人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

【イエはてな】祝3周年スペシャル“イエ・ルポ”-My Favorite IECOTO Practice!-

THEME:「〈イエはてな〉発、一番お気に入りのイエコト&実践ルポ」を教えて下さい

〈イエはてな〉の祝3周年スペシャル企画! “リブ・ラブ・サプリ”や“イエコト・ミシュラン”の語らいの中でこれまでに登場した素敵な暮らしのサプリやイエコトから、コレが私の一番!を挙げて頂き、そこから実践・展開されたルポや、これから発展させていきたいというプランを書き綴って下さい。みなさまのご参加をお待ちしています!

*回答条件*

※親ツリーのみ300文字以上を条件とさせて頂きます。
※お気に入りサプリやイエコトとして挙げて頂いたメッセージは、出来る限りいわしの引用ツリーのURLを記載して下さい。
※下記のページをご覧になってご投稿下さいね!

テーマ詳細とルポ例、ご投稿要項、プレゼントについて
http://d.hatena.ne.jp/ie-ha-te-na/20091106

※〈イエはてな〉では、はてなスターを「おすすめメッセージ」として活用しています。ご回答頂く時にもご参考下さい。また投稿期間中はできるだけはてなスターのご利用を控えて頂けますようお願いいたします

1257483191
●拡大する


●質問者: ie-ha-te-na
●カテゴリ:コンピュータ 生活
✍キーワード:FAVORITE theme URL いね いわし
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 154/154件

▽最新の回答へ

[1]「鍋奉行コンテスト」 powdersnow

http://d.hatena.ne.jp/ie-ha-te-na/20090113

ちょうどまた鍋の季節がめぐってきたとあって、色々と参考にさせて頂けそうな記事です。

鍋というのは、カレーと同じで、どう作っても、まあ普通に美味しく食べられてしまうので、なかなか細部に踏み込む機会がなかったりします。

ですので、出かけた先や友達の家で、これは美味しい!と思う機会があっても、研究したり、味を再現してみようとは、なかなかならないんですよね。

味付けや具材がおおざっぱで、完全に同じ仕上がりになることはない……というのも、また鍋の楽しみ方ではあると思うのですが。


わたしにとっての鍋料理は、そういう位置づけなので、こうして改めていろいろと個人個人で工夫されていたり、

拘りのあるレシピを聞けるというのは、とても参考になり、試してみたいものも多数ありました。

俺流モツ鍋、ナンチャッテしし鍋などは、ピックアップで目にとまり、詳細に書いていただいていたので、非常に参考になりました。

材料が足りないやら、まあいいかの連続で、全く違った出来になった気もしますが……美味しくいただけたので、由としてくださいませ。

今年も寒さが厳しくなってきていて、鍋料理が美味しい季節になってきました。

また、記事を読み直して、興味のある鍋を試させていただこうと思います。


[2]掃除の日に nakki1342

http://q.hatena.ne.jp/1253163055

私が最近やっていることというか・やらなきゃいけない事はずばり掃除

それなのでそれに取り組もうと思っています。

家の中のものを少しずつ見直して時には思い切って捨てる決断をして

少しでも家の中をすっきりさせたいですね

自分の性格的には、モノをすぐ捨てるという事は出来ないのですが

そんな私でも自分が住んでいる家の中は、少しごちゃごちゃしていると

感じてるので

(家族には、いらないなら捨てろ?といわれる事が多いんですよね)

そんな正確なので決断するのは、難しいのですが家の中のものを

少しでも多く捨てて

掃除するとスペースが出来て趣味のものをもう少しキレイに置けたり

ずっと手元において置きたいものとかを家の中で見失うなんて事も

減ると思うから・・

(今現在、家の中で行方不明になってる無くしちゃいけないものが

見つからない状態なんですよね・・。)

家の中で大事なものが行方不明なんて事を掃除をしてものをすっきりさせて

少しでも減らしたいです


[3]柚子湯に入って温まる monkey_timpo

http://q.hatena.ne.jp/1229489225/196958/

最近、まさに『コレが私の一番!』したいことです(ちょっと質問の意図と違うかな??)。紅葉も未だ見ぬままいきなり寒くなり、ニュースでは雪がすごく積もったとか初冠雪とかここ10年来一番寒い日だったとか…。まだ11月初旬ですが冬至が待ち遠しくてたまりません(でも冬になればもっと寒くなるのであまり早く冬になって欲しくないのですが(^^;))。

私は都内に住んでいるのですが、私の周りではシャワー文化が浸透しています。その影響か私も最近はシャワーばかり。バスルームが狭いのも理由の1つなんでしょうが、何より『追い焚き機能が無い』というのが一番の理由です。一度しかお湯が使えないし、何しろお湯を張っても適温である時間がとても短く、そんな時には熱湯を足すしかない。今の時代とは真逆で非常に『不経済的』だと感じます。やはり広いお風呂でゆっくり『旬の柚子』を使い柚子湯に入る(勿論追い焚きや保温機能のあるバスタブで(^^;))。やっぱり憧れますし今一番求めているものだと感じます。

また、実家にいた頃は毎日毎日お風呂に浸かっていた生活だったのに…。懐かしいです。やっぱり寒いときは『お風呂に浸かる』。やっぱりこれに限りますよねー。日本人の一番自慢すべき文化だとも思います。それにやっぱり新陳代謝だとかそう言うのにも影響があると最近感じます。昔(お風呂に浸かってた頃)はキズの直りも早かったのに、最近はキズが中々治らず…。まぁ歳の問題かも知れませんが(^^;)、やっぱり『住』の中で『お風呂』は健康な生活を営む上ですごく大切な部分だと思っております。

と言うことで『柚子湯に入って温まる』に一票!!


[4]>2 少しつづやっています fumie15

少しづつ捨てていっています。

捨てるときはいろいろ思い出して迷いますが、家がこれ以上散らかるのは嫌なので。

これからは物を増やさないようにしていきたいです。


[5]>1 鍋奉行コンテスト fumie15

これは参考になりました。家でも真似をしました。「えっ、そんなものをいれるの?」と思ってしまったこともしばしばでしたが、試してみると意外と美味しく頂きました。

また試してみたいと思います。


[6]>4 掃除 sidewalk01

ついつい埃がたまったりするのでまめにやりたいですよね。


[7]私が一番嫌われているはずですので・・・ to-ching

一度テーマ等がつまらなくその旨ここで書きましたが、それっきり全くスターが付かなくなってしまいました。風間氏?はきっと怒ったのでしょう、ですから、私の書いたものにはレスを付けない方が無難と思います、「イエハテ」は本を作るために行われているらしいです、旨く行けばその本に貴方の書いた文章が載るのかも?頑張ってください。

「イエハテ」も3周年とのこと、昔は1レスx20?程度もポイントもらえたんですよ!

懐かしいですね。どうしてこんなにポイントが入ってくるのだろうと、不思議でした。

ここも不景気の波にもまれているのかな・・・


[8]>3 一度入ってみたい! to-ching

風呂における夢、目標ですね。


[9]2回目の誕生日。そして初めてのイエはてなの書き込み fumie15

http://q.hatena.ne.jp/1172465513/76329/#i76329

手前みそで恐縮ですが、これが私のイエはてなの初めての書き込みです。

私も手術の日=2回目の誕生日(2006年2月24日)から約4年目です。やっと生まれ変わってやっと4歳です。幸い調整も薬の調整もうまくいき、あの寝たきりの生活がウソのようです。1歳の誕生日の記念の書き込みからちょうど3年。この3年、イエはてなと一緒に生活をしました。その間にパートですが就職もし、たくさんの人とネット上でも現実社会でも出会い、いろいろ知恵を頂いて少しは成長したような気がします。辛くなったときにこのイエはてなを見て、私は一人ではない、ここに居場所があると思ったことが何度もありました。

今度の本当の誕生日でいよいよ大台に乗りますが、更に皆さんの知恵を借りながら皆さんと一緒に成長していきたいと思います。

ハザマさん、皆さん、これからもよろしくお願いします。

最後にたくさんの知恵とたくさんの出会いの場を提供してくれたハザマさんに感謝します。ありがとうございました。


[10]>6 埃って・・・ to-ching

どこにも入ってきますね、ビックリします。普段からの掃除が大切と思います。


[11]>7 でも・・・ to-ching

大切に持ってます、イエハテの本を何せただで頂き、しかも自分の投稿が載っている・・・。そして買えば高い!(でも、正直こんな本誰が買うのだろうと余計なお世話ながら心配です)ブックオフに持って売ってしまおうと思ったこともありますが、ちゃんと保管しています。

今度出版する予定有るならば、本のサイズから変えないと読みづらいですね。活字も小さいです。老人を大切に!


[12]>5 鍋ね・・・ to-ching

メヌキ(めぬけ)が市場で売っていれば冬はこの鍋です。ちょっと高いけれどヤッパリ美味!翌朝はこのおじやです。


[13]>10 整理 mandoto57

整理は難しいです。置いときたいたちです。

化粧品のパンフやファッション誌などいっぱいで。


[14]エコを意識するようになりました。 fumie15

http://q.hatena.ne.jp/1248151954

イエはてなを読むようになって改めてエコについて意識するようになりました。初めは簡単に打ち水や油ものをいらない紙で拭いたりしました。今ではすっかりエコにはまってゴミを捨てるときには必ず水切りをしてゴミの減量をしています。買い物に行くときには必ずエコバッグ持参です。

エコな生活をしていると電気代やら水道代など、生活費が安くなるんですね。その点でもイエはてなには感謝しています。少しでもエコな生活をして未来の子供たちに渡したいと思います。皆さんで頑張りましょう。


[15]“イエ・ルポ2”♯028「真剣に怒ったこと・怒られたこと」 lepremierpas

このテーマには非常に感動を覚えました。

「真剣に怒ったこと・怒られたこと」

怒るという愛情。それを再確認しました。

「失っていた自信を取り戻させてくれた友」by id:tough

http://q.hatena.ne.jp/1232686033/201556/#i201556

友達の支え、力の絶大さ、いつも感謝です。

自分自身が、友達にこうした自身を与えられるようになりたいと思ったツリーでした。

「死にたいといったとき」by id:haruyo_koi

http://q.hatena.ne.jp/1232686033/201537/#i201537

自分の命は自分の意思だけで壊してはいけないことを感じました。

このツリーでは、命の重みを学びました。

「踏み外しそうになった道を引き戻してくれた友人の熱い思い」by id:TomCat

http://q.hatena.ne.jp/1232686033/201598/#i201598

自分自身も自分が見えなくなった時期ありました。

本気で怒ってくれた友人の愛情の深さに感動しました。

自分も友人が道を外した時は、愛情で叱れるだけの強さを持とうと誓いました

「お前を生んだ人の気持ちを考えろ」by id:TinkerBell

http://q.hatena.ne.jp/1232686033/201090/#i201090

生きていると時に自分が自分だけの力で生きてきたと思うときがあります。

しかし、自分を生んでくれた両親の愛を忘れてはならないことを再確認しました。

このテーマは、正直凄い衝撃でした。

自分にとって、何か心に衝動が走るツリーが多く、今でも忘れることが出来ません。

全てのツリーを読み終えると、イエはてなの皆さまの生きざまの中から得た芯の強さをヒシヒシと感じたのです。

怒るという愛情。

叱るという愛情。

そしてその深さ。

支えあうもの。

全てを確認するように胸の奥に刻み、今もなお読み返しながらイエハテナの皆さまの人生なる教訓を学ばせて頂きました。

普段のいわしでは知り得なかったイエはてなの皆さんの素顔。

イエはてなの皆さんの過去や生き様。

それらを総括して感じられたテーマでした。

ここで色々語り合い続けているだけに、ただテーマを語り合う以外に、もっとイエはてなの皆さま同士のことを知ってみたいと思わせるものがありました。

だからいつか、ただテーマを語るだけでなく、お互いの人間味感じる話題なども交えたようなイエでの語らいが出来たらいいなと思ってます。

いつも一緒に語り合う仲間だから。

もっとお互いを知ってみましょう。知って行きましょう。


[16]>15 人間関係 powdersnow

こういうときは、相手を怒らせてしまった(嫌われてしまった)とネガティブに考えがちですよね。

本当は自分のことを心から思ってくれて言ってくれた言葉であっても、不安になったりします。

ですが、言いにくいことを言ってくれる人がいるというのは、やっぱりありがたいものなんだなと再認識しましたね。


[17]>14 エコ powdersnow

エコ系の手段は、ネットで調べようと思えば、いくらでも出てくるのでしょうが……進んでわざわざ調べてまでという感じではありました。

ですが、イエはてなさんに参加していることによって、自然と目に入って、なるほどーという物は幾つもありましたね。

エコだけではなく、節約にも繋がると思えば、やろうかという気持ちも増してきます。


[18]>11 いや、スターが付く書き込みには基準があるんです TomCat

「イエハテ」は本を作るために行われているらしいです

とおっしゃる通り、スターの付く基準は、本の原稿として使える書き込みであることなんだと思うんですよね。好き嫌いで選別されることはないと思いますので、ツリーの中の人だけでなく、将来その書き込みが本になった時のことを想定して、誌面の向こうの読者にも語りかけるつもりで書いてみてください。そうすればきっとスターが付くと思います。

to-chingさんはナナカマドの話など、みんなの心に深く残る書き込みをされています。

http://q.hatena.ne.jp/1186376349/107684/

「グローブ」

http://q.hatena.ne.jp/1231476954/199550/#i199550

「真っ赤になっているストーブ」

http://q.hatena.ne.jp/1221799273/185494/#i185494

「いわゆるサンルーム」

http://q.hatena.ne.jp/1208494599/159425/#i159425

など、ハートが温まるようなルポをたくさん寄せられ、それぞれに賞も受けていらっしゃいますよね。これらの書き込みから、みんな色々なことを受けとめていったと思います。to-chingさんの投稿はいつも、飾らない生の家族愛が伝わってきますよね。これからもぜひ、こういう書き込みをたくさんお願いします。

なお、イエはてなに対する意見や要望は、こちらではなくダイアリーのコメント欄に書いて頂くといいかなーと思います。


[19]>17 エコ kinnoji7

確かにエコについてのテーマが多かったですね。私もエコには関心があり、以前よりも意識するようになりましたね。


[20]>12kinnoji7

鍋の季節にはぴったりのテーマですね。鍋好きの私にとってはとても参考になります。


[21]>13 整理 kinnoji7

整理っていうのは簡単そうですごく難しいですね。どこから手をつけていいかわからなかったり、途中で投げ出してしまうこともしばしばありますね。


[22]>18 一緒に「イエ」を作り上げていきましょう! fwap

to-ching さんの書き込みには「ハッ!」とさせられる視点があったり、寒い北国の情景を知ることができて、貴重ですよ。

ただ、本を作るためには目的があって、そのためにはある程度の分量が求められることと、体験談+イエ生活での独自のアイデアが求められると思われます。

to-ching さんの過去のいわしを拝見しましたが、十分にスターがつく内容のものが毎回たくさんありますよ。

その場その場のイエではなく、将来の自分や大切な家族、知り合いに伝えるお手紙のつもりでストーリーをふくらましてみたらいかがでしょうか?

今後とも書き込みを楽しみにしています。


「イエはてな」の目的は、インターネットの「はてな」という場で、ユーザーの年代や住んでいる地域、さらにはいつまでも残る記録性にあります。

大切な場ですし、私たちの場がいつか多くのユーザーにいつか、近い将来評価してもらえるようなイエを作り上げていきましょう。


[23]>8 柚子湯 kinnoji7

何度か入ったことがありますが柚子の香りがすごくいいですよね。また体もすごく温まったような感じになります。寒い季節には柚子湯は楽しめますね。


[24]いざというときの動物の助け方 tibitora

私にとっての1番はTinkerBellさんの「いざというときの動物助け方講座 」http://q.hatena.ne.jp/1255409602/236417/#i236417とそれによせられたみなさんのお話です。

いざというときにあわてずに的確に動物を助けるためにはどうすればいいのか、動物の健康の管理や怪我の手当ての仕方はどうすればいいのかを学ぶ(覚える・調べる)方法を私なりに調べてみました。

いくつかサイトがありましたのでこちらで紹介させていただこうとおもいます。

http://www.akai-inugoya.com/

初めて犬を飼う人のための『犬の動物学辞典』

犬種選び(家庭ごとにどんな性格の犬が人にとっても犬にとっても居心地がいいか)や、犬と一緒に暮らす準備・注意点から、病気や怪我の対処法などが書かれていてとてもためになるサイトさんです。

http://www.iris-pet.com/wan/kenkou/

犬の「体の部位」や「チェック項目」、「体の症状」から健康チェック。

http://www.iris-pet.com/nyan/kenkou/

猫の「体の部位」や「チェック項目」、「体の症状」から健康チェック。

http://www.iris-pet.com/syou/kenkou/

小動物(うさぎ・フェレット・ハムスター)の「体の部位」や「チェック項目」、「体の症状」から健康チェック。

こちらはイラストをクリックしていってどんな病気があるのか調べられるので、お子さんと一緒に犬や猫の体についていろいろと知っていくのにもいいかなと思います。

ほかにもたくさん動物のことがかかれてあって、ためになったり楽しかったりくすっとなるまんがもあって面白いです^^

http://www.iris-pet.com/index.html

まだ全部は見れていないのですが、少しづつでも見ていって覚えていきたいと思います。

応急処置ができるようになりたいですが、動物がそんな怪我をしなくてもいいような、人にも動物にも安全なやさしい町になるのが一番いいなとも思います。

自然の事故は別として、交通事故などは人間の注意やちょっとした気持ちの余裕(時間ぎりぎりにならないように余裕を持って出かける)で減らすことができると思いますので、私はいつも自転車を使っているので安全運転にも気をつけようと思います。


[25]>19 エコ ttz

どこもかしこもエコの時代になってきましたね。目に見えないものに向かってみんなで頑張ろうとする姿は美しいと思います。民主党政府の目標はひたすら高すぎるらしいですが、本当に全ての日本人が頑張れば出来る事なら、ぜひ頑張りたいなと思いますね。


[26]>25 エコ sidewalk01

すごく参考にしてます


[27]>21 掃除に整理整頓 tibitora

掃除に整理整頓、普段あまり物を動かさない場所はほこりがたまってしまったりしていますよね。

ふとしたところではベランダのサッシのところの下部分に綿ぼこリがいたりします、うちではこんなほこりは広告をくるくると丸めて筒にしたもので取り除いて着なくなったシャツを小さく切ったもので拭き掃除をしてきれいにしています。

整理整頓も昨日こたつを出した(カジュアルコタツに布団をつけただけですが)のを機会に押入れを少し片付けてみました。

また少しずつ片付けていきたいです。


[28]>26 エコ tibitora

イエはてなではみなさんのエコや自然にやさしいお話が拝見できてとても参考になります。

エコな生活は自然にやさしくて、自然にやさしくすることは人間やほかの動物にもやさしいことだと思います。

二酸化炭素排出量が少なくなるとその分だけ地球や環境にもよくて温暖化も少しでも緩やかになるかなと思います。

今年の冬もなるべくコタツのみで過ごそうと思います。

うちのストーブは煮炊きもできるタイプなのですが、部屋も暖まってお鍋もつくれるのでとても気に入っています^^(笑)

煮炊きをするときにだけ使っているのですがうちでは十分部屋を暖めてくれています^^

こんな丸いストーブです。

http://item.rakuten.co.jp/bouhan365/kt-169-m/

石油こんろ


[29]>16 人間関係 sidewalk01

視野が狭くなったときに、異なる意見にふれることは大切ですよね


[30]>28 エコ Rytandrezone

いろんなエコ方法があって参考になりました。

生活費が削れるのも魅力です。


[31]「ミステリープランター」で自然が身近に TinkerBell

私は、サプリ本にも掲載されていた

■ ベランダで、ミステリープランター(YuzuPONさん)

http://q.hatena.ne.jp/1165991818/61545/#i61545

で、自然の植物と身近に接する楽しみを満喫しています。


うちはマンションで庭がないので、植物との触れ合いは無理だと思っていました。

でも、

■ 身近な自然を楽しむ雑草マップ(YuzuPONさん)

http://q.hatena.ne.jp/1165385974/60059/#i60059

この書き込みを読んで、どんな都会にもがんばって生きている自然の植物がある、

それに注目していくことで庭が無くても自然の命と触れ合えることを教えられました。


その書き込みの続編として書かれたのが「ミステリープランター」のアイデアです。

シャベルと袋を持って、そのへんの土を何種類か採取して持ち帰ります。それを空のプランターに入れて水をやっていると…。しばらくして何かの植物が生えてきます。何が出てくるかわからない「ミステリープランター」です。


面白い!!とさっそくシャベルと袋を手に土採集散歩。

勝手に掘ると怒られますから採集出来る場所は限られますが、

近所の子供に頼んで小学校の校庭の土をもらったり、

工事をしているおじさんにお願いして一握りの土を分けてもらったりして、色々なサンプルが集まりました。

それを適当な容器に入れて、お水を上げながら様子を見ていると、生えてきます、色んな草!!


f:id:TinkerBell:20091107122659j:image

これは初期のころ、マンションの外れの土が露出している所から掘ってきた土を入れておいた鉢です。

最初はカラカラの、何の命の息吹も感じられない土だったのに、お水を上げていたら小さな芽が生えてきて、最初の一年でちょっとしたミニ野原になりました。

そして2年以上が経過した今はこんな感じ。

採取してきた時とは比べ物にならない瑞々しい命がひしめいています。


f:id:TinkerBell:20091107122715j:image

これは小学校の校庭の隅っこの土。

何が生えてきたのかと思ったらオオバコでした。

校庭の土ですから、水を与えていくと、土が締まってカチカチになってしまいます。

(採取してきた土はそのまま使います。堆肥や腐葉土などの土壌改良材は一切混ぜません)

それでもこんなふうにしっかり根を張って育ちました。

さすが踏まれてもすくすく育つ元気草。

こういう草に見守られて過ごす子供たちは、きっと元気いっぱいに育ちますね。


f:id:TinkerBell:20091107122657j:image

これはわが母校の高校の、体育館の裏の土です。

あはは、なにこれ。ネギの仲間みたいのが生えてきました。

香りもしっかりネギ。

あさつきとか、そんな感じの植物みたいです。

これ、きっと食べられると思うなぁ。

来年どんな感じに育つか楽しみです。

しかしなぜ体育館の裏にこんな命が…。

こういうのって、種子で増えるんじゃないですよね?

土の中に根っこの玉が混じっていたとしか思えません。

付近にそういうものは生えていなかったと思いますので、

きっと工事で運ばれてきた土の中に混じっていたのを、私が掘ってきたんだと思います。


f:id:TinkerBell:20091107122654j:image

これは、

■ [屋上緑化に使える!]マンネングサの花の観察[むにむに草](iijimanさん)

http://q.hatena.ne.jp/1241758219/216107/#i216107

で教えていただいた「むにむに草」に違いありません。

この「むにむに草」の仲間は、その強さや育てやすさ、環境への適応能力から、ビルの屋上緑化に活用され始めているのです。むにむにと膨らんだ葉は水を保つ機能を持ち、乾燥にも強いのだそうです。

本当にその通りですね。

この写真は今朝撮った物なんですが、この季節でもこの瑞々しさ。このむにむにさ(笑)。

ここからたくさん増やしてみたいなぁ。

うちのマンション、屋上緑化に取り組まないでしょうか。


f:id:TinkerBell:20091107122711j:image

これは公園のお掃除をした時にもらってきた土から生えてきたカタバミさん。

ハート形の葉がかわいいですね。

カタバミは繁殖力が強くて、一度根付くと、刈っても刈っても生えてきます。

このことから子孫が絶えない、家運隆盛・子孫繁栄のおめでたい家紋として、昔から好まれてきたそうです。

来年はもっと育って花が咲くかなぁ。楽しみです。


f:id:TinkerBell:20091107122758j:image

最後に、秋らしいスナップを一枚、ご紹介しますね。これがもしかしたら、

■ 草も紅葉するのをご存じですか?(YuzuPONさん)

http://q.hatena.ne.jp/1256100721/237878/#i237878

で教えてもらった「草紅葉」ではないかと思います。

何という名前の草かはわかりませんが、気が付いたらこんなふうに色づいていました。

庭のないわが家にも紅葉がやってきました。なんてすてきなことでしょう。


イエはてなには、植物と触れ合う喜びを教えてくれるサプリがたくさんあります。

■ 土をさわろうキャンペーン(vivisanさん)

http://q.hatena.ne.jp/1171429627/72821/#i72821


■ 家族の絆も深まった夢の「雑草ガーデン」作り(CandyPotさん)

http://q.hatena.ne.jp/1241758219/216516/#i216516


ほかにも、色々教えられた書き込みがたくさんありました。

私は以前、こんなことを書いていました。

■ 雑草が生やせる幸せ TinkerBell

http://q.hatena.ne.jp/1217825469/179263/#i179534

でも今は庭がない暮らしだからこそ、雑草と呼ばれる自然の植物の尊さがわかったことに感謝しています。

これからも身近な植物と触れ合いつつ、季節感のある暮らしを楽しんでいきたいと思います。


[32]>31 雑草に愛情を込めて。 ttz

そんなアイデア聞いたこと無い!面白い!!と思いました。確かに雑草(と言ったら悪いけど)にしても何かしら生えてくるでしょうからね。大したベランダもないのでイエで大きいスペースは取れないけれど、小さい器かなんかならウチでも出来るな?。今まで雑草だと思っていたものに愛情が込められそうな気がします!


[33]マイトング活動でマチがどんどん好きになる momokuri3

http://q.hatena.ne.jp/1165991818/61557/#i61557

まず私はこの「クリスマスは街で天使になる!(by id:CandyPotさん)」の書き込みにハッとさせられました。誰かのために何かをすることで自分がHappyになるという発想に、目が覚める思いでした。


http://d.hatena.ne.jp/ie-ha-te-na/20061221#c1166992142

その後、年末でお休みに入ったいわしに代わって、ダイアリーのコメント欄での語らいが盛り上がっていた中、「クリスマスは街で天使になる!」の実践ルポが入ってきました。

さてさて、天使計画ですが、いやー、なんとかやってきました。とりあえず駅前に出動。まずは吸い殻拾いをしてきました。これは普段からわりとよくやっていて、専用のトングも用意してあるんです。約1時間でレジ袋カチ盛り。さすが人出がすごいです。

by id:TomCatさん

ネットの書き込みへの共感を実際に実行することで表した人がいるんだという驚き。そして自前のトングまで用意した自主的な吸い殻拾いという方法への驚き。この時はまるで自分とは別世界のような話だなぁと思っていましたが、次第に自分でも何かの行動を起こしてみたくなり、とりあえず「マイトング」を用意することにしてみました。


百円ショップに行くと何種類かのトングが売られていましたが、私はその中で、ステンレス製の、一番長さがある物を買い求めました。亜鉛メッキの鉄製の方がガッシリしていましたが、ある理由から、ちょっと弱々しくはあっても、錆びに強いステンレス製を選ぶことになったのです。


その理由とは、トング先端部の加工の必要性でした。百円ショップのトングは先端が直角で、万が一雑踏で人の体に当たってしまうと、素肌ならケガをさせてしまう恐れが感じられる物でした。そこでヤスリで擦って、先端部の角を丸めることにしたのです。加工後はこんな感じになりました。これなら鋭利なカドがありませんから、ぐっと安全になります。

f:id:momokuri3:20091107173929j:image

亜鉛メッキの場合は削った所をメッキし直さないとそこから錆びてしまいますから、やって出来ないことはないですが面倒なので、ステンレス製を選んだというわけです。ほんのちょっとのことですが、こうして自分で手を加えたことで、このトングにとても愛着が湧いてきました。


道具に愛着が湧くと、同時に勇気も湧いてきます。使い古しのポリ袋と軍手も用意して、いざ出陣です。

f:id:momokuri3:20091107173928j:image


目的地は駅前広場としました。最初はやはり恥ずかしさが先に立ってなかなか行動に移せませんでしたが、しばらく歩き回っている打ちに、広場の外れの人の少ない所の方がゴミが多いことに気付きました。やはり人目がない所はポイ捨てしやすいんですね。こっちも人目が無い方が拾いやすいので、さっそく隅っこから行動を開始しました。ある程度袋にゴミがたまってくるころには人目を気にする気持ちはすっかり消えて、ゴミ集めが楽しくなってきました。

せっせと拾い集めていると、大学生くらいの女性が、ボランティアですかと声をかけてきてくれました。突然のことだったのでうまい返事が見つからず、面白いからやってるんです、みたいな言い方をしてしまったら、びっくりしたような顔をされてしまいました。でもすぐに、そうですよね、こういう活動って楽しいですよねと賛同してくれて、応援してくれました。


f:id:momokuri3:20091107173927j:image

アキカンと記念写真。アキカンだってこうして大事に拾ってリサイクルすれば、いつかきっとまた何かに生まれ変わって再開出来るかもしれません。

昨年夏に行われた「夏休みスペシャル“エコ・ルポ”」でのこの書き込み、

http://q.hatena.ne.jp/1219380594/181329/#i181329

「I CAN do…私にできること」(by id:TinkerBellさん)は色々なことを教えてくれました。


f:id:momokuri3:20091107173922j:image

これはちょっと分かりにくいかもしれませんが、火がついたまま投げ捨てられていたタバコです。昔の防火標語に「今捨てたタバコの温度が700度」というのがあったそうですが、タバコの火で赤くなっている部分の温度は、およそ600?900度なのだそうです。

こちらを見ると分かりますが、一般的に道端に捨てられている物の発火温度は数百度程度なんですね。

http://www.fintech.co.jp/etc-data/hakka-tenn-data.htm

発火しやすい条件が揃えば、小さなタバコの火でも十分火災の原因になります。

最近は路上喫煙禁止の場所が増えましたが、人目の少ない場所に行くと、こんなポイ捨てが後を絶たない場所もあります。


ところで、何度もマイトング活動に出動していると、けっこう色々な拾い物をします。すごかったのは、駅ビルの地下のお店のラベルが貼ってある高級和牛肉1kg。落とし物というより置き忘れですね。広場の植え込みの陰に隠れて置いてありました。取りに来るかとしばらくそのままにしておいたのですが、何時間たっても持ち主は現れず、そろそろ傷んでしまいそうだったので、駅ビルの事務所に届けました。これまだ食べられるねぇ、持ち主が出なかったらもったいないねぇの声しきりでした。


f:id:momokuri3:20091107173911j:image

路上の落とし物は警察の担当です。けっこうあるんです、財布の落とし物。私はもう3回も拾ってしまいました。その都度交番に行って届け出。書類を作るには拾った場所などの情報の他、落とし主が現れなかった場合に受け取る権利があるがそれを行使するか、落とし主が現れた場合謝礼を受け取ることが出来るがそれはどうするか、落とし主がお礼を言いたいといった場合などに拾い主の名前や電話などを教えていいかなどを事細かに確認されます。でもさすがに3回も拾うと、またあなたですかということになって、そのへんの確認事項は「いつもの」で済むようになってきます。まるで定食屋(笑)。


http://d.hatena.ne.jp/ie-ha-te-na/20070910#1189399686

「マイトング清掃に子供たちが飛び入り!」(by ハザマさん)

この「イエはてな」での語らいをきっかけにはじめたマイトングでの吸殻拾い。休みの午後などに時々近所を回っているのですが、つい先日、楽しい出来事がありました。たまたま通りかかった小学生の男の子3人が私の行動に注目。おしゃべりをやめて近づいてきて、「何してるの?」。どうやら道具を使って何かを集めていると思ったらしいのです。「吸殻とゴミを拾ってるんだよ」と言うと、「その道具で?」と何だか不思議顔。「そう、これだと小さなものでも歩きながら楽に拾えるんだよ、ホラ」と、吸殻をポイポイつまんでゴミ袋に入れて見せると、面白がって、やらしてやらして!とはじまりました。

http://q.hatena.ne.jp/1219380594/181133/#i181133

「竹でトングを自作して街掃除」(by id:Fuelさん)

数人の人が声をかけてくれました。その中で使っているトングが自作であることに興味を示してくれたのは、いかにも恐そうな高校生くらいの不良っぽい一団でした。

俺らこの街好きっすからこういうの見るとうれしいっすよ、七夕の竹っすか、街がきれいになる願いがきっとかないますね、なんて励ましの言葉をくれました。人は見かけじゃありません。遊んでいる子ほど街を愛しているんですね。


こんな楽しい経験も続々生まれているマイトング活動。私もトングを持って出かけるたびに、何かしら温かな心の触れ合いを体験しています。マイトングは、使えば使うほどマチが好きになる魔法のアイテムです。


[34]>33 ハッピーのもとは lepremierpas

ハッピーって自分の中に既に存在しているんですよね。

だからハッピーが来ることを待つんじゃなくて、自分自身がハッピーを与えることで、自分もハッピーになれるって思います。

>クリスマスは街で天使になる! CandyPotさん

これは素敵なツリーと自分も思います☆


[35]>24 動物の助け方 kinnoji7

動物の助け方はたいへん参考になりますね。私は人間の救護の仕方を知っていても動物に関してはまったく分かりません。外で動物が怪我をして苦しんでいてもどうしたらいいのか分からず困ってしまいそうですね。しかし、動物の助け方を少しでも学んでおけば、いざというときに、たいへん役に立ちそうです。


[36]>30 水道光熱費 t-saitou

こういった公共料金の節約に関する商品には消費者は敏感に反応してしまいますよね。家計費節約したいから。


[37]>9 誕生日 eiyan

誕生日は本人にとってはいくつでも楽しいものです。

でも誕生日を忘れてしまうので何かのきっかけを作っておくのは良いですね。

これからもきっかけを作りたいものです。


[38]>35 生物 eiyan

生物は生物の命を奪って生きていきます。

生物の命のリレー。

命のリレーは大切ですね。


[39]>38 結局動物病院しかありませんが。。 ttz

飼い猫が調子を崩したりしたときは、自分ではなすすべもなく動物病院に連れていきます。その時にゲージを用意すると、猫が恐怖を感じて逃げまどいます。こっちは助けてあげたくてやっているのが、無理やりゲージにねじ込んでいる時に泣き叫ばれるので可哀そうになります。連れて行くときの車の中でも泣き叫びます。でも病院で診てもらって帰ってくる時、同じゲージに入っているのにあの静かなこと。きっと、理解してくれたんだなと思っています。


[40]>36 エコ linne

エコ情報は面白かったです。なるほどなと思ったものや、これは!と思ったものもありました。


[41]台所と洗面所。。。 an_shoku_panman

以前から気になってはいたのですが、最近台所と洗面所の水滴を気が付く度に拭くようになりました。

すべてを拭き取った後の爽快感・満足感は思った以上でした。

ひたすら無心に拭いていると、リフレッシュにもなりましたのでお勧めです。


[42]>40 エコと省エネ hiro_kun

環境が改善され、長い目で見れば出費が減るものもあり、良かったと思います。


[43]>39 野良猫がイエに迷い込んできた時のあれこれ iijiman

手前味噌で恐縮ですが、「物置が子猫が出た!3匹!」という書き込みをいたしました。

http://q.hatena.ne.jp/1217825469/178545/#i178575

この子猫たちは全員飼い主が決まり、1匹は知人のブログにしばしば登場して、ゆったりと飼い猫ライフを送っている様子を伝え聞いています。

子猫に限らず、野良猫でも、人なつこい猫がたまに居ます。(捨て猫かもしれませんね。)

そういう猫が現れた時、どうすればよいか。

多くの人は、その愛らしさに、つい「餌を与える」ということをしてしまいます。

その気持ちは分かりますし、生き物に食べ物を与えること自体を罪だというつもりはありません。

でも、餌を与え続けていると、何かと大変なことになります。

まず、餌があることが他の猫にも知れ渡って、だんだん野良猫が集まってくるようになります。その中には、不幸にして感染性の病気に罹っている野良猫も居ます。すると、餌場が、病気の発信基地になってしまうのです。

餌場の周囲を汚したり、近くで糞尿をしたりして、近所の方にご迷惑をおかけすることもあります。

あと、野良猫同士のカップルが成立してしまうと、これが大変。加速度的に子猫が増えます。

「野良猫に餌を与えるな」と言うのは、非常に言いづらいことですが、現実を考えると、安易に野良猫に餌を与えることは慎むほうがよいのかなという気がいたします。

では、私たちが野良猫に対してできることは何もないのか?

そんなことはありません。人なつこい猫であれば、迷い猫の可能性があります。保護してケージに入れて、近所の動物病院や市役所に問い合わせてみましょう。もしその猫にマイクロチップが埋め込まれていれば、市役所や動物病院にはチップのリーダーがありますから、そのデータを元に、たちどころに飼い主が分かる仕組みになっています。

それでもわからない場合には、出来ればデジカメで写真を撮って、ポスターを作ったりしてあげられればよいですが、これはちょっと大変かもしれませんね。

飼い主が現れない、あるいはもともと居なかった場合には、飼えるなら是非家族の一員に加えてあげてください。避妊・去勢と、ノミダニ予防(今は優れた薬があります)、病気の検査をお忘れなく。不幸にして路頭に迷う子猫を産まなくするだけでなく、ケンカの防止や病気予防にも効果があります。病気といえば予防注射も。今は猫エイズにも予防注射があります。

どうしても飼うことが出来ない場合は、難しいこととは思いますが、飼い主を捜してあげてください。当面の間はケージ(動物病院に相談すると、貸してくれる場合があります)に入れて保護。写真を1枚とって、カラーコピーかプリンターでポスターを作って、動物病院や、ポスターを貼らせてくれる近所の商店などに貼らせてもらうなど・・・これも大変ですが。

それが出来ないなら、冷たい対応で悲しくもありますが、何も与えずにそっとしておいてください。

野良猫は野良猫なりに精一杯生きています。餌がなければ、他の場所へ移動していきます。

飼えないからといって「外で餌をあげる」のだけは、考え直してあげてください。一時的にはお腹一杯になっても、結局は猫たちのためにもならないのですから。


[44]>43 おっと忘れていた、「定番サプリ」でしたね iijiman

つらつら書いてしまいましたが、肝心なことを忘れていました。今回のテーマ「イエコト&実践ルポ」「定番になったシーズン・サプリ」でしたね。

まとめてみますと、

「野良猫がやってきた→フレンドリー→里親探しor飼ってしまう(避妊と予防接種とノミダニ予防を忘れずに)」

と、書いてしまえばそれだけですが、なかなか大変なことですので、「みんなでやりましょう!」とまではご提案しずらいです。

ちなみに、うちは猫は1匹だけしか飼っていませんが、大家さんは、フレンドリーな猫はつかまえて飼ってしまうタイプなので、もう3匹も猫が居ます。しかし、多頭飼育には色々問題も多く(飼い猫同士のケンカ、嫉妬など)、これ以上は増やさないと決めたようです。

動物病院には、子猫の件でお世話になったこともあり、里親募集のポスター(A4の小さなもの)を作って、病院に貼りだして貰っています。

病院に猫が連れてこられると、私が動物病院に出向いて写真を撮って、里親募集のポスターを作る訳です。

私に出来ることといったら、それくらいですが、気長に続けていこうと思っています。

ちなみにシーズンはというと、一年中ですが、春先に子猫が生まれて夏頃に里親募集の依頼が来ることが多いようです。

あと、「逆」のケース、つまり、猫が来たのではなくて「居なくなった」時にもポスターを作ります。これは多めに刷って飼い主さんに、近所に配ってもらいます。(これは猫だけでなく犬もあります。)お陰様で今のところ、私がポスターを作った迷い猫・迷い犬は100%の確率で飼い主の所に戻っていますが、ポスターと関係なく、ある日突然帰ってきたという例もあるので、私の独りよがりかもしれませんね。


[45]「あなたと家族のこの夏の思い出」 lepremierpas

http://q.hatena.ne.jp/1188190097/112264/#i112264

「父の60歳の誕生日」by id:shimarakkyo


父の同級生から、仕事場の仲間、いとこ、はとこ、甥、姪、彼らの子(なんて言うんでしょうね)、そして彼らの家族や彼氏彼女まで参加しての大掛かりな誕生日パーティーをしました。

今年生まれたばかりの子から、ひいおばあちゃんまで、本当にたくさんの人が来てくれて、「一人の人を起点に、こんなにたくさんの人と繋がれるんだ」と密かに感動してました。

もう、半年も前から計画を立てて、1ヶ月前にはお誘いの手紙を出して、当日はビアサーバを設置してーの、48時間ぐらいぶっ続けで料理してーのと、色々と大変でしたが、やって本当に良かったです!最後は父が嬉し泣きしちゃって、泣き笑いの集合写真になっちゃったのはご愛嬌(笑)。

このツリーは素敵でした。

命の繋がり。

1人から2人。そして3人・・・

繋がった糸がこうして集まる。

命の偉大さを感じました。


[46]>23 寒い季節にお風呂は重要ですよね。 Tanuking

大きいお風呂でゆっくりしたい。。。

私も都会に住んでいるのですが、お風呂で体の芯まで温まってリラックスするのが私の一番の夢です。


[47]>34 クリスマスは街で天使になる ttz

タイトルがなんともイイですね。誰でも出来ることなんだけど、なかなか誰もやらないこと。これって、意外と1人だと出来なくても大勢だったら普通に出来ることだと思います。自治会とか会社単位とか、例えばそういう団体単位だと出来ますよね。(いや、一人でもやろうと思えば出来るんですけど。)今年は夏に地元の海岸清掃に参加したのですが、マスコミ主催のイベント(?)で、かなり大勢が参加しました。終わったあとに、トラックの荷台に積まれたゴミを見て、なんとも言えない爽快感がありました。やってみないとなかなか分からない事ですね。


[48]紅葉を愛でる meizhizi87

http://q.hatena.ne.jp/1256100721

只今、秋を満喫しています。寒い所に住んでいるので、秋には少し寂しいイメージを持っていました。仕事柄、冬に忙しくなるのでそのせいもあったのかもしれません。

でも「紅葉を愛でる」がテーマだった時に、こんなに秋って楽しいのだと思うことができました。秋が来てしまった…ではなくて、さぁ秋が来た!という感じです。

運動不足解消のために始めた自転車乗りやウォーキングの時にも、デジカメを持って出かけたり、秋の味覚が含まれているスイーツに注目したりするようになりました。

たんぽぽの黄色い花が綿毛になっていたり、茶色くなったカマキリがのこのこと歩いていたり、普段だったら気にとめないようなことが、秋を演出してくれています。カボチャや栗など、おいしいものもたくさんあるし、なんと言っても毎日食べているご飯は新米の時期を迎えるし、はたまたファッションにも秋らしさを考えたり。秋ってこう考えてみると結構忙しいです。

もうちょっと秋を楽しめそうなので、友達と紅葉を見に&グルメのために、ドライブに行こうと計画中です。


[49]秋果物を楽しむ meizhizi87

http://q.hatena.ne.jp/1251867108

毎日、果物を食べています。今が旬のラフランスやぶどうは特に好きです。

そんな中、5月から家で育てているレモンが新しく実をつけて、数日前においしそうな黄色になりました。

f:id:meizhizi87:20091108162531j:image

夏にレモンの白い花がたくさん咲き、やがて小さな緑の実を付けて、それが段々大きくなっていきました。本当に黄色になるのかなと思ったこともありましたが、毎日レモンを観察するのが楽しみでした。

早速、1個摘み取って、ハチミツ漬けにしました。紅茶に入れたりお湯で割ったりしています。

レモンは寒さが苦手らしいので、来年になったら、もっと大きな鉢を買ってきて、植え替える予定です。今年は私の部屋で越冬です。


[50]meizhizi87

http://q.hatena.ne.jp/1245214629

字は、丁寧に書くようにしたい(nakki1342さんのお話)にハッとしました。

私は、職場で電話を取り、相手が話したい人が席を外していたりすると、「○○さんから電話がありました」とその人の机の上にメモを置きます。メモだから、用件が分かればいいかな、と思い適当な字で書いていましたが、いざ、自分が同じことをされたときに、とても丁寧な字で書かれていて、あぁ、なんかこのメモ書いてくれた人やさしいなと思いました。また、付箋紙にメモ書きをしている資料を渡した時に、ずっと付箋紙を付けていてくださった人もいて、もっと丁寧に書けばよかった…と思うこともありました。

毎日の積み重ねが大事というのは分かっていますが、実践するのはかなり難しいと思います。だから、毎回はきつくても、時々心がける、これって実はすごく大切なことだと思いました。幸い、字を書くのは好きなので、仕事であり事務的であっても、心をこめて書けたらいいなと思います。


[51]>27 整理整頓 meizhizi87

朝、今日着ていこうと思った服が見あたらない、ここに仕舞っておいたはずなのだけど…ということが時々あります。普段から、丁寧に片づけていれば、朝慌てることもなくなるはずですが…。そこで、いつも母に言われているのが、「寝る前の5分」です。5分でいいから片づける、という意味です。身の回りから整理整頓を心がけます。


[52]「これは自慢!家の中の手作りグッズ」 lepremierpas

http://d.hatena.ne.jp/ie-ha-te-na/20061214

「手作りのこども部屋」by id:hanatomi


実家の私の部屋は、父が物置を改造して作ってくれたものでした。

窓をつけてくれて、、仕切りも手作り。天井も白い化粧板を張ってくれて、じゅうたんをひいてくれて、壁を塗ってくれて。

今になって思い出すと、有難さが身にしみます。

大きな部屋ではなかったですがとても気に入ってました。

イエはてなのいつもいいところって、手作りを大事にするところ!!!

これすっごく好きです。

当たり前に与えられるのではなく、手作りした場所。

だからあったかくて、大事にしたくなるんですよね


[53]>50ttz

自分も、自分しか見ない手帳などにはかなり殴り書きで書いています。そういうものを他人に見られると恥ずかしいです。他人に対しては出来るだけ綺麗に書くようにしていますし、間違えた時は訂正するのではなく、可能な限り新たに書き直すようにしています。きたなくなってしまったものを渡すのは嫌なので。基本的に字を書くのは好きな方です。最近PCにばかり文字を書かせていたら、ボールペン字がかなり下手になったような気がします。これからもっとそういう傾向が進んでいくような気がして怖くもあります。


[54]>52 あたたかい気持ちのこもったもの。 hanatomi

lepremierpasさん、書き込み有難うございます。

IDが届いたので久しぶりに書き込みました。

人や自然の暖かい気持ちに触れたとき、包まれたとき、感じたとき、人って元気やエネルギーを貰う気がします。

多くの人に貰った分、いつも暖かい、まなざしや暖かい思いを回りに与えていたいですね。

「どれだけ思いを込めたか」が大切だと誰かが言っていました。

手作りしたものって、形にされていて、気持ちがこもっていて本当に嬉しいですよね。

上手く言葉に出来なくてすいません。

大人になるにつれて余計、多くの人の手作りに囲まれて自分がここにいるということが分ってきたように思います。


[55]>53 ○じゅうの、手習い。 hanatomi

字にはその人のあり方が出るような気がしますよね。

私も字を綺麗に書きたくて、どこかに習いに行った事がないので、いま仕事帰りに習い始めました。まだ二回目です。

丁寧に何かを書いてもらったら、本当に嬉しいですよね。

読みやすくてていねいな字を心がけていきたいです。

ちなみに、字を綺麗に書くこつは、右下を下げる事、中心をそろえる事、長い棒は横では一本だけにすること、などなど。。☆


[56]>49eiyan

実の成る木はいいですね。

見て良し食べて良し。

来年に又楽しめますね。


[57]>41 水滴 eiyan

水滴は見て良し眺めて良しですが、カビや腐敗の原因になりますね。

最初ならふき取っても良いですが、後になれば洗剤でも落ちなくなりますね。

早くの対策が必要ですね。


[58]>48 紅葉 eiyan

紅葉は人が見る為になるものではない。

営みの上で役目の済んだ不要物を捨てる役目。

それを人は綺麗と表現するのですね。


[59]>51 捨て役 some1

家の人間がものを溜め込みがちなので、自分が容赦なく捨てます。

容器とか紙類とか、溜め込むだけで使わないで埃を被ってるのは一気にどかっと捨てます。

でも、溜めてる人間は誇りが被るほど結局使わないので、捨てた後も何の問題もなくそのままなんですよね。

それなのにまた溜め込んでくる・・・ゴミ屋敷状態とは行かないまでも、何で自分で捨てられないのか理解不能です。


[60]>55 字を出来るだけきれいに。 nakki1342

meizhizi87さん、書き込みありがとうございます

自分の性格では、どうしても物事を適当に扱いたくなる事が

多いので丁寧に書こうということを意識せずに字を書くと

だめになっちゃう事が多いのです。

今でも字を書く時は気持ちを入れて書くようにしていますね

でも・・

最近、字を書く事自体少なくなってるので

大変ですけどね


[61]>59 整理整頓 koume-1124

年末に剥けてチョコチョコ整頓を初めています。

部屋がきれいになると気分もスッキリするので掃除は好きですね。


[62]>42 エコ koume-1124

エコバックやマイ箸など自分が出来る範囲でのエコはしています。

節約にも繋がるので、最近は寒くなったので湯たんぽで寝ています。結構朝まで温かくて寒い夜もぐっすりです。


[63]我が家秘伝の味とアイデアレシピ lepremierpas

【餃子の皮】さつまいもとリンゴのアップルパイもどきby id:asukab

こちらは、さつまいもとリンゴの揚げ餃子。しかし、味わいはまさにアップルパイで、おやつに最適です。

〔材料〕4人分

* さつまいも2本(米産、かなり太くて大きいサイズです)

* りんご1個

* 砂糖(大さじ1)

* バター(大さじ1)

* お好みでシナモン少々(好き好きがあるので、入れなくてもよい)

〔作り方〕

1. ふかしたさつまいもをつぶし、砂糖、バター(好みでシナモン一振り)と混ぜる。

2. スライスして小さく角切りにしたリンゴ1、2枚とさつまいもを適量を具にして、餃子の皮で包む。

3. からりと揚げて、できあがり。

一口サイズの小さなアップルパイという感じで、これも食べ出すと止まりません。

餃子の皮ってパイ生地代わりにもピザ生地代わりにもなるし!ってことで、このレシピ見てから餃子の皮の活用が幅増えました。

しかもアップルパイめっちゃ美味しかったです。

イエはてなの皆の我が家秘伝のレシピ、これは毎回目からウロコです!

これからもみんなの秘伝レシピを語っていきたいですね(*^_^*)


[64]ことのは手帳で言葉に込められた心を知る Fuel

「ことのは手帖」とは、心に触れた言葉の数々を書きとめておくノートです。「紙と鉛筆があれば、心の情景を書きとめておくことができる」――。これは短歌を勧める祖母と母から、いつも言われていたことでした。ただ、わたしは情報収集はできても整理が苦手。そこで自分は紙片ではなくノートにしてみたわけです。

気になる言葉は、いたるところに落ちています。新聞での一言、雑誌での表現、他の人の詠んだ短歌の節など。海外暮らしなので、日本語に触れる機会はほとんどが文字。音で聞くことがないので、その分、目から入る視覚イメージで感性に響いた言葉をどんどん拾い留めます。こうして集めた言葉や言い回し、フレーズを1か月に一度眺めなおし、自分の気持ちに問いかけ、短歌七首にして投稿するのです。

(『ことのは手帖』 id:asukabさん)

http://q.hatena.ne.jp/1214973884/173331/#i173331

私は短歌などは詠めませんが、言葉の大切さは日々感じていました。日頃何気なく使っている言葉の中に、長い歴史の中で積み重ねられてきたたくさんの人々の暮らしが隠されています。


たとえば、こんなことを教えてくれたいわしがありました。

虚礼廃止ということが言われて久しくなります。本来のお中元はちゃんとした心のこもった贈り物であり、虚礼などではなかったと思うのですが、挨拶や感謝の言葉を交わすこともなく物だけが届く現代のお中元は、虚礼と言われても仕方がありませんね。

(中略)

禮(礼の旧字)とは、祭祀に使う机をかたどった「示」に、形よく供え物をが並べられた様子を表す「豊」が合体した文字です。神様への真心を込めた供え物、それが「礼」の字の本義です。真心がこもっていなければ物だけで、礼にはなりません。

(『お中元の虚礼を「実礼」に変える』 id:C2H5OHさん)

http://q.hatena.ne.jp/1245819281/222639/#i222639

礼という言葉は神様への供え物から生まれた言葉だったという気付きは、お辞儀の礼、礼儀の礼、ありがとうのお礼、その他様々な、日頃形としてしか受けとめていなかった「礼」に対する意識を変えてくれました。

またこちらのいわしからは、室礼(しつらい)という言葉の意味も教えてもらいました。設置の「設」の字は「設え」(しつらえ)とも読みますが、これも室礼と同じ意味があったのかと想像しています。

『部屋にも真心、《室礼(しつらい)》の心』 id:TomCatさん

http://q.hatena.ne.jp/1252471828/232224/#i232224


また、別の所では、今まで意味不明だった「立春大吉」のお札の意味を教えてくれるいわしもありました。これも目からウロコ。

立春の朝にこれを書いて貼っておくと、一年間災厄から守られるというおまじないです。神社からもらってくるとかではなく、自分で書いて貼ってもいいので、皆さんもぜひやってみてくださいね。

(中略)

墨が摺れたら書いていきますが、字をよーく見てください。



ね、左右対称な文字ばかりでできているでしょう。この左右の対称さが吉を呼び厄をよけると言われています

(『立春大吉』 id:MINTさん)

http://q.hatena.ne.jp/1233118479/201709/#i201709

あのお札にはそんな秘密が!縁起のよい意味を持ち、なおかつ左右対称の言葉。いったい誰が編み出したのでしょう。


「美しい」についての次の書き込みも、心に深く残りました。

玄関から、新しく豊かなものがいっぱい入ってきますように、と考えたら、もう一つ好きな日本語の語源を思い出しました。「美しい」という言葉です。美しいという言葉は、もともと「空(うつ)」なるところに「奇(く)しい」ものがやってくる、という考えから生まれたという説です。

(中略)

私はこの「美しい」の語源を前から大切にしていて、新しく美しいものが入ってくるように、本棚や棚もぎゅうぎゅうにせず常に空いたスペースを作っておいたり、頭の中も古いものでいっぱいにせず出来るだけ新しいものが入ってくる余裕を持てるように心掛けています。ちなみに、新しいものというのは新品とかいう意味ではなくて、自分にとって新しいもの、古いというより美しいもののことを想っています。

(『玄関に大きな空の器を置いておきます』 ハザマさん)

http://d.hatena.ne.jp/ie-ha-te-na/20071128#SapriF

語源の説だけでなく、本棚も頭の中もギュウギュウ詰めにしないで余裕を作っておく、それが心や暮らしを美しく楽しくしていく秘訣なんだという考え方は、その後の私の毎日に大きな影響を与えてくれました。


そのほか、イエはてなには、心の琴線に触れる様々な言葉がたくさんあります。もちろんイエはてな以外にも、言葉のある所ならどこででも、新たな発見や感動が生まれます。そういう言葉を、気が付いた都度メモしていくのが「ことのは手帳」。ここに言葉が貯まっていくにつれて、毎日が楽しく、豊かに変わっていきます。サプリ手帳の言葉特集と言えるでしょう。


私はこのための手帳として、次のような物を作って使っています。

f:id:Fuel:20091109130724j:image:w400

f:id:Fuel:20091109130723j:image:w400

表紙は百円ショップで買った手帳の物。中身はチラシの裏紙です。いっぱい書いて紙が無くなったら、すぐ新しい裏紙メモ帳に差し替えます。こうして紙を惜しまずどんどん書いていくことがこの手帳の秘訣。そのためには、裏紙を使うに限ります。

なお、こうした文房具の自作の習慣は、

『袋とフリーペーパーなどでスクラップブック』 id:Lady_Cinnamonさん

http://q.hatena.ne.jp/1211777751/167108/#i167108

などの書き込みがいい刺激と参考になっています。


貯まったメモには表紙を付けて、書き始めと書き終わりの日付を転記して棚に並べています。書くだけでなく、時々読み返していくと、さらに新しい発見が色々生まれます。

言葉は暮らしの基本のひとつ。言葉には「今日をちょっと楽しく、特別にする」力があります。そんな言葉たちにインスピレーションを得て、私なりの新しいイエコトを作っていけたらいいなと思っています。


[65]>46 柚子湯 powdersnow

柚子湯など、昔から時節と絡めてある風習というのは、大切にしていきたいものですね。

柚子湯だけでなく、菖蒲湯など、日が近くなると楽しみに意識してしまいます。

家族がいなくて、1人では……という人でも、近所の銭湯で催していることがありますので、聞いてみたりするといいかもしれません。

たまには、大きなお風呂につかるのもいいと思いますし。


[66]>47 綺麗な街 powdersnow

ごみが当たり前のように目立つ街は、決して印象がよくないですよね。

住むにしても、旅先で訪れたにしても、せっかく他が良かったりしても、そういったものの存在は、大きく街の印象を落としてしまいます。

一人一人が決められた場所に捨てることを守れば、そんな状態にはならないのですが……

つい、余り考えずに、捨ててしまう人がいることによって、またごみが生まれていってしまうんでしょうね。

仕事でないのに、ごみ拾いをするというのは、ボランティア精神がなければできることではありません。

自分の暮らす街を綺麗にという気持ちは、とても大切ですね。


[67]>64 ことのは手帳 tunamushi

私も数年前に、印象に残った言葉や文章をノートに書き留めていたのを思い出しました。私がノートに書いていたのは、主に江國香織さんの小説です。とても女性らしい文章で、あとがきも印象深いです。

読み返したりすることもなく、ずっと机の引き出しの中にしまっていました。このイエ・ルポを読んで、また本を読んでノートに書いてみたくなりました。


[68]>60kinnoji7

わたしは恥ずかしいくらいに字が下手です。うまくはなりたいと思いますが子供の頃からのくせ字は直りません。しかし、下手なりに丁寧に書くようにはしています。


[69]>56 秋果物 kinnoji7

秋果物はおいしいですね。私は柿や梨が大好物ですね。


[70]>58 紅葉 kinnoji7

紅葉ってほんときれいですよね。心も癒される芸術品ですよね。


[71]>37 誕生日 kinnoji7

誕生日って自分の人生の中でも一番大切な日だと思います。この世に生まれた日を祝うことはすばらしいことですね。


[72]>61 掃除 powdersnow

来月には大掃除のシーズンですし、今年は早めに今から始めようと思います。

自分では、定番と思っていなくても人の話を聞くうちに、ああここも掃除するべきだったな、確かに……と思った点も多かったです。

その手法も同時にわかるのは、価値が高いですね。


[73]「七夕・星祭に」 lepremierpas

「七夕に平和を祈るアクションを」by id:Fuel

http://q.hatena.ne.jp/1245819281/222050/#i222050

1.あなたのイエに笹飾りを飾りましょう

2.そこに平和を祈る白い折り鶴を下げてください

3.誰かに「これ何」と聞かれたら、戦争のない世界を願う折り鶴ですと説明して平和を祈る仲間を増やしてください

七夕って、今までは自分の願いしか願っていなかったです。

でもこのツリーをみて、自分の願いだけじゃなく、世界に向けて願う。そんな大事なことを学びました。

平和を願う。

イエはてなでは、個という存在だけでない、輪というそして和という繋がりを持つ大切なことをいつも学んでいます


[74]>32 何が育つかわからない…… powdersnow

育てるという行為をしながら、何が育ってくるかはわからない……

とてもやきもきしてしまいそうですが、育ってくるのも、それを調べるのも、とても楽しそうな試みですね。

子どもの頃は、遊んだ林などで拾った何のものだかわからない種を、とりあず埋めてみたりしました。

もしかしたら、それと同じような感覚を再び持つことができるかもしれませんね。


[75]>22 いやーどうも! to-ching

私こんなこと書いていたんですね・・・もう忘れてました!あの頃は心がきっと綺麗だった??んでしょう。いや、懐かしい・・・


[76]>71 まだ to-ching

2歳なの?もっと前からあるような感じ。存在感があるんだ・・・


[77]>70 紅葉ドライブ ttz

今年はこれまでに2回行きました。いわゆる紅葉スポットですが、大混雑していないレベルの場所を選びました。紅葉ドライブに限っては「適度な渋滞」はむしろ必要で、それが無いとゆっくり鑑賞できない。だからと言って大渋滞になるとそれ自体がストレスになる。今年は2回とも本当に「適度」であり、思いっきり紅葉を楽しむ事が出来ました。時期的にはまだまだ行けますね。また天気と休みがいいタイミングで重なったら行くかも知れません。


[78]>73 オリオン座流星群!! ttz

七夕とは違いますが、オリオン座流星群のことを思い出しました。今年、さんざん話題になっていたので、今まで興味ももちませんでしたが、3日間も夜中に見に行ってしまいました。結果から言えば、3日間で、流れ星2つというちょっと悲しい結果でした。まあ3日間といっても1日は完全に曇っていたのですぐ帰ってきたのと、もう1日も快晴?(夜中だけど。)というか雲が無い状態ではなかったのでイマイチでした。あとは、そもそも出来るだけ暗いところを探して見てたのですが、深夜でもどうしても街の明かりがうっすら見えてしまい、完全な闇にはなりませんでした。でも、夜中にわざわざ見に行った事自体が、なんとなく楽しかったですね。


[79]>69 固い果物が好きです。 ttz

果物は固いものが好きです。りんごでも固くてみずみずしいのと繊維質のがありますが、固いのが好きです。本来はむしろ熟している方が美味しいものなんだと思いますが、例えばバナナにしても柿にしても、熟していて柔らかいものよりは、その前の段階の固いものの方が大好きです。変わってるのかもしれませんが。


[80]>67 ことのは手帖 ttz

よく歌手とか作詞をしている人がノートを持ち歩いていて、ふと思いついたフレーズなりメロディーをメモしておくという話を聞きますが、そういう事かなと思いました。自分でそのようなことを何かしているかなと考えたら、忘れないようにケータイにメモしたり、それは仕事の事だったりしますが、しているなと思いました。仕事ばかりじゃなく、もっと心に余裕を持って、ゆっくりとした時間を持ってみたいですね。


[81]>54 手作り ttz

手作り。子供のころ、むしろ母親がいろいろ作ってくれました。でも、もう自分が誰かに作ってあげる番ですね。なんか刺激をいただきました。


[82]>62 エコ(使い捨て乾電池から充電池へ) VEGALEON

私もエコには日頃から意識しています。この「イエはてな」にも投稿していますが、

画に描いた餅にならないように実践しております。

私の具体例では、「充電池」です。常日頃「使い捨て乾電池」に抵抗を感じていました。

"イエコト・ミシュラン" #040

THEME:「私たちのイエからエコロジー!暮らしのCO2削減アイデアコンテスト」

「充電池」を使う

http://q.hatena.ne.jp/1248151954/225857/#i225857

"イエコト・ミシュラン" #045

THEME:「教えるなら、学ぶなら…暮らしのワークショップ・アイデアコンテスト」

「エコイエ」ワークショップ

http://q.hatena.ne.jp/1255409602/236410/#i236440

私が購入・利用していますのは、三洋電機「eneloop エネループ」です。

[f:id:VEGALEON:20090929105817j:image:w300]

特徴としましては、

・パワーは乾電池の約4倍

・自己放電をセーブするので、買ってすぐ使える

・充電して約1000回繰り返し使える

・充電しておけば1年後もすぐ使える

・2年後でも約80%のパワーをキープ

・1回あたりのコストはたった4円

・継ぎ足し充電可能

・充電時間【単3形】約230分【単4形】約135分

「パワーは乾電池の約4倍」で「充電して約1000回繰り返し使える」と言う事は、

エネループ1本で通常の乾電池の4000本に相当しますよね!

これなら値段にしても充分元はとれます。

偶然にも「SANYOのエネループモニター」にも当選しまして 準備万端です。

[f:id:VEGALEON:20091013193339j:image:w300]

イエにはリモコン・時計・携帯型のゲーム機など様々な乾電池を使用するものであふれています。

私がテストをしましたのは、デジカメです。通常の単3アルカリ乾電池2本で400枚ほど撮影できますが、

今現在4倍の1600枚も撮影できまして驚いております。

これを書いています時にも三洋電機から「エネループQUOカード(クオカード)2000円」当選の連絡が来まして、

これで更に「eneloop エネループ」を追加する予定です。

[f:id:VEGALEON:20091108163418j:image:w300]

これで、イエじゅうの「使い捨て乾電池」は残量が無くなり次第、買い置きの在庫が無くなり次第

全て「充電池」へ移行します。

とりあえず、よく使う単3形だけですが、スペーサーを100円ショップで購入しました。

これは、単3形を単2形として使うことが可能です。単1形もあります。

[f:id:VEGALEON:20091110003928j:image:w300]

エコの実績として三洋電機から次のようなメッセージがあります。

2009年7月末時点において9,000万個のeneloopが出荷され、それによって将来を含め約900億本もの乾電池が節約できると考えられます。

この9000万個のeneloopを全てつなげると地球と月を約6往復した距離に相当します。*

※全てのeneloopを単3形とした場合

「地球と月を約6往復した距離」ですよ!今現在 売り上げは1億個に達しました。

2009年11月14日 には「約1500回」くり返し使える、新「エネループ」が発売予定です。

さらにエコになりますね!

参考ページ

SANYOサンヨー電池総合ページ

http://products.jp.sanyo.com/battery/


[83]>82 家もこれにしようかな? to-ching

場所も取らないし


[84]>83 習慣を変えよう aekie

単純なエコではなく、長い目で考えたときに環境でプラスになるエコ運動に取り組んで行けたらと考えています。

それは、健康維持の習慣など、一挙両得の形になると病気も防げて、なおかつ自然保護にもなる。

山の中でのウォーキングや自然観察をするだけでも、楽しいですし、休日を十分に楽しむことができます。


[85]>81 住宅問題に光を aekie

hanatomiさん、お久しぶりです。イエの手作り部屋のエピソード読ませてもらいましたよ。

お父様の優しさや特別な才能などを感じながら毎日を過ごせるお部屋に憧れてしまいます。

毎日暮らすイエなんですから、一体感や愛情が欲しいですよね。シックハウスやアトピーなどが問題視される中での貴重ないわしです。


[86]>77 自然観察の始まりに aekie

いまの季節、ようやく小道の木々も紅葉真っ盛りです。そろそろ落葉がちらほらと目立つ時期なので、暦通りの冬なんでしょう。

イエ近所の紅葉でも楽しめるのを、遠くの県境となっている山を眺めに行くのも有意義な時間の過ごし方の一つだと思われます。

ですけれど、近所の公園から自然を観察することやエコ活動のきっかけがあった方がいいと思います。


[87]>80 これは素晴らしい! aekie

Fuelさんのいままでの手帖に関するエピソードのまとめが役立ちました。

そろそろ来年の手帳を買い改める時期で、書店でどの手帳にするのか迷っていたのですが、迷った2冊とも買いました。

径の大きいものをメモ書き用とすることで「ことのは手帖」としたいと考えています。気に入った写真やメモ、自然観察のイラストなどどんどんと書き込んでいって、イエでいい提案ができたらと考えています。


[88]>79 果物の楽しみ方の幅が広がりました aekie

果物の楽しみ方の幅を広げてくれた「イエコト」だったと思います。果物だからそのまま食べてもおいしいなんて思っていたところ、果物にもさまざまな調理法、料理を楽しむエピソードが添えられていたりと新しい発見が意外にもあったテーマでした。

果物は身近な食品でありながら、それに多くの品種がありながら細かい知識がないので、果物に関心を持つ→食の安全に関心を持つようになりました。こうして、新たな知識やエピソードから身近で忘れられている問題に注目するようになるのもイエ独自の素晴らしい点だと言えるでしょう。


[89]「あの時聴いた思い出のメロディ…心に残る歌」 lepremierpas

http://d.hatena.ne.jp/ie-ha-te-na/20090227

「おお牧場はみどり」by id:Fuel

http://q.hatena.ne.jp/1235105455/205221/#i205221

今でもこの歌を思い出すと、あの時のことが思い出されます。優しかった先生。楽しかったクラス。そして、男まで泣いていたあの時、涙を堪えて歌い始めた女子の強さ。女の子ってすごいよなぁと、今でも思い出すと感心させられます。産休に入られる先生のお別れ会での記憶だけに、ああいう強さが後に母の強さになるのだろうなと思ったりしています。

イエでの語らいではしばしば過去を思い出す瞬間が沢山あります。

おお牧場はみどりは自分もよく覚えている歌でした。

歌謡曲だけではなくて、あの頃に歌ったこうして次の世代までをも続く音楽を思い出す良いツリーでした。

久しぶりに昔の教科書などを開いてくちずさんで見たくなったのです


[90]>88 季節の楽しみ方 powdersnow

年中、様々な品物が手に入る世の中になっても、やはり旬の物は美味しく、抑えたい存在です。

果物なども、生産が豊富な地域に旅行がてら足を伸ばして、実がなっている光景を目にするのも良いものです。

いきなり店頭に並んでいるものを手にするより、どのような環境で、どう実っていたのか、

そんなことを思い出しながら頂く果実は、とても美味に感じます。


[91]風呂敷に教えられた和のすばらしさ、そして風呂敷活用からはじまるエコライフ♪ MINT

最初に風呂敷の話題がでたのは、「和を楽しむ」がテーマだった時の、この投稿だと思います。

id:vivisanさん「和布で包む!」

http://q.hatena.ne.jp/1178686750/91877/

風呂敷ににた布は世界各国でもありますが、てぬぐいもいろんなことに使えます。

どちらも折りたためばコンパクトになるというのがいいです。

MOTTAINAIキャンペーンが始まってから、私はどこにでかけるときも風呂敷を1枚しのばせておきます。

ホント重宝します。着物のバッグは小さいですので、お買い物をしてしまうとはいりきらないのですが、風呂敷の包み方をいろいろ勉強して、ショルダー風にしたりとか手提げ風にしたり、いろいろ試してみてます。ホント便利!

この風呂敷のツリーは、折りたためばコンパクトというところが注目されて、普段マイバッグを持ち歩かない男性陣も絶賛でした。ここから色んないわしで、風呂敷の活用が盛り上がりました。


◆イエコト・ミシュラン#002「イエにあると便利な折りたたみ式のモノ」

id:Oreganoさん「風呂敷です!!」

http://q.hatena.ne.jp/1195447672/126905/

コンパクトに畳めて泥棒さんにも最適(笑)。


◆“リブ・ラブ・サプリ?FORTUNE”#036「包む・結ぶ」

id:iijimanさん「旅行荷物、服を風呂敷に包んで圧縮」

http://q.hatena.ne.jp/1247633703/225145/

かさばる衣服などを風呂敷に包んで圧縮。鞄の中で衣類が散らばるのも防げて靴下の一方が行方不明なんていうことも防げる旅慣れた人の技。


id:iijimanさん「風呂敷に包んでお中元を届ける・・・やってみたい」

http://q.hatena.ne.jp/1247633703/225034/

こっちでは弁護士さんがかさばる裁判資料を風呂敷に包んで便利に使っている話題から(id:kumonoyouniさん)、一家に一風呂敷一生運動(id:fwapさん)のよびかけまで、風呂敷談義で大盛り上がり。


そして極めつけはこれですよね。

◆夏休みスペシャル“エコ・ルポ”「あなたが計画・実践・体験したエコ・アクション」

id:TomCatさん「仲間内で風呂敷普及キャンペーン実施・ポイントは風呂敷のサイズにあり」

http://q.hatena.ne.jp/1219380594/181096/

1人が使用するレジ袋は、なんと年間約230枚にも及ぶそうです。そりゃそうですね。スーパーで、コンビニで、ほぼ毎日、レジ袋を手にしない日はありません。しかしレジ袋の原料は石油資源です。1枚のレジ袋に消費される石油資源は、原料と製造に要するエネルギーを合わせておよそ18.3ml。これだけのガソリンがあれば、燃費のいい車なら500mは走るでしょう。つまり、省エネだ、温暖化防止だと徒歩や自転車で買い物に行っても、レジ袋を数枚もらえば、もう車で買い物に行ってレジ袋は要りませんと言って帰ってくるのと同じことになってしまうわけです。

ほぇぇぇ。レジ袋1枚に使われる石油で、燃費のいい車なら500mは走る!原付なら何キロ走れるでしょう。

そこで風呂敷をエコバッグとして使おう仲間内キャンペーンです。風呂敷なら畳んで持ち運べますから、仕事帰りに買い物をしたい勤め人にもピッタリです。

キャンペーンに先立ち、エコバッグとして使う風呂敷の最適なサイズを考えてみました。スーパーのカゴの中に風呂敷を広げ、そこに買った物を入れ、結んでカゴから出して持ち帰る。この動作を何度か実際に買い物をして試してみた結果、最適な大きさは二四巾(約90cm角)という結論に達しました。

これで私も目が覚めました。実はこの投稿がある前から風呂敷を使い始めていたんですが、家事としての買い物はかさばる物が多いですから、ちょっと風呂敷じゃ小さいなぁと思っていたんです。包むには十分なんですが、レジ袋の便利さであるたっぷりした持ち手が確保しにくいのが、風呂敷の欠点だなぁと思っていました。でも風呂敷にも色んなサイズがあるんだと知って、これは目からうろこ。

おかーさーん、おっきい風呂敷ないの?と聞いたら、あるんじゃないかなと探してくれたのが、紅白のおめでたい風呂敷でした。ほんの20年前は引出物っていったらこういう風呂敷に包むのが普通で、どこの家の引き出しにも5?6枚はストックがあったものよとのこと。その中にありました、約90cm角。


畳んでみました。畳んでしまえば、サイズの小さな風呂敷とほとんど変わりません。大きさは、フワッとしている状態で札入れの財布程度。これならポケットに入れても楽々です。

f:id:MINT:20091110144319j:image:w450

これで私のお買い物ライフがとても便利になりました。包み方もとても簡単なんですよ。ネットを調べると色々な包み方の例が見つかりますが、一番簡単なのは、隣り合わせの角同士を結んでしまうこと。

f:id:MINT:20091110144316j:image:w450

お分かりでしょうか。普通の風呂敷包みは対角線上の角同士を結び合わせますが、マイバッグにする時には、隣り合った角同士を結び合わせて袋状にするんです。

f:id:MINT:20091110144315j:image

あとは、結び目同士を合わせて持つだけ。手の出演は弟です(笑)。

レジ袋に比べて持つ所がふんわりソフトなので、重い物でも楽々。レジ袋の持ち手にハンカチを巻いて持っている人がいますが、風呂敷ならそんなことしなくても手が痛くなりません。

また、レジ袋は箱の角などで破れやすいですが、風呂敷ならそんなことありませんから、この耐久性もうれしいですね。

f:id:MINT:20091110144313j:image

片方の結んだ輪の中にもう一方をくぐらせると、こんな感じ。腕に下げて使いたい時にこうします。


風呂敷の便利さがわかったので、私も風呂敷普及キャンペーンをすることにしました。千代紙みたいなかわいい猫模様の布があったので、それを使って手製の風呂敷を作って友だちにプレゼント。大きな布はきれいに畳むのが大変なので、ざっくり畳んでつっこめば見栄えよくまとまる専用袋も作って添えてみました。

風呂敷、もっと流行らないかなぁ。一度使ってみると、マイバッグより便利な点がたくさん見つかります。見かけが古くさい、かっこよくないと思う人もいるかもしれませんが、逆にそれを個性として生かしていったらすてきだと思うんです。むしろこれからの若い女子は、奥様スタイルとして定着しはじめたマイバッグより、個性的な風呂敷じゃないかなぁと思います。


風呂敷は、部屋をすてきに変身させるインテリアとしても使い道が広いですし、コレクションしたくなるようなすてきな物がたくさんあります。忘れかけていた、というより、そういうものに接することなく育ってきた私に和の美と知恵と文化を教えてくれた風呂敷に、いえ、そのことを教えてくれたイエはてなファミリーの皆さんに、本当に感謝しています。


[92]>44 幸せってナンだろう aekie

定番サプリであろうとなかろうと、ノラネコを守ることは生活するマチが安定になりますし、ゴミ問題も少なくなると思います。

それに、ネコ自身の幸せにもなると信じたい。誰しもが人間中心の生活を考えてしまう。それは仕方のないことなのでしょうが、

捨て犬や捨て猫、捨てペットの問題を解決できるためにも、生活やイエを見直す必要があるでしょうね。


[93]>72 「ものを捨てる」ことを連休の行事に aekie

掃除は当たり前のようにしていますが、掃除に関するアイデア・ルポの数々。

nakki1342さんの「モノを捨てる」といういわしは今後のシルバーウィークなどの大型連休の行事として定番化させたいものです。

tibitoraさんの「いるものといらないものを分ける」ことがwacmさんの「スペースづくりに」つながるわけですからね。

簡単なことですが、快適なイエライフを送るためにも、今後とも続けて欲しいテーマの一つであります。


[94]>65 お風呂の時間 aekie

コメントを楽しく読んでいたとき、toku4sr4agentさんの「入浴剤の色を変える」といういわしが気に入っています。

これに続くいわしの多さ!きっと、手軽にできるイエライフ・いい生活を実現することが幸せへの第一歩ですからね。

入浴剤のおみやげとして紹介しているttzさんの「草津」、akilanoikinukiさんの「湯布院」どちらも温泉どころです。

ゆず湯も楽しい、入浴剤ででも楽しめる。お風呂で楽しめる時間も大切ですね。疲れをすっきり取り去りたいです。


[95]>74 素朴な野菜の力と収穫に感謝 aekie

ThinkerBellさんの写真の数々!これは素晴らしいです。何よりも説得力あります。

勝手ながら、最近のテーマにありましたハザマさんの「今年の我が家のハロウィンは、カボチャ祭り!」は印象的でした。

簡単なハロウィンにもお祭りの準備を考えると1年間のタイム・スパンで考えないとできない。収穫の感謝を捧げるのに準備が必要なんです。

しかし、収穫に感謝して毎日を生活として過ごすことのできる、植物や栽培技術の素朴なパワーには驚かされるばかりです。

プランターの植物だけでなく、更地や空き地、休耕田など農業に視点を与えてくれるテーマの多くに感謝です。


[96]>75 ついでに風間さんじゃありません。 choco-latte

ハザマさんですよ。

それにイエはてなは決して本づくりのための書き込みではありません。

ココで集まった、素敵なサプリをいろんな人へ伝えるためのアウトプットの手段として、たまたま本もあるということです。

本以外でも、姉妹サイト?の方でもエコサプリが展開されていました。

またポイントが入ってこないとのことですが、コメントをしたから必ずもらえるというものでもありません。現在は、内容が薄いものや、ひとことレスなどにはポイントが付かないようになっていると説明が何度もされていますよ。

最近つまらないとか、しばらく参加しないとか前に書いて

いらっしゃいましたが、少し見方を変えてみてはいかがですか?

たしかにテーマは前にもあったなぁって思うものがあったりもしますが、

新しい人が加わることによって話が違う方向に広がったりもしますよ。


[97]100年後の子孫へ、タイムカプセルを埋めるとしたら何を入れる? lepremierpas

「子孫に生まれてきてくれてありがとうの手紙を送りたい」by id:fumie15

http://q.hatena.ne.jp/1177303428/89360/#i89360

この地球に生まれてきてくれてありがとう。

これから100年間の間に少しでも住みよい地球にするから。地球を継いでくれてありがとうの手紙を送りたいです

親から子、子から子へ・・・

命が引き継がれているんですよね。

自分の子孫はさぁどんなものだろう?

そう想像するだけでも思いも出来ぬ未来です。

タイムカプセルを埋めたことがないので、このツリーにはワクワクドキドキ。

自分の子孫を想像して、自分の心の中だけの願いを込めました


[98]野菜レシピの奥深さ Lady_Cinnamon

イエはてなに出会って多くのイエコトを学んできましたが、特に感化されたのが野菜や食のテーマでした。私はちょうど『リブ・ラブ・サプリ―今日できるいいコト、365日暮らしのサプリ』の発刊直前から参加させていただいているので、最初のサプリは本や過去のいわしを閲覧して、自分の知らないサプリを再発見させてもらっています。

さてサプリ本でも既出ですが、id:momokuri3さんの『週に一回完全菜食キャンペーン』にとても惹かれました。

http://q.hatena.ne.jp/1171429627/72823/#i72823

ベジタリアンではありませんが、断食健康法と似たような原理で、完全に植物性の食事だけで過ごす日を作るといいと聞いて実行しています。

昼食が外食になる平日は難しいので主に土曜日になりますが、この日は食事以外にも、牛乳も豆乳に変えたりして、極力動物質の物を避けます。

そのかわり、冬なら芋を焼いたり、夏ならトウモロコシを茹でたりして楽しみます。べつにダイエットをしているわけではないので、美味しい物は腹一杯いただきます。

週一度の完全菜食は体にいいようで、特にお通じがとてもよくなった気がします。

といっても、私の記憶力では完全菜食の1日を送るのは、ちょっと物忘れをしそうなので、野菜レシピを充実させれたらもっと素敵な食卓になるのではないかと、野菜レシピについて注目するようになりました。

そんな中、我が家で格別にヒットしたのが2つあります。“イエコト・ミシュラン” #012 「生の美味しさを活かす!ベジタブルメニュー」を教えて下さいでの、id:CandyPotさんの『夏においしいフレッシュな生野菜カレー』 http://q.hatena.ne.jp/1210567743/163992/#i163992

そして“リブ・ラブ・サプリ?SEASON” #012 「初夏の味覚」より、id:vivisanさん(とid:hanatomiさん)ご紹介の『紫蘇ジュース』でした http://q.hatena.ne.jp/1211950505/166273/#i166273(いわしでは『梅ジュース』のタイトルで、ダイアリーにて紫蘇ジュースの作り方が紹介されています)。特に紫蘇ジュースは、紫蘇から自宅で栽培するようになったので、フードマイレージを微量ながら短縮もできましたし、エコな庭生活を広げるきっかけにもなりました。

<生野菜カレー>

<紫蘇ジュース>

ちなみにカレーに関しては、様々なテーマで話題になりましたね。例えば“イエコト・ミシュラン” #016 「インスタント食材を活かす!デリシャスレシピ」を教えて下さいでは、id:teionsinonomeさんの『レトルトカレーでカレードリア』 http://q.hatena.ne.jp/1215406101/174030/#i174030。また、“イエコト・ミシュラン” #024 「子供も大人も!食べ物の好き嫌いをつくらない&なくすアイデア」を教えて下さいでは、id:tibitoraさんの『カレーに入れてみる 』で、甥子さんとのやり取りも紹介されました http://q.hatena.ne.jp/1226292753/191621/#i191621

レトルトカレーで簡単に野菜入りドリアにもできるし、手作りカレーは好き嫌いをなくすメニューにうってつけの上、先程の生野菜カレーも栄養バランスを整えトッピングで楽しめるレシピでもあります。リブ・ラブ・サプリ #037 「健康食」のテーマで、id:shimarakkyoさんが『カレーって、実は究極の健康食?』 http://q.hatena.ne.jp/1187758044/111402/#i111402 と紹介されていますが、健康食だけでなく万能食でもありますね。

話は少し脱線しますが、他の食材の調理時に使えるワンポイントアドバイスなども、イエはてなでたくさん学びました。イエコト・ミシュラン#008 「100円レシピ大集合!ローコストアイデア」を教えて下さいでは、id:TomCatさんの『さっぱり鶏唐揚げ丼定食』から鶏肉を美味しくするアイデアを拝借。これはとっても役に立っていますよ、もちろんカレー肉としても(笑)。

http://q.hatena.ne.jp/1205124718/150021/#i150021

皮を取り除いた鶏肉は一口大に切ってポリ袋に入れ、酒・醤油それぞれ大さじ1/2、おろし生姜少々、にがり1滴を振りかけて揉み込み、30分そのまま寝かせておきます。にがりを1滴加えるのは、鶏肉をジューシーにするおまじないです。これで安いパサパサの鶏肉も美味しく変身。にがりはその名の通り苦いので、加えすぎないように注意してください。1滴です、1滴。

また、“リブ・ラブ・サプリ?SEASON” #031 「春野菜を楽しむ」からも、健康的であり旬の野菜を楽しむレシピの一つピックアップ。id:TinkerBellさんの『冬のキャベツと違う!春キャベツのトクベツを味わいましょう』は、本来の回鍋肉と見た目はさほど変わらないのに、とってもあっさりして美味しかったです。ヘルシーライフにこだわる方は、ぜひぜひお勧めです。

http://q.hatena.ne.jp/1239771316/213584/#i213584

春キャベツの「トクベツ」を生かした回鍋肉もご紹介してみましょう。

回鍋肉に使う野菜は油で揚げますが、

ここでは春キャベツの「トクベツ」を生かすために茹でて和えることにします。

それに、ここでは同じツリーでid:watenaさんが『「クッキンアイドル アイ!マイ!まいん!」でも 』で新キャベツレシピを紹介してくれました。ホットプレートで試しましたが、これも手軽にできて面白味もありました。

http://q.hatena.ne.jp/1239771316/213584/#i213776

具体的にはホットケーキの生地を作り、そこにお好み焼きよろしく春キャベツを混ぜる。ただし柔らかさが特徴の春キャベツなので千切りなどにはせず手でちぎって入れる。これをホットプレートで押しつけながら薄く焼き、できあがったキャベツ入りパンケーキにハムやスライスチーズを挟みながら何層にも重ねていくという内容でした。

ここまでは試した野菜レシピなのですが、まだまだイエはてなのいわしの中には、試してみたいレシピがいっぱい!

“リブ・ラブ・サプリ?SEASON” #021 「根菜を楽しむ」の『カボチャをまるごとつかったチーズフォンデュ』(id:vivisanさん)http://q.hatena.ne.jp/1225258034/190694/#i190694。カボチャを器に使ったお洒落な野菜レシピ。ボリューム感もあるので、まだ尻込みしています(汗)。

"イエコト・ミシュラン" #037 「コレが美味しさの秘訣!我が家自慢の漬け物レシピコンテスト」の『熟成麹が旨味の秘密、三五八(さごはち)』(id:Oreganoさん)http://q.hatena.ne.jp/1244436908/220163/#i220163。糠みそや浅漬けとは違い、麹を使った伝統のお漬物。お漬物ビギナーには難しそうですが、いつかチャレンジしたい逸品。

"イエコト・ミシュラン" #044 「美味しい、ヘルシー!野菜スイーツレシピ・コンテスト」の『天然オリゴ糖がお腹に優しい、ヤーコンのハチミツコンポート』(id:Fuelさん)http://q.hatena.ne.jp/1254113424/235390/#i235390。ヤーコンについても詳しい解説があり、電子レンジで簡単に作れるところが魅力の野菜スイーツ!そうだ、ちょうど11月の今が旬のお野菜ですから、これはすぐにでも試せますね♪

挙げればきりがありませんが、最後に我が家でも定着させたい野菜レシピで〆ようと思います。サプリ本1月1日に掲載され、イエ・ルポ #006 「我が家ならでは!の年末年始行事」を教えて下さいに投稿された、『新春初の膳は塩だけで味を付けた大根汁』(id:TomCatさん)http://q.hatena.ne.jp/1166160369/61691/#i61691。サプリ本では大根汁のみ掲載されていましたが、いわしを紐解くと干し大根や白菜の話題で大盛り上がり。

こんなツリーの盛り上がり方を見ると、楽しくて嬉しくて、年月がたっても忘れようにも忘れはしないでしょうね。これからも盛り上げていって、イエはてなのいわしにマイスターツリーがたくさん出来ることを願います。


[99]>98 レシピ eiyan

レシピ通りにする必要はないですね。

自分の工夫、感受性により文案するにも良いですね。

それが自分のオリジナルセオリーなのですね。


[100]>98 手作りレシピ☆ hanatomi

うわぁ。Lady_Cinnamonさん、コメント有難うございます。

紫蘇ジュースのところで名前を出していただきました。

今年も、作りました、紫蘇ジュース。

今年はさらにアレンジして、酢を入れる代わりに、近くの木で取れたかんきつ類を絞って入れました。

さわやかな感じで色がもっと明るくて綺麗で、さらにエコな感じで美味しかったですよw。

それから、紫蘇を栽培すると、紫蘇の実がなるのですが、しごいて取って、軽く湯がいて、塩漬けにすると美味しいです。

お茶漬けにも、納豆にもあいます。チャーハンに入れても色が綺麗、お試しを☆

、『新春初の膳は塩だけで味を付けた大根汁』(id:TomCatさん)http://q.hatena.ne.jp/1166160369/61691/#i61691

は私もものすごく心に残っています。

もちろん自分でもトライしてみました。

甘くて美味しいですよね、大根。

いろいろ載せていただいて↑とっても懐かしく楽しめました☆

ありがとうございました。


[101]>63 秘伝 eiyan

それぞれのそれぞれの味はありますね。

作り方や保存法でも変わりますね。

オリジナル秘伝レシピを作りたいですね。


[102]>89 メロデー eiyan

メロデーは心の故郷。

いくつになっても何処に行っても心の故郷は変わらないですね。

メロデーってとっても素敵ですね。


[103]>91 風呂敷 eiyan

風呂敷は日本の古風な包み紙。

袋にもなるし紐にもなる。

子供を運ぶ安全袋、ものを運ぶ運搬袋、家具や品物を引っ張る牽引紐。

日本が発明した万能包み。

レジ袋が有料の流行に風呂敷は助け船ですね。


[104]>97 タイムカプセル eiyan

自分の存在を未来に残すタイムカプセルは夢のある企て。

何を入れておくのかはその時の気分次第。

それでも自分のお骨を入れる仕草は大切ですね。


[105]>87 超エコロジー hanatomi

素晴らしいです。手帳にも、うらがみを使うと、惜しみなく、大活躍できます。

売っている手帳だと紐が取れるのでメモして渡しにくかったり、

色々書式的な書き込みがあったりするのですが、これなら安心。

素晴らしいです


[106]>94 柑橘 hanatomi

ゆずゆ、大好きです。

ゆずでなくても、柑橘のお風呂はいい香りがして、浮いている実を触ると、楽しい気持ちになりますね。

みかん類の実なら、どれもお風呂に入れると楽しいですよね。


[107]>92 動物の助け方と、昆虫の助け方。 hanatomi

動物の助け方、とても勉強になりました。

私は、探して見つからなかったのですが、

昆虫の付き合い方を以前どこかで読んだのを覚えています。

(はてなで)見つけられなくてすいません。

それから、皆さんの、ものとの付き合い方も、大切にしていて暖かくてとても学びになります。


[108]>95 このムニムニ草は黄麗かも? Lady_Cinnamon

みなさん、こんばんは。ミステリープランターの話題もとっても良かったですよね。うちは一戸建てなので、庭にモサモサ雑草が生えます。どこから来たのか、球根性のはずの、ノビルやらムカゴまで収穫できるくらいです。

ミステリープランターは、お庭のないマンションなどにお住まいの方にとって、プランターで雑草観察が楽しめる方法ですよね。それに、外に雑草探しに行くのも楽しいピクニック気分になります。ちょっとした宝物さがしの冒険気分。

さて、ちょっと気になったのですが、写真のむにむに草。うちのサボテン(多肉植物セダム属)に似ています。黄麗(おうれい)というサボテンなんですが、見比べてみてどうでしょうか?

写真サイトのほうが見やすいかな?

http://photozou.jp/photo/show/229492/18936127

黄麗は多肉植物ということで、育ててみると思った以上に水を吸います。乾燥にも強いんですが、プランターで育てる場合は土が多めでないと保湿力が低下するので、乾燥で茎が木のように硬くなってしまうんですよ(失敗談)。

ちなみに失敗したプランターと黄麗サイズの目安は、私の写真の赤いプランターの大きな黄麗の方で、株分けしてなんとか今のサイズを保っています。でも伸びるのも早いので、茎の途中から根が出てきたら、また株分けすると思います(・▽・>

ただ、雑草(ムニムニ草)として黄麗が点在している場所があったら、その草原は貴重な場所な気がします・・・(う?ん)。


[109]>76 動けないとき、つらいときの心のよりどころ hanatomi

ちょうど今読んでいた本がこの本でした。

車椅子父さんの絵日記

車椅子父さんの絵日記

車椅子父さんの絵日記

  • 作者: 飯田 史彦 伊藤 英樹
  • 出版社/メーカー: PHP研究所
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)

動けないとき、未来が見えないとき、つらいとき。

心の居場所がある。

どんなに支えかと思います。

fumie15さん、いろんな人生を過ごされてきたんですね、読んで涙があふれて泣きそうになりました。私も、とてもいえはてなには、心のオアシスとして、いつも栄養補給をしてもらいました。

大切な場所です。

様々な人生をそれぞれの人が過ごしながら、共に走る仲間がいるのを感じられるような。

私も、ハザマさん、参加してこの場を作られている皆さん、三井住友レジデンシャルさんに心からありがとうございます です。


[110]カーボンニュートラルな灯りで夜を楽しむ Oregano

地球環境のことにひときわ敏感な人たちが集うイエはてなですから、キャンドルナイトの話題もたくさん出てきました。中でもすばらしかったのは、こちらのツリーでした。

■ 冬至の夜は《灯明ナイト》

by id:momokuri3

http://q.hatena.ne.jp/1229489225/197076/#i197076


各地でキャンドルナイトのイベントが始まり、去年イエはてなでも呼びかけられた使い古しの天ぷら油を利用した“エコキャンドル”が脚光を浴びています。

廃油利用のキャンドルがなぜエコなのか。それは単純に廃油が有効活用できることだけにとどまりません。植物油は未来永劫にわたって生産可能な枯渇しないエネルギーであること。そして燃焼時に排出される二酸化炭素のかなりの量が、植物が空気中から取り込む二酸化炭素であらかじめ相殺されているという点も見逃せません。

そこで、キャンドルナイトを楽しむならエコキャンドルでと自作を始めようとしたのですが、そこでハタと考えました。日本にはお皿に油を差して火を付ける灯明があったではないか、二宮金次郎も菜種を育てて油と交換してもらい、その明かりで本を読んでいたではないかと。

そこでさっそく灯明の実験をしてみました。用意するのは、ティーカップのソーサーくらいの大きさのお皿と、それより小さな小皿です。こちらの写真にあるように、灯明皿というのは二枚重ねて使用するのです。

http://www.chiba-muse.or.jp/OTONE/dougu/dougu2_316.htm

(...)

■ 夏至のキャンドルナイトにはカーボンニュートラルなキャンドルを

by id:Fuel

http://q.hatena.ne.jp/1244609590/220481/#i220481


(...)

最近、カーボンニュートラル、あるいはカーボンナチュラルといった言葉をよく耳にします。たとえば木材を燃やした時、そこで排出されるCO2の炭素は 100%光合成で得られた物ですから、木を育てて薪にして燃やすという行為の中ではCO2は増えません。排出はしていますが、光合成による炭素の吸収と相殺されますから、プラスマイナスゼロなのです。これがカーボンニュートラルです。

これに対して、石油などの化石燃料に含まれる炭素は、推定百万年以上前に地底深く閉じこめられた物ですから、現代においてこれを燃やすということは、百万年前の炭素を時空を超えてバラ撒くことになります。これが地球温暖化の主役になっているCO2問題の核心です。

(...)

その前にも、

■ 100万人のキャンドルナイト

by id:vivisan


(...)

なんちゃって行灯があるので、はじめてだけど、行灯に火を灯してみようかな?

なんて考えています。

ついでに和ろうそくにしてみよう!

私だけにおもいっきり和ですが・・・w

こういう機会がなければ行灯をともしてみよう!なんて思わなかったかもしれないです。

微々たるものだと思うけど・・少しだけでもエコになればいいなぁ。

http://www.candle-night.org/

与那国島では

by id:TomCat


食堂でバイトする二十歳代の女性が、食堂で使い古した油を原料にして数百本の蝋燭を作って、今まさに地域住民の皆さんに配っている最中だそうですよ。今ラジオ出演していました。環境の保護と平和を願って町中でともすのだそうです。夜8時になったら、役場が放送を入れてくれるとも言っていました。

私も今夜、環境と平和のための祈りを込めて、キャンドルナイトを実施します。私も一人の部屋でやりますが、心はみんな、ひとつながりですよね。ご一緒に蝋燭のあかりを楽しみましょう(^-^)

こういった書き込みに接して和蝋燭の良さにひかれたり、実際に廃油ローソク作りにもチャレンジしてみたりしていたのですが、

http://q.hatena.ne.jp/1183005936/101171/#i101171

カーボンニュートラルという意義には気付けずにいました。そんな私の目をパチッと開かせてくれたイエはてな一家の皆さんの博識はさすがです。

こうしたことを知ってからというもの、特別な夜でなくても、積極的にキャンドルの灯りで夜を楽しむようになりました。キャンドルは、手作りの廃油キャンドルのほか、和蝋燭や蜜蝋のキャンドルなど、色々試しています。

特に蜜蝋はいいですね。純粋な蜜蝋は寒さに当てると表面が粉を吹いたようになることがありますが、これは劣化ではないので、実用上の問題はありません。

和蝋燭もいいですね。芯の形状が独特ですから、炎がとても美しいんです。vivisanさんが和蝋燭にしようとおっしゃっていた理由が理解出来ました。和蝋燭と洋ロウソクの違いは、行灯の中に入れてもわかりますね。


さて、そんなカーボンニュートラルな灯りに目覚めた私は、先日、百円ショップでいい物を見つけてしまいました。一人用の土鍋に使う、小さな小さな卓上コンロです。中に固形燃料などを入れて卓上で燃やす道具ですから、これをキャンドルカバーに使えば安全!さっそく買ってきて試してみることにしました。使うキャンドルは、

http://item.rakuten.co.jp/r-3/ps-063638-00/

こういうキャンドルの使い古しの金属カップに芯を立て、蜜蝋を流し込んで作りました。こういうキャンドルのカップは何度でも使えるので、捨てずにとっておきましょう。

火を付けるとこんな感じになりました。どうです?素敵でしょう。

f:id:Oregano:20091110202203j:image:w400


続いては、内側の器に植物油を注いで、灯明にしてみました。

f:id:Oregano:20091110202200j:image:w400

本当は芯がずり落ちたりしないように、アルミホイルで支えを付けて使っていますが、ここでは写真を撮る都合上、それは外してあります。皆さんがやってみる場合は、うまい芯の支えを工夫してください。炎の大きさは、アルミホイルの支えから出す芯の長さで調節します。

ここで使っている油はサラダオイルです。燃やすとちょっと臭いが気になったので、バニラのエッセンシャルオイルを添加してみようと思ったら、精油といってもかなりエタノールが含まれているようで、油と混ざりませんでした。精油成分自体は油に溶けるはずなので、最初に器にエッセンシャルオイルを垂らしてエタノールを揮発させた後に油を注げばいいのかなと考えています。今度実験してみます。


エッセンシャルオイルで気が付いて、これを簡易アロマポットにしてみました。

f:id:Oregano:20091110202159j:image:w400

実際にはこの皿の中に水を入れ、そこにお猪口のような器を置いて、その中にエッセンシャルオイルを入れてやります。つまり湯煎状態ですね。間違っても上皿に直接エッセンシャルオイルを入れないこと。また、エッセンシャルオイルには、前述のような多量のエタノールが含まれている物は使えません。


最後に、このツリーをご紹介しておきたいと思います。"イエコト・ミシュラン" #040 THEME:「私たちのイエからエコロジー!暮らしのCO2削減アイデアコンテスト」の中のツリーです。

■ 家族揃ってのキャンドル・ディナーで、目指せ樹齢50年の大木2本分

by id:momokuri3


毎晩がキャンドル・ナイト。家族揃っての夕食は、電灯もテレビも消してローソクの灯り。これで樹齢50年の杉の木2本が吸収する以上の二酸化炭素削減効果が狙えます。

キャンドルはもちろん使うカーボン・ニュートラルなロウ、つまり空気中の二酸化炭素が植物の光合成によってロウになった物を使います。これで照明用のエネルギーから出る二酸化炭素はプラスマイナスゼロとなり、電灯を消した分の二酸化炭素が丸々節減できます。

(...)

このあとに綿密な計算がなされ、日本全国の1割が家族揃って毎日1時間のキャンドル・ディナーを楽しむだけで(あるいは日本中の家庭が10日に1度でも同じですね)、樹齢50年の杉が並ぶ森が東京ドーム2889個分あるのと同じ二酸化炭素削減効果があると結論づけています。

政府は温室効果ガスの削減について、2020年までに1990年比マイナス25%を目指す目標を立てました。そんなの無理だとか、家計に負担がかかるなどの反対論も多いですが、私はチャレンジしてみる価値があると思っています。

少なくとも家庭から排出される分は、暮らしの楽しみ方を大胆に変えていくことで、達成可能な数字だと思っています。節約とも我慢とも違う新しい楽しみの発見と創出は、新エネルギーの開発にも匹敵するCO2削減効果を可能にすると思います。もちろん1時間のキャンドル・ディナーだけでその目標が達成出来るものではありませんが、こういう発想を多角的に応用していくことで、きっと大きな効果が上げられると思います。IECOTO Practiceで家庭から排出される分は目標達成!そのあかつきには、ハザマさんに国連で演説をしていただきましょう。ビバ、イエコトニッポン。


[111]>105 文房具の自作 Lady_Cinnamon

Fuelさん、IDコールありがとうございました(*^▽^*)私の書き込みが、少しでもお役に立っていると知り、とてもうれしく思います。

私は文房具好きで手帳や付箋など、毎年こだわって選んでいるタイプです。一方で雑記帳用のスクラップブックのようなものは、大雑把なところもありますが手作りで済ましています。作る楽しみと、それを埋めていく楽しみがあります。

Fuelさんの手帳、とても丁寧に作られていますし、きっと頻繁に中身も変えてらっしゃるのでしょうね。それだけ沢山のモノゴトを記録するというのは、未来への素敵な言葉の投資だと思います。


[112]>103 風呂敷 kinnoji7

最近は風呂敷というものをあまり見かけなくなりました。私自身も風呂敷を利用したことがありませんね。日本の風情の一つですから1度は利用してみたいですね。


[113]>112 風呂敷 powdersnow

布一枚で、大抵の物を包めてしまうというのは、非常に面白く美しいですよね。

一升瓶2本を風呂敷包みでお土産持参……なんていうのは、一度はやってみたいシチュエーションです。

ただ包むだけではなく、内側の形に合った形で、外側から見ても綺麗にという技術は、素晴らしい技だと思いました。


[114]「ゴールデンウィークに」 lepremierpas

「GWは、歩きます」by id:momokuri3

昔の旅人は、一日何理を歩いたのでしょう。とりあえず握り飯を持って出かけます。公園を見つけたら、谷間に湧き出る岩清水を見つけた気持ちになって、水を一杯いただきましょう。あてのないぶらり旅ですから、あまり事前にルートを調べたりしない方が楽しそうです。どこに出るかわからない、知らない裏道を選んで歩いてみようと思います。日がとっぷりと暮れたら、旅籠を探すかわりに駅を探して、帰りは電車で帰ります。

行き先がどこかわからないミステリーツアーの楽しみも入れて、ささやかなタイムスリップ体験の歩く旅(もどき)を、GWに決行してみようと思います。

イエはてなでは度々皆さんから出てくる、歩くという動作。

公共機関や、自転車、車を使うことが多くなった今では歩くことをしない人が増えています。

イエはてなの書き込みでウォーキングが出てくることにより、歩くことへの意識が高まりました。


[115]>113 風呂敷 tibitora

風呂敷はいろんな形のものを包むことができて、小さく折りたたんで持ち運べるので便利ですよね。

ポケットに入れておくと急に買う物を思い出したり何かの用事ができたときにも便利だと思います^^

かわいい動物柄や渋い色、干支の風呂敷もあってこの十二支がくるっと輪になっているのがとてもかわいいです(^^*

http://item.rakuten.co.jp/furoshikiya/10000775/

プーさんやミッキーもありました、こんなかわいい風呂敷なら子供も喜んで使ってくれるかもしれませんね^^

http://item.rakuten.co.jp/hotya/efpo11/

落ち葉とプーさん^^

http://item.rakuten.co.jp/hotya/047-407-dmm_d503/

ミッキーとミニーがかまくらに入っていてかわいいです^^


ふと動物みたいな形に包むことはできるのかなと思って調べてみましたらこんな「ウサギみかん」がありました。

http://www.bell-a.com/works/index_6.html

みかんを包んだ風呂敷のきゅっと結んだところがうさぎの耳みたいになっていてなんだかかわいいです^^

「ボトル姫」とかもあって、ほんとにいろんな包み方があるんだなあと思いました。


[116]>115 「包む」ことを残したい fwap

MINT さん、id コールありがとうございます。風呂敷の大切さに共感していただくとうれしいです。

風呂敷包みは、優雅さを物品に与えるだけでなく、軽やかさやカバーやケースにはない温かさがあります。

特に、パソコンやデジタルカメラではケースに入れておくと、湿気対策が後回しになってしまいます。

それが、風呂敷ですと簡単に包むだけでできる。「包む」ことの動作や機能的な動きをマスターしたいとご紹介して下さったいわしで感じました。


特に、iijiman さんの「旅行荷物、服を風呂敷に包んで圧縮」では、参考になりました。衣類やタオルは風呂敷包みにするようになりました。

もっと、デザインや染め物に凝った風呂敷を現在は探しているところです!私事で恐縮ですが、再度「一家に一風呂敷一生運動」を呼びかけて、結語とさせていただきます。


[117]>116 風呂敷 r-zone

風呂敷 って使い道が無いと思ってましたが色々な使い方があるんですね。

また店頭でも探してみると結構普段にでも使えそうな柄が増えてるんですよね。

新たに風呂敷ブームでもきそうな感じです。


[118]>99 レシピ r-zone

いろいろな方のレシピが見られるのはとても勉強にもなるし

え!?こんな使い方が?なんて発見も珍しくありません。


[119]>111 いわし金言をはてな手帖の一日一言に fwap

Lady_Cinnamon さん、ようやく id コールというものが分かりました。メールを検索してみると、以前「竹垣」のところでコールをわざわざして下さったにもかかわらず、返事をすることができずに申し訳ありません。当時は、機能が分からなかったので、そのままメールを保存箱に入れてしまいました。これからは id コールされるだけの提案をもっとできるように日夜仕事を兼ねた勉強をしていきます。

ことのは手帖」はうれしい提案でした。スクラップブックを作っていた私たち夫婦にとってはありがたい提案です。

短歌コーナーや、経営者や哲学者の金言、それに書評欄ですかね。私の大切にしているものを、言葉として、文字として取り込める楽しい機会です。

ゆくゆくはイエはてなもインターネットの世界から飛び出すときには、本だけでなく手帖として、これまでのいわしを取り上げて、さりげなく一日一言のコーナーとして置いてみるといいでしょう。


[120]>110 豆炭ストーブや七輪の有効活用?贅沢とエコの両立? fwap

momokuri3 さんのキャンドルの提案、それに続く数々の光のいわしは私には全くないものだったので悲しい反面、家族にとってうれしいものでした。

カーボンニュートラルに注目したのは、昨今の異常気象。私の住む所でも、河川の増水や高温化に伴う動植物の生態系の崩壊の端緒などが見受けられます。

中でも一番感心させられたいわしは毎回ですが、TomCat さんの「炭でカーボンニュートラル化キッチン計画!!」です。

豆炭ストーブや七輪など、イエに置くようになりました。老夫婦2人ですと量を食べなくなる代わりに贅沢を追求。

フィレ肉を七輪で焼いたときには香ばしく、油も下に落ちてヘルシー、そしてエコ。注目は、豆炭ストーブです。


[121]>118 レシピの勉強、メニューが増える fwap

私も40過ぎた辺りから野菜食に関心を持ち始めるようになりましたね。若い頃はラーメンにチャーハンなど、いまから振り返ると暴飲暴食の数々。お酒もたくさん飲みました。

有機野菜や無農薬野菜が世間にようやく知れ渡った頃、野菜レシピの提案がイエに現れてうれしい気持ちになりましたね。なにせ、夫の実家は農家ですから。

TomCat さんの『さっぱり鶏唐揚げ丼定食』いいですよね。さっぱりした味付けがメインの我が家では大助かりなレシピ。さっぱり味の品目が増えることはありがたいことです。

ですが、momokuri3 さんの提案に感心させられた『週に一回完全菜食キャンペーン』。私たちのイエでは気が向いたときだけ、菜食あるいは何も食べないと言うことを日課にしています。


振り返ってみると、素晴らしい提案が私の力の入れている「食」だけで数多くあります。もっと、みなさんの為になるようないわしを一つでも多く作ることができたらと思います。せっかくですし、写真も載っけたいです。


[122]>108 植物の生命力を感じました?プロチュアの精神で!イエの木が大きくなーれ? fwap

Lady_Cinnamon さん、ミステリープランターの話題よかったですよね。プランターに植物の力強さを感じることができることってペットを飼うのと同じくらいの感動が秘められているんじゃないかと驚嘆したほどです。お金もかからないですし、イエらしい愛着を感じさせます。


YuzuPON さんの植物の生命力あふれる写真に、植物や樹木に関心ある私はうれしくてたまりません。

#006 THEME:「植物・グリーン」も #007 THEME:「ベランダ・庭にて」もいずれも私が「イエはてな」を知る前!

みなさんのいわしの数々をおととい、昨日と読ませていただき、本当に勉強になります。当初のテーマの方が自由度が高く、独自の意見が出しやすかったかもしれませんね。

いまの提案は、割としっかりと型におさまっていて、分かりやすい、発信しやすい、実践的な印象があります。

どちらもいいので、2つの形式を今後とも交互する形でやっていただけるとうれしいです。専門的になりすぎてしまっては、面白くありませんし。

ですが、「プロチュア」のイエのメンバーで今後ともアマチュアなんだけど、プロ意識を持ったいわしで学べたら、と考えています。少しでもイエの木が大きく、そして枝葉が広まれ!


[123]>107 捨てられるいのちを救うのは一体誰なんだろう? fwap

“リブ・ラブ・サプリ?SEASON” #019 の THEME:「動物愛護週間に」が印象的でした。

http://q.hatena.ne.jp/1221626635/185184/

特に、Fuel さんの

>一匹でも多く死の牢獄に捕らわれた動物を救い出せるよう、またこれからそういう所に送り込まれていく動物を少なくしていけるよう、何かのアクションに協力できないか考えてみたいと思います。殺されていく命のために自分に何ができるかを考えてみる動物愛護週間にしてみたいと思います。

という言葉が、働いているときも、リラックスタイムでも頭の中でくり返しよぎってしまうことがありました。

私は当時、いい加減な回答しかしていなかったため、イエに関しても深くコメントをしていませんでしたが、考えが改まるきっかけとなったいわしの1つでした。

生きるいのちを救うのがお医者様だとしたら、捨てられるいのちを救うのは一体誰なんだろうか?特別な技能も才能も必要もない私たちなんではないか?と感じました。


[124]>29 余裕を持とう、周囲に感謝しよう fwap

真剣に考えてくれている相手を理解できないくらいに自分に余裕がないことを後から悔いてしまいます。

自分を別人格として見つめることのできるだけの時間や才能、あるいはお金の余裕があると毎日が楽しい人間関係に感謝できると思うんです。

周囲に感謝できないと独りよがりになってしまい、行動や言葉遣いなどに荒さが目立ってきてしまい、ぎすぎすした人間関係を生み出してしまいます。

大切なことは、本当に sidewalk01 さんの仰るように、「異なる意見にふれることは大切」ですよね。こういう意見を言ってくれる人を常日頃から大切にしたいです。


[125]>106 立冬過ぎたことですし、ゆず湯でぽっかぽかの冬対策 fwap

秋の味覚はサンマに果物、だけではなく柑橘類の収穫も始まっていますよね。

柚で香りを楽しみリラックスして、お風呂上がりに柚ポン酢(id: Yuzupon さんに語感が似てますね(笑))で湯引きしたお魚を頂く。

これがお風呂を先に入ったものの特権です。ゆず湯で冬の寒さ対策、もう立冬過ぎましたし、秋の収穫に感謝して、お風呂の時間も眺めに取りたい。

そんなとき、ゆず湯と読書でぽっかぽか。香りも強くないですし、きついと感じたら、1/4に切って果汁だけ湯船に落とすなど簡単にお風呂で使えます。


[126]>124 人間関係 tunamushi

相手のことを真剣に考えたり怒ったりするのは、なかなか出来ないことです。社会人になれば尚更です。相手のことをよく考えている証拠ですね。人間関係が疎遠になりがちな時代だからこそ、人とのつながりを大事にしたいです。


[127]>86 紅葉 tunamushi

今年もまた見事でしたね。来年もまた見るのを楽しみにしていよう、そのために元気に暮らそうと心から思えます。


[128]>68 習字で「永」の字 t-saitou

小学生の頃、上手くなるには「永」の字を練習しなさいと担任の先生から教わりました。「永」の字には、いくつもの筆の使い方が凝縮されているからだと思いますが、鉛筆・ボールペンでも応用がきくかな。?


[129]平和を願う白いリボン TomCat

最初に平和を願う白いリボンが紹介されたのは、このツリーでした。

■ 白いリボンで平和の願いを身につけます

by id:MINTさん

白いリボンは平和を願うシンボルです。N.Y.をおそった同時多発テロのあとアメリカの大学生たちが、テロにも戦争にも反対するといって身につけたのが始まりだそうです。

その話を聞いて、私はいつもどこかに白いリボンを付けるようになりました。髪に結んだり、白いリボン型のバレッタをしたり。そのほかリボン型のパスタを白く塗って紐を付けてバッグに下げたり、机の上のフィギュアにも白いリボンを結んでみたりもしています。

クリスマスツリーにも、一番上の星に白いリボンを結んで平和を祈ります

(http://q.hatena.ne.jp/1163570866/55853/#i55853)

早速調べてみると、この白いリボンは、あの同時多発テロのすぐ後、コーネル大学の学生達が始めたものであることが分かりました。全米が報復の世論に沸き返っていたその時、我々は一切の暴力に反対する、卑劣なテロには平和を願う理性で応えようと、白いリボンの着用運動が開始されたのでした。

今まで、様々な平和運動がありました。しかし一部を除いてそれは多分に政治的で、趣旨に賛同して活動に加わると、いつのまにか特定の政治団体の支持層に加えられているといったことが少なくなかったようです。

しかしこの白いリボンは違います。これは特定の団体が推進するものではなく、あくまで個人の意思表示として行っていくアクションです。このリボンを付けたから何党支持者だとか、何々主義者だとか、そういうことは全くありません。

目の前でケンカが起こっていたら、理屈抜きに「暴力はダメだ、落ち着いて話し合おう」と止めに入るのと全く同じこと。人としてのごく当たり前の心で、一切の暴力が無い世界を願う行動。それがこの白いリボンなのだということが分かりました。

そしてイエはてな最初の年の年末に、ダイアリーのコメント欄で盛り上がったこの語らい。白いリボンをあしらったお正月飾りで平和を願いながら新年を迎えようというプロジェクトです。

http://d.hatena.ne.jp/ie-ha-te-na/comment?date=20061222#c

後にハザマさんが「リブ・ラブ〈ハッピーニューイヤー〉スナップ」で「白と緑のリボンの注連縄」を作って紹介してくれました。

昨年の暮れにもこの〈イエはてな〉で教えて頂いた平和を願う白いリボンでミニ門松を作りました。そして今度は白いリボンの注連縄を。注連縄の台だけ入手して、松と南天、水引の代わりにリボンです。また、もうひとつ、家族みんなの健康の象徴として緑のリボンも結びました。来年も、一番の願いはやっぱり健康です。リボンは市松模様が織り込まれたものにしてみると、注連縄にも合った感じになりました。みなさんのお正月のお祝い飾りも、どんなしつらいにされるのか見せて頂きたいなw

by ハザマ

(http://d.hatena.ne.jp/ie-ha-te-na/20081225#Snap)

私も早速、色々な所に白いリボンを取り入れてみることにしました。

f:id:TomCat:20091111154748j:image

まず最初はギターのお尻に有り合わせのタオルをぶら下げて、

「これを白いリボンだと思ってくれ、白のリボンは平和を願うシンボルなんだ」

とアピール。以来このエンドピンに白い布をぶら下げて演奏するのが、私の恒例になりました。今はタオルではなく、三角巾を使っています。人を傷つけるテロや戦争に対して、救護に使う三角巾で「殺すな、傷つけるな」と訴えかける意味を込めています。

f:id:TomCat:20091111154751j:image

これはムササビのマスコットです。ムササビは東京では西部の御岳山などに生息し、貴重な自然のシンボル的存在となっています。そこで、平和と共に自然も守りたいとの願いを込めて、この子のシッポにも白いリボン。

f:id:TomCat:20091111154752j:image

今もパソコンの横で、世界に平和を発信してねと見守り続けていてくれます。

f:id:TomCat:20091111154750j:image

ジャケットの襟に付けるリボンも作ってみました。リボンをループ状にして、シンプルなピンズで止めれば出来上がりです。これは必ずと言っていいほど「それ何?」と聞かれるので、その都度白いリボンの趣旨を説明して、輪を広げています。

ちなみに、最近様々なリボンが襟に着けられているのを見ますが、白は全ての色を含む色ですから、拉致被害者救出を願うブルーのリボンの趣旨も、こども虐待防止を訴えるオレンジのリボンの趣旨も、この白に全て含んでいるんだという気持ちで着用しています。あらゆる暴力の根絶を願うのが白いリボンです。

f:id:TomCat:20091111154753j:image

こちらは作業用の帽子。ここにも白いリボンを付けてアピールです。

「春のグリーンツーリズム・農村山道普請ボランティアツアー」

http://q.hatena.ne.jp/1241758219/216106/#i216106

この時も、この帽子をかぶって出かけたんですよ。農業を守っていくことも、平和があってこそですから。

f:id:TomCat:20091111154749j:image

これは平和を願う白いしおりです。

■ 読書を平和を生み出す力にする

by id:YuzuPONさん

読書週間は、まだ至る所に戦争の傷跡が残っていた昭和22年、読書の力で平和な文化国家を作ろうと呼びかけられてはじまったものです。戦争は、知の力で防いでいくことができる。本を読み、考え、知性と理性を磨いて新しい社会を作っていこう。そういう目的で始まったのが読書週間です。

(http://q.hatena.ne.jp/1193201006/122774/#i122774)

平和のための白いリボンのしおりを作ったらどうでしょう

by id:Oreganoさん

以前ここで、平和を願う白いリボンの話が出ていました。それになぞらえて、読書週間の本当の意義を再確認する、白いリボンを結んだしおりを作るというのはどうでしょうか。各自気に入った紙を短冊形に切って上部にパンチで穴を開け、白いリボンを結べばできあがりです。

こんなしおりをはさんだ本を持って歩くだけで、読書で知を、知を平和の力へという運動ができると思います。

そして「【イエはてな】祝2周年スペシャル"Message Together!計画"」で提案されたこんなプロジェクト。

■ イエはてな 白いリボンのしおり 実現化計画!

id:vivisanさん

(…)そして、そのしおりにココでいろいろと語られたサプリを1つ掲載します。本当は365個作りたいところだけれど、これはおいおいということにしていきます。

そして、ココが重要。表にはサプリを。そして平和を愛するイエはてなとしては、裏には平和への一言スローガンを。

この平和への一言スローガンも、イエはてなでみなさんに募集して、かいていきます。

最後にしおりのリボンは白で作ります。これは絶対に必須です。

(http://q.hatena.ne.jp/1225773579/190803/#i190803)

こうした様々な提案や呼びかけを総合して、プロトタイプとして作ってみたのが上のしおりでした。とりあえず100枚ほど作って、イベントで配布してみました。書かれている文字は、次のジョン・レノンの言葉に由来しています。

■ War is over, if you want it.

by id:momokuri3さん

ジョン・レノンの言葉です。何度かここに書かせていただいたことがありますが、本当に素晴らしいフレーズだと思います。シンプルで力強い、英語が母国語でない人にも、ちゃんとその心まで通じていくフレーズです。

War is over, if you want it.

貴方が望みさえすれば戦争は終わる。

私たちには戦争を止めさせられる力があるんですね。

(http://q.hatena.ne.jp/1224219034/189497/#i189497)

こんなふうに、白いリボンを使って、平和を願う意志を表してみること。そしてその輪を、政治運動などとは違う、人としての当たり前の願いとして広げていくこと。命を尊び、命の輝きを喜び合いながら暮らしていく人の和を世界中に広げていくこと。

そのために必要なのは、大声で演説することでも、デモ行進をすることでもありません。まず自分の手の届く範囲から少しずつ、でも着実に、何かを変えていくこと。自分の歩く道筋に小さな平和の種を蒔いて、それを大切に育てていくこと。日々の小さな幸せを一つ一つ積み重ねていく私達のイエコトは、必ず優しい心を広げます。イエの幸せが全世界に広がった時、きっと世界は平和になっているはずです。


[130]>125 今日柚子買ってきました naomi2007

今日安かったので柚子を買ってきました。早速今夜は柚子湯やってみようと思ってます。今日一日雨で寒かったので楽しみでワクワクしています。


[131]私たちのイエからエコロジー!暮らしのCO2削減アイデアコンテスト lepremierpas

「一つの部屋で」by id:Zelda

http://q.hatena.ne.jp/1248151954/225769/#i225769

家に帰ってきたら家族それぞれバラバラに、各自の部屋で別行動。

…だと電気代やらがかかるので、家族みんなで一つの部屋にそろって何かをという時間を定期的につくってみる。

コミュニケーションもはかれていいと思います


イエはてなのエコぶりと言ったら、もう素敵なものが多いですよね。

家族と一つ屋根の下に居るのに離れていることが多いので、このツリーをきっかけに家族ともっと一緒に居る時間を増やそうと思うようになりました。

エコを目的としていながらも、家族イエとのコミュニケーションも増やせる一石二鳥なアイデアに脱帽でした


[132]>96 そうなの・・・ to-ching

御名前も間違ってすみませんでした・・・これからも頑張ってください。


[133]>123 野良犬や野良猫 powdersnow

野良犬や野良猫、保護されて処分される前に、ペットショップで買うよりは、そちらで保護したい……という気持ちはありますね。

ですが、すべてを引き取るのは無理ですし、行った先で命の選別をする形になるのも、怖さを感じます。

動物を飼うという時点で、もう少しきちんと責任を負ってほしい、負う形の指針というか、規則がほしいと思います。


[134]「My Favorite IECOTO Practice!」は猫と共に YuzuPON

この三年間で私の生活に最も影響を及ぼした存在、それは猫でした。

http://q.hatena.ne.jp/1202100646/143815/#i143815

それまで動物を飼ったことが無かったわが家が野良だった猫を家族にしようと決意した背景には、イエはてなでの様々な語らいが大きく影響していたと思います。わが家では父も母も密かにイエはてなのファンで、二人ともほとんどのいわしに目を通していましたから、家族の共通の話題はほとんどイエはてな。現代は、親の仕事を子が受け継ぐといった“親子の共通項”がない時代ですから、それが断絶の一要因になっているのではないかと思いますが、うちではイエはてなが家族共通の関心事になったことで、家族の会話がとても多くなっていたんです。そこでこんな愛情いっぱいの書き込みが話題に上れば、家族の気持ちの中に、動物と暮らす幸せに憧れる心が芽生えてきます。

「ペットに感謝状」id:Oreganoさん

http://q.hatena.ne.jp/1172033632/74831/#i74831


私は猫の日と、秋の動物愛護週間の年二回、愛猫に感謝状を贈っています。猫がいてくれることでどんなに癒されるか、どんなに勇気づけられるか、どんなに幸せかというようなことを言葉にしてカードを作り、ごちそうに添えて贈ります。

猫はカードなんかそっちのけでごちそうにまっしぐらですが、感謝の気持ちを言葉にすることで、自分の気持ちとして猫がどんなに大切な存在なのかを再確認できます。

毎回「賞」も贈ります。つらいときの慰めで本当に助けられたと思った年には「癒しの名人位」、病気を乗り越えて元気になってくれた年には、お薬や注射を本当にいい子でがんばって受けてくれたので「猫の勇者」賞を贈りました。

卒業生が胸に付けるリボンみたいのに受賞名を書いてテープで胸に仮止めして記念写真を撮りますが、これは猫には迷惑なようで、一瞬にしてペッと取られてしまいます。


こんなにゃんこのかわいいエピソードも、わが家の話題をさらいました。

「担任の先生を呼ぶ猫」id:MINTさん

http://q.hatena.ne.jp/1169186115/66848/#i66848


小学生の頃、三毛猫を飼っていました。もうおばあちゃんの猫でしたが、すごく可愛くて、そして頭が良くて、ペットというより私のお姉ちゃんのような存在でした。

事件は、家庭訪問で担任の先生がきた時に起こりました。先生とお母さんと私とで話をしていると、幼児のような声で「なかがわー」と聞こえてきたのです。担任の先生は中川先生といいます。先生は「はい?」と言いながらきょろきょろ。そうしたら猫が、「なかがわー、なかがわー」と鳴きながら部屋に入ってきました。猫の鳴き声なら「にゃがごにゃー」になりそうですが、そうでなく、本当に「なかがわー」と聞こえたのです。これには先生も私もお母さんも大笑いで、みんなで涙を流しながら笑ってしまいました。

それからも猫は時々「なかがわー」と鳴きました。私が小学校を卒業しても、時々「なかがわー」と鳴いていました。猫も、やさしかった中川先生も、なつかしい、いい思い出です。


最初のイエ・ルポで登場したハザマさんの楽しいエピソードも忘れられません。

イエ・ルポ #001「家の中でのユニークなオキテ」by ハザマさん

http://d.hatena.ne.jp/ie-ha-te-na/20061110#1163036851


うちの実家にはネコが二匹います。一匹は年寄りですが、もう一匹はまだ若くとびきり元気でヤンチャなオス。特に若い方が一階でも二階でも常に外に出てやろうと隙を狙っています。そして玄関を開けた瞬間、ベランダや勝手口を開けた瞬間にシュッと出てしまう。出ると世間知らずのネコ息子に気をもむことになるので、油断してネコを外に出してしまったら一回500円の罰金徴収!父や弟などは隙だらけで、一日に二回も三回も出してしまうこともあり、日ごとに罰金箱には500円玉と千円札がザクザク。そのお金は、私が帰省するお盆とお正月の家族の遊び資金になります^^。この前のお盆には半年で7万円以上も貯まっていました。おかげで外で暮らしている私は一銭も払わず、美味しい外食三昧の盆正月を過ごすことが出来て大助かりです。V^^V

こういう話題が出てくるたびに、動物がいるとイエが明るく楽しくなるね、もしうちで飼うとしたら犬がいい?猫がいい?などという話題に発展していました。動物が家族に加わることの幸せを、わが家はイエはてなを通して知ったわけです。


もちろん、命ある存在はいつか天に召されます。動物は人間より寿命が短いですから、どんなに愛しても、たいていの場合、先立たれてしまいます。その悲しみを味わいたくないから飼うことをしない。わが家も最初はそんな考え方が主流でした。しかし、このツリーが、けっして別れは悲しみばかりではない、ありがとうと言える最後が迎えられる幸せというものもあるということを教えてくれました。

http://q.hatena.ne.jp/1169186115/66744/#i66744

id:mekishikoさん


そして、TomCatさんが愛犬の最期に伝えた「ありがとう」という言葉、

心から信頼し合えていたからこそ、

心から愛していたからこそ、

そして出会いを心から感謝していたからこそ、

出た言葉なんだとしみじみ伝わってきました。

おかげさまで、うちの愛犬の最期に「ありがとう」という

言葉を伝えられたことの意味を、改めて実感することが

できました。


こうした様々な動物にまつわる心温まる話題に触れながら過ごしてきたわが家の庭に姿を現すようになった一匹の猫。それはきっと、運命の糸が導き寄せてくれたんだろうと思います。せめて冬の寒さを避けさせてやろうと段ボールハウスを用意したその時から、誰も最初は口にはしませんでしたが、家族の心の中に、この子を家族として迎え入れる準備が出来ていたんだろうと思います。猫もそのことを知ってか知らずか、驚くほどスムーズにわが家に馴染んでいきました。


しかしもちろん、動物を飼うからには、社会的な責任というものも生まれてきます。

id:janeさん

http://q.hatena.ne.jp/1243226993/218503/#i218878


念願だった庭付きの家を手に入れたのですが・・・いかんせん、狭いんです。それでも、花や木を植えようと思っていたのですが、、、今度は、ご近所の猫に荒らされて、大変なことになってしまいました。引っ越す前は知らなかったのですが、何軒か先の家が、猫を10匹以上も飼っていて、その猫がウチの庭を気に入ってしまったみたいで、毎日来るんです。お陰で、こちらの夢は台無し。猫よけ(実は、かわいそううであまりしていない)をしても、いたちごっこで、植物の方がやられてしまうんです。きれいなお庭が夢だったのに、、、その夢は一気に砕け散りました。もう、毎日、涙が出そうです。

植物を愛するような心優しい人は、庭を荒らす困った猫にだって、手荒なことは出来るはずがありません。だからといって泣き寝入りでは悲しすぎます。

しかしイエはてなには、動物を溺愛するのとは違う、人と動物の共存社会を目指していく本当の意味での動物愛護の呼びかけもしっかりありました。

「『動物の愛護及び管理に関する法律』を知ってください」

id:TomCatさん

http://q.hatena.ne.jp/1203482773/145061/#i145061


よく「動物愛護法」と略されますから、なんだよ動物だけ大切にして人間はそっちのけかよ、なんて言われますが、正式名称からも分かる通り、この法律には大きく分けて二つの柱があるんです。

ひとつはもちろん動物を愛護することですが、もう一つの重要な柱が、動物による人の生命身体財産への侵害を防止することなんですね。つまり、動物の適正な管理に関する決まりを定めて飼い主の責任を明確にしていくことが、この法律の重要な中身なんです。

動物の愛護及び管理に関する法律の「二つの柱」。動物も人も同時に大切にされる社会が作れてこその共存。本当に動物を愛するなら、飼い主として果たすべき責任の重さを知ることが大切。そういうことをしっかりと教えてもらいました。


また、このツリーでは、

「ペットたちの本当の気持ちを知りたい。」

id:ttzさん

http://q.hatena.ne.jp/1215147148/173782/#i173782


人間と一緒に暮らすペットたちって、本当はどう思っているんだろうってよく考えます。人間から見ると幸せで、そして楽しんでくれているように感じられますけど。やっぱり野生だと食べ物にも困るだろうし。それに、生まれたときから人間と暮らしていたらむしろそれが当たり前に感じているのかもしれないし。

と、よく人間の立場から考えちゃうんですけど、本当に幸せを感じていてほしいものです。

という書き込みから様々な話題に発展し、その語らいの広がりの中で、動物を擬人化して人間の頭でその心を情緒的に受けとめるのではなく、動物の習性の科学的理解を通してその心を読み解いていくことの大切さを教えてくれました。


そのほか、

・「猫のための非常対策」http://q.hatena.ne.jp/1180069115/94434/#i94434

・「猫用品をラックに陳列、必要な物は常時在庫を切らしません!」http://q.hatena.ne.jp/1251694405/231402/#i231402

・「動物の家内安全」http://q.hatena.ne.jp/1256705523/238668/#i238668

(いずれもid: Oreganoさん)

などの書き込みが実践的で、とても役に立っています。先日は家族で「動物の家内安全」の総点検を行いました。動物にとって安心な家は人間にとっても安全な家であることを実感しました。猫の非常対策用品の準備や、猫用品陳列ラックもさっそく実践しています。


こうした様々な積み重ねが、わが家の猫と暮らす幸せを作り上げてくれています。イエはてなはイエコトばかりでなく、ペットのための優良な情報がぎっしり詰まった「イヌコト」「ネココト」の最高の指南所でもあるねと、わが家ではもっぱらの評判です。

先日は中秋の名月もハロウィンも、家族揃って猫と一緒に楽しみました。わが家の「My Favorite IECOTO Practice!」は常に猫と共に。この幸せをくれたイエはてなとイエはてな一家の皆様に、心から感謝しています。


[135]家族会議という団欒のカタチ tough

ぎりぎりまで、何を書こうか迷いました。イエはてなと共に過ごしてきたこの三年間は、私にとってかけがえのない転換の三年間でした。学生時代から体育会系一筋で過ごしてきた無粋な私が、今は絵を描き、ギターまで爪弾く文化生活(笑)。もちろん上手下手は別問題ですが、暮らしに様々なアートを取り入れて楽しく毎日を送っている皆さんの姿に刺激されて、いつのまにか私の毎日もこんなに豊かになりました。

でも一番の変化は家族との時間。特に、かつてないほど両親との語らいの時間が増えたことが、私にとっての大転換でした。私もおそらくそのうち、新たな家族を得て独立する時が来ると思います。成人して、同じ大人として両親と接しつつ、同じ家に住む家族として過ごしていく期間。それはけっして長い時間ではないと思います。その貴重な時間をこんなにも豊かにしてくれるイエはてなの存在。それが私にとって最も大きな実りです。


きっかけは、このいわしでした。

■ 選挙前の家族討論会

id:MINTさん

情緒ないですけど…。ベルマーク集め会議が恒例のわが家では、選挙が近くなると家族討論会も開かれます。これは私や弟がまだ選挙権の無かったころからの恒例行事で、生きた社会勉強をさせたいという父の発案で始まりました。

(略)

ルールは、誰がいい、誰が悪いと言わないこと。候補者はみんな自分の考えがいいと思って言っているので、それをけなすのはルール違反です。ただ誰がどんなことを言っているのかの比較だけを話し合います。

今どきこんな真面目な家族の集いを行っている家があるのかという驚きは大反響を呼び、ツリーはどんどん大きく育ちました。しかし私がすばらしいと思ったのは、こんな固い話し合いなのに、それが家族の楽しい団欒の中で行われていたことでした。

そして、テーブルの上にお菓子を並べて、お茶を飲みながら会議が始まります。

一通り比較検討会が終わったら、残ったお菓子をみんなで食べて終わりです。


そして、この書き込み。

■ わっしょい!!

同じくid:MINTさん

家訓というか、わが家の合い言葉が「わっしょい」です。なにかをする時はみんなでテーブルを囲んで輪になって、せえの、わっしょーい!!

父が言うには、わっしょいの語源は和一緒で、和をもって一緒にやっていくという時のかけ声なのだそうです。本当かどうかはわかりません。でも、私の家ではそういう意味に使われています。

わが家のなんでも家族会議の習慣も、わっしょいの心からうまれてきたものです。

選挙前の家族討論会だけでなく、何でも家族会議。その根底にあるのは「わっしょい」の心。これに感動しました。私もこんな家族生活がほしいと思いはじめました。この頃、親しい友人が次々と一人暮らしに移行しはじめていましたので、私もこの家にいる時間が有限であることを、そろそろ感じはじめていたのかもしれません。


父も母もネットを使いますから、まずはじめにイエはてなのことを紹介してみました。もちろん自分が参加していることは最初は伏せておきましたが、「わっしょい」のツリーがあったイエ・ルポ #016 THEME「いつも心に!我が家の教訓・家訓&注意書き」

http://q.hatena.ne.jp/1174023489

などは、家族の話題にぴったりでした。父も母もイエはてなのいわしを覗いて、それぞれに興味を持ってくれたようでした。


父が晩酌を傾けながら、

■ 恋は命とおなじ

id:TinkerBellさん

古い歌の歌詞の一節だそうです。

父と母がまだ結婚前、何かで大げんかをしたことがあるそうです。

二人とも、もうこんな相手とは一緒にいられない、別れようと思ったそうです。

その時、この歌詞が流れてきて、二人とも、

恋は命と同じで一度失ったら二度と取り返せないんだと思ったそうです。

そして、母は父が最初に口を開いたと言います。

父は母の方から言い出したのだと言っています。

ごめん、って。

それから話し合って、二人が同じことを同時に考えていたとわかって、仲直りできたのだそうです。

以来、何かがあるとこの言葉を思い出して仲直りする、父母の間の家訓のような言葉になっています。

私に対しては、母は、恋は命と同じだから誰にでも必ずあるのよ、と言います。

どんな人でも必ず誰かに愛されるという意味に考えても、すてきな言葉ではないかと思います。

この書き込みのことを話題にしはじめました。「俺たちにもこんな時代があったな」と言うと、母が真っ赤になっていました。その時、世代が違い価値観も違うと思っていた父母が、とても身近に感じられたのです。

部屋に上がって前述のMINTさんの2つの書き込みをプリントアウトして戻り、こういう家が増えたら社会が変わるねと言って見せると、すぐに「わが家から変えてみるか」と合意が成立。これが記念すべきわが家の最初の家族会議になりました。


それからは色々なことを話し合ってきました。わが家の家族会議のスケジュールは、たいてい週末です。父も私も外の付き合いがありますから毎週というわけにはいきませんが、今週は語り合うかと予定がまとまると、父母と私が交代で飲み物食べ物を用意します。

「これが今話題のスイーツという物らしいぞ」

「こ、これはもしや」

「なんとか言う格闘家が大好きだというねんりん家のマウントバームだ」

父のチョイスはなかなか凝っています。家族会議のために、会社で若い社員から熱心にリサーチしてくるのだとか。

私はワインとそれに合わせたチーズなど。

「お前が用意する日は酔っぱらって討論にならんな」

「そりゃ飲み過ぎだって」

楽しいひとときが繰り広げられます。

もちろん母が担当の時には、腕によりをかけて色々な料理を用意してくれます。イエはてなでも話題になっていた秋らしい炊き込みご飯は、わが家ではこの家族会議に登場しました。


議題に上った話題は、地球温暖化問題から部屋の模様替えに至るまで様々でしたが、最も盛り上がったのは、父の故郷の合併問題でした。父は、懐かしい町の名前が消えることを、とても残念だと嘆いていました。親戚に聞いてみると、もううちの町は限界だ、隣の大きな市の財政力に頼るしか活性化の道はないと言います。しかし別の親戚は、隣の市だって財政が苦しいんだからこっちの面倒まで見てくれるはずがない、合併すれば今の町の主体性が無くなる上に財政の保証までなくなると心配していました。町内会長をしている親戚は、町内会としてのタテマエは賛成、でも住民の気持ちは反対、政治の駆け引きがあるから嫌を嫌と言えない空気があると、内情を説明してくれました。そういう親戚の生の声を聞いて、家族で話し合い。父は、いつか生まれた町に戻りたい、退職後は故郷の町おこしに新しい生き甲斐を見つけたい、今はそのための帰れる町が残っていくよう、外から応援するしかないと言いました。今私は、そんな父をどう応援するかを考えています。


もちろん家族会議には、家のメンテナンス計画なども話に上ります。私もDIYは大好きですから、こういう話題は燃えてきます。たとえば、こんなツリーが話題に上りました。

■ 玄関先の段差を無くす

id:C2H5OHさん

たいていの家の玄関は、ドアの前が一段高いコンクリートのタタキになっています。友人の家ではタタキの周りに土盛りをして、この段差を無くしてしまいました。現在は実験中ということで将来的には盛った土を取り除いて元に戻すことも有り得るとのことですが、庭との急激な段差がない玄関はとても安心感があり、重い荷物をキャスターで運び入れるのも楽々です。また庭とタタキがなだらかなスロープ状の盛り土でつながれたとはいえ、玄関が一段高いことには変わりがありませんから、雨が降っても雨水が玄関に流入することはありません。

友人は、なぜわざわざ玄関先に段差をつけるのかその必要性が分からない、スロープ状上がり口が普通になれば車椅子の人も楽だし、酔っぱらって玄関でけつまづく人もいなくなってみんな幸せになれるのにと言っています。

玄関のタタキの段差解消は、大いに興味をそそられるテーマでした。

「すりつけというやつだな、道路工事の時など、一時的に段差が出来る場合は、このすりつけの施工が欠かせない」

「車道はもちろん、歩道などにも段差を無くす土盛りや一時的なアスファルトの仮設があるね」

「安全のためには段差解消が欠かせないという常識があるのに、それが家に適用されていないとは、考えてみればおかしな話だ」

「よし、わが家でもやってみようよ」

わが家ではごく簡単に、ホームセンターなどで売られている歩道用段差解消スロープを設置することで対処してみました。

http://www.j-sanyou.co.jp/smile/kaiteki/rcl_roadupg.html

玄関のタタキの高さは歩道の段差とは違いますが、それは土盛りをしたり土を削ったりすることで調節出来ます。

この試みは大成功で、キャスター付きの旅行カバンも、買い物用のキャリーも運び入れ楽々。バリアフリーはそれを必要とする特別な事情の人だけでなく、あらゆる人に便利なんだと実感することができました。


イエはてながわが家にもたらしてくれた、語らいという習慣。家族会議という一見固い行いも、イエはてな流になるとこんなに楽しい団欒になり、そこから色々な行動が広がって、大きな実りにつながっていきます。イエはてな4年目のこれからは、できれば父や母にも書き込み参加を勧めたいと思っています。そうすれば、仮に私が今の家を出て独立したとしても、いつもイエはてなという同じ屋根の下で一緒の語らいが続けていけます。


[136]>130 行事の復活、アイデアがたくさん aekie

ゆず湯を(http://q.hatena.ne.jp/1229489225/196958/)のテーマでは扱ってくれて、忘れていた行事を復活させました。

イエはてなのいいところは生活で失われた行事に関する話題をハザマ様が何げなく言うと、予想を上回るアイデアが10の単位で出てくることです。

ですから、毎回ピックアップ5やノミネート10をまとめて頂いているので、せっかくですから待ち時間に読んでいます。

自分の書いた内容が選ばれているととてもうれしいですし、TomCatさんやMINTさん、ThinkerBellさんのようにイエに関する素晴らしい文が書けるようになれたらな。


[137]>133 偶然や運に左右されない信念がペットを救う wacm

コメントで大きくふくらんだ、TinkerBellさんの「いざというときの動物助け方講座 」は私も大いに考えさせられました。

今後、ペットを飼うことが増えていくと私は考えていますが、そもそもなぜペットを飼う必要があるのかネットを見る全てのみなさんに再考するきっかけになったと信じています。


生き残るいのちと放棄されるいのちの違いってなんでしょうね?偶然や運だけに左右されない確固たる信念がペットを救うことにつながれば、と考えます。


[138]>126 ハザマさんの言葉に救われました wacm

いまでは笑って許されることでも、当時は「真剣に怒ったこと・怒られたこと」ってありますよね。

私も最近、某職場で怒気を立てられてしまい、(自分の仕事ではないのになぜ私が・・・)という自責の念に駆られました。

ですが、よく考えてみるとそれも自分の先輩方が作ったものであり、その中に自分がいる。やっぱり、「怒られること」には人とのつながりがあるんだな、なんて感じました。

その中でも、ハザマさんの「親愛なるA兄貴にもらった一生の言葉」は胸を打ちましたね。

いまのもやもやした心境を吹き飛ばしてくれる素晴らしい言葉なので、全文引用します。ハザマさん、大丈夫ですよね?

いい言葉に出会えば、人生は変わる。言葉の背景には人がいる。人との出会いは一期一会


http://d.hatena.ne.jp/ie-ha-te-na/20090123/Repo2

「ホントウは、っていうのはないのと同じ、ウソと同じで、人間は実際にやっていることと見た目がすべてなんだよ。思っていてもしていない言い訳じゃないか。こう思うからやっている、こう作りたいから作った、この洋服が好きだから着ている、何にしても言い訳なしにちゃんとやっていかないと自分の輪郭がぼやけてウソになるんだ」


[139]>135 日常行事をきっかけに wacm

私はThinkerBellさんの「時間より密度、スキンシップで愛情を伝え合う」の提案が感動しました。

もう子育てを終えてしまったので、後悔することがたくさんあります。

もっと愛情を与えることができたのではないのか、スキンシップできたのではないか?

親の愛情はそのまま子どもへ受け継がれ、子どもが親になったときその子どもへ受け継がれる。。

>洗濯物畳みで慣れましょう

この一言ほど強烈なものはありません。買い物なども手伝ってくれる夫ですが、洗濯の準備などしてくれるようになりました。

全ては

>愛が通じます。心が通じます

ですよね。

そのためにも、家族で住んでいることを感じる日常を大切にしたいですね。


[140]>85 マイ・イエ道具 wacm

これは私が書き込みを始める半年以上も前のテーマですね。自作のものほど、出来不出来の激しいものはありません。

工夫して作ったものであっても、捨てるときにはあっさりと。ですが、本当にできのいいものは死ぬときまでイエに置いておきたい。

イエの素朴さがあふれる「手作り子ども部屋」はイエ生活そのものですよね。始めた頃のイエほど大胆なテーマが多くて勉強になります。

そして、toughさんの「空き缶で作ったチリトリ」はいいですね。自分でも作ってみようかな。プラスチックのちりとりだと外の外壁にマッチしません。ところどころ汚れて、味のあるマイちりとりを作ろうかな。


http://d.hatena.ne.jp/ie-ha-te-na/20061214

イエ・ルポ #005 PickUp3


[141]>121 農薬抜きの自家栽培 wacm

野菜レシピ、これまで以上に関心を持ちました。きっかけはテレビ番組で残留農薬の特集をしていたときのことです。

農薬の被害はさることながら、野菜の価格は人件費+機材費に肥料代というのが大きく占めているのです。もったいないと思いませんか?健康のためにも生活を送るためにも必要な野菜にお金を掛けて進んで不健康になろうとしているんですから。


toughさんの「野沢菜の自家栽培」は感心した内容です。

http://q.hatena.ne.jp/1202879009/143924/


[142]>119 一人一人のブックレット wacm

ことのは手帖いいアイデアですね。ようやく季節も冬となり、寒いこの時期言葉遣いには注意したいものです。

言葉だけで気持ちがよくなるのであれば、気持ちのよい生活を送ることができますよね。

スクラップブック作りいいですね。どんどん書き足していって、乾燥や写真を貼っていって、世界に1冊しかないブックレットを作りたいですね。

一人一人がブックレットを作っていったら、イエでも大きな本ができますからね。


[143]来年誰かがと期待させる種?幸せを広め、希望をつぐむ? fwap

イエと植物は切っても切り離せない関係です。毎日の生活に植物が安心感や気持ちの落ち着き、それに育てることの喜びを植物やお米が教えてくれます。さらには、キッチンに移したサボテン(伊豆シャボテン公園で買ったお気に入りの株)が毎日私たちの生活を見つめてくれるお仏壇のような存在です。

私が調べてみて感心したのは、id:vivisanさんの「種をシェアすることで」です。

>育てて収穫した種が、他の人のもとで育ち、また種になり、それがまた他に広がっていくのです。どこかで私の分身がどこかで花開いてくれるようですごくわくわくします。

この期待感はたまらないですよ。だって、どんなに自分が一生懸命にやっても報われない収穫でも、来年誰かがきっと素晴らしい実や花をつけてくれる、と前向きな気持ちになれるんです。

植物の種も、これまでid:TomCatさんが紹介された「http://q.hatena.ne.jp/1254891243/235878 /:title=アケビ]」やタンポポの種なども同じことを考えているかもしれません(笑)おとぎの国へのお話としてもいいですね。いいな、幸せの国。ですが、私たちがその「理想像」をひょっとして書いている、あるいはこれから表現できるかもしれないって希望を持つことができませんか?


イエはてなのおかげで毎日の生活に希望が持てるようになりました。前向きばかりが人生じゃないかもしれないですが、イエのコミュニティを愛し、同じ目標を持っているみなさんが少しでも幸せになる種を私も蒔きたいな。それが、「祝3周年スペシャル“イエ・ルポ”-My Favorite IECOTO Practice!-」だと感じております。この場をお借りしまして、イエはてな3周年のお祝い申し上げます。そして、5年、7年、10年…とイエが今後とも続くように私もコメントできるように努めます。同時にハザマ様、イエのみなさまのご多幸をお祈り申し上げます。


[144]>129 平和が一番のお気に入りです! wacm

少しずつでも平和が広まってくれるとうれしいです。平和が一番です。

何事もない世の中では退屈しないかもしれないですが、退屈が一番楽しいかもしれないです。

平和が祭り上げられてしまっているのが心配です。もっと、忌み嫌うことなく戦争や生きる意味を問う問いかけを忘れないでいたい。そのためにも、平和リボンの運動はとても素敵で、ファッショナブルだと思います。


[145]>78 お星様に平和を祈る wacm

私も流れ星を見に行きました。せっかくの天気の予定が残念ながら、流れ星が4つしか見えませんでした。もっと見えたのかな?お星様とイエはてなって関係が取り上げられていないので、生活と文化の知恵や知識をエピソード伝えで取り上げられたら、うれしいです。

先ほど、TomCatさんの平和へコメントしましたが、お星様に平和を祈るというのが素晴らしいですね。絶対にほほえみを忘れたくありません。


[146]>134 ペットも家族の一員ですよね wacm

ネコの気持ち、知ることができたらぜひ知りたいですね。バウリンガルがあるのですから、ニャンリンガルもあってもいいとおもいます。

毎日の生活の繰り返しが生活に鮮やかさや幸せを与えてくれます。イエはてなはネコやイヌの情報が満載!それだけ、動物好き=幸せを受け取り与えられる人が多いのですね。


[147]>100 大根と白菜のツリー TomCat

hanatomiさんたちと大いに盛り上がった、あの大根と白菜のツリー。あの年は大根と白菜が豊作になりすぎて価格が大暴落。出荷されずに大量に畑で潰されてしまったんですよね。

そこから、自分で料理を楽しむ人が増えればもっと消費が増えるのに、白菜は生で食べても美味しいし、芯までこんなに美味しい、白菜一個でこんなに幸せが味わえるのに、とか、大根は干して手作りの切り干しや割り干しにすればもっと楽しめるのに、といった色々な方向に話題が発展していきました。

イエはてな最初の冬のこのツリーが、私のイエはてなに対する思いの基礎を作ってくれました。私にとっても、すごく思い出深いツリーになりました。っていうか、このツリーには、後のイエはてなの根っこになっていく大切な要素がぎっしり詰まっていたと言っても過言じゃないですよね。

そして、よそでは味わえない語らいの温かさも、たっぷり詰まったツリーでした。これからも、こういう語らいをどんどん広げていきましょう(^-^)


[148]>144 平和を目指すというのは、ある意味とても泥臭くて地味なこと TomCat

たしかに「平和が祭り上げられてしまっている」っていうの、あるかもしれませんね。政治家は平和を売り物に。軍隊も平和を守っていると言い、しまいには平和のために戦争をするというわけのわからない事態すらしばしば発生するこの世界。市民は特別な日か、何かが起きた時だけ、思い出したように反戦を叫びます。

でも、たとえば住民一人一人の毎日の挨拶と声の掛け合いから生まれていく町の安心があるように、国や世界の平和も、一人一人の地道な願いが重なり合って達成されていくんだろうと思うんです。

もっと、忌み嫌うことなく戦争や生きる意味を問う問いかけを忘れないでいたい。

そうそう!! 一人一人が「生きる意味」を見つめていくこと。これも平和を作っていく上で欠かせないことですよね。ノルウェー出身の平和学者ヨハン・ガルトゥング博士は、人間の能力の開花を妨げる原因を「暴力」と定義し、戦争のような直接的暴力だけでなく、人々の生きる意味を失わせるような社会的要因も、平和を阻害する因子の一つと位置づけています。

白いリボンを切っ掛けに、社会の平和から個人の生きる意味に至るまで、様々な所で語らいが生まれていくといいなと思います。その輪を少しずつでも広げて行ければと思います。


[149]>143 植物の種を蒔き、イエとイエコトの年輪を重ねていく TomCat

植物を育てていると、木本ならその大きさで、草本なら種や株の増え方で、過ごしてきた時が実感出来ますよね。そこから投影されていく家族の時間、イエの時間。植物はイエの思い出と歴史を刻んでいく存在とも言えると思うんです。

そんな思い入れの深い植物を、挿し木にしたり、株分けしたりして増やして里子に出す。あるいは種を取って新天地に送り出す。そうして広がっていくわが家の分身たちの未来を想像していくと、まるで子供の頃、風船に手紙を付けて飛ばしたらどこまで飛んでいくだろうと憧れた、そんな気持ちが蘇ってきますよね。

庭に植物の種を蒔きつつ、イエはてなにもイエコトの種をたくさん蒔いていきましょう。それが、いわしを読んだ人の暮らしに根付き、育って、それを見た誰かのイエにまた受け継がれていく。こんなに心が躍るエキサイティングなことはありません。

イエはてな4年目の新たなステージは、そうやってイエという土壌に定着して育っていくサプリやイエコトが輝いていく段階に入っていくと思います。これからも息長く、ご一緒にこの素晴らしい語らいの場で過ごしていきましょう。


[150]>143 種や苗を広めるキャンペーン Lady_Cinnamon

fwapさん、こんにちは(^▽^)fwapさんも私と同じように、イエはてなには途中からの参加者さんでしたね。でもスッカリ常連さんになられて、いつも素敵なサプリを紹介されてらっしゃるので、そういうことは全く気付かないほどでした。

さて、vivisanさんやTomCatさんの種のお話に加え、ハザマさんの苗を配るキャンペーンも素敵で素晴らしいルポでした。

http://d.hatena.ne.jp/ie-ha-te-na/20090508#Repo

このときは、GWにひっかけて<Green Week Action>の企画をみんなで進めた内容の濃いものでした。

http://q.hatena.ne.jp/1241758219

こういう活動を発案して実行するというのも、イエはてなの素晴らしいところだと思うんですよね。それを実践してくれる参加者の皆さんも、とっても素敵な人たちばかり!実践できなくても、共感してくれる人がいるだけでも、それもとても大切なこと。メッセージをどんどんアウトプットして広まっていくことが、このイエはてなの底時からなんじゃないかなぁって思います。


[151]>137 動物の助け方を学ぶことは人間の命の尊さを学ぶことにも通じる TomCat

私は交通事故に遭った猫を救護した経験から、懸命に生きようとする命の力強さを知りました。この生きたいという願いを科学と技術でサポートするのが医療なんですね。

動物の救護を経験することは、命の輝きに触れることです。生きるということの尊さに生で触れる。そうした経験の中から掴んでいくものが、人の人生にも、どれほどに役立っていくか分かりません。

私も、助けた猫に、逆に懸命に生きることの大切さを教わりました。動物と接すること、とりわけ助けを求めている動物に手をさしのべることは、どんな机上の教育よりも人を育てると思います。

人のためにも、動物を助ける方法を学んでみようと、私も呼びかけてみたいと思います。


[152]>147 タマネギスープのように濃縮されたツリー Lady_Cinnamon

hanatomiさん、紫蘇ジュースに柑橘類のアドバイスありがとうございます(^▽^)

hanatomiさんもTomCatさんも大根汁での話題を覚えてらっしゃる(当事者だからもちろん?と言えばそうかもしれませんが)。でも、昔のことを覚えてるって、それだけ楽しかったからってことだと思うんですよね。

よそでは味わえない語らいの温かさも、たっぷり詰まったツリーでした。これからも、こういう語らいをどんどん広げていきましょう(^-^)

私が参加するずっと前の、本当に初期のころのいわしを読み返しても、今以上に読みごたえのあるツリーがたくさんあるんですよね。そんななかから、初のサプリ本が発刊されたわけですが、ライブラリーやほかのコンテンツを充実させていくためにも、いわしでの語らいを<楽しむ>っていうのが、今の私にとっては大切な気がしています(いまでももちろん楽しんでいますけどね(笑))。

そうやって、コトコト煮込んだTomCatさんの冬のタマネギスープのように、濃縮されたツリーをこれからも増やしていけたらいいですね。


[153]>145 愛星心 TomCat

戦争はなくすものばかりで何も生まないですよね。

私はよく思うことに、愛国心ではなくて、愛星心をもてたらいいのにと思います。

http://d.hatena.ne.jp/ie-ha-te-na/20070207#c1170986110

id:H-Hさん

愛国心ではなく愛星心。地球という星を愛していく心。

星を見上げていると、私たちの地球は今ここから見えている恒星よりさらに小さな星なんだなあと実感しますよね。でも、そんな小さな星の中で、私達はイエを愛し、マチを愛し、そしてこの星全体を愛していく。

もしかすると余計なのは、いつの世も戦争の道具に使われる「愛国心」だけなのかもしれない。ミクロの視点としてのイエやマチや郷土への愛と、マクロの視点としての地球全体を愛する心。大切なのはその二つ。中途半端な「国」なんていう概念は無くなってもいい。あ、ジョン・レノンのイマジンが聞こえる・・・・。

なんていう夜空の見上げ方も有りかもしれません。七夕に白い折り鶴で平和を願う。とても意義深いことと思います。


[154]>152 ほんとはこんなふうに何度も一つのツリーの中でやり取りしていくと TomCat

語らいが深まって、コクが出てくるんですよねw

最近どうも忙しくなってしまって、ネットにいる時間が以前に比べて少なくなってしまいました。もうちょっとこうやってツリーの下の方で楽しむ語らいのあり方を取り戻したいなあと思っています。

さてさて、話が前後してしまいましたが、Lady_Cinnamonさんの生野菜カレーは、盛り付けにも工夫を凝らした特別製ですね。夏野菜を真夏の太陽のように盛りつけて、見た目も元気いっぱいの特製カレー。料理って、こういう装う楽しみも欠かせないんですよね。

「さっぱり鶏唐揚げ丼定食」の中の鶏肉をジューシーにする技、ご活用頂けて何よりです。私はLady_Cinnamonさんの「金時生姜で作るジンジャースパイス」を、大いに役立たせて頂いています。

http://q.hatena.ne.jp/1216183566/175559/#i175559

イエはてなから広がるそれぞれの秘伝の交換、楽しいですよね。語らいが広がるごとにそれぞれの暮らしの技も広がっていく。そんなイエはてなが最高です。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ