人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile


●質問者: Gleam
●カテゴリ:医療・健康 生活
✍キーワード:対処 睡眠薬
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 6/6件

▽最新の回答へ

6 ● lancer13
●18ポイント

睡眠薬の耐性については詳細なデータや試験結果が見当たらなかったが、ベンゾジアゼピン系睡眠薬は医師の指示通り用法と用量を守って使用すれば耐性の心配はほとんど無いといわれている。

ベンゾジアゼピン系睡眠薬の耐性出現はゼロとは言えないものの、アルコールの方がよっぽど耐性は生じやすいということは言える。


以上のことをふまえると、「最近睡眠薬が効かなくなった」「薬を飲んでも眠れなくなった」という訴えがあった場合は、ベンゾジアゼピン系睡眠薬の場合は薬の耐性を考えるのではなく、薬が効かなくなってしまった原因を探すことが重要である。


チェックポイント

・用法用量を守って正しく服用しているか。

・不眠症自体の悪化はないか

・不眠を助長する生活習慣になっていないか

・アルコールと併用していないか


アルコールの悪影響について

(短期的)

アルコールは眠りを浅くし、途中で目覚めやすくなってしまう。

アルコールは睡眠後半にREM睡眠を増やす作用がある。

アルコールの筋弛緩作用はベンゾジアゼピン系睡眠薬よりも強いと言われている。

⇒睡眠時無呼吸症候群やいびき、の原因ともなる。

http://blog.livedoor.jp/pharma_di/archives/51457356.html

◎質問者からの返答

回答ありがとうございます。


6-6件表示/6件
4.前5件|次の5件6.
関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ