人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

twitterの魅力は何ですか?
140文字のつぶやきにどれ程の価値があるのでしょうか?

●質問者: ゼブラ
●カテゴリ:インターネット
✍キーワード:つぶやき 価値
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 14/14件

▽最新の回答へ

[1]量が質を陵駕する空間、情報の交差点 ululun

電車が遅れてるよ、みたいな情報が検索、閲覧できたり、はてなブックマークのコメントを投稿したらそれに対する感想を読んだり議論のやりとりが出来たりと、勿論従来のウェブ(ブログ、rss、はてブ)でも出来たことではありますけれど、情報の広がる早さとコミュニケーションの速度が凄いな、と思っています。

followを自分で選択出来る=読みたい人の書き込みだけを見る事になる、というのは魅力と書いてしまうと些か語弊があるとは思いますけれど情報コントロールという意味においては有用な手段であるように思われます。

140文字の呟きに価値があるのではなく、多くの人がpostを行っているという事実、そしてそれが「いつでも何処からでも」出来るというところが面白いのだと思っています。


[2]>1 ハイクの方が面白いですよねー kine2525

・・・と私情を書いたらミもフタもないので。

「短い文章だから楽しめるのか?」という疑問に対する回答であれば「だからこそ裾野が広がった」とも言えます。

ブログは日記同様、何か気取っていいこと書こうと頑張って、結局何も書くことが思いつかずに終わる。

でも短い言葉で「つぶやく」なら、何か思いついた事を書き込めばいい。

それを他の人と共有する事で、気がつけば何かうまいこと会話が繋がってしまうのがtwitterの魅力とも言えます。

・・・ただ僕個人的には、特定の人の無意味なつぶやきをウダウダ書きなぐられるのを見るのが嫌でやめましたけどw

やっぱハイクの方が(ry


[3]つながり wolf49

まったくつながりの無いような人からのレスや情報が得られる。


[4]>2 私は逆に Reiaru

書いた文章を短くする事の方が大変でして…。冗長な文章を書くのは簡単なのですよ。


私は twitter を使わない理由はその辺りにもあったりします。

酔っぱらってくると面倒臭いのです、文章を短くするという「作業」が。


ですが、ある程度制限があった方が内容が詰まるという傾向がある様に思えます。

単に語呂を持ち合わせていないが故に短くなってしまう方と、短く上手く相手に物事を伝えられる方がおりまして、

後者ならばフォローして発言を眺めていられる事は楽しいのではないのかなと思います。


ハイクにはほぼ文字数制限が無い (65000 バイトまで) 事やお絵描きができる事など色々違いますが、

twitter には現行のまま文字数制限があった方が良い様な気がします。

将来、バージョンアップして無制限とかになるのかもしれませんが。

しかしながら、私はその時には twitter が逆に廃れるのではなのかなとか想像しています。


ほら、MS-Paint だけでどこまで描けるかとか、軽自動車でどこまでやれるかとか、そうした壁があった方が楽しかったりもするのですよね。

そしてそういう場では一層個性が出てくると言いますか、ネットならば文章力なども明確になってくるのではと。


でも、どうしてはてな内なのに皆さん twitter の質問ばかりするのでしょうね、はてなハイクも使って下さいよ(笑)


[5]気軽に書きやすい nakki1342

はてなのハイクもそうなのですが

書きやすいというのが大きいですね

(ある意味、短くまとめないといけないので大変なのもあるけれど)

それと・・

知りたい情報を発信してる所が書いてるというのも大きいですね

はてなのそれは・・やってる企業などが少なくて・・


[6]隣の太郎さんのつぶやきに何の価値があるのか? moti-motio

ビル・ゲイツがウィンドウズに関して140字で発言して、それがまだ、他では発言していないことなら、相当な価値があると思うけど、友達なんかが朝一で発言する言葉に何の意味があるんですか?

大半は眠いとか、腹減ったとか、電車込んでてムカつくとか、前の親父がウザイとか、そんな発言なんじゃないですか?

そして、全くつながりのない人からの情報に対する信憑性はあるのですか?


[7]ヤジの群衆の中で、 myogab

「何があったの?」と聞くのは、手近にいる隣の人でしょ?


『こいつは人間的に何の価値もないヤツだから、聞くのは無駄だ』

なんてわざわざ考えないでしょ。それと同じかと。


…と言っても、自分は利用してはいませんが。


[8]価値が無いことこそが魅力です ku__ra__ge

気軽に喋れること、そして何も強制されないことこそがついったーの魅力だと考えます。

ついったーでは1つポストが大きな価値を持つことが非常に稀なので、基本、タイムライン上を流れる発言で「無視してはいけない発言」なんてものが存在しません。

この「価値が無いからこその自由さ」がついったーというサービスの持っている魅力ではないでしょうか。


[9]>4 私もtwitterを使いこなせてないです adgt

使い方はわかるんですが、生活の中に組み込めないと言うか、うまく遊べないというか、自分のつぶやきメモみたいになってます。


[10]>1 コミュニケーションインフラの一つ align_centre

「空間、情報の交差点」というのはいいですね。

個人的には、テキストメッセージを使ったリアルタイムのコミュニケーションを、シンプルに一元化できるインフラの一つだと思っています。


twitterは機能が少ないなど仕様がシンプルでAPIも公開されているので、アイディア次第でいろんな使い方ができるという点が魅力的です。

140文字に価値があるかというよりも、140文字分のメッセージングインフラを全世界で勝手に用途を考えて使える、というところに価値があるんじゃないかと思っています。


人間同士のコミュニケーションだけでなく、機械と人間のコミュニケーションも可能だし、他にも様々な twitter を「利用した」サービスがどんどん生まれているのでますます楽しみです。台風が来たときには近辺の状況が TweetMap などを使って地図上でリアルタイムにわかったりして便利でしたよ。


例)

ASCII.jp:Twitterで使えるbot50徹底レビュー!

http://ascii.jp/elem/000/000/410/410755/

RFID認証・Twitter通知搭載の猫ドア Tweeting Cat Door

http://japanese.engadget.com/2009/04/09/rfid-twitter-tweeting-ca...

ねとらぼ:Twitterで抽出お知らせ mixi社内に“萌え”コーヒーメーカー - ITmedia News

http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0903/02/news072.html

TWEETS MAP

http://nariyu.playwell.jp/samples/TweetsMapApp.html


[11]行き当たりばったりの楽しみ userinjapan

一つ一つは短い言葉かもしれませんが、ある程度の期間レスを交換していると、人となりが垣間見えたり、感動したりすることもありますよ。

大した意味のないレスも多数ありますが、そういうのからも意外に人間性や関心事が表れたりします。

それこそ、言葉の中身は様々ですから、やってみるまで何が起きるか分かりませんね。

自分がとらわれすぎないように気を付けていれば、色んなものが見えて楽しいと思います。


[12]>8 140文字のつぶやきには読み返す価値が無い I11

140文字のつぶやきには読み返す価値が無ありません。

140文字のつぶやきには読み返す価値が無い、ということが140文字のつぶやきの価値であり、それがtwitterの魅力です。

つぎつぎに情報が生まれ、どんどん情報が消費され、圧倒的な量の情報に情報が埋もれて記憶から消えていく。

しかし、局所的な情報のつながりによって、マクロ視点ではパーソナルなつながりが強化されていく。

twitterに代表される「インターネットのストリーム化」とは、つまりそういうこと。

いまはそういう「インターネットのストリーム化」に価値があると思われていますが、いつかその反動が来ると思います。大きな反動が。

それは「何百年経ってもたくさんの人に読まれ続けるサービスの提供」という形で始まり、誰もが永久に残る価値ある情報をつくろうと意欲することによって、あるいはそのような普遍的な情報の生産によってパーソナルなつながりが強化されていくことによって、「インターネットのストリーム化」は終焉をむかえることになるでしょう。

その時期は、みんなが想像しているよりも案外早いかもしれない、と私は考えています。


[13]そもそも反応を求めない雰囲気がいい。 doriaso

某所ですと反応しなかったりしただけで叩かれるみたいですしね。


[14]twitterの価値は利用する人の工夫次第。 tadashi_shimizu

twitterそのものの価値は、あくまでインフラとしてのものです。twitterを利用する人が様々な工夫をすることによって、付加価値が生まれるのです。実際のところ、twitterはapiを提供することで、利用者の工夫を促しています。

apiを利用したbotには可能性を感じます。



●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ