人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

【イエはてな】“リブ・ラブ・サプリ?SEASON” #043

THEME:「我が家の冬じたく」「ワイン・お酒の楽しみ」「七五三祝いに」

「今日をちょっと楽しく、イエで過ごすいつもの時間を素敵に変える小さな魔法のサプリがあったら…」と展開してきた “リブ・ラブ・サプリ”コーナーの続編のひとつSEASONバージョン。四季の暮らしや衣食住のこと、新しいシーズンライフ…。毎回のテーマに沿って、毎日を元気にする暮らしのサプリをその思いや由来とともにメッセージ下さいね。
豊かな暮らしをつくっていく〈イエはてな〉のマインドで、みなさまのご参加をお待ちしています!

*回答条件* 下記のページをご覧になってご投稿下さいね!

「Welcome to イエはてな」
http://d.hatena.ne.jp/ie-ha-te-na/20080731

テーマ詳細とサプリ例
http://d.hatena.ne.jp/ie-ha-te-na/20091105

プレゼント変更ご案内
http://d.hatena.ne.jp/ie-ha-te-na/20080729


※〈イエはてな〉では、はてなスターを「おすすめメッセージ」として活用しています。ご回答頂く時にもご参考下さい。また投稿期間中はできるだけはてなスターのご利用を控えて頂けますようお願いいたします。
※質問は11月10日(火)正午で終了させて頂きます。

1257396705
●拡大する

●質問者: ie-ha-te-na
●カテゴリ:コンピュータ 生活
✍キーワード:11月10日 theme いね おすすめ お酒
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 187/187件

▽最新の回答へ

[1]冬じたく dadan_dan

子供部屋・仕事部屋共に冷え込みがキツイ北側にあるので、冬になると暖房費の節約も兼ねて

各自毛布と防寒用くつ下で寒さをしのいでいます。


[2]こたつ adgt

コタツを出すと冬支度って感じがしますね。TVを見ながらコタツに入ってみかんを食べる。正に日本の過程の光景だと思います。うたた寝してしまうことが問題ですが、コタツに入って落ち着く感じは何者にもかえられません。


[3]自宅でビール adgt

居酒屋やバーなどでいい酒を飲むと、非常にお金がかかってしまうので家でいい酒を飲むことが楽しみになっている。プレミアムモルツを買って帰るときなどは、気分が軽くなっているのが良く分かる。こういう生活の中でのちょっとした楽しみが非常に大事だと思う。


[4]>2 おこた fwap

我が家は温かい所に住んでいますが、こたつが毎年欲しくなってしまいます。

今年こそは、と毎年用意しようと思っていますが、こたつの誘惑に負けずに耐えています。

ただ、義理の両親の実家や息子・娘夫婦のイエではコタツを使っているので、迷うことなくコタツのお世話になっています。

こたつ用のお布団をクリーニングを途中で出したいのに、1シーズン以上使い込んでしまうのが少し心配なんです。


[5]手袋とマフラー adgt

手袋とマフラーを出すと本格的に冬になってきたという実感が出てくる。外気は寒いんだけれど、暖かいコートとマフラーにつつまれていると、なんだか暖かい気持ちになる。スポーツするときにはネックウォーマーが欠かせない季節になってきた。


[6]>3 自宅でお酒 fwap

確かに。自宅でお酒を飲む時って外で飲むときよりも割安で、しかも前もって買うので食事に合うお酒を味わえますよね。

イエでも鍋の話題が出ましたが、お魚を使った海鮮魚介の鍋が私は大好きです。何も鍋にしなくてもいいとは思いますけど、みんなで食べる、気の合う仲間と鍋をつつき合う。

それもお酒があると会話に弾みがつきますよ。あー、確かにコタツに鍋は最高ですね。


[7]>4 コタツ Zelda

これから部屋を掃除して準備します。

やっぱり寒いですね。

こたつを出すといよいよ本格的な冬が来たと感じます。


[8]七五三写真 fwap

七五三といったら七五三写真でしょう。男の子は坊ちゃん刈りに半ズボン。娘は着物に千歳飴。

これが我が家の定番でした。あと数年もしたら、今度は孫が七五三です。お祝いを出せるように貯金をしているところです。

ひょっとしたら、写真も一緒に撮ることができないものかと楽しみにしているんです。

先日、都内に出かけたときのことですが、七五三の準備なのか大賑わい。家族の笑顔だけでなく、お店の人の忙しさを通りから眺めていました。

不景気でも古くからの習慣や儀式には強いものがあるな、なんて感じました。


[9]>7 こたつ sayonarasankaku

うちはまだ出してないですけど、

早々に出したいと思います。


出しちゃうと出られなくなっちゃうんですけどね。(笑)


[10]ちとせあめ adgt

七五三といえばちとせあめ。手をベタベタにして食べてた記憶があるけど、なんであんなに長かったんだろう?大学で出会った友人は、親が小さく切ってくれたのを食べていたといってたっけ。そんな簡単な解決法があったとは・・・。


[11]>8 七五三写真 adgt

最近は、すごくゴージャスになっている感じがする。甥っ子は何着も衣装を変えてとってたなぁ。


[12]冬履き・冬用スリッパ fwap

先ほどのいわしで書いたことと重なりますが、我が家(静岡県沼津市)は十数年に1度か2度雪が降る程度の温暖なところです。

しかし、イエにいると年のせいか足、特に指先が冷えてしまい移動の時には堪えてしまいます。

しかし、冬用の温かいスリッパ。羊毛で足を包み込むスリッパがあると洗い物やお風呂から出た後でも重宝します。外出先から帰ってきても足先だけは温かい。

そんなうれしいアイテムが我が家の直近の冬じたくでございます。


[13]>12 モコモコしたスリッパ jozetora

私ははいてますね。あれだけで、全然寒さが違うのでびっくりします。


[14]>5 マフラー jozetora

暖かくて、質感の良いマフラーは本当に助かる。ちょっとした外出でも、首元があったかい安心していけます。


[15]>10 千歳飴とその袋 fwap

千歳飴、甘いだけでない何か魅力を感じますよね。

私なんか娘がいらないといった千歳飴をなめていたところ、夫の厳しい視線が。。歯を痛めやすいのも原因なのかもしれません。

長くて、固くて、それでいて数年に一度しかお目にかかれない不思議なお菓子。大人になるときにはお菓子にほとんど関心がないので、子ども向けなのは当然です。

ですが、大人になったいまでも記憶に残っているということは、当時は水飴や甘いものが貴重品だったときのことなんでしょうね。私の七五三の時には千歳飴はもっと短かった記憶があります。

千歳飴を入れる袋もイラストが可愛らしくて見入ってしまいます。これも娘のものを・・(笑)


[16]>9 こたつ sidewalk01

あの魔力はすごいですよね!


[17]>6 自宅で鍋とビール sidewalk01

最高ですね!一日の仕事つかれが一気に吹き飛びそうです。


[18]>16 こたつ fumie15

離れられません


[19]スタットレスタイヤ sidewalk01

冬場の路面凍結に備えてスタットレスタイヤに交換します。今年も、朝夕は気温が低くなってきたので、ソロソロ準備をしておいた方がいいかもしれませんよね。雪が降った日なんかに交換に行ってしまうと、それだけで何時間も待たされてしまうので、注意が必要ですね。


[20]七五三の思い出 fumie15

私と姉は二歳年が離れていて姉が七歳の時、私は五歳でした。五歳は男の子だけの祝いなので普通女の子の私は着物は着られません。しかし両親はせっかくだからということで姉妹揃って着物を着ました。デパートに連れて行ってもらい好きな柄の着物を着せてもらい、お化粧もしました。姉と二人並んで写っている写真は宝物です。


[21]>15 千歳飴 sidewalk01

あの長細い袋がかわいらしいですよね。もう自分の七五三は昔過ぎて、記憶の中に埋もれていますが、ああいった行事をして写真などに残しておくのは大切なことだと思います。


[22]ワイン・ポリフェノール AYAKASHI

最近ワインばかり飲んでいます。

(以前はビールが多かったんですけど)

ですが、ワインの味が良く分からないものですから、安っすーーい紙パックのワインを飲んでいます。

パッケージには「ポリフェノール2倍」だとか書いてあるのですが、訳も分からず健康に良さそうなのでそれに決めています。

美味しくて毎日ガブガブ飲んじゃってます笑


[23]編み物 natumi0128

しばらく前にやりかけて止めていたかぎ針編みを、また最近ちょっと始めてみました。

まだまだ初心者ですが、ちょうど寒くなってくるので、膝掛けでも編んでみようかと思っています。

小さいモチーフをいくつも繋げていくものなら、空いている時間を使ってでもできそうですし。

本格的に寒くなって、冬になる前に、完成させられたらというのが目標です。

それ以外にも、いい編み図を見つけられたら、マフラーやストールを編んでみたいというのもあるのですが。


[24]>22 ワイン sidewalk01

私も味の違いは分からないですが、ワインは好きですね。次の日に仕事が無いときは、すきなTVやDVDを見ながらワインを飲むと非常に癒されます。


[25]>24 ワイン jozetora

昔はダメでしたが、最近やっと飲めるようになりました。


[26]>25 気軽に sayonarasankaku

私も手ごろなワインのほうが気楽に飲めます。


邪道な飲み方ですけど氷を入れて飲みます。

炭酸で割ってしまうこともあります。


[27]この時期は fumie15

寒かったり暑かったりで何を着て行こうか大変迷います。冬ものにしようか秋物にしようかといつも考えてしまい結局同じようなものになってしまいます。

せめて小物でと思い手袋やマフラーで変化をつけています。


[28]親しい人と sayonarasankaku

私は、ひとりで飲むことはほとんどありません。

お酒はできれば親しい人と楽しみたいです。


お酒の飲みに行くのって、ご飯を食べたりお茶を飲みに行くのとはまた違いますね。

よりその人のことがわかるというか、新たな一面が見えたりします。

酔ってるから出てくる話もあって話も弾む気がします。


とりあえず、年末に主婦友と飲むのを楽しみにしていようと思います。


[29]エコな冬支度 fumie15

私の家では冬になると電気カーペットの下に保温シートを敷いて熱を逃さないようにしています。そのほかにもこたつやヒーターはなるべく家族が集まり一部屋でしか使わないようにしています。

フリース素材のジャケットやスリッパも欠かせません。

皆さんはどんなエコな冬支度をやっているのでしょうか?

みなさんの知恵をお借りしたいです。


[30]>26 スパークリング AYAKASHI

なるほど、炭酸ですか。

スパークリングワインみたいになるのかな。

今度、サイダーとか入れてみようかな笑


[31]>29 エコな冬支度 ひざかけ、ドテラ、ヒートテック jozetora

電気代を節約するために、着込む方式で暖をとってます。


[32]初めてのウィスキー fumie15

私の初めてのウィスキー体験はバーのマスターに勧められて飲んでみました。水割りで下がのどが焼けるようでした。でも少し大人になった気分でした。だんだんと強くなりいまではロックでもいけるようになってしまいました。(普段は飲みませんが)

チョコレートをつまみにして飲むと最高です。


[33]袢纏(はんてん) AYAKASHI

先日、あまりにも寒かったので押入れから「ハンテン」を出しました。

家の中の防寒具ですねw

昨夜は着たまま寝てしまいました^^;


[34]>30 ワイン inio

外食したときには、頼んだりします。家の中での管理だったり、銘柄などよくわからないので。。お店の人にお勧めされたものを飲んでいます。


[35]焼酎 inio

最近は、もっぱら焼酎を飲みます。自分としては芋よりも、麦やコメのほうを好んで呑みますね。大体ロックでチビチビとやりながら、友人との話を楽しみます。ビールなどと違ってお腹がパンパンにならないのがありがたいです。


[36]>32 ウィスキーのCM inio

ほとんどウィスキーは飲まないですが、CMを見ていると、自分もそろそろウィスキーを楽しめたりするといい年頃なんだろうなと思います。


[37]>14 外出のときのコートを着ると冬を感じる inio

外出するときに、コートを着込んでいると冬を実感しますね。街も人の服装によって雰囲気が変わってくるので、その変化を楽しむようにしています。1年に1着ずつくらいお気に入りのコートが買えるといいんでしょうが、高いものが多いので躊躇してしまいます。


[38]>28 お酒を飲むと・・・ AYAKASHI

いろんな人がいますよね。

陽気になる人、

お説教臭くなる人、

脱いでしまう人?笑

寝てしまう人。

絡んでくる人?笑

sayonarasankakuさんはどんなタイプですか?(^^)


[39]>33 はんてん sayonarasankaku

家の中で着るにはとても暖かくて良いですね。

うっかり、そのまま外に出ないようにしたいです。


いろいろ呼び名がありますね。

「どてら」と呼んだりもしますよね。


[40]寝室を冬仕様に変身。 canorps

我が家は(将来の)主寝室で家族五人が眠っています。

夫は我が家一番の寒がり。

上のお姉ちゃん二人は寝相の悪いさかり。

私は下の子の授乳などで、良くおなかを出したまま寝ています。

それからいま一番風邪を引かせたくない1歳なりたての乳児。

寝室をしっかり冬仕様にしておかないと、あっという間に誰かが風邪を引いてしまいます。

まずは窓。

我が家の窓は二重のペアガラスに樹脂サッシ。

樹脂サッシの恩恵なのか結露はまったくありません。

しかし、しんしんとそこから冷気は降りてきます。

そこで、ホームセンターなどで売っている窓につける冷気防止のボードと、

宅配などで家に届いたものの緩衝材プチプチを窓に貼り付けます。

すると冷気がずいぶん防げます。

それからオイルヒーター。

我が家のオイルヒーターはイタリア製のものでもなく国産のやすーーーいオイルヒーターです。

けれどこいつがかなりいい仕事をしてくれます。

一時間ごとのタイマーもついているので、深夜電力の安い時間帯で稼動するようにします。

さて、寝具です。

うちは寝具の量がたぶん半端ありません。

毛布は二枚合わせの毛布が一人一枚は当たり前ですが、さらに寒いときように一枚毛布を足元に。

夫にいたっては二枚合わせの毛布を一人で二枚使っています。

その上に羽毛布団。

羽毛布団の軽さと、毛布と滑って寝具が落ちてしまうのを防ぐためにベッドカバーもつけます。

こどもたちはどうしてもふとんを蹴飛ばしてしまうので買い巻きを着せます。

我が家はそんな夫がいるために、夏も殆どノーエアコン。その上眠るときに窓を開けることも皆無

といっていいほどの寒がりさん。

今年も寝室の準備は完了しました。

いまの時点でこんなに寒がりの我が家。真冬に向けて、どうなることやら。

もこもこの敷きパッド。

こどもたちには夫のお古のもこもこパジャマを上からはおらせるため用意しておきます。

冬の寝室は部屋も窓ももこもこの我が家です。


[41]>34 ホットワイン canorps

リブ・ラブ・サプリ?SEASON #001

で、ハザマさんがホットワインのススメを書いていらっしゃいましたよね。

私がイエはてなにお邪魔するようになってからの冬の語らいの中でもホットワインを見かけたことがありました。

友人のブログなどでも見て、なんてぽかぽかになりそうなんだろう。と思ったものです。

去年は妊娠中、今年は授乳中でホットワインを口にすることができませんが

寒がりの夫に今年は出してあげたいな?と思っています。


[42]>38 楽しいお酒 sayonarasankaku

私は飲むと楽しくなるタイプ(と思っている)ですが、

周りがどう思ってるのかはわからないです。(笑)


あまり回りに酒癖の悪い人はいませんが、

酒癖は、なかなか自分でこうしようと思っていても、

直せるものじゃないので難しいところもあるでしょうね。


同じ飲むなら、やっぱり楽しいお酒にしたいものですね。


[43]>42 記憶 AYAKASHI

そうですね。

お酒は楽しく飲みたいですね。

私は飲んでも赤くも青くもならず、平常通り(だと思う)で、

飲みすぎても記憶を無くしてしまうこともありません。

「覚えてないなぁ?♪」なんていうセリフ、ちょっと羨ましくもあり使ってみたい気がします^^;


[44]>11 七五三写真 canorps

我が家も今年、6歳の次女が数えで七五三ですので、写真とお出かけ祈祷としてきました。

女の子ですから3歳のときにもやってはいるのですが、三歳の女の子は被布のお着物。

7歳は帯を締めてのお着物なので、本当に大きくなったなあと感慨深いものがありました。

我が家は三女も控えているので、長女次女の七五三は完了ですが、あと二回(三歳・七歳)の

七五三が控えています。

男の子のはかま姿にもあこがれるけど、女の子は飾り甲斐があります。

親馬鹿ですから、七五三のお着物を来た子をメインで写真をとりましたが、

せっかくなので三姉妹でも写真をとりました。

全国チェーン店の写真屋さんもありますが、長女の七歳、今年の次女の・・・は県内になん店舗かある写真屋さんで。

ぐんとイメージが変わって素敵な写真が取れました。


[45]クーラーを使う事がなくなった nakki1342

南の島に住んでいるので正直まだまだ日中は少し

暑い事が多いのですが

この2週間ほどでようやくクーラーを稼動させる事がなくなりましたね

汗は、かかなくても暑い時があるのですが

その時は、扇風機で済む様になりました

電気代が助かります(苦笑)

我が家にとっての第一弾の冬支度はやっぱり

クーラーの稼動を止める事だと思います


[46]>44 家族勢揃い wacm

七五三写真、いいですね。まだ小学生のお子さんがいらっしゃる家庭ですと寝室や玄関に飾ってあることが多いですよね。

イエでも家族の写真を撮るという話題が登ったときにですね、私も七五三の時に撮った家族の写真を思い出しました。

家族で揃って写真を撮ることもできるのも数少ないですし、いい思い出になるから笑顔でいつまでも残し続けたい家族の宝物です。


[47]>41 お肉料理に最高ですね wacm

ワイン、親しい人と飲むときには最高です。酔いやすいので、最初の1杯だけは、贅沢に1本1万円程度のものを。そして、それ以降は安物のことが多いです。

これからの季節、肉料理を食べることが多くなりますが、日本酒では生肉、ビールだとおつまみと粗野ですが、ワインだとお肉にマッチする感じがします。

悪酔いして、お肉をたくさん食べてしまうことがあるので、冬に太りやすいです。運動するだけでなく、ワインを控えるようになりたいです。


[48]>43 会話があらぬ方向へ wacm

親しい人とお酒を飲むと会話が自然と楽しめますよね。

若い頃はお酒を飲んで、何が楽しいのだろうかと思っていて、お酒を飲まなかった私がいまではお酒を飲むようになってしまいました。

特別、強いわけではないので抑え気味のペースで飲むのですが、話はとんでもない方向へ行ってしまうことも。

そんなハプニング的な内容も、シラフでは絶対あり得ないこと。お酒に少しだけ手助けてしてもらって寒い冬を賑やかにしたいです。


[49]>37 ネックウォーマー wacm

マフラーの準備もして、先週末はマフラーにお世話になりました。ジャンバーで首周りを抑えることはできても、中の熱気がどんどんなくなってしくので、マフラーがあると助かります。

外出の時だけでなく、自宅にいるときにはネックウォーマーを巻いて、寝る直前に外すこともあります。

これから、風も強くなる季節ですし、外すことのできないアイテムの一つになりそうです。


[50]>48 楽しい飲み会 jozetora

日々の疲れが癒されます


[51]>18 コタツ wacm

コタツは寒い地方の我が家には必須です。近所の知り合いもネコが出せ出せとしきりにせがんでくるようで、ネコの寒さ対策にコタツを出すそうです。

コタツでまったりしているといつの間にか眠気が襲ってくることがありますが、低体温症や脱水症状にならないように注意していきたいです。

冬だからといって、乾燥対策ばかりして肝心の水分が抜けてしまったら、身体はあっという間に体力を落としてしまいますからね。疲労度などにも気を払いたい。


[52]>51 こたつ r-zone

だしました〜!

こたつを出すシーズンになったら全ての物を身の回りに配置してこたつから出なくていいようにしてしまいます。


[53]>50 飲み会 r-zone

これから冬に向かって飲む機会が増えて行きますね。

親しい仲の友人と飲むのは本当に楽しいですし、日々の疲れも発散出来ます。


[54]>47 ワイン r-zone

ちょっと良いレストランへ行った時にはワインを頂きます。

正直あまりわからないのですが、旅行でオーストラリアに行った時、ワインが有名なようで色々買ってきました。

その時、出会ったのがデザートワイン。

ワインがあまり説得意でない私でも美味しく頂ける、名前の通りの甘いワインでした。

すっかりハマってしまいましたが日本で買うとちょっと高いのが難点ですね。


[55]>46 七五三 r-zone

今でも覚えています。

金太郎あめ片手にして、家族で撮った写真が今でもあります。

初めておめかしをして出かけたのがよほど嬉しかったのか、よく覚えています。


[56]>19 スタットレスタイヤ r-zone

そろそろ交えなくては行けませんね。

家に居るときは、交えなくても良いときもあるのですが

実家が山奥の田舎の為に冬は毎年かなり雪が積もってしまうため

必ず交換します。

いつ降るか分からないので、準備だけは早めにしておいた方が良いですね。


[57]>52 こたつ twillco

我が家もこたつ出しました!

今はダイニングの背の高い用のこたつも出ていたり、種類豊富ですよね。

冬は毎年こたつから抜けだせず困ってしまいます。


[58]>53 楽しい飲み会 twillco

毎日子育てで中々飲めない私も、年末だけはゆっくり飲める時間です。

旦那さんの実家は人数もかなりの人数が集まるので

とっても楽しくお酒を飲めて幸せです!

普段はなかなか集まれない兄弟達が一同に集まる日でもあるので

お酒も進むし、昔話にも花が咲きます。


[59]>54 ワイン twillco

ワインが苦手な私ですが

先日、入浴剤で「ワイン風呂」というのがあり、さっそく購入して試してみました。

綺麗な赤ワインのいい色にお風呂が染まって

上品な香りもいい感じでした!

ワインというだけあり、お肌にも良さそうだし

ちょっと贅沢な気分になってしまいました。


[60]>49 マフラー twillco

高校生の頃に好きだって先輩に告白と同時にプレゼントしたのが

手編みのマフラーでした。

今はこんな事する子はいないかな?

でも私は良い思い出として心に残ってます。

翌朝、マフラーを巻いて登校してきてくれた姿はいまでも思い出すと心が温かくなります。

頑張って良かったなぁ〜としみじみ!


[61]ウォームビズ「防寒起毛肌着」で武装です。 VEGALEON

やはり「我が家の冬じたく」は、「肌着」の重ね着から始まります。

私は通常の下着の上に「七分丈のズボン下」や「長袖肌着シャツ」を着込みます。

「年寄りくさい」なんて言われようが関係ありません!

最近は「メンズタイツ」とか言ったりして「おしゃれ」なのです。

「ババシャツ」でも「ジジシャツ」でも関係ありません。

自分の体温を保温に使うには最適です。

一度着たらやめられません。

「着込めるだけ着込む」これは鉄則ですね!

「ウォームビズ」と言ったら「おしゃれ」でしょうか?


[62]>60 手袋とマフラー mandoto57

手袋は数日使いましたね。マフラーはまだ使ってません。

これからは助かる道具です。


[63]>36 ウィスキーはロックかストレートです。 VEGALEON

私は、ウィスキーの場合「水割り」は好きじゃないのですよ。

何か、水っぽくて物足りないのです。

炭酸で割ってハイボールならいけますが、基本的には ロックかストレートです。

あの「のどごし」が最高に好きです。胸に「ジーン」とくるのも好きです。

これから寒くなると特にカラダが暖まります。

決して無理な飲み方はしませんから御安心を。

ウィスキーでも「バーボン」はダメですね。

「和イスキー(日本製品)」「スコッチ」「カナディアン」が大好きです。


[64]>59 ワイン rsc96074

ドイツワインが甘みが多くて飲みやすいです。青い、シスターのラベルの白ワインはすごく美味しいです。ドイツ人がワインをジュース代わりに飲むというのが分かりました。


[65]>63 ウィスキーもいいですね。 rsc96074

ウィスキーはいつも飲んでいます。ウィスキーはビールを蒸留してつくるそうでう。それから、ワインを蒸留するとブランデーに、日本酒を蒸留すると、焼酎になるそうです。


[66]地球を救う男の冬支度はモモヒキ!! Fuel

一昨年も昨年も大いに盛り上がった、地球温暖化を防ぐ男の切り札、モモヒキ!!

http://q.hatena.ne.jp/1196657712/129740/#i129740

http://q.hatena.ne.jp/1227070380/193146/#i193146

地球を救う男の冬支度はこれでいきましょう。

年寄り臭いとか格好悪いなどという先入観を捨てて、私は堂々とはくことにしました。

脚は血流が滞りやすく、ただでさえ冷えやすい部位です。なのに衣服は、上半身は何枚も着込んでいるのに、下半身はたった布一枚。これでは理に叶いません。

また東洋医学では上半身と下半身の血流や気の流れのバランスが崩れた状態を良くないものと考え、特に上半身に気血が渋滞しやすくなった状態は避けるべきと考えるんだそうです。そういう意味でも、上半身下半身バランスの取れた保温が大切だと思います。

とにかく下半身にたった一枚を追加するだけで、温かさの感じ方が違います。上でご紹介したツリーの中に、

エアコンの冷房を1度高く、暖房を1度低く設定しながら1年過ごすと、

年間で83.32KWhの節電になって、CO2を28.33kg削減できるそうです。

という書き込みがありましたが、日本中がこれをやったら、2005年の統計では日本の世帯数は4906万3000世帯ですから、年間で合計40億8792万9160kW/hの節電、13億8995万4790kgのCO2削減です。夏は一枚脱ぐ、冬は一枚着る。ただそれだけで2度以上は楽勝で動かせますから、衣服の効果は絶大です。

さらに下半身を保温してくれるモモヒキは、自転車ライフに最適です。寒いというより冷え込む朝も、モモヒキ一枚プラスするだけで、颯爽と自転車で出かけられます。これでさらに省エネ低炭素。地域によっては降雪などの気象の関係で自転車は無理な場所もあると思いますが、寒ささえ克服できれば自転車が使えるという地域なら、モモヒキ+自転車が、温暖化防止の強力なアイテムになります。

CO2削減という堂々としたポリシーがあれば、着替えなどで同性に見られても恥ずかしくありませんし、むしろそれが積極的な温暖化防止ライフを広げるチャンスになります。

異性に対しては、家族を除けば基本的には誰にも見せないのが原則ですから、異性の目を気にして恥ずかしがることは全くありません。彼女に見られると恥ずかしいということなら、彼女と一緒に買いに行けばいいんです。

これからは「一緒にモモヒキを買いに行ってくれないか」。これが冬に向かう男のダンディな決めゼリフです。これで彼女との仲がさらに深まって、心も寄り添う温かな冬が迎えられます。愛する奥さんや彼女が選んでくれたモモヒキで、体感温度ならぬ心感温度は常夏です(笑)。


[67]>65 初めてのウィスキー meizhizi87

職場の先輩に飲みに連れて行ってもらったときに、ウイスキーを飲みました。水割りだったのですが、何て飲みやすくておいしいのだろうと思いましたが、後でかなり酔いがまわってきました。やはりちゃんぽんは危険ですね。


[68]湯たんぽ meizhizi87

最近、ミニサイズの湯たんぽを買いました。職場に持っていき、膝の上に置いて使っています。お湯は約550cc入ります。出勤後すぐにお湯を入れると、昼休み頃にはぬるくなってもう一度お湯を入れ直すのですが、ぬくもりがとても気持ちいいです。今年から使い始めたのですが、早くも冬の必需品となりそうです。


[69]ハンドクリーム meizhizi87

冬になると、手が乾燥してしまいます。もっと寒くなるとあかぎれてしまうので、そうならないためにも、ハンドクリームを欠かせません。持ち歩き用と家用を常に用意しています。寝る前にたっぷり塗ると、次の日、ガサガサがおさまっているので、それだけでもうれしいです。


[70]>66 女もモモヒキ! meizhizi87

女ですが、モモヒキはいています(笑)もう1度はいてしまうと手放せなくなります。今年は例年よりも早めに冬支度をしているので、もうはき始めています。今は、かっこよくレギンスって言うようですが、種類もたくさんあって、レギンスをはいた男性はオシャレに見えると思います。

また、寒いときには、寒く見せないようにすることもファッションやオシャレのひとつだというのを聞いたことがあります。少しでも暖かい格好をして、地球にも体にもやさしい服装で冬を過ごしたいと思います。


[71]自家製梅酒 meizhizi87

夏に作った梅酒がいい色をして、飲み頃になりました。ロックで飲んだり水で割ったりしますが、サイダーや緑茶で割ってもおいしいです。そして、梅酒と一緒に梅を食べるのですが、これもまたおいしいです。あまり晩酌はしないのですが、テレビを見てこたつに入りながらゆっくり梅酒を飲むと、幸せを感じます。


[72]>57 こたつ nakki1342

毎年、寒くなってくると

コタツを購入しようかと家族の中で

話題になるのですが

買ってない我が家です

風が強くて体が冷える時とか

ホントは、コタツがあったらいいなと

思うのですが出不精になってしまう事が

容易に想像できるので

個人的には、欲しいけれど買わない方が

我が家にとってはいいのかなと思っています


[73]>72 こたつ tunamushi

一人暮らしをしていたときはこたつをしていなかったのですが、やっぱりこたつのある家はいいです。心から落ち着きます。友だちの家は掘りごたつで、初めて入ったときはびっくりしましたが、面白かったです。


[74]ガウン tunamushi

寒い夜は、ガウンを着て過ごしています。もう20年以上愛用しているものです。すっぽり包まれた気持ちになります。


[75]>13 恐竜スリッパ tunamushi

恐竜の足の形をしたスリッパを持っています。冬は足をすっぽりと覆うことができてとても暖かいです。昔、飼っていたハムスターが逃げたときも、この恐竜スリッパに入っているところで見つけました。きっとハムスターも暖かかったのだろうなと思うと、何だか面白かったです。


[76]赤ワインに氷 t-saitou

赤ワインに氷を入れて、氷が徐々に溶けていく味わいの違いを楽しんでおります。


[77]煮込みうどん tunamushi

煮込みうどんを作り始めると、もう冬が来たのだと感じます。鶏肉で出汁をとって、醤油、砂糖、みりんで味付けし、えのき、ねぎ、薄揚げ、火を止める直前で卵を加えて出来上がり。体が温まります。


[78]>56 嫌な季節 to-ching

今回は新車なので、冬タイヤはディラーに預けています、行くだけでオーケー!

夏タイヤも置いていこう・・・


[79]>70 モモヒキ tunamushi

モモヒキ(レギンス)はいてます。種類がたくさんあって迷います。男の人がズボンからチラッと見せるのは、今時という感じでかっこいいと思いますよ。


[80]>76 あぁ! to-ching

旨いですね!安いワインも美味しくなる感じがします。好き!


[81]>79 必需品 to-ching

年取ってから手放せません、レギンスでは無いですよ!


[82]>67 不味かったです to-ching

なんでこんなもの飲むの?って感じでした。水割りで飲むことも知らず・・・今はこれが無いと寂しい!


[83]>77 煮込みうどん powdersnow

野菜を多めに入れれば、鍋っぽくなっていいですね。

寒い冬の煮込みうどんは、身体が中から暖まる感じでうれしいです。


[84]>73 こたつ powdersnow

一人暮らしだと場所をとるので、なかなか使いづらいところもありますね。

やはり、家族で一緒に集まることによって、暖かさも一点に集中されるというのも良いのかもしれません。


[85]>55 北海道 to-ching

七五三は10月に行うそうです、11月では寒いからです。


[86]>17 家飲み powdersnow

近所に持ち帰れる美味しいお総菜などがあると、家飲みもいいですね。

酔ってしまうと、短い距離でも歩くのがおっくうですが、家ならすぐに寝てしまえます。

気持ちよくまったり飲むことが出来ますね。

近所迷惑には注意ですが……


[87]>62 手袋とマフラー powdersnow

あまり効果がないように思えますが……

実は、袖や首もとを塞ぐ的な意味で、結構大きかったりしますね。

風邪が肌に近いところを通らないだけで、ずいぶんと寒さが和らぎます。


[88]>23 編み物 powdersnow

クリスマスなどは、編み物のプレゼントが多いタイミングでしょうね。

手編みは重すぎる……という意見も結構あるようですが、個人的には、好きな相手なら貰えたら嬉しいものだと思いますね。


[89]>82 流行先取り t-saitou

巷では角ハイが流行ってるそうですが、私はずっと以前からハイボールをお店で飲んでます。


[90]重ね布団 t-saitou

寒い時は厚い布団や高級羽毛布団をかけ布団として使ってる方がいらっしゃいますが、私はそれ程厚くない布団を幾重にも重ねております。厚い布団を少しより薄い布団を沢山使ったほうが温かいですよ。


[91]>89 私はほんのすこしだけバーボンを iijiman

ウィスキーって、ほとんど飲まないですね、最近は。

ビールと梅酒(?)ばかりでした。

ウィスキーを飲むときは、バーボンを、ほんの少したしたむくらいです。

それでももう10年くらい飲んでいないかもしれません。


[92]>69 手足にスキンクリーム offkey

水仕事で洗剤を触ると冬はすぐあかぎれするので、ゴム手袋を嵌めますが、それでも普段顔を洗ったりするときにお湯を使ったりするので、どうしても手が荒れてしまいます。

最初のうちは軟膏をつけたり、絆創膏を貼ったりしてたのですが、それでもよくなりませんでした。

ところで、私は乾燥肌でかかとも冬はひび割れて大変でした。そこでクリームを塗って靴下を履いて寝るようにしたところ、かなりよくなったので、手にも試してみようと

夜寝る前にハンドクリームを塗り手袋を嵌めて寝たら、だいぶよくなりました。荒れは脂分が抜けるのが一番良くないみたいですね。


[93]>92 乾燥肌 kinnoji7

私も乾燥肌で悩んでいます。毎年毎年クリームは欠かせないですね。かゆくてしょうがないです。


[94]>87 手袋とマフラー kinnoji7

手袋はよく利用しますね。マフラーは首周りがかゆくなって、ちょっと苦手です。


[95]>84 こたつ kinnoji7

こたつでうたた寝すると気持ちがいいですね。そのままこたつからでるのが嫌になるくらい気持ちがいいです。


[96]冬篭り用の本を準備 offkey

当地は冬雪が降り、自転車に乗れなくなります。

夏の間は自転車で図書館に通い、あれこれ本を選んでましたが、冬になると気軽にゆけなくなるので、前々から欲しい本を少しづつ買い揃えておきます。なるべく読みにくくて期限に煩わされたくないようなもの、何回も読み直したいものを選びます。

今積読本が20冊以上はあるでしょうか。

普通積読本があまりたくさんあると圧倒されがちですが、

冬篭り用のアイテムだと思うと心がワクワクしてきます。


[97]家飲み akilanoikinuki

私はそこまでお酒は飲まないのですが、主人は酒が好き。

それでも毎日飲むという事はなく、週に2回の私の休みの日にお酒を楽しむ事にしています。

外食でも・・・悪くはないのですが、私達は家で楽しむ事にしています。

いつもよりもぐっと早く、5時くらいにお風呂に入ります。

そして、主人が風呂に入っているうちに私が夕食を作り始めます。

チーズとサラダを前菜として出し、その後魚や肉の料理を出します。

旦那はその間、その日の気分の酒を楽しみます。

一番多いのは焼酎、次にビール、その後、ワインや日本酒。

食事の後も、まだまだ時間があるので、お菓子や豆類(私はカシューナッツが一番好き)をつまみながら、9時くらいまでゆっくりと過ごします。

その間は好きな音楽を聴きながら、お喋りを楽しみます。

それが我が家の酒の楽しみ方。


[98]>64 ワイン kinnoji7

ワインは大好きなのでよく飲みます。安いワインばかりなので、たまには高級なワインを買って味わいを楽しみたいですね。


[99]>21 千歳飴 kinnoji7

千歳飴っておいしかったですね。大人になってからは1度も食べてないので、子供の頃に戻って食べてみたいです。


[100]土鍋の用意 lepremierpas

冬になると寒さから、夕食は家族で仲良く土鍋を囲んでのなべ料理が増えてきます。

ですので、冬に向けて、戸棚の奥から土鍋をせっせと出します。

そこで、ウチのイエでの定番おすすめ鍋をご紹介します。

「ワンタン鍋」

家族で、皆でワンタンを作ります。

一つ一つ皮で包んで沢山作ります。

鍋一杯に鶏ガラスープを作り、そこに手作りしたワンタンを投入。

良い頃合いで引き上げ、長ねぎを刻んだものを散らします。

黒コショウをふりかけて食べます。

そしてワンタンのいい出汁が出た鍋の残り汁に白菜、豆腐、油揚げ、きのこ類などを入れ、野菜鍋の開始!

我が家ではこのようなワンタン鍋が定番です。

ワンタンと鶏ガラのいい出汁に野菜が似合います。

栄養満点ですのでおすすめです!!!

水餃子で作っても美味しいですよ。

「揚げ餅鍋」

これはウチのイエの母が昔からよ?く作ってくれたものです。

出汁、醤油、塩お酒で鍋一杯にスープを作ります。

そこに鶏肉(骨付きだと尚よし)を入れます。

お餅は予め揚げておきます。

お鍋の中に白菜、人参、椎茸、里芋を入れます。

火が通ったところで、お餅を投入。

ぐつぐつしたら、食べごろです。

器に盛り、三つ葉を添えて食べてみてください。

お好みでユズの皮を加えるとさらに美味しいです。

お餅が入っているので、お鍋一つで主食・主菜の役目になります。

揚げたお餅に出汁がしみ込んで、つい食べ過ぎる大好物のお鍋です。

お鍋って各家庭でお味が違って楽しいですよね。

今年も土鍋はフル活用です。

まずは手始めに定番の上記のナベを楽しみ、後々、色んなナベにもチャレンジしたいです。

今年チャレンジ予定のなべは、もつ鍋、カレー鍋、スンドゥブチゲです。

特にスンドゥブチゲは今一番の興味津津なナベです。

http://cookpad.com/recipe/561236


[101]絨毯 gallerybaaba

我が家では、ちょっと早目の10月半ばから室内の冬支度。

フローリングの夏の敷物を絨毯にチェンジします。


快晴の日を狙って、絨毯を天日干し。

埃をバンバン掃ってから室内に取り込みます。干したての絨毯は毛並みが立っていて、素足で歩くとほんのり温かく、何ともいえないこの感触。そして“お日様の香り”がするこの瞬間が大好きです。

そして、カーテンも厚めのものにチェンジします。

この作業を三部屋分行うのは、結構重労働ですが、我が家の大事な冬支度です。


その後は、ホットワインで“お疲れさま”をしましょう。そして、ウェルカムウィンターに乾杯!!


[102]>98 ワイン Rytandrezone

ワインはよく飲みます。日本酒は合わないので。チーズ、ピーナツがおつまみにによく合います。


[103]○見酒 MINT

先日のいわしに「紅葉酒」の話題がありましたが、自然の風物を愛でながら楽しむお酒には、花見酒、雪見酒、その他様々な「○見酒」がありますね。うちの父も雪見酒が大好きで、雪が降るとうれしそうに、お燗つけてくれないかと母に頼んでいます。

でも最近の首都圏は、あまり雪が降りません。そこで新たに開発されたのが「稲見酒」。冬至粥用に育てているベランダの稲を眺めながらお酒を楽しみます。父は、お酒の大元、稲穂を眺めながら飲むのは格別だと喜んでいます。私もちょっとお付き合いしました。父の「稲見酒」は端麗な飲み口の冷や酒です。キュッと飲むと、お酒なのに喉の奥に果物のような香りが広がります。それに合わせるかのように、稲穂に風がさぁーっと吹き渡ります。思わず「いいね、お父さん!」と声を上げてしまいました。

新潟や秋田など、米どころは酒どころでもあると思います。いいお酒がたくさんあると思います。稲刈りの前のひとときを「稲見酒」で楽しもうって呼びかけたら、お花見以上の観光の目玉になるのではないでしょうか。もしどこかで計画してくれるところが現れたら、私もぜひ行ってみたいと思います。

そのほか、私はこれからの季節は、「風見酒」なんていうのもいいなぁと思います。北風に舞う枯葉を見ながら、イエの中でぬくぬくとお酒を楽しむんです。雪があまり降らない地域の冬の風物詩は北風小僧。木枯らしの強い日は「風見酒」日和です。

それからこれもきっとすてきだと思う「星見酒」。夏至や冬至、七夕などのキャンドルナイトと合わせて実施するといいと思います。ただし夜に野外で飲むと平地でも遭難する恐れがあるかもしれませんから、これは必ずイエで楽しむものにしてください。

もっとたくさん色んな「○見酒」のアイデアを集めて、「○見酒カレンダー」なんて作ったら楽しいでしょうね。町の特産と結びつくと、思わぬ所から町おこしになるかもしれません。


[104]>103 お酒 eiyan

お酒は何につけてもアルコールが血中を流れやすくしますね。

血の巡りを良くして目からの刺激を与える事によって脳内を安定させます。

太鼓や踊りを見ながらも楽しいですね。


[105]>78 冬タイヤ ttz

そろそろチェンジの季節です。。。と言いたいところですが、去年面倒くさくて夏もタイヤ交換せずに1年中スタッドレスで走ってしまいました。溝はあるのでまだ大丈夫だと思っていますが。。


[106]>1 冬仕度 eiyan

毎年時期になると冬の到来に対する備えをします。

今年の様に急な襲来には参ります。

来るならゆっくりと来て欲しいですね。


[107]>35 焼酎 eiyan

焼酎は果実酒や消毒に使いますね。

そのまま飲むと自分が漬かってしまいますので薄めて飲むかゆっくり飲みたいですね。

何やかんやいってもやっぱり果実酒は美味しいですね。


[108]ワイン飲みすぎ注意! ttz

ワインには甘い想い出も苦い想い出もあります。かなり前の事ですが、ついつい飲みやすいワイン、そもそもアルコールが強くない自分にとって、なんて飲みやすいんだろう!調子に乗ってゴクリゴクリ・・・イエに帰ったころ酔いが回り始め・・・そしてトイレへ・・・翌朝激しい頭痛。でも、ほどほどに飲めば本当に美味しいのがワインのいいところです。


[109]>45 クーラー eiyan

人は環境に馴れるものです。

暑さや寒さは人を成長させます。

心の準備も大切ですね。


[110]>108 ワイン eiyan

ワインはお料理に使うと良いですね。

直接飲むよりお料理から摂取すれば栄養的にもバランスが取れます。

色彩、香り、栄養とあらゆる趣向がききます。


[111]ボージョレ・ヌーボー。飲んだことありますか?? ttz

以前は確かボジョレー・ヌーボーと言っていたのがいつの間にかボージョレ・ヌーボーに変わったらしいですが、それはともかく話題の割にいまだに飲んだ事がありません。ただ周りでも飲んだという話を聞いた記憶がありません。毎年のようにマスコミ中心に話題になりますが、一体どのくらいの人が好んで飲んでいるのでしょうか。そしてやっぱり美味しいのかどうか。ちょっと興味はアリです。


[112]加湿器。 ttz

朝起きたときになんとなく喉が痛くなってくる季節になりました。我が家では加湿器が始動です。除湿機は使いませんが、加湿器は必須です。そうそう、イエではいいのですが、旅行に行ったときに部屋に加湿器が置いてなく、心配したとおりに朝喉がやられているのも毎年のことです。


[113]恐怖のインフルエンザ。 ttz

今年は本格的にインフルエンザが恐怖です。インフルエンザに関しては毎年予防接種をしています。今年もしました。もちろん、従来型インフルエンザのです。夏から蔓延していた新型インフルエンザが冬になったらどうなるのか・・・考えただけでもゾッとします。予防接種もいつ受けられるのか分かりません。それまでの期間をどう凌ぐか。1日中マスクをし続けられるわけじゃない。一刻も早く終焉を迎えるように心から祈ります。


[114]葡萄ジュースは大好きですが some1

下戸なのでワインになってしまうのが勿体なくて・・・甘くて美味しいのを何で醸してしまうん・・・


[115]熱燗・お酒のお湯割り tibitora

私はお酒はあまり飲まないのですが、寒くなってくるとたまにお酒をお湯で割った(薄めた)物を飲みます。

寒い日の夜、眠る前に飲むと体がぽかぽかとあたたまってぐっすりと寝ることができます^^

お湯割のお勧め(私が好きなものですが^^;)は梅酒です。

梅の実が入っているものは実も一緒に入れてあたためて食べるとそのまま食べるのとはまた違ったおいしさが味わえるんです(笑)

湯飲みに入った梅の実と梅酒、あったかく湯気のたっているお酒もおいしいですよね^^

暖かくして飲むのはおなかにも優しくていいかなと思います^^


[116]日本酒で病気予防 tibitora

日本酒を適度に飲むことで病気の予防ができたり美肌効果があるという事をみつけました。

心臓病の予防にもなるそうで、不整脈などがある私には気になってしまいます。

http://homepage3.nifty.com/kanoyahn/newpage125.htm

・脳卒中や心臓病の予防・

人間の体には血管が破れて血液が流れ出すとそこに血液の塊ができて止血する働きが備わっています。しかし、年をとるにつれ、この働きがにぶくなってしまいます。血管が破れていないのに血液が固まって血栓ができたり、それを溶かす働きが追いつかなくなってしまうとともに栄養が行きわたらなくなります。

しかし、その血栓を溶解させる物質がもともと体内にあってそれが効果的に働き、脳梗塞や心筋梗塞の治療に有効に働くことがわかっています。その溶解させる酵素(ウロキナーゼ)を促進させるのが主にアルコールの作用によるものですが、ほかに酒に微量に含まれる成分も影響しています。

しかし、酒が血栓の予防に良いからと言って毎日飲むのはいけません。バランスのよい食事と血栓を予防する酵素が多く含まれている食事(魚・納豆・カツオの塩辛他)と、ほどほどの日本酒。

昔から「酒は百薬の長」しかし、飲み過ぎは禁物です。

ほかにも、ガン細胞を抑制する力・糖尿病や肥満を防ぐ酒粕の効用・成人病・ボケを防ぐ・脳卒中や心臓病の予防・美肌効果 ・老化防止が紹介されています。

日本酒風呂も紹介されていました。

‡‡‡‡‡ 日本酒ぶろの入り方 ‡‡‡‡‡

おふろのお湯はぬるめ(約37゚C)にし、入浴直前に200?のお湯に対し日本酒4合(720ml)をいれます。ゆっくりと約20分間入ります。2時間程出たり入ったり繰り返すと、体が芯から温まります。

‡‡ 日本酒ぶろの効用 ‡‡

・血行がよくなる。

・冷え性・腰痛・リウマチ。

・アトピー性皮膚炎。

2時間のお風呂は無理かなと思いますが、1時間くらい入ってみたいです^^

そして、【日本酒の効用は他の食物との組みあわせでさらに高まる 】のだそうです。

日本では正月に屠蘇(とそ)を飲んで祝う習慣があります。

屠蘇とは、「年始に一年の邪気を払い、延命を願うために日本酒に薬草を入れて飲む」ことをいいます。年賀の客に初献に屠蘇を供し、あとは日本酒にするのが正式な祝い方です。薬草には附子(ぶし)、桂皮(けいひ)、山椒(さんしょう)、大黄(だいおう)、陳皮(ちんぴ)、桔梗(ききょう)、浜防風(はまぼうふう)などがあり、それらを入れて屠蘇を祝うのが昔からの習わしです。

薬草以外にも次のような日本酒の飲み方は効用をさらに高めるといわれています。

1軽く火で炒った椎茸をみじん切りにし、これを日本酒の入った容器に入れ、ぬる燗で飲む。(ガンの抑制、糖尿病や痔)

2熱燗にした日本酒にふぐひれを入れ、その容器にふたをして蒸し、ぬる燗になってから飲む。(ボケ予防やアレルギー)

3日本酒に昆布を入れて飲む。(血圧降下作用やホルモンの分泌促進)

4日本酒に梅干しを入れて飲む。(体の新陳代謝を促進し、アルコールの分解能力を高め、肝臓の負担を軽くする作用)

5黒豆をとろ火ではじけるまで炒り、これに日本酒を入れて一晩おいた後、布で漉(こ)して飲む。(腰痛、膝痛、関節痛の予防)

http://www.gekkeikan.co.jp/enjoy/healthy/00067.html

お酒は飲みすぎずに適量おいしく飲むのが一番で、おいしく飲みながら病気の予防にもなるのはいいなと思いました。

冬にはあったかい梅酒をおいしく飲もうと思います^^


[117]>95 こたつ tibitora

私もそろそろこたつを出そうと思います。

カジュアルコタツでいつもはテーブルとして使っているので、上においているものと下に置いているものをどかしてのコタツ布団かけです(笑)

こたつの下にもあたたかい敷物を敷いて^^

こたつは電気をつけていなくてもこたつ布団を足にのせておくと、少し寒いなという気温でしたらそれだけでも十分暖かかったりしますよね^^

明日はこたつ布団を干してこたつの準備をしようかなと思います^^


[118]>94 手袋とマフラー tibitora

手袋とマフラーは寒い日の必需品になっています。

首をあたためると、首には太い血管があるからそこがあたたまって体が温まりやすいのでそうです。

手袋もしもやけなどから手を守ってくれますよね^^

私は手袋をなくしてしまわないように、おき場所は「コートのポケットの中」にしています(笑)

寒い日にはいつもコートを着て出かけるのでポケットに入れておけば忘れることもありません^^

今年の冬も手袋とマフラー、そしてコートで防寒をして風邪などを引かないそうにしたいですね。


[119]>117 冬の部屋ができますね aekie

こたつは温かいですよね。12月に入ると愛媛や高知でみかん狩りが始まりますよ。

そうするとこたつとみかん。それにストーブですかね。我が家の冬の風物詩。冬じたくです。

こたつがないと足が冷えてしまい、冬が寒い我が家には大助かりのアイテムです。こたつは3月まで活躍することでしょう。

もうすでに十年ものですが、いつまでも大切に使い続けていきたい我が家の逸品です。


[120]>118 通勤通学に aekie

手袋にマフラーどれも冬には欠かせないですね。イエの棚には手袋とマフラーがいまかいまかと出番を待っています。

手袋はそろそろ自転車で駅まで向かうとき必要になります。私としてはマフラーは2種類をローテーション。3種類にしてしまうと服に合わせるのが難しくて、難しくて。

ちょっとくらい格好が悪くても温かい格好でいたいですね。何かオススメのメーカーなどありましたら、教えていただけないでしょうか?


[121]>91 「ウイスキーが、お好きでしょ」 aekie

小雪さんが出演されているサントリーのウイスキーのコマーシャルでは、「○○の夜には、角」と最後に言います。

ローカルに注目してくれるだけでうれしく飲みたくなってしまいます。

ウイスキーは学生の頃(いまとは違い、若いときです)、学生でちゃんぽんにして飲んでいましたね。女だろうと関係なし。どんどん回しのみでお酒が強くならないわけがありません。アルコール中毒もいなかった不思議な当時です。

最初の一口がどのお酒よりも美味しく感じるのがウイスキーのいいところだと思います。


[122]>119 早生みかん、猫、こたつ iijiman

こたつを出すのは「冬支度」という気分がしますね。それとほぼ時を同じくして、極早生みかんや早生みかんが出回り始めます。みかんはもう甘く美味しくなっています。こたつで食べるみかんは美味しいです。そして、猫。こたつの主になっています。


[123]>85 いつまでも続きますように aekie

to-chingさんの書かれたように、七五三には旧暦と新暦の関係もありそうですよね。

10月の神社では七五三の親子がにぎわっています。

神社は静かなところなはず、と思っていたところ、実はにぎやかな方がいいらしい。

子どもが転んで泣いている声、両親がなだめたり、怒っている声、全ての会話が家族の幸せを思い起こします。いつまでも日本に七五三の行事が続きますように。


[124]石油ファンヒーターを出す iijiman

冬支度というほどのことではないかもしれませんが、我が家では、石油ファンヒーターを出し、灯油を購入するようになると、冬になったなあと感じます。

ただいま、灯油1リットル59円。昨年は一時は100円を突破してたまげましたが・・・

この冬はあまり灯油が上がらないことを祈ります。

あと、エコということで暖かい格好をして、暖房温度設定は17〜18度に。


[125]ストーブ・オイルヒーター aekie

私のイエではオイルヒーターとストーブを併用することにしました。お風呂場を床暖房にしたいのですが、タイル張りのため小さな我が家にとっての大工事はさすがに時間も費用も耐えられるものではありません。ですが、寒冷前線がやってきた先々週の急激な気温変化のように、どうしてもお風呂場から出たときの冷たさは一軒家だけでなく、アパート・マンション住まいの方も痛感したことでしょう。

ハロゲンヒーターも考えましたが、電気代が高い。ですので、お風呂場周りにはオイルヒーターを使うことにしました。幸いにも、洗濯機と乾燥機のコンセントに空きがあったので使うようにしています。ブレーカーが冬は落ちやすいですから注意して使いたいです。オイルヒーターなら、大火事にもならないですし、燃料を使わないから、そのまま洗面所近くに置いていても邪魔にならない。スペースを有効に使えることができます。

そして、居間ではストーブ。一時期はイエ中オイルヒーターにしようかと思いましたが、湿気をイエに残すためには従来のストーブにやかんのスタイルは崩すことができませんでした。やかんを落としてしまって、熱いお湯で大やけどなど気をつけましょうね。ストーブで熱くしたお湯のお茶はとても美味しいです。身体が背中から温まる感じがします。

ストーブやオイルヒーターのいいところをどんどん取り入れいていきたいです。ひょっとすると、これからの先の世界ではもっと便利で快適なイエを作り出す製品が現れるかもしれません。ですが、いまの社会で十分工夫もできると思います。それがイエでのいわしの活用法でありますし、いつかは「あったらいいな・夢の商品開発」なんてテーマがあると寒い冬でも頭だけは考えすぎてアチチなんてことがありえそうですね。


[126]>86 イエ飲み inio

ゆったり自分のペースでのめるので良いですね。


[127]吟醸香を味わう TomCat

吟醸酒とか、大吟醸などと呼ばれる日本酒があります。これは「吟醸造り」と呼ばれる作り方、すなわち特有の酵母と製法によって醸される酒のことで、国税庁のサイトでは次のように説明されています。

吟醸造りとは、特別に吟味して醸造することをいい、伝統的には、よりよく精米した白米を低温でゆっくり発酵させ、かすの割合を高くして、特有な芳香(吟香)を有するように醸造することをいいます。

吟醸酒は、吟醸造り専用の優良酵母、原料米の処理、発酵の管理からびん詰め・出荷に至るまでの高度に完成された吟醸造り技術の開発・普及により商品化が可能になったものです。

http://www.nta.go.jp/sapporo/shiraberu/sake/02a.htm

この「吟醸造り専用の優良酵母」は、発酵の段階で独特の香り、いわゆる吟醸香を生み出します。この香りはまるで果物のような爽やかな香りで、吟醸酒を味わうと、それまで日本酒に対して、甘ったるい、ベタつく感じ、匂いを嗅いだだけで悪酔いしそうな感じ、といった悪印象を持っていた人が、一転して日本酒ファンになってしまうことも少なくありません。

口に含むと泡雪のような軽やかさ。スッと喉を通った後には鼻腔の奥まで広がっていく爽やかな香り。そんな吟醸酒を楽しむためには、肴選びが欠かせません。

肴には、安酒特有の嫌味を誤魔化すために口に運ぶ、いわば口直しといった役割を担う物も多々あります。そういう肴はたいてい濃い味の物が多いのですが、それではせっかくの吟醸酒の良さが台無しです。ワインが料理を選ぶように、吟醸酒も肴を選ぶのです。

私がよくやるのは、蕎麦。良い蕎麦を茹でてキュッと冷水で締め、笊に盛ります。ただそれだけ。つゆも刻み海苔もありません。酒、酒、酒、蕎麦、しばし空白の時間、といったローテーションで、ただ飲んでいるだけだと口寂しくなるのを蕎麦で埋める、そんな飲み方をします。

酢味噌も意外に吟醸酒と良く合います。春なら山ウドの酢味噌和え。これで一杯はたまりません。

吟醸酒は冷やのまま呑む酒ですから、今の季節だと、肴には何か温かいものが欲しくなるかもしれません。そんな時には、真鯛の兜の酒蒸しなどがお勧めです。

◆材料

◆作り方

まず鯛の頭のウロコを取ります。エラも取り除き、流水でよく洗ってください。これを丁寧にやれば、臭みのない美味しい酒蒸しが作れます。

深めの皿にダシ昆布を敷き、鯛を乗せて酒を振り掛け、15分ほど置いてください。

蒸気のあがった蒸し器に鯛の乗った皿を入れ、鍋蓋から水滴が落ちないように布巾を被せて蓋を閉め、15分くらい蒸してください。これで出来上がり。簡単でしょ?

あとは適宜薬味と共に食べるだけです。普通の切り身で作ってもいいですけど(切り身の場合は蒸し時間は半分くらいでOKです)、兜を使うとさらに味わい深い酒蒸しが作れます。

と、こんな肴でシンプルに、吟醸香を味わうという日本酒の楽しみ方。良い吟醸酒が手に入ったら、ぜひ試してみてください。きっと日本酒に対する考え方が変わります。そして、酔うために飲むのとは違う、味わうために飲むというお酒の楽しみ方の扉が開かれると思います。

どんな料理も、満腹の所に詰め込んだら、美味しくは感じませんよね。お酒も同じです。どんなに良いお酒だって、酔ってしまったら、せっかくの味も香りも無いに等しいものになってしまいます。そういう飲み方じゃもったいない。馥郁たる味と香り、そして風情を楽しむのが日本のお酒です。良い肴と共に、ゆっくりじっくり、酔う直前の微妙な境界を楽しみつつ味わっていってみてください。


[128]>126 お酒はイエに限ります TomCat

私の場合、外で飲むのは、

のどちらかです。酒に限らず料理でも何でも、食はイエで楽しむのが最高です。っていうか、イエで飲むことが嬉しい思えることが幸せ、っていうのもあるかな。自分のペースで飲めるというのも大切なことですね。


[129]ワインやビール hiro_kun

酔ってはてなハイクをやれば自分が後で読んで面白いものになるんではと思ってワインやビールなどを1リットル以上飲んでやったりしていたのですが、自分では自分しか読解できないおもしろうものになったと思っていたのですが、どうやら誰もが理解できないものはダメなようで、失敗でした、、失敗したその記憶もあまりありません。

自分のブログ(日記)なんだから好き勝手に書いていいんだと思っていたのですが、、違うんですね、、、。


[130]省エネらしいオイルヒーターはすでに使用しており、もうすぐ電気炬燵も登場予定です。 hiro_kun

すっかり寒くなってきましたなぁ?( ?∇?)♪


[131]カルーア・モーツァルト hiro_kun

ミルクで割ると美味しいです、が、酔えません。


[132]>129 酔って書いたメモ atomatom

酔ったときにはついおしゃべりも声高になるように、書くものも必要以上に饒舌になったりしますね。

ぼくの場合はアイデアがぶっ飛んだもの、なんてのは書けなくって、ただ単にミスタッチ、誤字の多い文章になってしまってダメダメです。

酔ったときはネットで将棋も指したくなるのですが、これまた勝てません。


[133]>128 イエで飲む酒 atomatom

イエに帰ってお風呂に入って、食事とともに楽しむアルコール。楽しい一時です。

実は昨日まで旅行に行っていたのですが、旅先で買ってきた缶詰をサカナにイエで焼酎のお湯割り。

旅先でも毎日飲んでいましたが、リラックスできる度合いが全然違います。


[134]>122 まだ電気を使うのは我慢 atomatom

うちもこたつ出しましたが、まだ出しただけ。スイッチ入れて電気を使うのはもうちょっと、ギリギリまだ我慢です。

この暖かくないこたつ、実は暖かいんですよ、少しは。

まず大人2人分の足からの体温があるし、ネコ2匹が入ってきますからネコの体温。

これらの相乗効果であとしばらくは頑張るつもりです。


[135]>115 体を温める熱燗 atomatom

風の強い日なんかは手もかじかんで、いよいよ冬が近づいてきました。

そうなると欲しくなるのが熱燗、お湯割り。

かじかんだ手を徳利で温めるのがいいんですよね。

酔いが回るのも早いんです、熱燗は冷や酒に比べると。

ですからホントにほこっとします。


[136]>121 ウィスキーはカタチから atomatom

ウィスキーはカタチからといいますか、見た目のかっこよさから入るんですよね。

ぼくの場合は映画の影響です。

カウンターバーでショットグラスに水の入ったチェイサー。

くいっと一口で飲み干す。

胃の中がカーッと熱くなるのを、ちょいと頬をゆがめて楽しむ。

映画では様になっても、素人がやるとダメですね。

ぼくの場合はショットグラスでチビチビすすって濃厚な味を楽しんでいます。

割るとしたらソーダですね。


[137]電気絨毯 mododemonandato

家では寒くなってくると電気絨毯を出します。

普段は丸めて電気コードで巻いて、物置に入れてありますが、冬になると引っ張り出してきます。

長い間仕舞っていると埃や虫がついたりするので、一度ベランダに干して、叩いてから部屋に入れます。

居間に敷いて夜になるとその上に布団を敷きます。

台所の机の下にも小型の電気絨毯を敷いて、足元を暖めます。

部屋が足元から暖かくなると、なんだか幸せな気分になります。


[138]カーテンの付け替え lepremierpas

冬になると、いつもより少しばかり厚めで防寒出来るカーテンに付け替えています。

カーテン一つで、電気代やガス代の節約にもなります。

ヒーターの設定温度を下げられるからです。

エコな冬支度です(^O^)


[139]七五三のいわれを知り大人の七五三を考えてみる watena

まず七五三がなぜ11月15日なのかですが、これは調べると、三代将軍徳川家光が、虚弱だったの四男徳松の5歳を祝い、慶安3年11月15日にその袴着の儀を大々的に行った事に由来するとされています。この徳松が後の五代将軍綱吉です。

家光自身が幼少時とても病弱であったと伝えられていますから、自分の息子の健やかな成長を願う心は、ひときわ強かったものと推察されます。


15日という日取りは、後の大安の元祖とも言われる二十八宿の鬼宿日、つまり鬼が宿に籠もって出てこない安全な日とされていた事に由来すると言われています。昔の一ヶ月は月の満ち欠け27.32日にほぼ対応していましたから、二十八宿のひとつひとつが月々の1日から末日までに対応していました。その中で一番祝い事に適していたのが十五日だったわけです。


11月という月は、おそらく収穫感謝につながっていると考えられます。江戸時代の資産能力は土地面積に石盛という計数を乗じて米の生産力に換算した石高で表されていましたから、その実際の収穫こそが富と繁栄そのものだったわけです。その繁栄を祝う秋に子の成長を祝うことは、当時としては極めて意義深かったと推察されます。


このように考えていくと、七五三のそもそもは、大きく二つの意義に分かれると言えます。一つは現代にも引き継がれている子の成長を祝う意義。もう一つは、吉日を選んで富と繁栄に感謝する意義です。


そこで、七五三を子供の行事だけと決めつけず、後者の意義を意識した「大人の七五三」も考えてみたいと思いますがいかがでしょう。


たとえば地域によっては、七五三の各年齢で、

・三歳は言葉を

・五歳は知恵を

・七歳は歯を

それぞれ授かる節目と考える所がありますから、そうした成長段階を踏んで今の自分があると考えて、大人になってからも次のような行事の年としていくのです。


・23歳、33歳、43歳…と3の付く年には、授かった言葉を正しく使っているかどうかを反省します。言葉で人を騙していないか、言葉で人を貶めたり苦しめたりしていないか、言葉を争いの道具に使っていないか、などなど。特にネット時代の今は、文章となった言葉がかつてなく氾濫しています。姿を隠して言葉で人を傷つけることがたやすく行えてしまう現代だからこそ、言葉を授かった原点に返ってみることが大切ではないでしょうか。

・25歳、35歳、45歳…と5の付く年には、授かった知恵に感謝して、その知恵をどう社会に役立てているかを省みます。学生時代に学んできたことのほとんどを無駄にしているような大人ではもったいなさすぎますね。またこの年を節目に新たな学びにチャレンジしていくことも、人生を豊かにしてくれると思います。

・27歳、37歳、47歳…と7の付く年には、授かった歯にも感謝しましょう。歯は健康の源です。8020運動というのがあります。満80歳で20本以上の歯を残そうとする運動のことで、20本以上の歯が健在な高齢者はそうでない人に比べて活動的で、寝たきりなどになることも少ないといった報告もあるそうですから、7の付く年の節目に歯医者さんで本格的な歯のメンテナンスというのも意義深いと思います。費用はその前の9年間で積み立てておきます。


こうした、10年ごとに3回ずつ巡ってくる節目を機会に自分を見つめ直し、大人になってもなお成長していく人間性を磨いていくような「大人の七五三」という考え方はいかがでしょうか。

もちろんそういう年齢に該当しない年でも、収穫への感謝の心でちょっと手を合わせてみるなどは、とても意義深いことだと思います。子供たちのお宮参りに混じって神前で手を合わせてみると、きっとすがすがしい何かが得られると思います。


[140]>136 ウィスキーボンボン twillco

バレンタインに、父親が貰ってきたチョコレートがウィスキーボンボンだった時のショックったら大きい物は無かったです。


[141]>134 コタツ koume-1124

うちも出してマース!

冬は出られなくなり、よく遊びに行く予定なんかは遅刻してしまったりしてます。


[142]>112 加湿器 koume-1124

アロマオイルが入れられる加湿器を愛用しています。

なかでもティーツリーが私のお気に入りです。

ラベンダーと混ぜても良い香りだし、殺菌効果があるので

この時期はインフルエンザ対策にももってこいです!

気分によっても香りを使い分けていますが、リラックス出来てとても良いです。


[143]>88 編み物 koume-1124

毛糸でボンボンを作り、それをワイヤーに巻き付けてリースを作る予定です。

雑貨屋で売っているのをみて自分でも出来そう!と思い製作中です。

売っている物とは違ってオリジナルの物が出来上がるので

愛着もわきそうです。


[144]>133 イエ飲み koume-1124

家で飲むお酒は終電も気にしなくていいので良いですよね。

よく友人達とホームパーティーをするのですが、その時には泊まって行くので、気にしないで沢山飲みます。


[145]>120 手袋とマフラー koume-1124

手袋は二重手袋がお気に入りです。

すっごい暖かくて、絶対に寒くならないので本当に使えます!

手袋とマフラーはセット買いしたいですね。


[146]>142 電気を使わないかわいい加湿器 tibitora

空気が乾燥してくる季節になりましたね、私も朝起きたときにのどが痛くなっていることもあります。

私はタオルを湿らせたものを枕元においていて十分加湿器のかわりになっているのですが、最近こんなものを見つけました。

http://item.rakuten.co.jp/obata/10001386/

電気を使わないエコ加湿器♪

ミスティーブーケ

水を容器に入れてはっぱのようなフィルターをおくだけのコンパクトでかわいい加湿インテリアです。

小さいので家でだけでなく、パソコンを使うお仕事のかたにはそばにおいておくとドライアイの予防にもなったり、旅行にもつれていけたりします^^

エコでかわいい加湿器、自然にも人にもやさしくていいなあと思います^^

http://item.rakuten.co.jp/harvest-garden/1003-307/

電気を使わない水を注ぐだけのエコロジー加湿♪

エコ加湿器ミスティガーデン

こちは草タイプです^^

http://item.rakuten.co.jp/greenpacks/100000134/

ちょこっとオアシス

お出かけ用です^^

http://item.rakuten.co.jp/emarket-asia/lovepot/

自然気化式加湿器 lovepot(ラブポット) レッド

ハート型のお花みたいです^^

のどを痛めるとウイルスに感染しやすくなってしまうと聞いたことがありますので、乾燥にも気をつけていたいですね。

こんなタオルハンカチアニマルくんに水を飲んでもらって(湿らせて)加湿器のかわりになってもらうのもかわいいかなと思いました^^

http://item.rakuten.co.jp/imabaritowel/23-0072it/

やさしい手触りのミニハンカチで作る、かわいい動物タオルたち。


[147]>140 ミントチョコにウィスキー? w83

見たテレビなので記憶が曖昧なのですが。西洋のどっか国の貴族は、食後?にミントチョコをつまみにウィスキーを飲んだそうです(多分)。そのテレビを見て私は早速コンビニにいって、買い物をしました。ミントチョコはなかったので普通のチョコレート、ウィスキーは一番小さいボトルのを買って飲みましたw


[148]>113 インフルエンザではありませんが w83

10月の末から風邪をひきました。お風呂上りにパソコンで名簿を作っていて、体調を崩してしまったようです。油断しました。熱自体は大したことがないのですが、長引きました。これから忙しくなってきますが、体調を崩しやすい季節。体を冷やさないよう、かつ充分な睡眠をとるよう心掛けたいと思います。


[149]>141 我が家でもだしました w83

晴れた日ならまだ長袖のTシャツで過ごせるのですが、最近体調崩しまして。体を冷やさないよう、コタツをだしました。テレビのある部屋に。


[150]我が家の冬じたく poultry_research

ストーブとふとんを二枚がさねにすることです。


あと、帰ったらイソジンでうがい、リップクリームかな。


[151]11月15日はみんなで和服 C2H5OH

11月15日は「きものの日」。全日本きもの振興会というところが、七五三には家族そろって着物で出かけてほしいという趣旨で制定したそうです。

言われてみれば、本来、七五三は男の子なら袴着、女の子なら帯解きといった着物に密着した儀式が行われていたわけですから、親も子も着物でお宮参りすることが伝統にかなった姿と言えますね。

ついでに、子供は国の宝、世界の宝でもありますから、この際、七歳五歳三歳の子供がいない人たちもこぞって着物で町を歩いて、みんなでお祝いの気持ちを表すのはどうでしょうか。

直接七五三に関係のない家庭も、11月15日は着物で外出を楽しむ。恋人たちもこの日ばかりは着物でデート。あるいは友達同士着物で訪問し合う、などなど。

七五三の日は、今まで一度も着物を着たことがない人の、着物初体験の日としても適していると思います。男の子の袴着、女の子の帯解き、どちらも子供が初めて大人と同じ着物を身につける儀式ですから、着物初体験の大人も、この日を袴着帯解き記念日にしてしまうんです。そして新たに生まれ変わった気持ちで伝統文化デビュー。きっと新鮮な一日が過ごせると思います。

着物は買うと高いし着付けも難しいしという敷居の高さがあると思いますが、みんなが着るようになれば供給が増えて価格はグッと下がっていくと思いますし、着慣れた人が増えれば教えてくれる人が身近に現れて、誰でも自分で着られるようになっていくと思います。

11月に一度着ておくとお正月のいい予行にもなりますから、ぜひ11月15日は着物で過ごして、みんなで七五三を盛り上げましょう。


[152]お寿司ケーキ ちらし寿司 lepremierpas

七五三のお祝いにお料理を。

やっぱりちらし寿司系が定番ではありますが、お寿司でケーキを作るというのも子供は喜びます。

色とりどりに着飾って、子供たちをお祝いします。

子供の好きな具をのせてあげるといいですよね(^_^)


[153]ぬか床をのぞいて・・・反省・・・再挑戦! fusakogane

「継続はチカラ!」 自覚してはおりますが・・・暑かった夏を耐えて

我が家のぬか床の主であるヌカミソ君は・・・とっても酸っぱくクサク変化してしまっていました!

ヌカミソ君の存在を時に意識して、ある時はまったく忘れ無視してしまった結果・・・・こんなありさまになってしまって!

そうです・・・この時期にぬか床の「政権交代」を決行しました!

立冬も過ぎ寒くなってきたこの時期に新しくぬかを購入して・・・・

まずはぬかと塩と愛情とクズ野菜の水分で慣らし運転し始めています・・・


[154]>145 手袋 nakki1342

一つだけ手袋は持っています

ものすごく風が強くて体感温度が低くなって寒い時に手が冷たくなるので暖をとるためになんですけどね。・

そろそろ後一つは欲しいなあと

思うところです。めったに使わないんですけどね

マフラーは・・、使わないですね


[155]ピンチョス lepremierpas

ワインと共にピンチョスを♪

ピンチョスとはですね。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%94%E3%83%B3%E3%83%81%E3%83%A...

ピンチョス(単数形はピンチョ 西: pincho、バスク語: pintxo、「串」の意)は、小さく切ったパンに少量の食べ物がのせられた軽食のことである。名称はかつては食材を串や楊枝でパンに刺して留めていたことに由来しているが、串や楊枝を用いないものもピンチョ(ス)と呼ばれる。

スペインにおけるピンチョス [編集]

ピンチョスはバスク料理の一つで、チキート(txikito)と呼ばれる赤ワインまたはスリート(zurito)と呼ばれるビールとともに楽しむアペタイザーである。

食べやすくていいですよね。

ワインを楽しむときに大勢におもてなしするときに、凄くいいですよ


[156]ワインを熟成させてみよう。 azaburecipes

ワイン好きの母は、本当は高価で手が出せないようなワインを、好きな銘柄のものをインターネットでお手頃な価格で見つけて購入しています。冷蔵庫がワインセラーになっていて、ワインだけの引き出しがあります。ちゃんと熟成しているのかちょっとわかりませんが、年数が経つと購入になってしまうものを、まだ熟成期間が浅く若いうちに購入しておいて、家族でバーベキューをしたりちょっとしたお祝い事があるときに気前よく出してきてみんなに振るってくれます。ワインがもっと増えたら、蔵で貯蔵させてたらいいねと話しています。おいしいワインがもっとおいしくなったらなぁと親子で想像して楽しんでいます。


[157]>121 「すこし愛してながく愛して t-saitou

昭和の名セリフ「すこし愛して、ながく愛して」の大原麗子さんのCMが心に永遠に残ってます。当時、高校の英語の授業にも英訳して出てきたほどです。哀悼の意を込めて書き記します。


[158]>154 マフラー linne

冬だなと感じると出すのがマフラーですね。

手袋も出すには出すのですが、やはり冬支度といって真っ先に思いつくのがマフラーです。首にしっかり巻いているあのイメージがそうさせるのかな?


[159]>158 Mさんのマフラー iijiman

東京・三鷹のとある知的障害者授産施設に、Mさんという方がいらっしゃいます。彼女の通う施設には喫茶店が併設されていて、彼女は普段、その喫茶店のキッチンでクッキーを焼く仕事をしています。

彼女の趣味は編み物。お昼休みなどの休憩時間には、1人で編み針を動かしています。その針から編み出されるのはマフラー。短めでシンプルな1枚のマフラー。日々こつこつと編んでおられるので、マフラーがだんだんたまっていきます。

彼女の働く施設(の喫茶店)には、施設に通う人たちが作った手すき和紙の葉書や便箋、クッキーなどが並んでいますが、ある日、その中に「Mさんのマフラー」というコーナーが出来ました。1枚300円。マフラーは施設の仕事ではないので、売上は100%Mさんに。でも、Mさんんはその売上で何を買うかというと、多分、また毛糸を買うんですね。そのせいでしょうか?その喫茶店には、いつもマフラーが並んでいます。棚の隅っこに置いてあって、儲けようというギラギラしたものは感じられません。でも、それを見つけた時には、何か、とてもよいものを見つけたような気持ちになりました。私たちは夫婦で色違いのマフラーを買いました。私が緑で、奥さんが水色。

Mさんのマフラーは、アクリル毛糸の手編み。1色、シンプルなデザインですが、襟元がちょっと寒いなあと思う初冬の頃に、とても重宝します。

今年もそろそろMさんのマフラーを出す季節になりました。


[160]ワインやビールなどを飲みながらはてなハイク hiro_kun

適量だとテンションが上がって非常に楽しいのですが、強くもないのに1リットル以上とか飲んでしまうと何を書いてるのか自分でもわからなくなり、そして、、

いっぱい飲めば面白くなると思い飲みまくると失敗する可能性が高いです。


[161]石油ファンヒーターやオイルヒーター hiro_kun

省エネを考えてエアコンは使わないようにしております、と言いつつ今年はこたつを入れるらしいです。


[162]梅酒でカクテル lepremierpas

梅酒が好きなんですが飲み方にいまいちバリエーションが無かったので最近はカクテルにして飲んでいます。

http://www.suntory.co.jp/umeshu/cocktail/menu02.html

これを見てからもう梅酒カクテルの虜になりました。

あの爽やかな味わいがすごくカクテルにマッチしていて、お酒を飲む感覚というより、これは一種のジュースと感じます。

ジュースと思って飲みすぎないように気をつけないといけないですが、おもてなしで出してみるのもウケがいいです


[163]「ワインボトル」を楽しむ VEGALEON

ワインは日光の影響などを受けやすいので(特に赤ワイン)、ワインボトルに色がついているモノが多いです。

それに本場のヨーロッパのワインボトルは「色」「形」が様々です。

捨てるには勿体無いモノも多いですね!

そこでお気に入りのワインボトルは手元に置いておきたいものです。

先月「リブ・ラブ〈MYフェイバリット・キッチンツール〉スナップ」で紹介しました「ボトルストッパー」を利用すると便利です。

[f:id:VEGALEON:20091011193954j:image:w350]

ワインボトルはグリーンの色が多いですが、

私は、ブルーのワインボトルが好きですのでブルーを中心に集めています。

[f:id:VEGALEON:20091107201346j:image:w350]

これですと、ワインを購入する時に選ぶ楽しみもありますし、

飲みながら、どんな風に利用しようか考える楽しみもありますし、

飲み終わったあとも楽しめます。

[f:id:VEGALEON:20091108115145j:image:w350]

ブランデーのボトルも素敵なのがありますね!これもキープです。


[164]草木の冬支度 Oregano

雪国ではそろそろ木に囲いをしたり、枝を吊ったりして、雪に備えているころでしょう。あまり雪が降らない地域でも、冬に向けた植物の世話が欠かせません。

たとえば球根の植物。夏から秋にかけて咲くユリやダリアなどは、花が終わった後が勝負です。終わった花は早々に切り落とし、追肥をして葉をどんどん茂らせます。寒さが訪れて葉が枯れるまでの短い間にどんどん光合成をさせて、球根を太らせるわけです。これが秋咲き球根植物の冬支度です。

続いて観葉植物について。観葉植物は多くが熱帯原産で寒さに弱いので、冬は防寒対策が欠かせません。たいてい鉢植えになっていると思いますので、冬は室内に入れるという対策になると思いますが、その前段階として、まず今のうちに、やはりたっぷりお日様の光を浴びさせてあげてください(日光を好む植物の場合)。そして夜になったら、もう今の時期から室内に入れて、室内環境に馴染ませます。本格的な冬が訪れたら、寒さを避けてずっと室内で管理します。

置き場所ですが、窓際は昼間は良く日が当たりますが、夜はかなり冷えますから、窓際に置きっぱなしはお勧め出来ません。

また暖房の近くやエアコンの風が当たる場所は乾燥しすぎるので、植物の置き場所には適しません。

こんなふうに、けっこう置き場には工夫を要しますから、植物の最適な居場所作りも、大切な冬支度の一つになってくると思います。

なお、休眠期に入った植物に対しては、水はほとんどやりませんし、肥料も控えます。ただし乾燥を防ぐため、時々霧吹きで葉を潤わせてあげてください。

サボテンなども気温が5度を下回ると弱ってしまうことが多いので、観葉植物よりは寒さに強いとはいえ、やはり冬場は室内に入れてあげた方がいいようです。

植物の直接のお世話とはちょっと違いますが、来年に向けての園芸資材作りということで、落ち葉を集めの腐葉土作りも植物好きの大切な冬支度です。腐葉土は堆肥に似ていますが、肥効ではなく土質改善の効果を狙って作ります。色々な作り方が考えられると思いますが、一番簡単なのは、庭に穴を掘って落ち葉を詰め込み、軽く水をかけて踏み込んた後、表面を庭土で覆っておく方法でしょう。

近くにコイン精米器があってご自由にお持ちくださいの米糠が豊富に手に入る、なんていう人は、落ち葉を10cmほど敷いたらそのうえに米糠と土を同量混ぜた物を全体が見えなくなるくらいまでバラ撒き、さらにその上に落ち葉を…と地層状に積み重ねていく方法をお勧めします。米糠が発酵を早めて、いい腐葉土が早く作れます。

いずれの場合も、表面には庭土を被せ、さらにブルーシートなどで覆いをしておきます。春先に一度掘り起こして上下を入れ換えるように満遍なく混ぜ、再び庭土を被せてシートで覆っておいてください。三ヶ月から半年ほどたつと全く土と見分けが付かなくなると思いますが、これが腐葉土です。あと半年、つまり作り始めてから1年くらい熟成させてから使ってください。土に保水力や保肥力、水はけ、通気性などを与える良い園芸資材になります。

藁やキッチンの生ゴミなども混ぜて作ると、使う材料によって肥効は違いますが、肥料としての効果が期待出来る堆肥も作れます。

どちらにせよ、冬になる前に作業しておくと、発酵前段階で発生する虫などの問題がほとんど無くなりますから好都合ですね。植物好きにはこういう冬支度も楽しい季節の風物詩です。


[165]お気に入りの「ワインラック」で楽しむ VEGALEON

普通ワインは横に寝せて保存しますが、私の場合このワインラックで保存しています。

保存と言っても すぐ飲んでしまいますが(笑)

斜めに3本収納できます。

不安定に見えるかもしれませんが、1本でも安定しています。

空の「ワインボトル」を入れてインテリアとしても面白いでしょ!

[f:id:VEGALEON:20091107211639j:image:w350]

[f:id:VEGALEON:20091108105610j:image:w350]

金色と銀色の2つがありますので計6本収納できます。

[f:id:VEGALEON:20091108105612j:image:w350]

これからの季節には大活躍してくれます。


[166]なんとなくかっこいい仕草を身につけるホストテイスティングごっこ momokuri3

ホストテイスティングとは、レストランなどでワインが運ばれてきた時、最初に行われるアレです。グラスにわずかに注がれたワインを、その席のホスト役が味見するという一種の儀式ですね。

この儀式は中世ヨーロッパの貴族社会の習わしが受け継がれたものと言われ、まずホストが飲んで毒入りでないことの証を立ててからゲストに振る舞うという意味があったそうです。

現代でも、ホストテイスティングの趣旨はワインの品質確認であり、おいしいかまずいかを確かめるためのものではありませんから、この儀式を経てテーブルに置かれたワインが、実はハズレ年のワインだった、なんていうこともあるわけです。それはそれでご愛敬。間違っても好みに合わないから別のに取り替えて、なんて言わないでくださいね。

さて、このホストテイスティングをかっこよくこなす流れを覚えましょう。

1.銘柄、ヴィンテージ確認

まずソムリエがワインのボトルを見せてくれると思いますので、そこで素早く銘柄を確認します。あらかじめ代表的なワインはラベルを見て覚えておくといいですね。

続いてヴィンテージ確認です。これはたまにオーダーの行き違いで注文と違う場合もありますから、何年ものと特に指定した場合にはよく確認してください。

2.ワインが注がれたら、グラスのステム(脚)かベース(台)を持ってください。これはワインを体温で温めてしまわないための基本です。普通に飲む時はカップ部分を持って構いませんし、欧米人の多くがそうしていますが、テイスティングの時だけは違うと考えてください。

3.テイスティング開始。まず色を見ます。一般的に白やロゼはグラスの真横から、赤はグラスを傾けて表面を見ますが、ホストテイスティングの場合はごく少量しか注がれないのが普通なので、そのへんは適宜やってください。基本的に、よく澄んでいて輝きのある色であれば合格です。テーブルクロスなど白い物をバックにして見ればよくわかります。

4.続いて香りをかぎます。まずはグラスをそっと近付けて、静かに「アロマ」を感じてみます。揺すらないワインからほのかに立ち上る香りを「アロマ」と呼び、これはぶどうの果実に由来する香りです。

次にグラスを小さく円をかくようにしてワインを回転させ、その香りを深く吸い込んでみます。グラスを回すことによって現れてくる香りを「ブーケ」と呼び、これは熟成に由来する香りです。

5.いよいよ味見です。ワインをそっと口に含み、ゆっくりと舌の上で転がすように味わいながら飲みます。ソムリエがよろしいでしょうかと確認してきますので、異状がなければ「はい」あるいは「お願いします」などと答えてホストテイスティング完了です。

これらの所作を、いかにも自然に、これ見よがしでなく行えるとかっこいいんです。

まず表情はあくまで笑顔。いかにも専門家ぶって眉間にシワを寄せて見せるなどは、あまりスマートではありません。終始爽やかな笑顔のままで通しましょう。

仕草も自然に。テイスティングといってもこれは一つの儀式で、品質に等級を付けるようなものとは意味が違いますから、小首をかしげていかにも何かを確かめている素振りを見せたり、逆にOKを表そうと頷いて見せるような素振り等も一切無用です。

そして手際よく。上記1?5の手順をよどみなく行えること。これを練習してください。

最後に大切なのは、ソムリエに対する礼儀だと思います。自分は客だからと横柄な態度を取ったりすると、ソムリエだけでなく同席しているゲストに対しても大変失礼です。

さて、以上のことを踏まえて、これをぜひ家で練習してみてください。どうせ飲むなら、ちょっとそんなホストテイスティングごっこ。ソムリエ役がいなくても、テイスティングの流れはやってみることができますね。ついでにこの「ごっこ」を通じて、今まではあまり注目していなかった色や2種類の香りといった銘柄・年代ごとのワインの特徴も覚えていきますから、二重にお得だと思います。

ワインは深く追求してみようと思ったら興味が尽きない奥深い世界です。人に蘊蓄を語りすぎると嫌われますが、自分一人で楽しむならとことん「オタク」になってもいいですね。そんな密かな趣味の一環としてテイスティングの基本を身につけておくことも、ワインの楽しみを広げてくれると思います。


[167]>164 素晴らしい実践です! hanatomi

植物から、ありがとうが聞こえてきそうなヒミツがたくさん載っていました!

私も、冬に備えて、外に出していたサボテンちゃんなんかを家の中に入れています。

熱帯魚の水槽のそばが温かいので、サボテンちゃんはそこに、ビニールハウス様にしたビニールとモール(ひも)に入って、ぬくぬくしています。もちろんビニールには、呼吸が出来るように通気穴を開けて。

土作り、大切ですよね。動物を飼っていたらその排出物と、掃除などで出た枯葉を重ねて如雨露で水をかけて春までビニールシートで覆っておくと暖かくなって発酵しますよね。

米ぬかは、ヨーグルトと糖蜜とあわせて、人工的にEMを作って混ぜると、発酵がスムーズにいったりします。^-^

春を待つのが楽しくなるような、oreganoさんの冬支度に乾杯です。


[168]>162 梅酒のカクテル hanatomi

手作りのものをさらに、一工夫、素敵ですね☆

オレンジジュースやパイナップルジュースを入れても美味しそうです ^-^


[169]>146 加湿器 hanatomi

植物が置いてあると、乾燥が少し防げると思っています。

切花や、小さな活けたものなどを、テーブルや机の上に置きます。

アロマ加湿機も、体の心から癒される感じがして好きです。

私はローズマリーが好きです^-^

洗濯物で、すぐ使うようなものを夜の間に部屋にちょっと干しておくのも、エコで手がかからず一つの手です。


[170]>143 モチーフ編み大好きです。 hanatomi

モチーフ編みは、作ったそのままでも、お花などの形でかわいいし、二枚まとめて端をかがると、あっというまにエコなキュートなたわしになります。

四つ合わせて、毛糸の小さなかばんも出来ますね。おすすめはマフラーです^-^


[171]ブーツ、もこもこブーツ hanatomi

冬はブーツがあったかいですよね。

今年は長めタイプのひざよりさらに上のものがはやっているらしいですよね。

私の友人が「内側がもこもこのブーツ」を履いていますが、あったかくて、かわいくて、手放せないそうです。

私も、今もっているのがシンプルなものなので、「内側があったかーーーいもの」を一つ買おうと思っています。

ハザマさん、みなさん、はいておられますか?


[172]お酒と紅茶の楽しみ Cocoa

まずロシアンティーから。実はロシアには、紅茶にジャムを入れて飲む習慣はありません。でも、紅茶にジャムって合いますね。

紅茶に合わせるジャムにはちょっとお酒を加えます。たとえばウォトカ。癖のない爽やかな風味が楽しめます。ブランデーや赤ワインもいいですね。ロシアンティーのレシピを調べると、ジャムとお酒は直前に混ぜるかのように読み取れる物が多いようですが、私は事前に混ぜて、密栓をしてしばらく寝かせた物を愛用しています。その方がお酒のカドがとれて風味が豊かになる気がするんです。こうして仕込んだジャムを可愛い器に盛って、それをなめながら紅茶をいただきます。紅茶に溶かすより別々に口に運んだ方が、紅茶もジャムも風味が引き立ちます。

ジャムに合わせる紅茶は素直な味わいのセイロン系。オレンジペコーなどがお勧めです。ダージリンでロシアンティーなどという話もありますが、香りを楽しむための紅茶は、せっかくの風味がジャムとぶつかりあって、どちらの風味も生きなくなってしまいます。クイーン・メリーやプリンス・オブ・ウェールズなどのブレンドティーも不向きです。こういう紅茶はストレートでいただくのが一番ですね。

なお、紅茶に合わせるジャムは、あまり甘くない物がお勧めです。色んなジャムが使えますが、やはり王道は苺でしょうか。ロシアでは「バレーニエ」といって、ジャムは家庭で手作りするのが伝統だそうです。ブルーベリーや木苺なども紅茶に良く合います。


紅茶にブランデーやウイスキーを垂らして飲むのも、体が温まって素敵ですね。入れる量は、私の場合、ティーカップ1杯の紅茶に対して、ティースプーン1?2杯。約5?10ミリリットルくらいです。それ以上入れるとお酒の風味が勝って、紅茶の味わいがちょっと損なわれる感じがします。

この場合も適した茶葉はセイロン系。ニルギリもいいですね。すっきりした味わいなので、様々なバリエーションティーに活躍します。


最後に「紅茶梅酒」をご紹介します。

http://item.rakuten.co.jp/umeshu/610380/

紅茶梅酒を名乗る製品はいくつかありますが、これは佐賀県嬉野産。アールグレイに梅酒?そんなの反則だ?と思ったのですが、飲んでみたらこれがとても美味しゅうございました。お酒と紅茶の組み合わせは、まだまだたくさん考えられそうですね。


[173]>169 加湿器の代わりに miyupie777

うちにも加湿器はあるのですが、子どもや猫が倒したりすることが多くて、使う場所が限定されてしまってます。

なので最近は、洗濯物を部屋干ししています。タオルやバスタオルで色見を合わせたらそんなに所帯染みた感じにならないです(多分)。

あとはカーテンや布ものに霧吹きをかけたりしています。


[174]雪対策 t-saitou

上着などに防水スプレーをかけて、底に滑り止め加工してあるショートブーツを押入れから引っ張り出してます。雪が溶けてまた冷えて硬くなっている所は滑りやすいので気を付けましょう。


[175]>172 お酒と紅茶 miyupie777

私も紅茶にジャムやお酒を入れるのが好きですが、紅茶の種類はあまり深く考えていませんでした。今度飲むときはおすすめの組み合わせを試してみます。紅茶梅酒いいですね。これもトライしてみようっと♪


[176]>149 こたつ miyupie777

我が家も出しました。

昨年から100均のアルミ保温シートを敷き布団の下に敷いています。これがいい仕事しています。あったか〜い♪今のところ人間の足と猫全体から出る熱だけで快適です。


[177]>148 同じく miyupie777

インフルエンザではありませんが、10月末頃から風邪をひきました。熱はすぐに引いたのですが、せきとのどの痛みがずっと続いています。これがかなり曲者で、外でせきをするたびに(もちろんマスク着用)周りの人たちが一斉に振り向いて冷ややかな目でみていきます。新型インフルエンザのことがあるから気持ちはすっごくわかるのですが…ちょっとむなしい(T_T)

天気も気温も不安定な時期ですし、みなさまお身体には十分気をつけてくださいませ。


[178]こたつ ikegami1967-777

こたつから出ようとしてもなかなか出られません。


[179]こたつ ikegami1967-777

こたつから出ようとしてもなかなか出られません。


[180]こたつ ikegami1967-777

こたつから出ようとしてもなかなか出られません。それとできるだけ暖かい所すぐいってしまいます。


[181]>180 こたつ ikegami1967-777

がまんできない


[182]>138 厚手のカーテンで暖房費節約! 大納得! 大賛成! fusakogane

ひとつ悩みがあって・・・ガラス窓に結露付着のおかげで、シーズン中にカーテンにカビが発生してしまうことです・・・

アレルギーとかにおいも気になっています!


[183]>39 チャンチャンコを家族全員に配布! fusakogane

なぜか半そでの綿入れチャンチャンコは冬の部屋着になくてはならないです!

はんてん どてら かいまきふとん・・・・

小春日和のベランダの欄干に、端布でパッチワーク・キルティングの家族のチャンチャンコがずらりと並んで、まんまるに膨らんだ姿にはユーモラスであったかな雰囲気?????


[184]太陽光温水器のパネルを磨きます! fusakogane

冬は日差しが弱くなるので、屋根の太陽光温水器のパネルの表面が汚れていると、お湯の沸き時間が長くなるので、がんばってピカピカに磨き上げます。

家中のあったかポカポカのお湯は、お日様からの贈り物です・・・・


[185]>175 紅茶にお酒、合いますよね TomCat

私も紅茶にブランデー、大好きです。豊かな香りと温まる感じが嬉しいですよね。その洋酒の豊かな香りを生かすために、敢えて茶葉には香りの主張が穏やかな物を選ぶという配慮。これは参考になります。

ところでロシアのジャム、バレーニエは、ジャムというより果実の砂糖煮という感じの、果実の形がそのまま残った物ですよね。イチゴやブルーベリーなどの他、スモモやスグリなど色々な果実で作れますから、紅茶の楽しみのためにフレッシュな果実でバレーニエを仕込むというのも楽しいと思います(^-^)


[186]>184 これは大切な冬支度 TomCat

けっこう汚れるんですよね、温水器。特に鳥の糞などはこびりついてなかなか落ちませんから、定期的に良く磨いてやるのが、集熱効率を高める秘訣ですね。冬は太陽の高さが低くなりますから、その光を有効に集熱版に集めるためには、反射板磨きも欠かせません。

あとはタンクと集熱部分の水抜き清掃。これで冬のお日様がっちりGETですね。でも、高所作業は、くれぐれもお気を付けて。安全第一でやってくださいね。


[187]>171 私は長靴(^-^; TomCat

わーい、hanatomiさんだー!!

私は晩秋から冬にかけては、釣り用の、靴底が滑りにくい長靴が多いんです。といっても野山に出かける時ですが。理由は、引っ付き虫(草の種)避け。

生態系のエリアが変わる所にはあまり草の種は運ばない方がいいですから、一応引っ付き虫は取るのですが、膝から上なら歩きながらでも取れますが、膝から下はいちいち立ち止まらないと取れませんよね。だから引っ付き虫が付かない長靴が楽なんです。

それに、見た目は全然可愛くない長靴ですが、ちゃんと防寒仕様になっていて、あったかいんですよ。足元が温かいと、外にいても、なんかとても安心出来ますよね。冬特有の、何とも言えない心細さがありません。冬のお出かけをちょっと幸せにしてくれる足元のもこもこ、私もお勧めです。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ