人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

食材をくるむラップについて質問です。どのラップが良いのでしょうか?
安いラップを見たところ耐熱性に問題があり、110度ぐらいまでしか持たないようです。
有名メーカーのサランラップ・クレラップは-60度から140度まで耐久できる見たいです。
ダイアラップは昔は塩ビで環境ホルモンが問題になっていましたが、今は、非塩ビ系で-60度から160度まで持つそうです。
ただ、ダイアラップは安かったので心配です。
各ラップの長所短所などがわかりやすくまとまっているサイトなどがあればお願いします。

●質問者: 心は萌え
●カテゴリ:生活
✍キーワード:サイト サランラップ メーカー ラップ 塩ビ
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 3/3件

▽最新の回答へ

1 ● sweetsugerheart
●29ポイント

http://www.asahi-kasei.co.jp/saran/motto/data/sozai.html




レンジには耐熱温度140度以上のラップを!

ラップにも様々な素材があって、下の表のように素材によって耐熱温度がちがいます。

電子レンジに使うラップは耐熱温度140度以上のものが望ましいといわれているので、油を使ったものなどを加熱するときにはご注意を。

ラップの包装箱のウラにはかならず、素材や耐熱温度が表示されているので、買うときにはチェックしてみましょう!最近は、電子レンジ向きにつくられた製品もありますヨ。


ラップの素材 耐熱温度

ポリ塩化ビ二リデン 140度

ポリエチレン 110度

ポリ塩化ビニル 130度

★最近はこのほか、電子レンジ向きに耐熱温度の高いものも販売されています。耐熱温度の高い素材(ポリメチルペンテンなど)や、これまで使われていたものを組み合わせた3層、5層構造のものなどがあります。

http://allabout.co.jp/family/hw4di/closeup/CU20041103A/

◎質問者からの返答

ありがとうございます


2 ● aoki
●17ポイント

各ラップの長所短所について、素材面からお答えします。

サランラップ(旭化成)とクレラップ(クレハ)は、ポリ塩化ビニリデン製です。

耐熱性が110度となっているのは、ポリエチレン製でポリラップ(宇部興産)、

ハイラップ(三井化学)などがあります。

最近は見かけなくなりましたが、ダイヤラップ(三菱樹脂)は塩化ビニル製です。

素材による性質の違いは下記がわかりやすいです。

(下半分のコメントは多少怪しいと思いますが。)

http://www.hou345.com/infm/7_rappu.htm

結局、性能を考えるとポリ塩化ビニリデン製ということになります。

ポリエチレン製では、レンジなどでつかうと簡単に解けてしまいますので、

ラップとして役に立たないことになります。

他の高機能な樹脂も世の中にはたくさんありますが、価格面やフィルムとして

使いやすさを考えると、なかなか難しいようです。

>塩ビで環境ホルモンが問題になっていましたが、

塩ビ(ダイオキシン)問題と、環境ホルモン問題は一緒に扱われることが多いですが、

まったく別の問題です。

今回の件では、塩ビ=ダイオキシンという事を心配されているようですが、まず心配

しなくていいと思います。塩素が入った樹脂を燃やすとダイオキシンがでるという

ことが一般常識のようになってしまいましたが、これは正しいようで間違いです。

たとえばポリエチレン製のラップでも食品と一緒に扱った時点で塩(ナトリウムと

塩素)が付着しているわけで、これをうまく?燃やせばダイオキシンが発生します。

塩ビだけ忌避しているのは世界的に日本だけで、特に避ける必要はないと思います。

個人的には、やっぱりクレラップとサランラップがこれだけ長い間、使われ続けて

いるのは、やはりそれだけの理由があると思います。

余談ですが、、

ダイヤラップを非塩素系といって売っているサイトがいくつかあったので、

従来と違う製品かと思ったのですが、なぜかどこも材質を書いていませんでした・・。

◎質問者からの返答

ダイヤラップはダイアラップだと思いますが、店頭でパッケージを見たところ、非塩ビ版と、塩ビ版があるようです。

ただ、仮にダイアラップが、非塩ビ版だとすると耐熱も-60から160まであるようですし、サランラップ・クレラップの半額ですし、ダイアラップが優位なのかなぁと


3 ● aoki
●41ポイント ベストアンサー

失礼致しました。

三菱 = スリーダイヤ = ダイヤフィルムと覚えておりました。

確認したら、たしかにダイアフィルムですね。(どうりでダイヤフィルムで見つからない訳だ・・。)

おそらく非塩ビ系とはこれのことかと思います。

http://www.mpi.co.jp/product/detail/196/index.html

http://shop.yumetenpo.jp/goods/d/beeluck.co.jp/g/HF005301/index....

ポリオレフィン系多層ラップフィルムとなっていますが、これは複数のフィルムを

重ねることで機能をあげたものです。

ポリエチレンとナイロンの積層加工ということですから、性能で劣るポリエチレンに

ナイロンを使うことで、耐熱性をあげているようです。

ナイロンは食品用途でもよく使われる樹脂で、真空パックのレトルトハンバーグなんかを

包む少し白濁したフィルムがそうです。

耐熱性が高いこと、機械的強度が高いこと(引っ張っても丈夫、袋に穴があきにくい)、

比較的安価なことなどが、食品用途に適しています。また低温時でも性能があまり低下

しないことから冷凍食品などにも適します。

ただ、ナイロンにも欠点がありまして、高湿下では吸湿して膨潤し、ガスバリア性が低下、

つまり酸素などを通しやすくなります。レトルトパックではフィルムを厚くしてこれに

対応していますが、ラップフィルムでは薄くしないと実用的ではありませんので、

この欠点をカバーするのは難しいかと思います。

結論を言いますと、ラップを使う上で重要な要素であるガスパリア性では、やはり

ポリ塩化ビニリデンにはかなわないかと思われ、それが価格差だと思います。

ただ、劇的には実感しにくいと思われますので、ダイアフィルムを試してみて、

不具合を感じなければ、それでいいのではないでしょうか。

あと、こんなのも見つけましたので、ご参考まで。

http://www.asahi-kasei.co.jp/saran/business/saran_b/saran_b.html

またまた余談ですが・・。

ダイアラップの三菱樹脂の親会社は三菱化学で、この会社は塩ビ樹脂事業から撤退

しようとしています。これまでの塩ビ系製品から他の素材に切り替えようとして、

売り込み中かもしれませんね。。

◎質問者からの返答

ガスパリア性ですか!ありがとうございます。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ