに検討」も今回通用しません…

ありがとうございました。


3 ● lancer13
●13ポイント

▽興味のないサークル勧誘の断り例


―とっさに声をかけられすぐにでも断りたいとき

「すみません。バイトが忙しくて……」

―部室や新歓コンパにまで参加したとき

「せっかくなんで、もう少し他のサークルもみてきていいですか?」



とりあえず時間を稼いで、自分のことを忘れてもらうようにするのが一番よい方法。OK Waveの「サークル勧誘の上手な断り方」も参考にしてみて。

そして、誘ってくる方がプロだったりするから厄介な保険のセールス。保険に入っていてもいなくても、種類が豊富な商品だけにお構いなしで勧誘してくるんですよね。しかも、その勧誘が友人だったら……と思うとかなり断りずらいものが。

http://news.ameba.jp/trend-gyao/2009/04/36999.html

◎質問者からの返答

ご回答ありがとうございます。

残念ですが「自分のことを忘れてもらう」も今回通用しません…

ありがとうございました。


4 ● godabln
●13ポイント

会社の先輩から宗教勧誘をされています。上手な断り方とは?


「断ると必ず角が立つ」お相手とのことですが、誰しも断られるのは気持ちのいいものではありませんし、相手が完全に満足出来るような「No!」という話し方はなかなか見当たりません。でも不快感を最小限に留めるための断り方のポイントがありますのでご紹介しましょう。

それは「納得性の高い理由」と「相手を尊重した言い回し」です。


まずは断る理由を考えてみましょう。今後声がかからないようにするためには相手が納得するような理由が必要です。

例えば 「習い事や勉強を始めたので時間が手一杯…」、

「具合の悪い祖父母の世話で忙しい…」、

「我が家は代々違う宗教を持っている…」などなど、

相手が「それなら仕方ないな」と思うような口実を探してみてください。好ましくはありませんが、たとえそれが嘘だとしても、ほかに適当な言葉がない場合や、相手を傷つけない配慮のためであれば、それも「方便」だと思います。


理由が見つかったら次は言い回しです。

上手な断り方の基本パターンとして「Yes」+「But」+「理由」+「ダメ押し」の流れを覚えておくと、いろいろな場面で使うことができます。

例えば今回の場合だと次のような言い方も考えられます。実情に合わせてアレンジしてみてくださいね。


「Yes」の部分 → 「お誘いありがとうございます」

※まずは肯定的発言で相手をたてる

「But」の部分 → 「でもせっかくなんですが」

※クッション言葉を使って、ソフトに否定的発言につなぐ

「理由」の部分 → 「通信教育を始めたら、

プライベートな時間が手一杯になってしまって」

「ダメ押し」の部分 → 「今は勉強が楽しくて時間が足らないくらいなんです。しば

らくは他のことを考えずに集中してみたいと思っています」

※相手に反論される前に、先回りして釘をさす


ポイントは、まず相手を受け入れてから断ることです。相手はその宗教が良いものだと思ってあなたに勧めているのでしょうから、その好意に対してのお礼を述べてから断る理由を続けるのが礼儀です。自分の「No!」という気持ちはそれとして、まずは相手の真意を汲み取るように心がけて断れば、たとえ関係がぎくしゃくするとしても最小限に食い止めることができるはずです。


最後にテクニック以上に大切なことをお伝えしましょう。断わる上でいちばん大事なことは、まず自分がはっきりと心を決める事です。あいまいな気持では相手に強引につけいるスキを与え、追いこまれてしまいます。心を決め、上手な断り方で、爽やかに「No!」が言えたら素敵ですよね。今回の件をいいトレーニングの機会と捉え、ぜひ頑張ってみてください。

http://freshers.mycom.co.jp/q_a/2008/10/post_438.html

◎質問者からの返答

>ほかに適当な言葉がない場合や、相手を傷つけない配慮のためであれば、それも「方便」だと思います。

>上手な断り方の基本パターンとして「Yes」+「But」+「理由」+「ダメ押し」の流れを覚えておくと、いろいろな場面で使うことができます。

とても参考になりました。


5 ● MAXPOWER
●13ポイント

1、仏教系に勧誘されそうならば十字架のペンダントを、キリスト教系に勧誘されそうなら手首に数珠を身につけておく。

2、金銭絡みでローンを組むことになりそうなら"ブラックですけど大丈夫ですか?"と言う。

とにかく相手に勧誘させる気にならないようにもっていくことが大事だと思います。

◎質問者からの返答

ご回答ありがとうございます。

残念ですが、今回通用しません…

ありがとうございました。


1-5件表示/17件
4.前の5件|次5件6.
関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ